« 蔵宿いろは(広島県)~食事編~ | Main | もみじ対決!~藤い屋VSやまだ屋~ »

Saturday, February 13, 2010

名物あなご飯~うえの・他人吉~

宮島名物といえば、モチロン!あなご飯
ココまで来てあなご飯を食べないで帰るなんて、パリに行って一枚の絵も見ないで帰って来るに等しい。

…って、それをやっちまったのは、ワタシcoldsweats01

とにかく、宮島といえばあなご飯なのだ。
そして、あなご飯といえば、うえの
かの庭の宿 石亭も、このうえのの経営なのだそうな。

Dsc01641

場所は、山陽本線JR宮島口の駅とフェリー乗り場の間でちょっと駅寄り。
その駅を背にして右手側にある。

12時頃に着いたというのに、既に待ち状態。
日曜日だった昨日の2時前にはもっと人で溢れかえっていた。
大変な繁盛ぶりだわ。。。

このうえの、1階であなご飯をいただく分には予約が出来ないが、2階のタキキチ(他人吉)は予約が出来る。

Dsc01639

店先に、かわいい?ロボットが御案内に立っている。
うえのタニキチ、ナニが違うかといえば、一品料理とコースの違い。
タニキチでは、3500円・4500円の懐石と、お得なあなご尽くしコースがいただける。

Dsc01633

あなご飯だけでも1800円くらいするんだし、+1200円でいろいろ付いて、待たずに食事が出来るって、考えようによってはとってもいいことかも…。

で、このタニキチだが、昔の生活空間をお食事スペースに改装していて、ワタシたちが通されたのは子供?の勉強部屋?なカンジ。
お部屋のインテリアとして、杢の立派なオベンキョ机にブラックジャックの豪華本が並べてあって、モンブランのインクとか置いてあった。
どれもとってもアンティークな雰囲気を醸している。
そして目を引くのが立派な建具。
こんな建具、今どきよー入れへん…。
宮島詣で栄えた町の裕福な生活を垣間見つつ、それでは、いただきます。

Dsc01646

あなごと季節野菜の酢の物。
土佐酢は葛でとめてある。
山葵の葉っぱがアクセントでいい香り。

Dsc01651

炊き合わせは、ふわとろのあなごが絶品!
銀あんもちゃんと葛の風味がする。
やっぱりあなごは美味しいねぇ…。

Dsc01659

白焼きは、牛蒡の素揚げと骨せんべいを添えて。
これ、少ない!
取り敢えず1匹食べたい!

Dsc01666

そして、あなご飯。
もう、感動的な量!
こないにようけ、どないして食えいうんぢゃい!なくらいの量!
あなごは2匹使ってある模様。
ご飯にまぶしてあるたれは甘い目だが、あなごにつけているたれは醤油の味が前に出て来ていているカンジ。
おみそ汁は麹の香りがぷ~ん。

あなご飯って、やっぱり美味しいね。

あなごが本当に美味しくなるのは実はこれからで、今はまだちょっと脂のノリが少ない時期なんだそうだが、その分さっぱりとしている、とも言える…カモ?(笑)
ああ、サクラの花が咲く頃、もう一度食べたいあなご飯…。

Dsc01667

デザートはけっこうしっかりあるようだが、どれも甘味を抑えてさっぱり味に仕上げてある。
どないするんぢゃい!というくらいにあなご飯を食べた後にこそ、お腹をすっきりさせるために食べたいデザートといえる(笑)

このタニキチの味には迷いがない。
料理自体、どれも非常にシンプルなのだが、それ故に素直に美味しい。
一つにはやはり素材力。
あなごが良かったら、当然煮ても焼いても美味しかろうて。
添えてある野菜類も風味が生きてるし、昆布や醤油に至るまで気を遣っているハズ。
そして、さらには心意気。
この3150円(税込)は、はっきり言って、かなり頑張っていると思う。
この値段でこのレベルの料理を出せる店が、日本国中に果たして何軒あるかしら。
単に3150円と思うと、普通ランチとしては頑張ったネというカンジかもしれないが、コンビニでおむすび2コにサラダとお茶買って1000円払わんといかんこの御時勢に、この3150円は貴重だ!
しかも、どうやらこれはお昼限定メニューというわけではなく、夜もOKらしい。

なんか、美味しいもん食べたいね。

そんな時、近くにタニキチがあったらどんなに幸せか…。
3500円・4500円の懐石コースも昼夜兼用メニューらしい。

宮島詣での際は、そこいらでテキトーに泊まってタニキチで晩ご飯、実はこれが一番美味しいかも…と思いつつ、お店を後にしたのだった。

|

« 蔵宿いろは(広島県)~食事編~ | Main | もみじ対決!~藤い屋VSやまだ屋~ »

~国内中国編~」カテゴリの記事

~おそとで和食編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蔵宿いろは(広島県)~食事編~ | Main | もみじ対決!~藤い屋VSやまだ屋~ »