« 定番 たまご型ピアス | Main | 上海女兒情 »

Monday, January 11, 2010

放羊的星星⑩~リンゴ日報松阪牛肉事件を読む~

香港・台湾版の東スポ?とワタシが勝手に思っているニュース配信サイトでリンゴ日報というのがある。
ジミーちゃんのカノジョがカリフォルニアで出産したのを一番最初にすっぱ抜いたのも、どうやらココらしいのだが、当時は有料で見れんかったのよね。

その台湾版が、ナニを思ったかこの間からフリーになったのだ。
で、そこにはやっぱり“……?”な記事が(笑)

「松坂牛好きの男、肉を持ちこもうとしてつかまる」(中央社記者邱俊欽桃園機場10日電)

なんでも、日本旅行中に松阪牛を食べてすっかりその味にはまり、台湾に帰ったらもう二度とそれが食べられないのか…と思うと悲しくて、16.5キロの松阪牛肉を五万円で買って持ち込もうとしたらしい。

16.5キロ…って言ったら、エコノミーの乗客だと軽いめのスーツケースの中味全部牛肉詰めてギリギリ20キロ、無料で積める荷物の限界。
明らかにデキゴコロちゃうやろ!
という気がしないでもないが、それよりなにより、ホントの松阪牛を16.5キロ5万円で売ってくれる店があるんやったら、ワタシに教えてくれ~!(笑)
グラム300円少々って、道の駅で売ってる阿東牛切り落としの値段やん!
阿東牛ったら、いいコは曳かれて行って神戸牛になるっちゅ~話がまことしやかに語られていたが、その下のランクの牛さんでも、オウチで食べる分には十分おいしかったが、でも、阿東牛やしさ。
神戸牛とか松阪牛とかにはなれへん牛さんやし、な。

騙されたん?
どっちが?(笑)

なんたって、松阪牛と言えば、台湾でも高級牛肉の代名詞なのだ。
「ウソつき星ちゃん」の中にもちゃんと出て来るのだ。

金持ちのドラ息子に連れられて、ワケも分からず高級レストランに連れて来られた星ちゃん。

01111

支配人?がメニューを持って来る。

「今シーズンのトリュフ届いてる?」
「二日前に空輸で届いたばかりでございます」
「じゃ、それにしよう、フォアグラと松阪牛のステーキ、トリュフソースを」
(おお!ポール・ボキューズのスペシャリテ、“ロッシーニ”! じゅるじゅる…sweat02
「かしこまりました」

その隣で目を○くする星ちゃん。

01112

そこにはあり得ん値段の付いた料理の数々が…。

01113

ディナーセット メニューコースって、スープ・サラダとパンまたはライスくらいついとるっちゅ~こと?
前菜・メイン・デザートくらいついてるの?
そのあたりが良く分かんないけど…台北で松阪牛のステーキ食べたら5600元…、本日のレートでざっくり16300円…。
フカヒレとか燕の巣とかならまぁ・・・あり得んこともないやろうけど、だけど、台北のレストランで牛肉食べて5600元って…あり得へんし…。
松阪牛のステーキよりもさらに解せないのが、オーストラリア産子羊のロースト120g5200元。おふら~んすの有名産地から来てるワケでもないのに、なんで?
いくらAAAとはいえ、オソロシイ値段だわ…。
そもそもあそこは、60元で美味しい水餃子が10コ食べられるトコロなのだ。
星ちゃんが目を丸くしても、ちっともおかしくなんかないのだ。

「ちょっとまって! そのガチョーのキモノのなんちゃらっての、メニューにないけどどうしてよ?」
「クルメなお得意様だけにご提供いたしております当店のスペシャルメニューでございまして、一般のお客様にはお出ししておりませんので」
「いくら?」
「5600元でございます」

タダのビフテキも5600元(本日のレートでざっくり16300円)なら、それにトリュフとフォアグラ追加しても5600元(本日のレートでざっくり16300円)、ドコの世界でもお金持ちは優遇されているらしい…think
おんなじ5600元なら、トリュフとフォアグラ付きの方がいいにゃ~catface

でも、正真正銘“ふつう”の感覚しか持ち合わせていない星ちゃんには、どちらもあり得ない選択。
そりゃ、ワタシだって台北で16300円出して松阪牛食べるなんて、あり得へんし。
松阪に行ったら…ナニがあるかわからへんけど(笑)
でも、台湾でその値段で松阪牛が売れるんだったら、100グラム300円で松阪牛買って帰って売ろうもんなら、ボロもうけやん。。。
いや、でも、キロ3000円ではホンマの松阪牛は普通ムリやろ。
なに買はったん?
それとも、行くべきところに行ったら買えるの?
ナゾはますます深まるばかり…think

で、星ちゃんの選択。
「あはは…あたしは一番安いお子さま定食!」

それもちょっとどうかとは思うけど…。

01114

これもあり得へんやろ…coldsweats01

|

« 定番 たまご型ピアス | Main | 上海女兒情 »

爛漫日記/ありえん!ネタ編」カテゴリの記事

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 定番 たまご型ピアス | Main | 上海女兒情 »