« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009

Friday, July 31, 2009

3度目のTy Breiz

ホテルから、エッフェル塔を眺めつつさっさと歩いたら3分で到達する、誰が言ったか“パリで一番おいしいクレープ屋さん”がティ・ブレーズ
遅くまで開いているので、到着した日のお夜食にピッタリ!

だって、機内食だけで寝るのはなんだかさびしくない?

しかし、流石にパリジェンヌのふりをしてお食事用のそば粉のクレープとデザート用の小麦粉のクレープをがっつり2枚食べるのは気が引けるので、そば粉のクレープは2人でシェアすることに…。

1

チーズ・ハム・卵の載ったトラディッション8.9ユーロ。
これに2.5ユーロでトマトを追加して食べる。

このお店のお食事クレープは、ガレットと言わないでそば粉のクレープと言うのだそうな。
カリッカリに焼かれていて、お口に突き刺さりそう(笑)

デザートは、1回目の入店で感動したバターと塩の自家製キャラメル6.5ユーロ。

2

…なんか、ね。
1回目の感動がないのね。
なんか、1回目よりも中に入ってるキャラメルが少なくってさ。
そいでもって、なんちゅうか…クレープって、こんなに硬かった?

シンプルな方が素材の味がよく分かって美味しかろうと思ったのだが…隣のテーブルの年のかなり離れたカップル?がワケワケしていた1個まるごとリンゴのコンポートと赤い果物のクレープアイスクリーム添えの方が、よっぽど美味しそうに見えちゃうゾ、とthink

1年でお店の味が変わったのか、それともワタシたちの舌がエラソーになってしまったのか…。
そういえば、2回目の時も1回目程の感動がなかったもんだから、1回目食べたものをも一回注文したみたいな感じなのよね。

次は、ココヘ行くのの倍くらい歩かないと行けないけどジョスランの方へいってみませう。

| | Comments (4)

747日本の空から引退に想う~でも跟我到海邊轉轉・林志穎~

クラシックジャンボが明日(あ、もう今日…coldsweats01)で日本の空から引退します。

何気に点いてたテレビニュース。
あ! 二階建てのジャンボだ!
そして、そいつはボーイング747という名前であることを知ったのです。
なんてタイムリ~catface

というのも、アレです。
夕べから、“747”ってナンだ?と、アレコレ考えていて、なんとなく飛行機のコトを言ってるんぢゃないかと思っていたのです。
ビンゴ!happy02

で、この“747”ですが、“ナナヨンナナ”と言われると、いかな飛行機オンチのワタシといえどもボーイング社の飛行機かな~くらいの連想は出来るのですが、“ちぃすぅちぃ”とか言われても、今一つピン!と来ないわん。
と、まぁそういうわけで、この“747”、とある歌の歌詞の中に出て来るのです。
その歌詞と言うのが、ざっとテキトーに訳すとこんなカンジ。


藍い空碧い海 それはボクたちの愛情の次の駅
寝過ごさないで 熱愛中の人はなまけちゃダメだ

愛を浴びて 世界中の花が一斉に開くよ
OKだったらボクと海辺を歩こう

ボクは大海 キミは網を投げた小さな船
だから風平かにして波静か

キミは大空 僕は快速で飛ぶ747
だからどんなに飛んでも疲れない

笑顔 それは最も甘い呪い
Cheseと言うだけで即発効

愛  それはどこに居てもそこにあるよ
キミがボクと一緒に行ってくれるなら

藍い空碧い海 それはボクたちの愛情の次の駅
寝過ごさないで 熱愛中の人はなまけちゃダメだ

愛を浴びて 世界中の花が一斉に開くよ
OKだったらボクと海辺を歩こう


ん~think
すっげ~いい加減に意訳しとりますcoldsweats01が、この“轉轉”がね~。
いまいち、どう訳すのが一番いいのか、よくわからんのですわ。
日本語でそのまま書くと“転々”なんですけど、ね。
“方向を変える”とか、南方の方言では“帰る”という意味でも使われるんだそうですが…。

おお!この“轉轉”は、ブラブラ歩くという意味なんですね!
ナンと健全な…wave
キヨらか過ぎてクラクラめまいがしそうですcoldsweats01
わざわざネイティヴの方にお尋ねいただいたBさん、どうもありがとうございました~happy01

で、これですが、ジツはKinkikidsが歌ったFlowerのカヴァーなんですけど、中身はぜんぜん別物になっとりますね。
でも、歌はあの2人よりもちと上手い(欲目?)ですcatface
誰が歌ってるって?
そりゃ~モチロンcatface
ワタシが外に誰の歌をちうごく語で聞くってんですか~smile

…いや、そんなこともないけどcoldsweats01

Kinkiのカヴァー!ということで興味のある方は、ココに行くと、ジミーちゃんのお歌が幾つか聞けるんですが、行ったらそのページを下の方へず~っとスクロールして、すると左に音楽コーナーが出て来ますので、そこの我的音乐をクリックするとリストが出て来ますから、6曲目の跟我到海边转转で聞いてみてください。
ちなみに、ここはジミーちゃんの活動宣伝用の公式ブロブなので、アヤしいトロコぢゃございませんのでご安心を(笑)
最後になりましたが、ほおっておいても音が出ます!ので、ご注意くださいcoldsweats01

