« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

Thursday, December 31, 2009

一年を締めくくる大冷えでした。

12311

夏の名残りのノボタンだって、雪まみれ。

12312

春を呼ぶ木瓜だって、雪まみれ。

1231

お正月の縁起物万両だって、雪まみれ。

12314

いつもの花園池もなんちゃって東山魁夷の世界みたいに、雪まみれ。

12315

お幸ちゃまの運動場も、雪まみれ。

12316

その雪まみれの運動場を、眼光鋭くパトロールしていたお幸ちゃま。

12317

おもむろにホリホリを始めたかと思うと…。

12318

その場に座り込んでおしまいに…。

12319

あら?
それは昨日差し上げたカミカミの一部ではございませんか?

嬉しそうにお召し上がりになっていらっしゃるのは別にかまわないのだが、お幸ちゃまにはそのムカシ、雪の上でカミカミをして、やらかい所におっきなしもやけcherryこさえた前科がおありになるのだ。
そういえばこんなに雪が積もったのはあの時以来でございますねぇ…。

いや、思い出に浸っているバヤイではなくって、カミカミは御座敷の上でしていただかなければ…。
ほらお幸ちゃま、お幸ちゃまの御座敷の毛布の中にホッカイロをしのばせて置きましたので、そちらでカミカミなさってください。

にしても、ナニも大晦日にこんなに荒れんくっても…。
こんなお天気だと、夜更かしのお供のアイスだって買いに行けやしないし…。

大荒れの日本列島ですが、みなさま、嵐に負けずよいお年をお迎えくださいませ。

| | Comments (5)

年賀状OK? 動画でもOK?

今日になって、年賀状のバージョン管理がまったく出来てないことに気がついたワタシ…。
この場合のバージョン管理とは、端的に言うと新しくお知り合いになったオトモダチの住所だとか、お引っ越ししたオトモダチの住所だとか、その他いろいろ変更情報だとかが、どの時点まで入ってるかどうかということなのだが、アレだ。
2008年に出した以降、その後どうなってるのかがまったく把握できていないという…。
そ~いえば、去年戻って来た年賀状もあったのだが、誰だっけ?

この年末の忙しい時になって慌てるなんて…。
年賀状は25日までに出しときなさいよ!

そんなお叱りの声が聞こえてきそうだが、25日ったら、某ファンクラブの“年頭に際しいろんな言葉でお祝いメッセージを送ろう!”企画の〆切り日で、そっちの作業を優先させたらこのありさま…coldsweats01

しかし、なんというか、アレだ。
そもそもワタシは、ナニかのファンクラブなんぞというものに入った経験が、今までタダの一度もないのだ。
の地域のお人形劇にもファンクラブというか、ジツはあるのだが、ジツは1年たりとも入っていたことがないのだ。
なので、ファンクラブがどんな活動をするところかよく知らないのだ。
どのくらいの距離でお付き合いすればいいものか、というのも実はよく分かってないのだcoldsweats01

で、その某ファンクラブで新年メッセージ募集!の広告が出た時、掲示板で数回メッセージを交わしただけの★★★★★の国の朋友が、某サイトのワタシのチャット部屋までわざわざ訪ねてきて、“送りや!”と言ったのだ。
それも、二人も。。。

そうなんか…。
ファンクラブには、こういうお付き合いもあるんか…と、新年メッセージを送ろうと考えたのだが…。
しかし、それは15秒以内の動画もしくは音声ファイルをメールに添付して送れ、というものだったのよ。

★★★★★の国ったら動画天国・下載天国だけど、コンサートの動画ですらもバンバン流出するけど、お幸ちゃまの動く姿すらも動画っちゅ~ヤツで撮ったことのないワタシにどうやって動画を撮れ!と?

「デジタルビデオとか持ってないし~!」

と泣きを入れたところ、

「カメラにも付いてるでしょ!
ナンでもいいから撮って送ったらいいのよ!」

そうなんか…。
カメラにはすべからく動画機能が付いているのか…。
カメラでは写真しか撮ったことないヒトは、ワタシくらいなものなのか…。

どうやらワタシとその★★★★★の国の朋友との間には、聊か(長大かも)技術的な時差があったらしい…。

え?
そんな恥ずかしいの国のひとはワタシだけって?

というわけで、ワタシは俄かに動画の撮り方を覚えた!
…まだ技術的なこととかまったくもって理解未能で、編集の仕方もナゾなのだが。
しかし、なので、もしかすると、来年のお正月は動画で“あけましておめでとう”になるかもしれない。
みなさま、乞うご期待!

ということで、え?年賀状は出来たのかって?
今から出してもどうぜお元日には届かへんし、お正月にゆっくり書いても一緒やってsmile

| | Comments (2)

Monday, December 28, 2009

孝行娘に孝行息子、そしてオトナへの道!?

そう言えば、ヴェッキー・チャオが東京映画祭に来ていた。
《花木蘭》の関係で来たらしい。
NHKの中国語講座だかなんだかでインタビューが出ていた。

そのNHKのインタビューで、監督さんが“父親に代わって出稼ぎに行き、家族の生活を支える“現代の花木蘭”が、中国には沢山いる”と話していたのが印象的だった。

そうなのだ!
今、なんちゃってちうごく語教室で一緒のお嬢さん方は、みんな“現代の花木蘭”なのだ。
じ~~~んcrying

で、本日某所でも、父親のために金運を招いてくれる孝行息子の話が出ていた。
なんでも、そのぼっちゃんが生れてからっちゅ~モノ、じーちゃん・とーちゃんの持ってる株の値段が上がりっぱなしで、モノによっちゃ~30パーセントくらい上がってるらしい。
こんな御時勢だってのに…。
そんで、金融危機で蒙った損失が殆ど補填出来たらしい。
なんというウラヤマシイ。。。
あそこんちの損失、いうたら何億単位やろ?
ワタシのナケナシの資金(というのも恥ずかしいが)が、一時投資額の70パーセント以下に目減りして、今やっと75パーセントくらいまでもんて来たトコロだっちゅーのに、それでもウン万円レベルの話だっちゅ~のに、なんでやねん?
やっぱ、株で儲けてハタチそこそこで人生最初のフェラーリを買ったっちゅ~人は、そのヘンの嗅覚が違うんかねぇ…。

4月にハマーを売りに出したっちゅ~んで、若しかして車売って株の穴を埋めるんか?みたいな記事も出てたけど、9月になっても体育館みたいな御車庫にハマーが置いてあったから、結局売らんかったんだか売れんかったんだか…。
いや、あそこんちにハマーが何台あるかからして、ジツはナゾなんだが…。
フェラーリだって、ワタシが知ってるだけでも2台はあるしさ。
どっちもその御車庫には置いてなかったから、黄色いランボルギーニと一緒に別のお車庫にあるのね、きっと。

