« ショパンに捧げるオマージュ~MONTBLANC~ | Main | 新編白蛇伝と昨今のちうか芸能ニュース »

Wednesday, August 26, 2009

ここいらの紅虎餃子房

先日、HACHIを見に行った時、紅虎餃子房発見!

Cimg1449

そのムカシ、ガッコの帰りに渋谷のお店にちょくちょく寄り道したっけ~。
何時も一緒に行ってたのは、日本人よりも美しい日本語をしゃべる、モトB●ijing放送日本語アナウンサーのZさん。
ギョウザを食べながら、正しい日本語を教えてもらっていたワcoldsweats01

ということで、懐かしくなって行ってみた。

Cimg1431

なんとなく、日本ぢゃないような空間。
でも、果たしてちうごくチックかというと、なんか違う気がする…coldsweats01

Cimg1434

各テーブルにセットされた取り皿の数々が、まさしくここはちうごくではないと告げている(笑)
なんたってアナタ、ちうごくったら、アレですよ。
いわゆるロケ弁ってやつがですね、おっきな桶にご飯がド~ン!おかずがド~ンとやってきて、鉄だかアルミだかのお茶碗にまずご飯をよそって、その上に1コか2コオカズをのっけて、そこへおはしカッ~と突き刺して以上なんだそうで、いかな大スターといえどそのお茶碗は自分で洗うんだそうで、1個洗えばそれでおしまいの世界なんだそうで、誰が言ってたかって、そりゃもちろんジミーちゃんcatface

そういえば、飲茶も一個のお碗の中にいろんなモノを取って食べるわよね…smile

Cimg1436

女王さまが絶対外せないとおっしゃった海老チリ。
ワタシ的には外して可smile

Cimg1439

冷やし坦々麺は、意外にもお酢の味が!
なんというか、アレだ。
冷やし中華を坦々麺風にアレンジしたカンジ。

Cimg1440

春巻は海老とイカの練り物を巻いて揚げたカンジ。
こんなん、ワタシの知ってる春巻ぢゃないし~weep

Cimg1442

ゲキマズの鉄鍋棒餃子。
ナニがマズいって、皮がボサボサで具がこれまた“いつ作ってん!”なカンジ。

Cimg1444

海鮮おこげはちょっと塩味きつめだが、こんなもん。

Cimg1447

茄子と豚肉のあんかけご飯は、豚肉がアレだったケド、ストレートなおしょうゆ味でけっこうあっさりいただけてしまう。

全体に、化学調味料かなり多め。
食後にサワヤカ(なワケないやろbearing)なピリピリ感が舌に残る。

…この辺りは、本場ちうごく(と言っても、行ったことあるのは香港だけどcoldsweats01)の味に近いと言えそうsmile

そして、渋谷の紅虎餃子房がどうだったかと言うと、ココよりはまだ食べやすかった気がするが、それでもまぁこんなモンか~なカンジ。

ここいらのなんちゃって本格中華としては、二度といかんコトはないかもしれないくらいのお味というところ?
ナニが本格かって、そりゃアナタsmile
ピリピリは中華料理のステキな合言葉…think

|

« ショパンに捧げるオマージュ~MONTBLANC~ | Main | 新編白蛇伝と昨今のちうか芸能ニュース »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~国内四国編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで中華編~」カテゴリの記事

Comments

チェーン店ながら元株屋のカリスマ経営者のポリシーの行き届いた繁盛店!というイメージですが、この店はダメでしたか…

近所で競争相手がいない、本格的を志しても客がついてきてくれない…等、色々ありますが。まともな料理人がシェフをしていないのでしょう。
SAKURAKOさんの食いしん坊目線の写真技術をもってしても、見た目も美味しさが伝わって来ませんしね。

しかし、これだけの分量を何人で食べたのでしょう。
もしも私の想像通りだとしたら、図体のでかいアメリカ人並みかそれ以上かもしれません(爆)

Posted by: こぶちゃん | Wednesday, August 26, 2009 at 01:28

若い頃「旨い!」といって通った店。大人になってしばらくぶりで訪れると、大した事ないってか、旨くねぇ。なんてことが多々ありますよね。店が変化したのか、自分が贅沢になったのか・・・。

Posted by: まさ | Wednesday, August 26, 2009 at 10:27

こぶちゃんさん

地方のなんちうか屋さんはヒドいですよ~。
紅虎餃子房のチェーン店としては、最低レベルだと思いますが、それでも、ココよりも比較にならないくらいにヒドいなんちうか屋さんが星の数ほどあるんです…shock

ちなみに、これ、女性3人で食べましたが、なにか?catface

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, August 26, 2009 at 22:26

まささん

確かに贅沢になったとは思いますcoldsweats01
それに加えて同じチェーン店でもやっぱり場所によって求められるレベルが違うんだと思います。
ここいらの悲しさデス…weep

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, August 26, 2009 at 22:32

そうですか…競争の激しい東京の店はそこそこ食えますし、少なくとも餃子の皮はパリパリでした。
確かに塩はキツメだったかも…

私の記憶では、ここの一人前はそこそこのボリウムがあったので、並みの胃袋三人衆では写真の分量はこなせないはずなのですが…

あっ、かつて大阪鶴橋の焼肉屋で相当食い尽くした女性の一団があったとか…(爆)

Posted by: こぶちゃん | Thursday, August 27, 2009 at 01:18

鶴橋ぢゃないですよ~catface

ぢゃなくって、ワタシはフツウなんですが、他の2人が普通ぢゃないんですcoldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Thursday, August 27, 2009 at 22:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ショパンに捧げるオマージュ~MONTBLANC~ | Main | 新編白蛇伝と昨今のちうか芸能ニュース »