« 林志穎ブログ開設? | Main | ショパンに捧げるオマージュ~MONTBLANC~ »

Saturday, August 22, 2009

面河の鮎~きよみず~

面河の鮎は、四万十の鮎よりも香りがいい!

8221

…らしい。
四万十の苔には香りにクセがあるんだそうな。
そちらをお好みの方もいらっしゃるだろうが、みかんの国の住人は、やっぱり一種のパトリオティズムなのかどうなのか、面河の鮎の方が贔屓かな、ということで(笑)

8222

今年は鮎がなかなか採れないそうだ。
しかも、育ちもあまり良くないらしい。

でも、きよみずの鮎はおっきい。

8223

至福…。

やっぱり、肱川の鮎より面河の鮎ねsign01
確かに、香りがゼンゼン違うhappy02

“四万十いよったんぢゃないんかいannoy

そんな突っ込みが聞えてきそうだが、残念ながら、ワタシはまだ、四万十の鮎というのをちゃんと食べたことがないのだ。
ということで(笑)

他にもイロイロ食べた。

8224

決して1人分ぢゃないので、悪しからず。
鱧の焼き皮造りとあこうの洗いが好きでした。

8225

あこうのアラは骨蒸しで。
トゥルントゥルンコラーゲンたっぷりの皮がお肌に効きそう~good
あこうはやっぱり、美味しいお魚ですネ。

8226

鮑は天麩羅で。

8227

北海道から来たジュンサイ。
ここのジュンサイは、“キミは掴むことが出来るかsign02 おハシ操縦技能検定1級”クラスの難題。
お酢と一緒にツルリと行く方がいいカモ…smile

8228

肉はイチボ。
やっぱり、和牛は美味しいネ。
やらかいし(笑)

8229

お客さんちのお庭になった桑の実を使ったジャーベット。
ミルク味でも、しっかり熟した桑の実の風味がしっかり伝わってくる。

あと、突き出し・前菜盛り・南京蒸し・洗い飯とか食べました。
全部載せたら、またしてもワタシの体型に森公●子疑惑が…shockなので、自粛しておこう…。coldsweats01


はい、おごちそ~さまでございましたsmile

|

« 林志穎ブログ開設? | Main | ショパンに捧げるオマージュ~MONTBLANC~ »

~おそとで和食編~」カテゴリの記事

Comments

森公〇子なら、ずっと前見してもらったブルーのドレスなんか着れないコトよ?かあちゃまはsakurako殿のこと、常盤貴子くらいのレベルかなと想像しております、ブフ^^
そう、鮎は今年あんましデキが良くないそうですね。でも美味しいです^^やっぱ必ず食べたい旬のおサカナです。

Posted by: テツのかあちゃま | Saturday, August 22, 2009 at 14:44

かぁちゃま、何故そこで“ブフ^^”が入るでござるか…coldsweats01

そんでもって、鮎、一年にせめて一度は食べなきゃ、ですよねpig

Posted by: SAKURAKO | Saturday, August 22, 2009 at 21:38

 あいかわらず、きよみずさんの料理は美味しそうですね。こんなに高級食材をわんさか食べて、太るかどうかは、ともかく、こんなにもし食べた後の、自分の財布の中身の軽さに驚き、倒れてしまいそう~~~~(;´Д`A ```
 至福のひと時でしょうが、すんごくお高いのでしょうね。。

Posted by: ikko | Tuesday, August 25, 2009 at 23:22

あいかわらず、美味しゅうございましたhappy02
今回はお食事券利用の20,000円コースです。
毎月5000円づつ積み立てて、3ヶ月に1回ゼイタクするぞ~!計画デスcatface
お腹いっぱいで、ご飯とお味噌汁が食べられなかったのが心のこり…weep
次回は頑張りますpig

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, August 26, 2009 at 00:45

>8 17 ドリアングレイの肖像という話をおもいだしました。

鮎も岩魚も、まして鯉なんかとてもとても川魚NGなんでするtyphoon淡泊で微妙なお味だという気は
chule 鯉yiwai しまするがわたしの味蕾が大味専門なんでございましょ わかりませぬdown

じゅんさいはだいすきですhappy02秋田いったら
じゅんさい、いぶりがっこ、稲庭うどん、きりたんぽ鍋ははずせません、駅の立ち食いでも稲庭はございましたhappy02
鮑は特別なものでございましたが、若い時、夏は伊豆に1ケ月毎年いっておったんですが、ある時知り合いの民宿におったとき毎日あわび 肝もすきといったらまいにち肝、それ以来ふつうのたべものになり下がってしまいましたweep ぶるーのドレスってあの縮んだやつですよねcrying裏地が、、だらりとcrying

Posted by: gen-san | Monday, June 28, 2010 at 15:19

灰色榴蓮的肖像?
えっと…coldsweats01

川魚も、美味しいモノは美味しゅうございますよん。
それこそ、お育ちに大きく左右されるのかもしれませんが。。。
やっぱり、きれいなトコロで育った川魚ぢゃないと、食べにくい気がします。。。

秋田は一回だけ行きました。
お約束の小岩井牧場で牛乳!でしたsmile

アワビを“ふつうのたべもの”とは、一度言ってみたいコトバでございますconfident
香港でも“あわびください!大盛り!”とか、言えるようになりたいデス。

あの、裏地がダラリと…のアレは…cryingcryingcrying
今でもナミダが滝のように流れマス。。。

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, June 30, 2010 at 12:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 林志穎ブログ開設? | Main | ショパンに捧げるオマージュ~MONTBLANC~ »