で、“747”ですが、素性が分かったとたんに日本の空から引退ですか…。
燃費が悪いことも理由らしいですが、でも、飛行機の機材って、新しい方が乗って安心ですもんね。
どっかで塗り替えられてまたどっかの空を飛ぶんでしょうか。
JL123便の事故の時には、長距離飛行を想定していたのに頻繁に離着陸する国内路線に導入されたことが事故の原因になったんぢゃないかと言う報道もありましたが、再就職先でどんなに酷使されても、事故だけは起こさずに引退の日を迎えてください。

そういえば、もう大分前ですが、友人が乗ったちうごくの国内線に使用されているアエロフロート(再塗装もされていないらしい…coldsweats01)の機材は、穴が開いた状態でちうごくの空を飛んでいたそうですshock

| | Comments (2)

Tuesday, July 28, 2009

2度目のコンコルド・モンパルナス

飛行機を降りて、荷物を拾って、モンパルナス行きのバス乗り場へ移動。

Dsc06423

バス乗り場の看板は黄色。

Dsc06424

バスの停車位置にも行き先が書いてあるので、そこにバスが停まるのをひたすら待っていると、目的地行きのバスに乗れる。

乗車券は往復で購入すると、ちとおトク。

バスはモンパルナス駅のちょっと坂を上ったトコロくらいに着くので、そこからホテルまで約…3分くらい、スーツケースを押すことになる。
坂道なので、帰りはスイスイだが、行きはちと、キツい。

1泊105ユーロのスペエシャルオファーでとったコンコルド・モンパルナス、今回の部屋は2階の中庭側とちょっとアレだったが、チェックインも遅かったし、仕方がないわね…。

Dsc06425

この部屋に1泊10000円以上出すのは絶対に嫌だが、6500円くらいだったら、まぁ、パリだし、いんぢゃないかと思っている。
冷蔵庫は出したらお金がかかるナニやらカニやらがびっしり詰まっていて、全く使い物にならないが、湯沸かしポットは標準装備。

Dsc06432

ランケーブルが引いてあって、ネット接続フリーなのも評価高し。
ココで毎日ユーロが上がっていくのを確かることになろうとは、着いた早々には誰が想像し得たであろう…weep

Dsc06429

水回りはそこそこ新しくはないですが、不快なことといえば…拡大鏡くらいでしょうか。
アレですね。
こんなザンコクなシロモノを朝から見よとは…よよweep

Dsc06431

アメニティは最小限。
歯ブラシはないですが、お口をゆすぐ用のプラコップは毎日交換デス。

Dsc06430

トイレの蓋が歪んでいるのはご愛嬌(笑)

外観はこんなカンジ。

Dsc06460

バス乗り場からだとこんな風には見えませんが、降りてそのまま坂を登り切ったそこにあるホテルなのですぐ分かります。
通りを隔ててスーパーも有り。
ピエール・エルメへも歩いて行ける立地の良さが魅力です。

そして、ホテル脇の大通りから眺めるエッフェル塔。

Dsc06433

ウワサによると、エッフェル塔が見えるお部屋というのもあるらしいデス(笑)

フロントのおにぃさん・おねぇさんの対応もよく、レストランの予約確認だのキャンセルだのにも快く応じてくれます。
0階のバーにワインを持っていけば、そこで抜栓してくれてワイングラスも貸してくれます。
今回ちょっと、セーフティボックスが使えない状態になってたトラブルはありましたが、それはご愛嬌ということで…。

冷蔵庫に関しては、エレベーターホールに製氷器があって氷とり放題なので、クールボックスの類を持って行っておけば、なんでも冷蔵保管出来ます。
ただ、その製氷器の中へ直接水だのビールだのを入れている民度の低い宿泊客もいるので、その氷を食べたり飲んだりするのはちょっと…coldsweats01
唯一の難点は…部屋で火を使った料理が出来ないことでしょうか…。
いえ、オマールだのナンだのを買って来て料理しようなんぞと思いさえしなければ、全く問題ないんですけど、ねcoldsweats01

| | Comments (2)

放羊的星星⑦~林志穎の演技力+α~

何回見とんねん!

そう言われても、“だって、面白いんだもん~happy02”で終わってしまう、うそつき星ちゃん。

主演の林志穎と劉荷娜は、今でもドラマのベストカップルで上位にランキングされ、再共演を望むファンもすこぶる多いらしいデスが、ここ数日、ナニやらキナ臭い話題が…(笑)

興味のある方だけ、続きをどうぞ…。

Continue reading "放羊的星星⑦~林志穎の演技力+α~"

| | Comments (0)

Sunday, July 26, 2009

お幸ちゃま、受難の日

7262_2

お幸ちゃまの目が泳いでいるのは、昨日のお散歩時、タヌキを追いかけて階段を登って行ったところ、ワタシがリードを引いたせいでその階段の…2メートルくらいの高さからずり落ちたコトになってしまって、顎をコン!とアスファルトの大地に打ちつけたからでは…多分なくて、今日は今日でタイヘンな日だからなのだ。

7261_2

自然界のドンドロさんとはちとちがうドンドロさんが、暴れているのだ。

10分ほどお幸ちゃまとご一緒に鑑賞したが、お幸ちゃまにはあまり楽しんでいただけなかったモヨウ…。

| | Comments (6)

持つべきものは友!

