« 茶カテキンで大冒険 | Main | 生後3カ月でオファーが… »

Wednesday, December 16, 2009

三崎の幸満開丼~まりーな亭~

「ワタシの記憶が正しければ…」で始まる、納得できるような出来ないような、そんな料理対決ショーがムカシあったよね。
そのキッチン・スタジアムで助手を勤めていたことがウリの料理人?が、田舎に帰って来た。
オマチでは、イタリアンのお店に勤めていたらしい。
しかし、店内にはミチバロクサブローとか言うヒトの書いたお品書(鴨対決)なんか飾ってあったりする。

何度か行ったさ。
1回目は、パスタはそこそこ悪くはなかったさ。
一回、目指してたお店がお休みだったもんで、仕方なく足を延ばした時には、岬アジ定食ってのがあって、これが新鮮な岬アジをこれでもか~っちゅ~くらいに使っていて、そりゃ~ちょっとカンドウしたものだ。
その後、またそれを狙っていくも、そんなええことはそうそうあるワケでないことが分かり、前回はこんなかんじ

で、昨日、また行ってみた。
メニューが減っていた。
得意なはず?のパスタ系のメニューがごっそりなくなっていた。

で、注文したのはこちら。

12161
大きくなります

作ってる人の顔も出てますから、おっきくして是非是非見てください。

ぢゃなくって、この丼に載ってる魚をよく見てください。
切った角がシャキッと立ってて、透き通った身が輝いてます。
やっぱ、お刺身はこうぢゃなくっちゃね~!

で、出て来たのがこちら。

12162

ドンブリ部分をアップにしてみましょう。

12163
大きくなります

四国の半島の先っぽまで、魚を食べに行ったのです。
漁師さんが釣ってきたばっかりの、噛めばコリコリするようなお魚を食べに行ったのです。
おマチのやッすい居酒屋に、冷凍の刺身を食べに行ったワケではないのです。

この白く濁ったモノは、なに?

鯛もカンパチもお口の中でとろけるかと思われるようなシロモノでしたが、特にアジとサバが…。
サバなんて、ほんまこんなんで大丈夫なんか?なカンジ。
はっきり言って、お幸ちゃまなら絶対に口を付けないであろうレベル。

12164

まぁ、花園で一番アジにきびしいのがお幸ちゃまであらせられるのだが…。
(これ、ホントの話なんですのよ)

というか、お幸ちゃまはお刺身好きだが、ここまで鮮度が落ちていたら、いかなお幸ちゃまのお召し上がりものといえど…で火を通すぞ我が家では…なレベル。

お腹痛くなるんぢゃないの?

そんなことを言いながらでも食べたさ。
だって、1500円から取ってやがるのよ。
でも、なんかキモチ悪くてやっぱり途中でリタイア。

お金を払いつつ、いかな気弱なワタシといえど、つい一言、言ってしまった。

「お腹が痛くなるんぢゃないかと思いながら食べましたけど…」

田舎で料理人としての夢を見失ってしまったのかもしれないが、お客まで失ったらどうにもならんやろうに。。。

ここいらでイクラかい!と突っ込むのも忘れるほど、衝撃的な岬アジ・岬サバだった。

|

« 茶カテキンで大冒険 | Main | 生後3カ月でオファーが… »

~おそとで和食編~」カテゴリの記事

Comments

君の偉そうな発言にワロタwww

まあ頑張ってくれbb

Posted by: aiueo | Wednesday, December 16, 2009 at 22:25

「岬アジ・岬サバ食べにわざわざ半島の先っぽまで行ったけど、その価値なかったわ」と他所の人に言われたら、ワタシも悲しいもんね。
頑張って、「これからの季節はサバ!釣りだちのサバはホントはサイコーに美味しいんです!」とアピールしておきましょう。
いや、ほんとにホントは美味しいんですよ。

Posted by: SAKURAKO | Thursday, December 17, 2009 at 01:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 茶カテキンで大冒険 | Main | 生後3カ月でオファーが… »