« 本日の自由行動~やっぱり神話の崩壊~ | Main | それでも、ラデュレ »

Thursday, August 06, 2009

書劍情俠柳三變

7261

林志穎が『天龍八部』の次に出演した『書劍情俠柳三變』(2003年)は、北宋建国から20年後あたりを舞台に、風流才子柳三変が、南唐復興の悲願に巻き込まれて、とんでもなくタイヘンなメにあう物語。

柳三変を演じたジミーちゃん自身も、とんでもなくタイヘンなメにあった模様。

「気が付いているかどうか分かりませんが、あなたはもうそんなに若くはない(ほっとけ!(笑))のに、その童顔のせいで演じる人物はみんな20歳前後に見えちゃいますけど、心中ある種のコントラストはありますか」

1066896790_twawvb

21歳の役を演じるのに20歳に見えてもいいぢゃない@『天龍八部』
24歳の役だって、別に20歳前後に見えても間違ってないと思う@『書劍情俠柳三變』
それより、栁三変を見ていて「この顔はもう30の顔ぢゃぞえ~!」とのたまった女王さまの眼力に…shock
そして、“精神年齢は14歳”で応じたジミーちゃんに…なんて言ったらいいのかしら…coldsweats01

そんなインタビューの中で、一番大変だったのは古詩を覚えることだったと答えたジミーちゃん。
一日2時間暗唱のための時間をとったそうです。
でも、そんなに一生懸命覚えなくても、所詮は吹き替えだし、少々噛んだり平仄が合わなくなってたり(北と南ではおんなじ漢字でもゼンゼン違う場合があるので)しても、カンケーないんぢゃないの?と思ってしまうワタシcoldsweats01

で、アクションシーンも結構あるんですが、全部スタントなしでやったそうです。

U92p28t3d429549f326dt20040628171410

「王さま(太王四神記のペ・ヨンジュン)よりもジミーちゃんのほうがうまいぞよ~!」
女王さま、そりゃ彼は歌って踊れるレーサーですから、運動神経はいいんだと思いますhappy01

でも、ワイヤーで吊られ損ねて脊椎辺の小骨が折れたって…shock
それ、そ~と~イタいんちゃうんbearing

りんパパ(想像するに、かって本島に生息していた“りえママ”の美麗島ヴァージョン?)に無理やり美麗島へ連れて帰られて、イロイロ検査して、お医者さんには3ヶ月休みなさいと言われたけど、それをしたらイロイロ大変なんで、12日で復帰して、その後毎日15~6時間シゴトしたって…shock

って、1日は24時間しかないぢゃないですか~bearing
カンベンしてくらさひ~crying
あっしには出来ないオシゴトでやんすぅ~sad

そんなジミーちゃんですが、演った役はというと、押しかけ未婚妻の虫虫(女の子の名前)に結婚の約束をしたにもかかわらず、楚楚(女の子の名前)に夢中になり、秀香(女の子の名前)に逃避し、野利(女の子の名前)をたらし込んで、結局楚楚も秀香も野利も栁三変のせいで悲しい結末を迎える、と…。

サイテーannoyなやっちゃなangry

そんな栁三変に、妓楼に行く金を渡したり、女との橋渡しをしたり、その他にも命がけであれやこれやと健気に尽す虫虫…。

1066896790_uwawvb

ありえんやろ!
そんなに男に都合の良い女になってどないすんねんbearing
虫虫、そんなオトコ、さっさと見切りをつけて、きれいサッパリけり付けて、ボロ雑巾のように捨てちまえ~punch

で、お話はというと、そこそこ面白いけど、伏線が伏線ぢゃないというか、3話見たら10話先の展開が読めるというか、意外中の意外というのがなかく、予定通りにああなってこうなって、こうなるんだろうな~と思っていた結果で終わってしまった。

でも、ジミーちゃんだけを見るなら『天龍八部』よりオススメするかも。
理由はとっても単純!
こっちの方がジミーちゃんの出番が多いから(笑)

でも、飲んだくれシーンの可愛らしさは、『天龍八部』29~30集にかけての高虎との同病相憐酒乱大会がイチバンcatface

|

« 本日の自由行動~やっぱり神話の崩壊~ | Main | それでも、ラデュレ »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

~ドラマ編~」カテゴリの記事

Comments

虫虫役の何さんはちっちゃくて仔リスちゃんみたいに可愛いです。
呉京目当で買った「金蠶絲雨」に相手役でご出演されてまして、思わず色めき立ちました。
こふいふ愛らしさは島の女の子には無い雰囲気で、個人的に”ぐっと”きます(笑)。

この時期のじみりんさんは大陸で稼いでは上海でレースして…と、色々大変な頃でしたよね。
車乗る為にお金稼いでるの?って感じ??。
黄金期の片鱗をちょこっと知る者としては、ちょっぴり悲しかったです(涙)。

Posted by: T嬢の友より | Thursday, August 06, 2009 at 23:10

小志の笑顔、きらきらしてる~~w

Posted by: 口都某 | Saturday, August 08, 2009 at 00:06

movieT嬢のご友人さま
虫虫、ジツは最初はですね、“やせっぽちでちっとも迫るものがないわ”と思ったんですが、お話が進むにつれて全心全意虫虫の味方!になってしまいました。
オンナを磨いて登場した時には、もうlovelyモンでしたgood
以降、要チェックの女優さんですhappy02

ジミーちゃん、ワタシは黄金期も暗黒期も知りませんが、でも、この時のインタビュー記事でのレースがらみの質問に対する応答に、なんかこう、無理してるんぢゃないかな~というところを感じてしまいましたweep

でも、それで磨かれたということで、早く次のドラマを~sign01

Posted by: SAKURAKO | Saturday, August 08, 2009 at 00:45

movie口都某さま

歡迎光臨~happy01

でも、この笑顔のせいで結婚できないと言われちゃったようですが…そんなことないですよねぇcoldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Saturday, August 08, 2009 at 00:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 本日の自由行動~やっぱり神話の崩壊~ | Main | それでも、ラデュレ »