パリから帰ってみると、ワタシ宛に小包が届いていた。

…もしやこれはsign01

今月上旬に台湾へお出かけの友人Kに、お願いしておいたのだ。

ジミーちゃんのDVD買って来て!

思えば迷惑なお願いよね。
かさ張るし探すのも面倒くさいのに…。
のに、買って来て下さったのだ。
どうもありがとうございました~。

やっぱ、持つべきものはお友達やねconfident

この友人Kは、アレだ。
レッドクリフのキャスティングが発表になった時、「諸葛亮が金城武やったら、周瑜はニコラス・ツェーやろう!」と奇しくも意見の一致をみたことで、ますます親近感が募ったおトモダチなのだ。
周瑜は、やっぱそれくらい華shineがなくっちゃ、ねsmile

お話を聞くに、結構大変だったらしい…。
今回買って来てもらったのは、まず『書剣情侠柳三変』

7261

南唐王家の血を引く柳三変の恋と冒険の物語…なのかしら、と今6話まで見てそう思っている。
なんか、イロイロ陰謀とかあって、柳三変困ってるトコロ(笑)

次に『天龍八部』。

7262

胡軍を同性愛俳優から“MAN”の代名詞に押し上げたこのドラマ、勿論ジミーちゃんにとっても代表出演作品ということになっているのだが、楊蕊・蒋欣・陳好の女優陣が超絶カワイイheart04ことでもお気に入り。
そこに劉亦菲の名前が上がらないことに、別に深い意味はないのよ。
この時はまだ女優として熟れてないというか、なんかこう、演技的に惹かれるものがないというか…coldsweats01
それに比べると陳好はスゴいhappy02と思いましたわよ。
最後のマジこけシーンも感動的でございました。

にしても、この胡軍は…酷くない?
もっとオトコマエに見えるシーンもいっぱいあるのに…coldsweats01

ジツはもう一つ、あるのだ。
「ジミー・リンのDVDください!」というと、必ず勧められるだろうアレよ。
古装界のアイドルが初めて時装連続劇をやったというだけでなく、20世紀最大の清純派アイドルを終に脱がせたってことでも物議を醸した(笑)アレよ。
名実ともに林志穎の代表作といえば、ワタシも間違いなくアレを勧めるもん。
アレの仲天騏に比べると、『天龍八部』の段誉なんてじゃないわ!と思うもん。
いや、元来時代劇しか興味のないワタシがそこまで言うんだから、これってソウトウよ(笑)
お店のオジサンにも、「これはもうゼッタイに手に入らないよ~!」と強制的に勧められたらしいのよ。
そりゃ、手に入らんでしょうとも…coldsweats01
どうもお気の毒でございました…。

ということで、ワタシは終にアレの台湾editionを手に入れた。
内地版・香港版・台湾版と揃ったところで、字幕が一番見やすく、しゃべってるコトに忠実なのは、やっぱり台湾版だわね。
100パーセントそのまんまってワケぢゃないけどさ。

そして、柳三変を見ながら思うのだ。
時代劇ぢゃないから、という理由でアレに手を出しさえしなければ、ワタシのビョーキもここまで重症化することはなかったんぢゃないか…とcoldsweats01

それほど言うなら、試しにアレを見てやろうぢゃないかという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
トモダチのトモダチくらいまで無償で貸し出しいたしますsmile
それ以遠は送料お願いします、くらいで…(笑)

| | Comments (0)

ANA205 成田→パリ

11時20分発のANA205で目指すはパリ!
モチロン、エコノミーでござる。

今回の不安はなんといっても腰痛。
なのに、痛み止めをトランクに詰めて預けてしまったオオバカモのワタシ…。

ベルト着用サインが消えて、一番最初にしたことは、「頭痛薬くらさひ…」と言ってバフ●リンをもらうことだった…。

でも、空腹で飲むのもアレなので、取り敢えず痛み止めを確保した安心感から、ちょっとオアズケ(笑)

先ずは、おつまみと飲み物で一息。
前回、気の抜けたぺリエしか飲ましてくんなかったエールフランスの敵を全日空で討つ!

Ana2051

レモン入りですぜ(笑)

そして一回目のお食事。

Ana2052

温泉卵を落としていただくカルビ焼肉丼は、機内食としてはなかなかまとまっているのではなかろうか。
なんとなく冷凍っぽいトウモロコシと枝豆にはつい、手が出なかったが、アジア路線の日本積み込み機内食がゲキマズ続きだったことを思うと、十分合格good
デザートのハーゲンダッツのアイスクリームが、なんとなく普通のバニラの味ぢゃなくって、植物性のクリームを使ってるっぽい味がしたのは…あまり深く考えないでおきましょう(笑)

お食事時にスパークリングワインも選べるようになったのね。

楽しい?機内食の後は、只管打座タイム。
退屈しのぎに取り敢えず映画を見る。

『レッドクリフPart2』があるやん!