そいでもって、クラークス(イギリスの靴屋さん)だの、ロモン(中国の洋服の青山かな、と思っている)だの、モンブランもなん?と、コマーシャルの契約もどんどん増えて、まさにぼっちゃんは福の神なんだそうな。
ぼっちゃん自身にも、まだ生後3ヶ月だっちゅ~のに、既にざっくり1400万円程でCFのオファー来てるらしいしさ。

で、このロモンっちゅ~服屋さんの社長さんは、1971年生まれで、18歳の時から中国のアパレル業界で仕事をし、21歳の時に独立創業、27歳でロモングループの総裁に就任した傑出した企業家なんだそうで、にもかかわらず、自社製品の広告モデルまでやっちゃうみたい。
スーツがエグゼクティブの間にだんだん浸透して来て、これをビジネスシーンだけでなくカジュアルにも着こなす層が中国にも形成されて来たことに目を付けたその敏腕社長が、今までの製品とは販売網から違えた新ラインを出すもんで、その広告塔に“青春”のシンボルとして白羽の矢を立てたのが、そのぼっちゃんのパパだったと、そういうことが社長サンのインタビュー記事に載っていたのだが…。

あら?
本人は、パパになってそれまでの“永遠の17歳”の呪縛から解放されて、ちょっとオトナのイメージが出来たもんで、そーいう仕事が来るようになったと話していたようですが?

いやいや、やっぱりオトナなイメージを定着させようと思ったら、“シリはよー見せん!”とか、“《ラスト・コーション》は演る勇気ない”とか言うとったらいかんよ、ジミーちゃんcatface
その昔、“限界はない! お手本はトニー・レオン!”って言ったぢゃ~んsmile

| | Comments (0)

Sunday, December 27, 2009

上村のコチュジャンでまぜまぜご飯

12272

現代百貨の調味料売場で、要冷蔵で売られていた上村のコチュジャン。
なんでも、王さまの国で一番有名なコチュジャンらしい。
そのコチュジャンでまぜまぜご飯。

12271

本日のナムルは椎茸・春菊・大根・もやし、それに味付けカルビと目玉焼きを添えて。

この上村のコチュジャン、よござんすgood
甘すぎず、ピリッとした辛みでコクがあるざんす。
韓国へお出かけの際には是非おひとつお求めください。

…持って帰るの重いけど(笑)

| | Comments (0)

すぐきときのこdeパスタソース

1227

京都の伝統的なお漬物に、“すぐき"っちゅ~絶妙な酸味が好嫌を分けるヤツがいるのだが、これがマルゴト3個とか届くと、どうやって消費しようかとちと迷ってしまうことになる。

で、本日は細かく刻んでお召し上がりください、と書かれてあった葉の部分を細かく刻んで例のごとくパスタソースに入れてみた。

今日のスグキは伝統製法に則って作られたというヤツで、化学調味料とかは一切使っていないらしい。
“少量のお醤油と化学調味料をかけてお召し上がりください”様のことが書いてあった。
しかし、花園のレシピに化学調味料などというモノは入らないのだ。
だって、ないんだもん。

…若しかして、ムカシあまりにも貧しくて、それを買うお金がなかったからかしら…coldsweats01

閑話休題。

本日はキノコとアレンジ。
ニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒めて椎茸となめこを投入、しっかり水分を飛ばしたら、ここでスグキを加えてパスタのゆで汁を加え、醤油と塩少々で味を調えてパスタソース完成!。

いや~、なめこってやつはいいねぇ。
テクニックがなくても、ソースが乳化したみたいにトロリとなるのだsmile

| | Comments (0)

Saturday, December 26, 2009

ヒートテックはあったかい???

あの手この手でマイルを貯めてるヒトのことを“マイラー”というのだそうだが、今一つホントのマイラーになりきれないワタシ…。
ワタシの専らのマイル源はお買い物である。
ナンでもカンでもカードを出す。
通販も、価格.comとかでワケの分からないお店に注文する場合は保険と思って代引きにするが、某通販屋さんとか某本屋さんとか某CD屋さんとか、そういうところは全てカード決済で送ってもらう。

そして最近は、ウニクロまで通販だcatface

だってアナタ、クレジットで貯まるマイルのほかにお買い物マイルが100円に付3ポイントも貯まるってんですもの、そこいらのウニクロになんて行けないわsmile

この季節、ウニクロといえばヒートテック。
今までなんとなく買いそびれて、この年(ってっても18だけど)になってヒートテック初体験のワタシ。
すんごい暖かいらしいというので、すんごい楽しみにしていた。
肌着に、レギンスにもなるっちゅ~ズボン下(よね、あれって)に、タートルに、靴下に、といっぱい買ったさ。
6300円以上のお買い物で送料タダになるのだが、日替わり特価だかで670円のウールのタートルまで買っちゃったから、ヨユーのよっちゃんでケイテン越えて来たさ。

で、ひとしきり試着してみて思ったのだが…ヒートテックってそんなにあったかい?
一日中じっと机の前に居る人にとっては、そんなポカポカしてくるようなものであるとは正直思えませんでしたが…。

つーか、一番期待していた靴下が一番ハズレだった気がする。
靴は履けなくなってもウールの分厚い靴下の方が、履いた瞬間から暖かくって気持ちがいい気がするのだが…。

で、今回のお買い物で一番ヒットだったのは、実はフリースのスリッパだったと思っているのだった。

こりゃエエよ。
1足1000円、2足買ったら850円のスリッパなのだが、底が分厚くって保温効果が高いのよ。
初公開!ワタシの足は24センチ!なのだが、Mがジャストサイズでぴったりフィット。
もうちょっと可愛い柄があるといいのだが、それはまぁ…ということで、ウニクロのフリーススリッパ、オススメですsign01

| | Comments (4)

Friday, December 25, 2009

こだわりの日本海カニ飯

150年くらい前…といえば、箱館を開港するやらどうやらともめていたころだが、そんくらい前に女王さまと2人で美瑛だ小樽だと北海道を遊びまわった時、タクシーの運転手さんからショーゲキのジジツを聞いてしまった。
お米に古米だの古古米だのがあるように、カニにも古カニだの古古カニだのというモノがあって、冷凍庫のなかで3年熟成とかしてるものもあるらしい。
なるほど、ゆんべの富良野の黄色い色した温泉のホテルの夕食バイキングに出ていたカニが、味も風味も昇天済みだったのはそういうわけだったのか、と、妙に納得したモノだったが、この古ガニがジツは花園の冷凍庫の中にもいらっしゃった…。

というか、去年の今頃、島根辺りからどっちゃり送っていただいて、そのあまりの量にそのまま冷凍庫の肥しとなって幾星霜…って、まだ一年だってcoldsweats01

とにかく、そのカニを消費するためにカニ飯を炊く。
お出汁は正真正銘利尻産。
加える塩も丹後半島の手作り自然塩。
カニは勿論島根から来たんだから、すべて日本海産に拘った究極のカニ飯!

