« 宮島名物といえば~鹿のおとしもの~ | Main | 蔵宿いろは(広島県)~食事編~ »

Thursday, February 11, 2010

蔵宿いろは(広島県)~施設編~

金曜日の日暮れ時、「ほんぢゃ、日曜日に日帰りで!」で催行が決定したハズの広島食べ歩きツアー。
その2時間後には何故か“お泊まり付”になっていた。
恐るべし…。

広島と言えば、庭の宿石亭。
でも、2日前にとれるはずもなく…というか、ちょっと行ってパッと泊まるには、高いよね。
岩惣は新館に泊まるんだったらフツーの旅館だし…。

と、ANAの宿泊サイト一括検索であれこれ物色。
航空券と一緒ぢゃなくても、ANAのサイト経由で予約を入れたら、マイルが貯まるのだsmile

で、見つけたところが2009年8月オープンの〈蔵宿いろは〉
1年めの冬だから…ちゅ~んでスペシャルプランが出ていた。
フツーに4人で泊まったら1人29,400円のお部屋が19,320円。

…按ずるに、どうもワタシは“幾ら”っちゅ~その値段よりも、“幾らお安い”というソコんところにこういうモノを選ぶ基準があるらしい。。。

で、その蔵宿いろは。

Dsc01504

レセプションにいたおにぃちゃんは、いかにもまだ慣れてない風で、実際とっても慣れてないのだが(笑)、それはそれとして一生懸命サーヴィスに努めようとする姿勢が好ましい。
同じく…のおじさんは、都会のホテルでお仕事してました、みたいなカンジで、こちらはまさに至れり尽くせりというか、えっと、そこまでされるとちょっと落ち着かないんですけど…coldsweats01なカンジ。

Dsc01507

中央部分がホントに吹き抜けていていて、そこに大きな松が生けてあった。
ここのお花は、そんな上手なワケぢゃないけど、センスよく入れてあるカンジ。
こうやって毎日入れてたら、10年後にはきっとすごく上手になるんだろうな~という気がする。

Dsc01511

お部屋は、入ってまずベッドルーム。

Dsc01513

次に御座敷。
床の間には、なんちゃって大観。

Dsc01509

そして窓べりのお座りスペース。
これらのスペースの間には、仕切りが全くないので、冷暖房効率はすこぶる悪そうだが、広々としていて4人入ってもちっとも窮屈には感じない。

Dsc01518

ネスプレッソが置いてあって、これが飲み放題。
冷蔵庫の中のビール2本・ウーロン茶2本・ミネラルウォーター1本も飲み放題(笑)
モチロン、数種類のお茶も用意してある。

Dsc01516

ウェルカムスィーツは懐紙に載せたお干菓子1個。
オーナーさんはきっとお茶好きなのね。
室内にもお煎茶道具なカンジの飾り物多し。
んで、アジアンアンティーク好きと見た!(笑)

Dsc01527

水回りも奇麗にしてあるし、お手洗いも勝手に蓋の開け閉めから何からしてくれる親切さん。

Dsc01537

Dsc01538

アメニティも充実。
…といっても、ワタシ何してたのか、歯ブラシ以外ナンにも使った記憶がないんざますのcoldsweats01
お風呂にもイロイロ置いてあったせいですわね、きっと。

Dsc01529

そのお風呂は、お部屋にもこーいう↑のが付いているが、最上階に露天風呂付の大浴場もアリ。

ここの旅館は、建物自体を立派に作っているというよりは、むしろ備品の方にお金をかけているカンジ。
もちろんお部屋もモダン・ジャポネなカンジで安っぽくはしてないけど、トイレの扉とかその辺はあんましお金かかってない。
そのかわりと言ってはナンだが、ドライヤーはお安くない。
そんなカンジ(笑)

Dsc01540

陽が落ちると、窓からはライトアップされた大鳥居が見える。
11時までライトアップがあるそうだ。
一端落ち着くと、また出かけるのも面倒だったので、窓から大鳥居で満足することにする。

ヨーロッパ系の語学に堪能だという仲居さんも、とってもカンジのいいおじょうさんだった。
ワタシたちが厳島神社観光をしている間、ずっと女王さまのお守りをしてくれていたらしい。
どうやら、ここの旅館の皆さんは、ゲストにぴったり寄り添うサーヴィスを目指しておいでのようだ。

LANケーブルをどこに接続したら良いか分からなかったので、フロントに電話して聞いてみたら、件のおじさんが飛んできてくれた。
ゴミ箱に隠れたそれを見つけるのに、5分近く室内をあっちこっち探し回ったことは御愛嬌ということでsmile

|

« 宮島名物といえば~鹿のおとしもの~ | Main | 蔵宿いろは(広島県)~食事編~ »

~国内中国編~」カテゴリの記事

~旅館・ホテル編~」カテゴリの記事

Comments

ふむふむ、〜施設編〜のうちにコメントしましょ。
とっても、今時の和風旅館ですよね〜。最近はホテルが旅館化し旅館がホテル化しているようで。気持ちよければそれはそれでよいのでしょう。

さあ〜お食事編〜待ってます!

Posted by: まさ | Friday, February 12, 2010 at 08:23

ベッド付のお部屋は、お部屋に入った瞬間からゴロゴロ出来てシアワセます(笑)
昔ながらの手をかけたお座敷を本気で作ろうと思ったら、それだけでものすごくお金がかかりますが、このくらいなら雰囲気でOK!なカンジ?とでも言いましょうか。
そう、気持ちよければなんでも!って、そういうお座敷のあるお宿だと、御宿泊料金も御立派で…coldsweats01

お食事は、まぁ、良かったです(笑)

Posted by: SAKURAKO | Friday, February 12, 2010 at 21:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 宮島名物といえば~鹿のおとしもの~ | Main | 蔵宿いろは(広島県)~食事編~ »