いえ、見に行ったんですが、DVDも買ってあるんですが、日本語字幕って新鮮なんですよ(笑)
ということで、劇場以来2度目の日本語字幕で鑑賞。

…あの、恐ろしいほどに、ちうごく語と日本語のセリフのカンジが違うんですけどcoldsweats01

そして、初日に劇場で観たあの日よりも、自分のちうごく語ヒアリング能力が飛躍的に上昇していることを実感…coldsweats01
いや~、ここんとこ毎日ちうごく語漬けだったからにゃ~coldsweats01
台湾なまりの、だけど(笑)

にしても、もちっとナンとかならんかね、日本語訳。
孫権の小喬に対する「二嫂」も、「義姉上」とかでいいから訳せよ(笑)
周瑜と諸葛亮の会話も、もちっとなんとかならんかね。

と、なかなかに楽しい時間を過ごす。

しかし、まだまだ只管打座タイムは続く。
ちょこっとゲームをしてみたり、ホンのちょこっとシゴトをしてみたりして時間を潰すも、潰せる時間は限られていて、結局ジミーちゃんのお歌を聞きながら、魔法の指圧棒で腰のツボを刺激し痛みを紛らわせ…。
エコノミーのイヤホンは、そっくりそのままPCにも使えるので、便利なのだこれが。

難行苦行もそろそろ限界に近付いてきた頃、2度目のお食事タイム。

Ana2053

おつまみが一回目と違う!
ちょっとびっくり(笑)
今までもそうだったかしら?
…といっても、全日空のパリ行きは…100年くらい前に乗った以来なので、イマイチ記憶が…^^;

Ana2054

「ポークシチューでございます」
そう言って配られた、このトマト味の豆と豚肉の煮込みには、別の名前があるはず(笑)
これもなかなか味が良い。
トマトがもろ缶詰味だが、缶詰も使いようによっては悪くない。
豚肉はちょっと…だったので、トマトと豆だけ食べたのだが、これならよろしいんぢゃないでしょうか~。
北海道プリンは、北海道で作られているわけでもないのに何故北海道プリンというのか、かなり疑問だったが、そこそこ美味しくいただけました。

と、この食事が終わってからもまたしばらく只管打座タイムが続くのだ。
もう、完璧飽きちゃった!
その頃、PCもバッテリーがなくなる。
ビジネスならどんな機種でもOKの万能バッテリーを貸し出してくれるというウワサだが、ショセンしがないエコノミーでは、そんなことはならぬのだ。

ということで、本日二本目の映画。
『おくりびと』と迷って結局見始めたのが『ジェネラル・ルージュの帰還』。
堺雅人主演の医療現場ミステリー。
なんかの続きものっぽい(笑)
阿部ちゃんが厚生労働省のお役人役で出ていた。

で、これから…というところで機内上映終了。
やっと、そろそろ着くらしい。

今回は上空で小刻みに揺れたせいもあるのか、大層疲れ切ってしまった…。
しかも、向い風の影響で若干飛行時間が延びた。
いや、マイレージで乗せていただいて、燃油代もあくどい手を使って結局5000円しか払ってないのだから、贅沢を言ったらバチがあたります。
はい。
ANAの皆さん、どうもお世話になりましたcatface

| | Comments (0)

Saturday, July 25, 2009

フォションでもPuttiオトナ買い

今日は自由行動の日。
でもその前に、マドレーヌへ買い出しに行くことに決定!
マドレーヌといえば、老舗の食品屋さんが2軒にキャビア屋さんにトリュフ屋さん…。
なんとも楽しいエリアなのだheart04

ホテルからモンパルナス駅へ向い機嫌よく坂を下って行くと、昨日の嵐の跡に遭遇。

Cimg1251

結構大きな枝が、ボッキンボッキン落ちて復旧作業の目途はまだ立ってないモヨウ…。
いや~、ちょっと雨宿りしたくらいで無事にホテルへ帰れてよかったよかった…coldsweats01

まずはフォションの乾物館へ。

Cimg1191

フォションは紅茶だのスパイスだの缶や箱に入ったお菓子だの瓶詰めだのを陳列してある乾物館(写真左手前)と、ケーキやらお総菜やらナニやらを売ってる生物館(写真左奥)に分かれている。

で、結局ココでも紅茶を買う。

ナンたってアレだ。
去年みたく、トラのコのお茶を勝手にテキトーに飲まれないように、朝食用のお茶は多い目に仕入れておかねば!(笑)

「アッサムください!」
で見せてくれたアッサムは、イマイチ。
「おたくの一番いいアッサムはどれ?」

…また出たよ。。。
つい、こういうことをやってしまうのよね、ワタシって…。

しかし、フォションのアッサムは、エディアールの一番いいアッサムよりも明らかにランクが下。
値段的にはエディアールの2番目のアッサムと同じくらいだが、ゴールデンンチップは若干エディアールのほうが多かった気がする。
とりあえず飲み比べのために100g買ってみる。