あ、そう言えば、お米は魚沼産ぢゃなくって徳地産。
これだけ日本海ぢゃなくって中国山地の端っこの方の山のなかだが、友人T嬢が送ってくれるこのお米が、花園では一番おいしいお米なのだ。

ということで、必死でカニの身を殻から出して、カニみそを加えて炊飯器でピ~ンポンパン…。
最近の炊飯器っちゃ~、スイッチ入れたらメヌエットが流れたりするのね。

そして、炊きあがり。

12261

ダイレクトにカニの味がしみ込んだ、美味しいご飯になりました。
しかも、そんなにくどくないのでいくらでも詰め込めそうな怖ろしい味加減coldsweats01

12262

本日もおごちそうさまでしたhappy01

| | Comments (0)

Thursday, December 24, 2009

クリスマスのプレゼントforワタシ?

クリスマスにプレゼントが届くなんて、デーモン閣下のお歌を聴く身としてはなんとも不謹慎なことだが、もう記憶も定かでないくらいムカシに注文していたピアスがたまたま今日届いてしまったのだから仕方がない。
これは、クリスマスプレゼントだったのよcatface

ということにして、と。

12241

この、硬質なカンジがいかにも無機質。
バカラやラリックのクリスタルよりも堅そう…。
屈折が少ないので、枠のピンクゴールドの色が割とストレートに石に透けて見えるのね。

ということで、着けてみた。12242_2
クリックでほぼ原寸大>>>

なんというか、あれだ。
0.8カラットUPのダイヤモンドには…見えんかしらcoldsweats01

さすがに石の大きさが5ミリあると、そこそこワタシの耳の上でも収まってくれる気がするのは気のせい?
ホワイトトパーズなので、黄色いインペリアルトパーズのように如何にも発財の効果がありそうなカンジではないけど、お誕生石だし、着けてたらきっといいことあるやろconfident

この石だと、プラチナとかホワイトゴールドとかの方が、ますます硬質さが引き立ってク~ルなカンジになるかも…。
もうちっと楽天ポイントが貯まったら、こんどは枠の色を変えて注文してみてもいいかもしれない。
誰かが間違ってダイヤモンド…のニセモノくらいには見てくれるかもしんないし…smile

| | Comments (2)

Wednesday, December 23, 2009

すぐきとおじゃこの和風パスタ

お歳暮シーズン到来!
ということで、普段はお目にかからない珍しいモノが冷蔵庫の中にも外にも溢れる季節…。

ということで、目下の課題はお漬物の大量消費。

Dsc08361

最近グルメ情報誌等で露出の増えた近為の刻みすぐきも、このありさま。

Dsc08362

にんにくと一緒にオリーブオイルで炒めたおじゃこのなかに投入してパスタソースに。
漬物屋さんが見たら、ナンというかしら(笑)

パスタといえば、小豆島名産オリーブを練りこんだ職人手仕上げのパスタセットをいただいたもんで、シメシメとばかりに早速イロイロ野菜のトマトソースでいただこうとしたのだが…。

パスタをゆでる時って、絶対塩入れるでしょ?
だから、何時もの通りに塩を入れて茹でてトマトソースに和えて食べようとしたら…怖ろしく血圧3000倍な塩加減になっていた。。。
小豆島そうめんの職人さんが仕上げたパスタはそうめん仕様だったのだ…。
生めんのようなコシでなかなかに面白い食感だったのだが…パスタは塩水でゆでるもんなんやって!

いやいや、それも“ナニが来るかはお楽しみ!あなたの知らない世界に挑戦!お歳暮シーズン”の醍醐味といえばそれまでなのだが…(笑)

| | Comments (4)

Monday, December 21, 2009

臘月の目出度の紀寿の薔薇百朵

本日、おばーさまが目出度くも満100歳のお誕生日をお迎え遊ばした。
お祝いに孫一同から100万本の薔薇をプレゼント。

Dsc082470_2

アレよ。
ケーキに立てるローソクも、いくらか齢を重ねたら、おっきなの1本で10本だったりするでしょ。
100歳のお祝いともなると、薔薇も1本で10000本くらいの値打ちが出るのよhappy01

…ダメ?coldsweats01

そして、某所を借り切って親族一同お祝いの昼食会。
それでは皆さま、盛大に!

Dsc082501_2

事件はこの時明らかになった…。
今日はオネムの日だったおばーさま。
出発まで熟睡モードだったもので…アレだ。
今日はまだ歯が生えておいででなかったのだった…。

Dsc082861_2

次々と運ばれて来る料理。
廻りはすっかり宴会モード。

Dsc082881_2

なのに、歯が生えていないおばーさまはおあずけなのだ。
オネムだったので、朝ごはんも召しあがっておられぬというのに、お椀のおつゆをちょろんとお召し上がりになったものの、そんなん、食べた内に入るかい!

Dsc082921_2

お皿からはみ出すくらいのお鯛さんの塩焼きが出て来たあたりで、ようやっとおばーさまの歯が生えそろい…coldsweats01

Dsc083041_2

このアナゴを随分とお気に召してお召し上がりくださった。

Dsc083061_2

もちろん、お肉も。

Dsc083091

お好きなお赤飯もたくさん召しあがってくださった。

デザートの洋梨は…画像がございませんcoldsweats01

そして、100歳記念coeur couer特製30人分のお誕生日ケーキ。

Dsc083141

coeur couerは今松山で1・2を争うケーキ屋さん。
ナンの1・2かって、それはワタシのお気に入りsmile
チョコケーキ系ならショコラティエC、その他はcoeur couerなカンジ。

このケーキも1人分しっかりお召し上がりいただいた。

帰り際ちょっとお疲れそうだったが、久しぶりに親族一同でワイワイと楽しくお話が出来て、美味しいものも召しあがっていただけて、目出度し目出度し。
良いお誕生日でした。

| | Comments (3)

Saturday, December 19, 2009

若返りの妙薬~3G essence~

最近インタビューを受けるたびに、最初の話題は“お肌のお手入れ方法”だっちゅージミーちゃん。
本人曰く、特別なことはナンにもしていないらしいが、10も歳の離れた女優さんと一緒にこんだけアップになって、女優さんよりも毛穴が目立たんって、いったいどゆこと?

