« とらやであんみつ | Main | 初めてのグルヌイユ »

Tuesday, March 30, 2010

女王さま京都随行記その①

飛行機に乗る時、昔懐かしロウケンマンジュウを買ってみる。
このロウケンマンジュウ、松山辺で育った人にとっては、何とも言えないノスタルジーを掻き立てるものらしい。

が、そのお味はというと、昭和の味というかナンと言うか…むにゃむにゃcoldsweats01

それで虫押えをして一路京都へ!

京都へ着いたら、取り敢えず伊勢丹へ。
11階で遅い目のお昼ご飯。

夜は中華料理と決まっていたので、あっさり軽い目に…ということで、お豆腐か湯葉どっち?
で選んだのが、湯葉料理の<松山閣>

2625円の御室という昼御膳がこちら。

Cimg1884

Cimg1887

Cimg1890

Cimg1891

女王さまと二人で暴れそうになる。

動物性タンパク質は、桜蒸しの中に入っていたちっちゃな甘鯛(ちょっと古い目)だけだった。

「ここは、テナント代が高いからね。。。」

その後、伊勢丹をウロウロしてからホテルへ。
そして、女王さまを置いて、今京都で一番お気に入りのケーキを求めて京都御所の前を西の端から東の端へ。

しかし、扉には無情にもClosedの札が…。

仕方がないので、目的地を〈とらや〉一条店の喫茶室に変更。
またしてもてくてくてくてく…結局、小一時間歩いてやっと目的地に到着し、とても甘味屋さんとは思えない空間でくつろぐ。

Cimg1898

やっぱり、〈とらや〉のあんみつは美味しいねぇ…。
1150円と、鼻血が出そうな値段だが、それでも機会があったらまた食べたいと思えるあんみつって、そうそうは無いと思うのだ。

そして、ホテルへ帰って本日の夕食会場へ移動。
岡崎の<京清華>で、いま京都で評判のコース料理をいただく。

シェフが丁寧に料理の説明をしてくれて、なかなか楽しいレストラン。
マダムもとっても素敵な方だった。

そう、中華屋さんとはちょっと違った雰囲気で、とっても素敵なお店だった。
苦手な食材を伝えてあったのだが、すっかり忘れ去られていて、女王さまにはお気の毒にもメインのお料理…フォアグラの酢豚が食べられないというお気の毒な目に遭ってしまわれたが、その分、ワタシが美味しい思いをしたので、ワタシ的には満足よんcatface

Cimg1919

そして、何より感動的だったのが、デザートの杏仁豆腐のバケツサービス。

Cimg1927

しか~し!!!

バケツで美味しい杏仁豆腐が食べられる稀有の機会だってのに、お腹がいっぱいで入らな~い!!!

なんということ…。
〈とらや〉のあんみつがあと1時間早ければ…。

ということで、前半は2連敗でしたが、後半持ち直してシアワセな胃痛を抱え、京都の夜は更けていきます…。

|

« とらやであんみつ | Main | 初めてのグルヌイユ »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~国内関西編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで中華編~」カテゴリの記事

~おそとで和食編~」カテゴリの記事

~おそとで喫茶・スイーツ編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« とらやであんみつ | Main | 初めてのグルヌイユ »