それとセイロン。
以前、フォションのセイロンをいただいたときに、あら、セイロンって意外と美味しいわ、と思ったもんで、これは朝食用に500g買っておく。

「あと、ミルクティーにするのに何かおススメあります?」

で紹介されたのがアールグレイとシヴァ。
んぢゃ、ついでに…ってことで、アールグレイを100gとシヴァも300g買ってみる。

こんだけ買っておいたら、さすがにワタシのトラのコには手を出すまい(笑)

いや、ワタシはワタシのトラのコを誰にも飲ませたくないとか、そういうことではないのだ。
ただ、ポットも温めずにテキトーにお茶葉を入れてお湯を注いで、たっぷ~り牛乳を入れ、慌ただしくガバガバと飲む紅茶は、お紅茶ぢゃなくてもいいと、そう言っているだけなのだ。
朝ごはんの時には番茶で上等、御煎茶だの玉露だのを、番茶のように無造作な淹れ方で、がばがば飲まれてたまるかい!と、そう言っているだけなのだ。

というコトで、フォションでのお買い物終了!

Dsc06644

気がつけば、こんなことに…coldsweats01

| | Comments (0)

Friday, July 24, 2009

パリの雨降りバス

パリのバスにはエアコンが付いていない。
なので、窓の上の方に風を入れるための窓がある。

Dsc06551

天井にも、風を入れる窓がある。

Dsc06550

で、アレだ。
突然雨に降られたりすると、バスの中にも雨が降る。

食事を終え、「タクシーを呼びますか?」をお断りしてバスで帰ろうとしたワタシたちを待ち受けていたのは、なんとな~くヤバげなドンドロさんの雄叫びと閃光、そして風。
なんか、ゲリラ豪雨の予感…。

そして、こんな予感はたいがい的中するものなのだ。
だが、バスの中にまで雨が降って来るなんてのは想定外!
しかも、窓を閉めようとしたガイジンのオバちゃんに、窓んところに溜まっていた雨水を思いっきりひっかけられたワタシって、カワイソウぢゃない?
しかもオバちゃん、知らんぷりだしpout

何処の国でも、オバちゃんには要注意だわsign01

| | Comments (0)

パリの朝食3日目

2日も続けてがっつりフレンチをいただくと、その翌日はかる~く果物くらいですませておこうかしら、という余裕(笑)も出てくる。

というわけで、ル・ヴィオロン・ダングルの近くで果物を購入しておいた。

Dsc06605

すっかりキュッと上がった桃尻のとりこになって、今回は桃のほかにプラムも買ってみた。
それとアプリコット。

桃はまだかなり早くて、食べるとカリカリ音がするくらいだったが、熟れたらそりゃ~美味しかろう!というお味。
その桃より感動的だったのが桃尻プラム!
それはそれは滑らかな果肉に溢れる果汁の甘いこと。
こんなプラムは初めてだわ!な感激。
それに比べると、アプリコットは普通だったわん。

これを買った果物屋さんは、さすがにいい場所にあるせいか、いいものを置いている。
屋根についてるおにいさんも正装してるし。

Dsc06556

でも、お店のおじさんはフツーの格好だった。
お写真していると、写りたそ~うにそこへ立ってくれたので、そんぢゃ遠慮なく…。ということで。

Dsc06552

余談だが、後日このお店の前を通りかかったとき、お店番をしていたおにぃちゃんがとってもかわいかった。
ワタシたちに桃尻ちゃんたちを売ってくれたおねぇちゃんもかわいかった。
次もここでお買い物しようhappy01

| | Comments (2)

Thursday, July 23, 2009

マイレージを貯めてパリで食べよう!2009

食べたことしか記憶にない…といいたいところですが、外にもタイヘンな出費が待っていた今回のパリ旅行。
イロイロ美味しゅうございましたhappy01

7月13日 お出かけ前夜
ホテル日航成田

7月14日 1日目
ANA205 成田→パリ
2度目のコンコルド・モンパルナス
3度目のTy Breiz

7月15日 2日目
パリの朝食1日目
L’AMBROISIE~神々の黄昏~
エディアールでオトナ買い
FOCHONはFOSHON!

7月16日 3日目
ラデュレ伝説
サン・ルイ島でアイスクリーム~ぺルティオン~
神話の崩壊?~恐るべし!モンブランの国際戦略~
走れ!メートル~ル・ヴィオロン・ダングル~
パリの雨降りバス

7月17日 4日目
パリの朝食3日目
フォションでもPuttiオトナ買い
FOCHONはFOSHON!Part2
本日の自由行動~やっぱり神話の崩壊~
それでも、ラデュレ
ビブマークでも食べてみよう!~オ・グルマン~

7月18日 5日目
軽~くお昼を~カフェ・コンスタン~
デザートはマカロン~ジャン・ポール・エヴァン~
探検!美味しいものストリート
こんな日があってもいいやね~ホテルで晩ご飯~

7月19日 6日目
つい、食っちまってい^^;~デ・ガトー・エ・デュ・パン~
トーキョーのカタキをパリで~ピエール・エルメ~
ココはドコ?~ル・サンク~

7月20日 7日目
もういちど食べてみよう!~デ・ガトー・エ・デュ・パン~
いつかはココで石拾い…~ヴァンドーム広場観光~
FOCHONはFOSHON!Part3
ANA206 パリ→東京

| | Comments (0)