12191

ナンにもしてないと言っても、かなり気を遣っているらしい目撃証言とかはある。
レースに参加している時でも、不必要に太陽の下には立たないとか、時間があったらテントの中でお化粧箱を広げてお肌のお手入れをしているとか。。。

あれかもしれない。
ちうごく4000年の不老不死伝説が誇る“金丹”とか“●▲術”とか、そういう特別なことはなんにもしてないよ、くらいの意味なのかもしれない。
なんたって、お隣の国にはムカシから100歳を過ぎても20歳そこそこにしか見えなかったっちゅ~華佗センセーみたいなヒトがわりとたくさんいたらしいしthink

で、その若返りの“金丹”っちゅーやつは、いろんな植物だの鉱物だのをマゼマゼして作り出すワケの分からない神秘の妙薬なワケだが、今日ご紹介する化粧水も最早その域なんぢゃないかと思われるワケの分からないモノcoldsweats01

1219

最近お気に入りの美容院で勧められるままに買って使っているのだが、いったいナニがナニなのかさっぱり分からない暗号で出来ている。
「EGF・αFGF・IGF-2」という成分が、お肌につけるだけでお肌を新しく生まれ変わらせる効果があり、若返りを実現してくれるらしい。
なんでもそのうちの“EGF”ちゅ~のが“ノーベル賞成分”なんだと。
ますます“ナンぢゃそりゃ?”な世界。

ココまで来ると、最早ワタシにとってはこの化粧水も華佗センセーの秘薬も遜色ないくらいにアヤシゲなのだが、そのアヤシゲさがなんか効くような気がして、つい、買ってしまうのだcoldsweats01

なんというか、アレだ。
ワタシもこれで14歳の少女の肌を手に入れようなんざぁ~大それた野望(野望なんかいcoldsweats01)は抱いちゃいないが、18歳のお肌は維持したいな、と。
だって、ケッコーなお値段するんですもの…coldsweats01

| | Comments (0)

Thursday, December 17, 2009

生後3カ月でオファーが…

Photo_4ジミーちゃんちのジミーちゃん.Jr、そりゃ~どえりゃ~かわええlovely
そりゃパパもこまい時からかいらしかったが、ムスコも負けちゃ~ないわよgood

で、早速台湾の乳製品の会社から、500万元でコマーシャル出演のオファーがあったらしい。
本日のレートでざっくり1400万円くらい。
お父さんも一緒に出てもらっていいですから~なカンジ?(笑)

この値段が高いのか安いのか、全くもってわからないのだが、ジミーちゃんの公告出演料は5000万新台幣~とかいうウワサもある(ホンマかいcoldsweats02)のだが、どっちにしても小小志、今からそんなに稼いでどうするよcoldsweats01
あんましお金があったら、“起業”が趣味のとーちゃんが、育児・子供用品関連でもまたまた新しい会社を作ろうなんぞと企んだりして、ゲーノー活動がますますお留守になったらいかんから、稼ぐのはママのお小遣い程度にしときねsmile


ニュースソースはこちら≫≫≫林志颖儿子带财来 奶品广告找上门

| | Comments (8)

Wednesday, December 16, 2009

三崎の幸満開丼~まりーな亭~

「ワタシの記憶が正しければ…」で始まる、納得できるような出来ないような、そんな料理対決ショーがムカシあったよね。
そのキッチン・スタジアムで助手を勤めていたことがウリの料理人?が、田舎に帰って来た。
オマチでは、イタリアンのお店に勤めていたらしい。
しかし、店内にはミチバロクサブローとか言うヒトの書いたお品書(鴨対決)なんか飾ってあったりする。

何度か行ったさ。
1回目は、パスタはそこそこ悪くはなかったさ。
一回、目指してたお店がお休みだったもんで、仕方なく足を延ばした時には、岬アジ定食ってのがあって、これが新鮮な岬アジをこれでもか~っちゅ~くらいに使っていて、そりゃ~ちょっとカンドウしたものだ。
その後、またそれを狙っていくも、そんなええことはそうそうあるワケでないことが分かり、前回はこんなかんじ

で、昨日、また行ってみた。
メニューが減っていた。
得意なはず?のパスタ系のメニューがごっそりなくなっていた。

で、注文したのはこちら。

12161
大きくなります

作ってる人の顔も出てますから、おっきくして是非是非見てください。

ぢゃなくって、この丼に載ってる魚をよく見てください。
切った角がシャキッと立ってて、透き通った身が輝いてます。
やっぱ、お刺身はこうぢゃなくっちゃね~!

で、出て来たのがこちら。

12162

ドンブリ部分をアップにしてみましょう。

12163
大きくなります

四国の半島の先っぽまで、魚を食べに行ったのです。
漁師さんが釣ってきたばっかりの、噛めばコリコリするようなお魚を食べに行ったのです。
おマチのやッすい居酒屋に、冷凍の刺身を食べに行ったワケではないのです。

この白く濁ったモノは、なに?

鯛もカンパチもお口の中でとろけるかと思われるようなシロモノでしたが、特にアジとサバが…。
サバなんて、ほんまこんなんで大丈夫なんか?なカンジ。
はっきり言って、お幸ちゃまなら絶対に口を付けないであろうレベル。

12164

まぁ、花園で一番アジにきびしいのがお幸ちゃまであらせられるのだが…。
(これ、ホントの話なんですのよ)

というか、お幸ちゃまはお刺身好きだが、ここまで鮮度が落ちていたら、いかなお幸ちゃまのお召し上がりものといえど…で火を通すぞ我が家では…なレベル。

お腹痛くなるんぢゃないの?

そんなことを言いながらでも食べたさ。
だって、1500円から取ってやがるのよ。
でも、なんかキモチ悪くてやっぱり途中でリタイア。

お金を払いつつ、いかな気弱なワタシといえど、つい一言、言ってしまった。

「お腹が痛くなるんぢゃないかと思いながら食べましたけど…」

田舎で料理人としての夢を見失ってしまったのかもしれないが、お客まで失ったらどうにもならんやろうに。。。

ここいらでイクラかい!と突っ込むのも忘れるほど、衝撃的な岬アジ・岬サバだった。

| | Comments (2)

Tuesday, December 15, 2009

茶カテキンで大冒険

自慢ぢゃないが、ワタシは昔から化粧品は選ばないといけない肌質だったりする。
トモダチがシャネルだのディオールだのの口紅をつけている時、ワタシは某国産メーカーだった。
値段的にはそのシャネルだのディオールと変わらないというか、もっと高かったりしたのだが、こーいうのは“おふら~んす”のものの方が、見た目のデザインがオシャレなのよね。

でも、つけたら唇の皮がむけるんですもん…。

というワケで、そのオシャレな口紅は一回使ったら二度と使えなかったのだ。
ランコムの基礎化粧品で真っ赤にお顔がハレたこともある。
「お試ししてみませんか~」
と、自社製品に自信を持って薦めてくれた販売員のおねーさんもびっくり。

…自慢ぢゃないというか、自慢にならないというか…。

ということで、化粧品は選ばないといけないのだが、昨日事件は起こった。

この間から、そろそろ洗顔石鹸がなくなるな~と思っていたのだが、ついつい注文するのを忘れてしまっていたのだ。
なので、ナニかないかと代用品を探したところ、ムカシ話題になった石鹸が出て来た!

1215

なんでも、お茶の成分カテキンがえらくお肌に良いらしく、シミもシワも消しゴムで消すようにきれいになくなるらしいのだ!
しめしめ、これを使ってみよう!