神話の崩壊?~恐るべし!モンブランの国際戦略~

海外旅行で食べ物以外にお金を使うなんて、そんなクチバシがまだレモンイエローで、おケツがマリンブルーのコムスメがするようなコトはとっくに卒業したわscissors

前回の“3国+α食い倒れの旅”で、それを見事に実践して、観光と食べ物以外に使った出費は、ゴッホ美術館で買ったミレイの図録19ユーロだけだった。
なので、今回もそうなるハズだと思っていたのだ。
そのつもりでお旅行計画を立てたハズだったのだ。
ハズだったのに…。

「おみやげはかわいらしいセーターが良いぞよ~!」

前回食べ物しか買って帰らなかったワタシに、女王さまからの厳命が下ってしまった…。
さてさて、どうしたものかしら…。

とはいえ、今回の観光計画にしっかりデパートも入っているのだ。
伊勢丹と高島屋が並んで建ってる、あソコだ。
やっぱり、プランタンのお菓子売り場とラ・ファイエット・グルメはチェックしておかなくっちゃねhappy01

折りしもバーゲンシーズン。
50パーセントOFFの張り紙が踊るなか、とりあえず食品売り場をチェック。
パティスリー・アオキでマカロンをチョコでコーティングしたのものを試食し、パリのエクレールもやっぱりフォンダンが割れているのを確認(笑)
いろんなバターもチェックして、それからざっくりデパート観光。

Photo

ギャラリー・ラファイエットは、日本橋三越よりもスゴおございますよhappy02
っていうか、なんぢゃこりゃ~coldsweats02

ホントは今日は、フォンテーヌ・ブローへお城を見に行く(…というのは建前で、真の目的はルレ・デセールの会長さんちのケーキを食べに行こうと…coldsweats01)予定だったのだが、今回行きの飛行機の疲れが予想以上に残っていて、急遽パリ市内観光というコトになったのだ。

どっかにワタシのオミミに着けられる石は落ちてないかしら~。
50パーセントOFFでも60パーセントOFFでも、ワタシ、気にしないんだけど~coldsweats01

先に石を拾ってしまえば、覚悟も決まってつべこべ言わずに穴を開けに行くハズ…。
そう思って探すも、ナンであんなにちっちゃい石っころがこんなに高いんかねぇ…。
しかも、聞いたことのある石屋さんにはバーゲンの札もかかっちゃないし…think

って、食べ物以外にお金は遣わないハズなんですけど~coldsweats01

あれこれ思いをめぐらしながらウロウロしていると、MONT BLANCのお店が眼に入る。
モンブランといえば万年筆しか頭になかったもんだが、某テレビ局がこのモンブランの協力で宝飾業界を扱った(笑)ドラマを製作したもんで、最近このモンブランのアクセサリーが、なんか気になっていたのだ。
っていうか、ドラマ見てて“あ!これかわいい!”と思ったアクセサリーって、どうも全部モンブランくさいのよね(笑)

中でも特にいいな~、と思っていたのがコレ。

1

フォーマルにもいけるのだ。

2

カジュアルで着けてもかわいいのだ。

3

いいないいな~lovely
ワタシもこれ、欲しいな~confident

洪小玲がこれを着けて登場するたび、ずっとそう思って見ていたのだ。

で、アレよ。
MONT BLANCの看板が眼に入るなり、条件反射のように、大してナニも考えることなく、吸い込まれるように…と、そういうコトになってしまったのだ。
そして、間の悪いコトにというかナンというか…あったのだ。

「それ、見してくらさい!」

「これは限定品ですから、他で探そうったってもうないですよ~。
ココで遇ったが100年目ってコトで、是非とも持って帰りよし!」

なんか、そう言われてる気がしたのでございますよ…。
取り合えず、ちょっと着けてみていいですか?
ってコトで着けてみると、やっぱりカワイイのだ。
可愛いけど、お値段はカワイくないのだ、シルバーのくせに…。

でも、石を拾ったつもりになれば、もって帰れないこともないこともなくはないないで…。

「ちょっと、他のも見てきます」

そう言ってお店を出たまでは良かったが、なんというかアレよ。
ああ、ワタシの食べ物以外にお金は使わない神話が…もしかして崩壊?shock

0

このネックレス、シルバージュエリーコレクションの表紙にもなってるのだ。
お星さまの愛撫若しくは抱擁シリーズ(Caress of a Starなんか、日本語にすると意味が重くなる気がするのは気のせい?)というヤツなのだが、今モンブランのHPを見ても、このタイプのネックレスは出ていないのだ。
ちなみにこのシリーズにはピアスもあって、小玲ちゃんもいっつもセットで着けているのだが、これはHPでも見れるのだが、残念ながらワタシのオミミには穴が開いてないのだcoldsweats01
穴がなくって良かったのか悪かったのか…coldsweats01

で、あれだ。
某テレビ局製作の宝飾業界を扱った(笑)某テレビドラマを見てて、“あ!これかわいい!”と思ったアクセサリーは、やっぱりモンブランのアクセサリーだったりした。
お星さまマークのモノはたいがいすぐに分かるのだけど、星ちゃんが17~18話でしてたハート付きもモンブランだったのね。