で、あれだ。
さっぱり洗いあがったその後に、お肌がどえりゃ~ひりひりしたのはアレだろうか。
“緑茶の成分でお肌しっとり”がワタシの体質に合わなかったのか、それともいかな石鹸といえど、3年以上寝かしていたら、賞味期限がきれちゃうのか…。

ひりひりは、翌朝にはおさまっていて、その他目立ったダメージはよく分からなかったが、冒険もホドホドにしといたほうがいいかも…。

| | Comments (4)

Monday, December 14, 2009

ピアスさんとのお付き合い。

ピアスっちゃ~、穴を開けてしまえばあとはこっちのモノ!と思っていたのだが、どうやらそうではないらしい…。
幸い、ワタシの場合、傷がジクジク膿むとかそんなことはなかったが、思わぬアクシデント(とあくまで言い張る)で予定よりも早くファーストピアスを卒業しちゃったもので、その後ちょっくら大丈夫かいな…ということもあった。

なんたって、アレだ。
セカンドピアス用に用意していた0.9㎜チタンポストのピアスは、着け始めて3日目でかたっぽ洗面台の底にぱっくりと開いたブラックホールに飲み込まれてしまったのだ。
お~まいぶっだshock

他にある0.9ミリのポストっちゃ~、9㎜のアコヤ真珠しかなかったもんで、3日程それを着けていた。
ホントはプラスティックの棒みたいなピアス?を着けておこうとしたのだが、これが、先っちょが凶器のようにささくれとがった感じで、これを着けると血が出たのだ。
なんまんだぶなんまんだぶ…。

で、アレだ。
それからちょっと知恵を着けようと思って、ピアス穴のお手入れ方法を調べてみた。

おせ~よ!

そんな声が聞こえてきそうだが、まぁ、気はココロでcoldsweats01

どうやら基本は“消毒”ということらしい。
で、穴をあけてもらったサ○ラクリニックでは、マキ○ンとかの消毒薬は、きつすぎるので絶対に使わないように、と言われていた。
で、ここいらの薬局へ消毒薬を買いにいくも、消毒用エタノールを薦められる始末。
マキ○ンすら使えんのに、消毒用エタノールってどないすんねんshock

使えへん・・・。

ということで、ネットで検索したら、穴をあけたときにそのサ○ラクリニックでもらった消毒薬が出て来た。
早速注文。

12141

こ~いう消毒薬で、少なくとも半年は消毒した方がいいらしい。
そんで、セカンドピアスっちゅ~やつも、ある程度つけっぱなしにしていたほうが方がいいらしい。
やっぱりポストの太さは0.9㎜あったほうがいいらしい。
某ピアス屋さんのおねーさんに、軟膏を使うことも勧められたが、これは溜った軟膏に雑菌が繁殖することもあるので、あんましよろしくないらしい。
12142_3
ということで、ワタシは今、2代目セカンドピアスで穴を育てている。
2代目はこの“ペケ”。
クリックするとほぼ原寸大。これもチタンポストなのだが、あれだ。
チタンポストのピアスって、市場が限られてるせいか、こんなにちっこいのに意外とするのよね~。

で、アレだ。
ピアスって、気がついたらクルクルと廻ってるのだ・
なので、時々この“ペケ”が横に太っているときがある。

なんか、はじめに思っていたよりもピアスって面倒くさいヤツかも…think


| | Comments (2)

Sunday, December 13, 2009

仁寺洞ぶらぶら③~ウリセゲ~

すっかり忘却の彼方…だったけど、そう言えば王さまの国ツアーに行ったんだっけcoldsweats01

Dsc03360

青空新京極なカンジの仁寺洞をズンズン北上しつつ、お土産の小物を物色。
いかにも…sweat02なお土産物屋さんに混じって、センスのいいお店もある。

Dsc03359

そんなギャップを楽しみつつ、ふと目に止まったお店。

Dsc03362

ドアに「ここがウリセゲでございます」の紙が貼ってある。
そういえば、ガイドブックで見たよ!このお店。

ということで、取り敢えずご入店。

Dsc03361

その他のお土産物屋さんとは一線を画したハンケチーフやスカーフ、ランチョンマット・テーブルクロス等々。
モチーフは王さまの国チックだが、色遣いが上品で素材に高級感があるカンジ。
お値段もよろしいようで…。

しかし、ナニより販売員のおねぇちゃんがそれはそれはお美しかった。
しかも、日本語が堪能。
なので、ちょろんと値切ってお買いもの(笑)

小さいお店だが、時間があったらあるだけ長居してしまいそう。
しかし、ワタシたちには次の予定があるのだ。
夕べに続いて焼き肉第二弾が待っているのだ。

ということで、恐る恐るPutti女王さま方に、そろそろタクシーを拾って次なる目的地へ移動したいのですが…と申し上げる。

次はもう少し長い目にお買い物の時間をとっておかなくっちゃ…。

| | Comments (0)

Saturday, December 12, 2009

なんちゃってちうごく語教室新学期

今日からここいらのなんちゃってちうごく語教室が新学期を迎えた。
新人さんが3人、うち1人はかなり日本語が出来る。
ワタシのちうごく語よりはるかに使えそう(笑)

で、アレだ。
当然自己紹介で、トシの話になりましてん。

「じゆうはちで~すcatface

「にじゅうはちですか?」

そやから、じゆうはち言うとるやろsign01

このなんちゃってちうごく語教室は、アレだ。
正しい発音とか、正しい文法とか、そんなものは恐らく永遠に身につかんやろう。
しかし、である。
鹿児島のヒトがしゃべる共通語?みたいな普通語とか、東北のヒトがしゃべる共通語?みたいな普通語で、怖ろしく実践的なちうごく語会話が体験できるのだ。
そりゃ~、実際行った時には、きっと役に立つよ~(笑)

ということで、来年あたり北京か杭州へ行くぞ~!
次はこの北京か杭州なんぢゃないかってのがもっぱらのウワサなのだ。

ナニがって?
そりゃ~アナタ、ワタシがデーモン閣下以外でライブだのコンサートだのの類に行こうなんぞと考えるっちゃ~、アレだけでんがなsmile

| | Comments (2)

Thursday, December 10, 2009

最近のケータイっちゅーヤツは…

今のケータイは、3年くらい前に“海外ドコでも使えるヤツ!”ってことでここいらのド○モショップに駆け込んで買ったのだが、2期くらい前のモデルを“これしかない”なカンジで売りつけられたという甚だ不本意なモノなので、愛着というのが全くない。
だからいつもケータイ不携帯とか言われる状態…そうぢゃなくてもケータイ持たないかも…coldsweats01

でも、時計も持たないからケータイが時計代わり。
なので、ケータイを忘れて旅に出ると、ちと困る。
前回それをやっちゃったワケだが、幸いコンパクトデジカメを持っていたので、それで時間が確認できた。
これがいつものデジイチだったら、かなり使えない。

で、あれだ。
ケータイにコンデジの機能をプラスしたら、外に行く時くらいは忘れんのぢゃ~なかろうか!

と思って、たまたまここいらのヤ○ダ電器に行ったついでにケータイ売場に行ってみたのだが…。

なんぢゃこりゃ!

なんでタカダカケータイに、こんな値段出さなあかんねん!

そんな怖ろしい値段が並んでいた。。。
ワタシがケータイに求めることったら、お手軽に高画質なお写真が撮れて、メールが送れて、通話が出来る、この3つだけなのに、最近のケータイってヤツは、無駄な贅肉付き過ぎ!
おかしくない?

ということで、ケータイにこんなお金をつぎ込むくらいなら、これ買うわい!と、マウスパッドを買ってそのヤ○ダ電器を後にしたのだった…。

ホントはこんなものも買ったんだけど、さ。

1209

なんか、この2週間ほどでえらく成長した気がするのよね…think

| | Comments (2)

Wednesday, December 09, 2009

みかんの国からこんにちは♪

女王さまに“おみかんをくだしゃい!”とお願いするお幸ちゃま。

Dsc079301

よだよだ。

Dsc079471

じれじれ。

Dsc079271

あう!

Dsc079011

どのお顔もおかわいらしゅうございます。

で、あれだ。
美味しいみかんに必要なのは、潮風と太陽とそしてごはんだそうな…。

| | Comments (2)

Tuesday, December 08, 2009

それは間違い?それは間違い!

本日某ラジオ番組で、デーモン小暮閣下がのたまわれた。

「間違いでロックなんかやっている」(一字一句間違ってないかは既に記憶が…)

閣下!
それは間違いなんですか?

で、あれだ。
閣下のGirls Rock~Tiara~を聞きながら、「やっぱりデーモン閣下はお歌がお上手でございますね」と、女王さまにこう申し上げた時のこと…。

「これはデーモンが歌っておるのかえ?
歌手みたいぢゃぞよ」

「はい?
女王さま、閣下はSingerでございますよ!」

「プロレスラーではないのかえ?」

女王さま!
それは大きな間違いです!

| | Comments (0)

Monday, December 07, 2009

お幸ちゃまとみかん

もう冬だっちゅ~ねんsign01
しかし、お幸ちゃまの運動場のモミジはまだ紅葉率55パーセントくらい。

Dsc07893_2
大きくなります

もちっときれいに紅葉してくれるといいのだが…。
このまま終わりそうな気がしないでも…。

で、秋といえば、みかんの国のお幸ちゃまにはお楽しみな季節。
せやし、もう冬やってcoldsweats01

161

釣りアジ(のちっちゃいヤツ、またの名をゼンゴ)でも、生かしておいたピチピチをお刺身にしたものしかお召し上がりにならない、違いの分かる“ぐるまん”犬になってしまったしまったお幸ちゃまの“美味しい”へのあくなきこだわりは、みかんにおいても遺憾なく発揮されてしまう。
お幸ちゃまがお召し上がりになるみかん、それがすなわち美味しいみかんなのだ。

162

みかんを前にしてのお幸ちゃまの目は、切ないまでに真剣でいらっしゃる。

163

お幸ちゃま曰く、ここいらの特選農園の小玉みかんが、味が濃くっていっちゃん美味しいのだそうだ。
“みかんソムリエ”として自信を持ってお勧めするそうだ。

しかし、ザンネン!
この小玉みかんは、一般には全くもって流通しないのだ。
あまりに美味しいゆえ、超レアなのだ。
農家さんが、極親しいオトモダチとかシリアイとかに、こっそり分けてくれるものなのだ。
市場には決して出荷されない、マボロシのみかんなのだsmile

そういえば、この間市場で10キロ10000円の値段がつくここいらでもいっとうブランド性の高い“日の○みかん”のレアもの小玉みかんをいただいたが、お幸ちゃまに言わせると、小玉みかんの中でもお友達のちぃちゃんちのんがいっとう美味しいらしい。

…何処まで分かっていらっしゃるんだかは不明だが、食べ方が半端なく一生懸命なのは確かなのだった。

| | Comments (2)

Sunday, December 06, 2009

深遠なる石の世界

ピアスを開けてからというもの、なんか無駄に出費が増えてる気が…coldsweats01
なんたって指輪だのネックレスだのイヤリングだのってのは、別に毎日着けてる必要ないわけで、ワタシ的には…もしかすると30/365日位しか着けてないかも…。

しかし、ピアスと来たらそうは行かない。
ピアスは何時も付けてないとせっかく開けた穴がふさがってしまう。
それよりも問題なのは、そこから運がこぼれ落ちてしまうことなのだ!
なので、何時もナニかを着けておかんといかんのだ!

ということで、イロイロと物色することになるのだが、アレだ。
ナンといってもモトが30/365のヒトなので、知ってる石の名前にも限りがある。

ダイヤモンドならラザールキャプラン社。
エメラルドはムゾー。
ピジョンブラッドと呼ばれるのは3カラット以上あるモゴックのルビーだけ。
カシミールサファイアは1887年生産停止。

こんな役に立つのか立たんのか分からんくらいの知識しかない。
そのワタシが、石言葉なんちゅ~ものの存在を知ってたワケないしcoldsweats01

で、いろんな石屋さんのHPを渡り歩き、ほぉ~!と呆けている今日この頃、なのだ。

ダイヤモンド……悪霊を退けて持ち主を勝利に導いてくれる。
エメラルド……未来を見通す霊力が宿る。
ルビー……不滅の炎の化身、情熱と自由を掌る。
サファイア……浮気封じ。

やっぱりダイヤモンドは必要よね。
最近イイコトないのはなんか憑いとるんかもしれんし…。
でもって、未来が見えても、ロクでもなかったらサビシイしな~。
情熱の炎は、何時も無駄に燃えさかっとるゾ。
いや、もしかすると一番必要なのはサファイアかも…。
これ以上、ワケの分からん“お楽しみ”が増えたりしたら、もうどうしよ~もないのよね、正直coldsweats01

こんなのも、ある。

オパール……縁結びに霊験あらたか。
アクアマリン……永遠の若さをもたらす。
トパーズ……富と金運をCome come してくれる。
ムーンストーン……生理痛・肥満・更年期障害に効果あり。
トルマリン……不眠・頭痛・肩こりに効果あり。

アクアマリンやろsign01
こりゃ~、ナニがなんでも、アクアマリンを手に入れて四六時中着けとかんと!!!
その次にトパーズ。
富と金運がないと、ピアス買えないもんね~ってか、なんたって誕生石だしぃ。
でも、トルマリンも必要よね。
それを言うんだったらムーンストーンだって!

…一番後回しがオパールcoldsweats01
まぁ、縁ったって、良縁もあれば悪縁もあるから、こればっかしは、ねぇthink

しかし、ワタシのミミには大きな問題がある。
5ミリ以下だと、着けといてもちっともか~いくないのだ。
なんかゴミが着いてるくらいにしか見えないのだ。
あと2ミリ下に穴が開いていたら、もちっと違ったカモ…think
しゃ~ない、大きければ大きいほど、効果も絶大に違いないthink

ということで、次の目標は定まった!
まずは永遠の若さを手に入れるゾ~っとhappy02

はっ! 来月はお年玉!