いや、一瞬ティファニーかとも思ったんだけど、ハートの形とか付き方とか違うな~と思ったのよ~(笑)

ストーリの鍵となったブレスレット“仲夏夜之星”改め“Somnus”も、もちろんモンブランの商品。
なるほど、製作協力がモンブランだから、主人公が星ちゃんで〈放羊的星星〉なのか~。

4

ちなみに、後半ジミーちゃんがしてるこの指輪は275ユーロだったわん。
アジアでいっとう大きな宝飾グループの社長さんがしてる指輪としては、ケタが少ない気がするのは、気のせい?(笑)

李威がしてるこのあたりらしい指輪だと、ちとケタも違ってくるのに…(笑)

で、アレだ。
ジツはソレもコレも、女性向けの指輪なのだ。

そして、なんというか…アレよ。
ワタシはこのモンブランの国境を跨いだ宣伝工作?に、これまた国境を跨いでハマっちゃってるってことなのよね、要するに・・・think
よくよく考えてみるに、金だの貴石だのをどっさり使った絶対に手が出せないよ~なものを見せるよりも、シルバー中心にちょっと頑張ってみようかしら…くらいのところをしっかり見せておけば、それに引っかかってくるワタシみたいなヒトもいるワケだわよ…think
まったく、ヤツらの思惑通りだわ…gawk

このドラマ、アジアでどんだけモンブランの商品売ったのかしら…。

そして…バーゲンシーズンにもかかわらず、モンブランはバーゲンをしていなかったのが、イチバン辛い。。。

| | Comments (0)

Monday, July 20, 2009

ココはドコ?~ル・サンク~

音に聞こえたおパリの高級ホテル、ジョルジュ・サンク。
一歩足を踏み入れた瞬間から、開いた口がふさがらない状態coldsweats02
おんなじフォーシーズンズでも、椿山荘とはちと違うでやんす。

そのメイン・ダイニングでお食事だ~lovelyっていうんで、ちっとばかし化粧にも気合を入れて行ったさ。
でもね、ちょっとやそっと、ナニしようが、もう、どうにもこうにも…笑うしかないなカンジで、いや~、素敵なところでございました。

ホテルのダイニングなので、お客も旅行客が多く、どのテーブルもほとんど英語。
ここがフランスとは思えない空間に仕上がっちゃって、ココはドコ?(笑)
しかも、とっても緊張してる場合ぢゃないよ、くらいに適度なフレンドリー感でギャグを飛ばしてくれたりもして、このレストラン、楽しい。

Dsc06667

まず最初に、イカとエビのフリットをいただきながら、シャンパーニュの伯爵さま1995年。
31ユーロからいたしますでやんすが、もう、この際、どうなったっていいように気にさせてしまうところが、このレストランの魅力とでも申しますか…(笑)

で、お料理は、いっぱい食べたさ。
ワタシは今日の夕食のために体力温存しとかんと…ということで、もう、すべての予定をキャンセルしてホテルで休養してから出かけたのだ。
なんたって、ココのグルメットムニュを食べんといかんと、そのために美術館もお買い物もすべてキャンセルだったの。

で、何を食べたかというと…。

付き出し3種盛
オイスター3個
ジロール茸のリゾット
出てきた瞬間トコブシなんぢゃないかと思うくらいの大きさだったケド、それを4個分しっかり使ったあわびの前菜
オマールのロティ
子羊のロースト
お好みのチーズをお好きなだけ
プレ・デセール
デセールその①
デセールその②
エスプレッソ&ワゴンのお菓子たち

いや~、こんなに食べたのは久しぶりだわンhappy02

食事の途中、ワゴンのお菓子に見とれていたワタシたちに、カタコトの日本語を話すおにいさんが言った。

「きれいですね」

えっと…それって、ワタシたちのこと?
おにーさん、いい人ぢゃんgood

え?
若しかして、その押してるワゴンのお菓子の皆さんのことだった?

Dsc06755

そりゃないでしょ~!

…若しかして、ワタシたちが食べた後のきれいになったお皿のこと?

イロイロと考えるが、なかなかどれが正解なのかよくわからない謎の言葉を残し、おにーちゃんは去って行った…(笑)

7時半前に入店して、出るときにはすでに12時を超えるという、とにかく食べに食べた4時間半。
いや~、楽しゅうございましたcatface

美味しい思い出を胸に、明日帰ります。

…結局、絵の一枚も見てないことに今更ながら驚くワタシ…coldsweats01

| | Comments (2)

Saturday, July 18, 2009

走れ!メートル~ル・ヴィオロン・ダングル~

二度目のル・ヴィオロン・ダングルは開店早々一番乗りで入店。
7時開店のはずが、7時にはまだカギ開いてないし(笑)

Dsc06561

VISAのクーポンにシーズナルメニュー64ユーロ注文でシャンパーニュサーヴィスというのがあったので、そんぢゃそれで、ということに。
おまけのシャンパーニュも、シャンパーニュの伯爵さまだった。