まだワケも分からんお金のありがたみも知らんガキンチョどもに配らんといかんこの(まだ用意してないけど)お年玉を全部つぎ込めば……5ミリのサンタマリアアクアマリンだろうが、プラチナのポストだろうが、ヨユーで買えるのに…weep

| | Comments (2)

Saturday, December 05, 2009

飛脚屋さんの配送システムって…。

12月3日、西葛西というところから、件の飛脚屋さんで荷物を発送するという連絡を受けた。
ので、4日には着くだろうと思っていたら来なかった。
ちょっと値の張るモノだったので、問い合わせてみた。
4日の20時前だというのに、まだここいらへ向かっているトラックの中だという。

はい?

3日の23時とかに持ち込んだんかい!
と、思わず突っ込みそうになったが、「飛脚屋さんはゆっくりなのね。黒猫屋さんやったらありえんやろ」ということで、自らを納得させた。

で、4日某お荷物が同じく飛脚屋さんのメール便で市原を出たっちゅ~連絡があった。
普通の荷物が3日かかるんだから、メール便やったら5日かかるんぢゃなかろうか…。
そんなことを考えていたら…着いたよ。
千葉県からの発送なのに、着いたよ。
西葛西よりも遠いところのハズなのに、着いちゃったよ!
黒猫屋さんのメール便やったら、これもありえんやろ。。。

しかも、着いた時間は2時間くらいしか差がついてなかった。
ここいらは飛脚屋さんの取扱店が少ないので、よくは分かんないんだけど…。
どうやらメール便は飛脚屋さん、お荷物は黒猫屋さんと使い分けた方が良さそうかも…。

| | Comments (4)

Friday, December 04, 2009

つぶやけないことだって、ある。

心の整理が付かないことには、どうにもこうにもつぶやけないことがある。
時間さえ経てば、なんとなく時効になったような気がして、言ってみてもいいかな~ということも、なかにはある。
例えば、これ。

ピアスって、イヤリングよりも無くしにくいと思ってません?
耳に穴開けて、そこに棒を差し込んで止めてあるんだから、めったなことではおっことしたりしないだろうと思ってません?
でもね、スンゴい落とし穴があったんですよ。
コンタクトレンズ並みの信じられない落とし穴!

もう700年くらいコンタクトを使ってますが、ワタシは未だに鏡を見ずに目にコンタクトレンズを入れる、なんて芸当は出来ません。
なので、たいがい洗面台の鏡を見ながらコンタクトレンズを装着するんですが、やっちゃったことは一回や二回ぢゃありません。
そう、洗面台のとある部分に開いたブラックホールが、ふとしたはずみでコンタクトレンズを飲み込んでしまうのです。
そうなったら最後、泣いてもわめいても、飲み込まれたコンタクトレンズは帰ってきません。

それと同じように、ピアスもまだ鏡を見ながらでないと、何処に穴が開いているのやらまったくもってわっかりっましぇ~ん!
なので、洗面台で鏡を見ながら着けたり除けたりしちゃったりしていたわけです。
そしてそこには、くだんの怖ろしいブラックホールが開いていたりするワケです。。。
ふとしたはずみに、ポロリと指先からこぼれ落ちたピアスが、そのブラックホールに吸い込まれるまでに、ナニホドの時間がかかるでしょう…。

こんな怖ろしい出来事も、直ぐにはつぶやけなくっても、10日もすれば言えちゃったりする。

しかし、なかにはそうでないこともある。
そんなことが起こってしまうこともある。

なんだかな~。

明日また目を覚ませば、雨降りかもしんないけど、そこには今日ぢゃない何かがある!
…かもしんない。

そう信じて、今日も現実からの逃避行を楽しもう。
それでええやん。
せちがらい世の中だけど、さ。
明日がないようになったら、さびしいやんか。

って、つぶやいてしまった気もするが…。

| | Comments (4)

Thursday, December 03, 2009

悪魔の絶唱が心地よく胸に響く今日この頃

ワタシだって、タマには歌詞が日本語の歌を聴くこともある(笑)

今日聞いていたのは、デーモン小暮閣下の《GIRLSROCK》

いや、暗闇の中で「蝋人形の館」とか聞くと、前に一歩を踏み出せなくなるくらいビビっちゃうかもしれないが、基本的にワタシは閣下のお歌が好きだったりする。
へヴィメタとかロックとか、そ~いうのが好きなワケぢゃないのだが、閣下のお歌は好きなのだ。

なんていうか、閣下のお歌って安心して聞いてられるのだ。
音を外すんぢゃないかとか、声がちゃんと出てないんぢゃないかとか、きちんと歌詞が発音出来てないんぢゃないかとか、そんなミウチとかトモダチとかのお歌の発表会を見に行ったような時のようなドキドキが無くて済むのだ(笑)

え?
誰のこと言ってるかって?
そりゃ~あなた、最近ワタシが聞いてるったら、アレざんしょsmile

で、この《GIRLSROCK》は、懐かしの女性シンガーのヒット曲をアレンジしてカバーしたものだが、「六本木心中」とか古すぎて馴染みがなかったりするのだが(ほら、最近14歳だし…coldsweats01)、「翼の折れたエンジェル」とか、思わずうっとりなのだ。

18歳で倦怠期って、どうよsign02

とか突っ込む前に、閣下の美声でここは地獄の3丁目くらいまで一気に連れて行かれちゃうカンジ。

おかしい…。
元来“ワーグナーが歌えてナンボ”で、唯一の例外が閣下だったハズなのに…。
いや、閣下だったらワーグナーもお歌いになるでしょう。
が、しかし、あれだ…。

ナンの因果であんな思いっきりアジアン・ポップスにはまり込んぢゃたりしちゃったのかしら…。

| | Comments (4)

Wednesday, December 02, 2009

やっとこ広島風お好み焼き~櫓~

お昼の時間に合わせて広島駅に到着(違)
新幹線口で最も人気のお好み焼き屋さんがみっちゃんなら、在来線の方は麗ちゃん
でも、ちょっとまったりしたかったので、駅ビル6階のちょろんと高級そうなお好み焼き屋さんに行ってみる。

なんでもそこは、10月30日にオープンしたんだそうな。
おっちゃんやおばちゃんがズゴゴゴゴー!という擬音とともに(よーわからんcoldsweats01)ひたすらお好みを焼いてそうなカンジと違って、そこは…大坂風でいうと千房みたいな雰囲気。
店員さんも、バイト風の若者多し(笑)

122

注文したのは、普通の豚そば750円にカキのトッピング300円。
カキがこの2個だけっちゅ~のがなんか納得できん気もするが、中のそばが美味しかったので良しとしよう。

こののお好み焼きは、ワタシ的には無くてもいい広島風お好み焼きの必須アイティム“イカテン”だかもちゃんと入ってはいるが、麺に余計な味付けとかが施されておらず、シンプル路線のお好み焼きとしては、ワタシ的にはかなり評価高し。
なんたって、ヒロビロとしたきれいな店内で落ち着いて食べられるのもうれしい。
マヨネーズも各テーブルにセットされているのでやりたい放題(笑)
ちなみにソースはオタフクソースでした。

ということで、広島駅お好み焼き巡り第2弾は、なかなかに満足で終了。

外は怖ろしくいいお天気。
今年の広島は、紅葉がことのほか美しい気がする。
電車で宇品港へ向かう道すがら、このままぶらりと宮島へ行っちゃおっかな~、なんて考えてみる。

で、あれだ。
港についてみると、次の島行き高速船の名前が“宮島”だった。

1221

これは…大人しくこの“宮島”にしとけ!っちゅ~ことやろうか…。
と、スゴスゴ乗込んで、島に帰って行ったさ。

アキの宮島、行きたかったな~。

安芸の宮島なら行ったことがるが、秋の宮島にはまだ行ったことないのだ。
やっぱ、鹿には紅葉ときまっとるんやから、さぞかし見事な紅葉に出会えるに違いあるまいに…。

| | Comments (0)

Tuesday, December 01, 2009

温泉街で夕食難民になったノダ…。

その日のおシゴトも、まず500円のお弁当代を徴収されることから始まった…。
このお弁当というのが、お写真するのも涙がちょちょぎれそうなお弁当で、冷凍食品のオンパレード…。
結局塩ジャケとピンク色した体に悪そうなダイコンのお漬物でお昼ご飯終了weep

これだったら、ホカ弁のシャケ弁にしてくれ!

とも言えず、期待は全て晩ご飯へと向けられる。

が、あれだ。
この日は別件でもう一つおシゴトがあったのだ。
お3時にまんじゅう一個食べただけで、5時のお迎えで次のおシゴト先へ移動。

Cimg1678

おシゴト終了後、パークロードに設けられた懐かしのサビエル記念聖堂を象ったイルミネーションを3分見学。

1210

そして、ホテルまで送ってもらったのが21時10分。

この時点で、山口にお詳しい皆さんにはだいたい想像がおつきのことと思う。
そもそも、道●門前商店街という県庁所在地の商店街が、6時になったら人っ子一人歩いてないどころか犬のコ一匹歩いてないと言われるようなところなのだ。
いかな温泉街とはいえ、飲み屋さんならともかく晩ご飯の食べられそうなところはラーメン屋まで店じまいの時間。
ルームサービス?
そんなもん、1泊5400円のビジネスにあるかい!

しかし、なんたってお昼は厚さ3.5ミリのシャケとご飯だけなのだ。
ワタシはモーレツにお腹がすいていたのよ。。。
コンビニでお弁当買ったくらいぢゃ、このワタシの飢えは解消できそうになかったのよ。
ナンでもいいから、あったかいものがガッツリ食べたかったのよ~!!!

というワケで、その温泉街からちょっと外れたところに24時まで営業のトンカツ屋さんがあったことを思い出す。

そこしかないやろ…。

悲壮な決意を胸に、歩き始めたワタシ…。
なんたって旅館が途切れた途端、漆黒の闇が支配する空間がそこには広がっているのだ。
真夜中の川越街道みたいに交通量も多くなければ犬を散歩させてる人もいないのだ。
景気付けにジミーちゃんのお歌を聴きながら、何処まで続く暗闇ぞ…。

車で通るとすぐなのに、歩くとやっぱり結構あるのね…。

孤独に耐えて10分くらい歩き、やっとたどり着いたトンカツ屋さんの明かりのなんとまぶしかったことか…。

そこは浜勝というトンカツ屋さんなのだが、ここのいいところは、ご飯が麦飯か白ご飯を選べること、お味噌汁も白みそと赤みそを選べること、そして、お漬物が美味しいこと。
モチロン、このお漬物もキャベツもおみそ汁もご飯もお替りしたい放題なのだが、さすがに妙齢のいたいけなコムスメが、9時半にもなってから3杯飯を食らうワケにもいくまい。

しかし…。
皿を喰えと言うのか!と暴れたくなりそうなテーブルセッティング。

1211

この状態でかなり長いことオアズケを喰らっていた気がする。
そしていよいよヒレカツとカキフライとエビフライの盛り合わせ登場!

1212

何度も言うわけではないけど、ここのいいところはお漬物が美味しいこと。
お漬物が美味しいと、美味しくご飯がいただけていいやね。
あ、そうそう!
タルタルソースもさっぱりしていて良かったわん。
おみそ汁は、なんかサカナ系の混合だし使用みたいなカンジ。
具はお豆腐となめこ。

え?フライはどうかって?
そこんとこは聞かないであげてよcoldsweats01
まぁ、そんなモンだわよcoldsweats01

で、アレだ。
ご飯が終わったら、また来た道を歩いて帰らないといけないワケだ。
既に10時を回ってしまって、道行く人も無く、湯田温泉の灯は…遠く暗い。
景気付けに、またまたジミーちゃんのお歌を聴きながら歩きつつ、デーモン閣下のお歌だったらモノによっちゃ~コワくて先へ進めんくなったかもしれん、と…coldsweats01

そして目出たく無事に温泉街の明かるい通りにたどり着いたワタシを待っていてくれたのは、川越街道沿いでもしょっちゅうワタシを暖かく迎えてくれた、あのローソンだった。。。
正しくは、ローソンの入って正面にある冷凍ケースの中のハーゲンダッツの季節限定カルヴァドスがワタシを呼んだのだが…。

だって、今日は残業だったし、いいぢゃん、これから温泉入るしcoldsweats01

| | Comments (4)

放羊的星星⑨~どっちがどっち?~

旅に出ると、夜ホテルですることがないので、DVDを持っていく。

そんで朝、そのつづきの《ウソつき星ちゃん》を見ていてバス一本乗り遅れ、おシゴト開始2分前にやっとこ会場到着、これ如何bearing
最後の1人ぢゃなくってよかった…coldsweats01

…それもどうよthink

いやね、17集で星ちゃんが天騏に大誤解で、「明日目ェ開けたら、アンタのそのヤな顔見なくてすめばいいのに! おんなじ空気吸うのもイヤよ!」に発展するシーンがあるんだけど、ここが好きなのよワタシsmile

Vts_01_4vob_002471351

仲直りしようと思って、ムカシ“99本の薔薇は天長地久心変わりしない証”とか言って口説いたことを思い出し、またしてもバラの花なんか買って来ちゃった天騏。
シャンパーニュまで用意して待ってたのに、別のオトコと1時過ぎまで遊んでやっと帰って来た星ちゃんにイヤミの一つも言おうものなら、大逆襲に遭ってしまったのよ。

Vts_01_4vob_002504083

ナニがヤバかったって、前のカノジョとのこ~いうところを目撃されちゃって、さらに聞かれちゃった会話の内容も確かにイケなかったんだけど…。

Vts_01_4vob_001588651

でも、見つかって申し開きが出来ないのはむしろこっちの方なんぢゃないかと…coldsweats01

Vts_01_4vob_001614799

ってワケで、朝からホテルで昼メロ?見てたら、もう少しでシゴトに遅れるところでした…think

| | Comments (4)

« November 2009 | Main | January 2010 »