で、フツウのファブリクスメニューとシーズナルメニュー、何が違うかというと、このコースで注文すると、季節のお勧めメニューからも好きなお料理が選べるのだ。
…去年は、それを知らなくってカルトでお勧めからお料理を選らんぢゃったのだ。
そうだったのか…(笑)

このお店、それはそれは人気店なのだそうだが、8時を過ぎたころからどんどん人が増え始め、9時過ぎには満席に。
なんとも勢いのあるレストランというか、ギャルソン走ってるし!
メートルも走ってるし!
すげ~!
サーヴィスが走り回るほど忙しいフレンチレストランって、初めてだわ(笑)
フロアにヒトが少ないわけぢゃないけど、とにかく、忙しそう。
あっちこっち走り回って料理を運びワインを注ぎお皿を下げ…とにかく忙しい。

これだけ流行ってるレストランなんだから、当然お料理も美味しい。
美味しいけど、アレだ。
メニュー選びに失敗すると辛いことになる。

Dsc06580

やっぱり牛は、和牛か韓牛!
フランスでは牛よりもやっぱ子羊とか鶏とかの方がよろしいとおもいまふ。

| | Comments (3)

Friday, July 17, 2009

サン・ルイ島でアイスクリーム~ぺルティオン~

サンジェルマンデプレから、なんとなくパリ観光(笑)
取り敢えずセーヌ河畔を目指し、ルーヴルを斜め後方にしてシテ島に向かって歩く。

Cimg1222

いや~、快晴でございます…。
日蔭は涼しいけど、日向は…溶けそう。。。

Cimg1226

この橋には、お顔がいっぱいついている。

Cimg1227

パリの橋は、いろいろと楽しい。

Cimg1228

セーヌ川クルーズの皆さん。
この炎天下に影もないところで、どうしてそんな風に楽しそうにしていられるのでしょう…。
ちょっと、ごめん蒙りたいデスわ(笑)

Cimg1237

ということで、ノートルダム到着!
シテ島といえば、やっぱノートルダムでしょう。
前回は、これが修復中ですっぽりシートを被っていたのだ。

では早速なかに…なんか、ヒトがぎょうさん並んでマスね。。。

ということで、そのまま通り過ぎてしまったワタシたち。
目指すはサン・ルイ島!

サン・ルイ島には、パリで一番おいしいという噂のアイスクリーム屋さんがあるのだ。
テイクアウト出来るお店の隣がサロン・ド・テになっているのだ。

Cimg1241

ここのトイレが…ちょ~スゴかったのだ。
思わずお写真してしまうくらい、スゴかったのだ。

でも、ま、トイレを食べるわけぢゃないし…(笑)

そんぢゃ、アイス3点盛でお願いします!

Cimg1244

これで9ユーロ。
決してお安くはないと思うが、ここのアイスクリームはやっぱり食べに来てよかった…と思わせるもの。
バニラが美味しい!
塩キャラメルも美味しい!
パッションのソルベも美味しい!

ここはパリに来たら絶対外せない観光スポットでございますよ(笑)

| | Comments (0)

ラデュレ伝説

マドレーヌ寺院のところのラデュレは、10年くらい前も去年も恐ろしい込み具合だった。
なので、ゆっくり出来るらしいサンジェルマンデプレのお店へ。

Cimg1198

マドレーヌの喧騒がウソのよう…。

Cimg1201

サロン・ド・テは、なんとなく南国チックなシノワズリー。
11時過ぎという中途半端な時間のせいもあるのかも…だけど、パリの皆さんは、どちらさんもヴァカンスにお出かけなのかもしれないけど…淋しい(笑)

Cimg1211

クロワッサン2.2ユーロとパン・オ・ショコラ2.3ユーロ。
フツーのクロワッサンとパン・オ・ショコラ。
食べながら、どうしても昨夜のフォションのクロワッサンの話になる。
シンプルなんだけど、素材の持つ力がじんわり伝わってくるような、そんなクロワッサンぢゃないんだな~。
なんというか、美味しくないんぢゃないけど大味なのだ。

ここは、ケーキの外見もそんな感じで、なんかこう、ざっくり大雑把に作ってあるような外見なのよね。

ついでに、クロワッサンとパン・オ・ショコラと注文したところ、最初にやってきたのはクロワッサンとパン・オ・レザンだった…。

Cimg1212

紅茶はポットサーヴィスだが、蓋を開けてみると、お紅茶はパックに入っていた。
こうだと、ポットの中で茶葉がジャンピングしてお茶がますます美味しくはいる、なんてことは、まったく期待できないわけで、そうなんだ~なカンジ。
ちなみに、本日のお茶はラデュレブレンド6.8ユーロとアールグレイ6.3ユーロ。
本当は、アール・グレイではなくセイロンと注文したのだ。

…こんなもん?(笑)

Cimg1218

フルーツサラダ9.9ユーロとブリオッシュのフレンチトースト6.8ユーロ。
フルーツサラダは、マリネしてあるシロップが甘すぎて、果物の味が分からないくらい。
フレンチトーストは、生クリームをたっぷりつけて食べると美味しい。
この生クリーム、軽くてミルクの香りがたっぷりで、日本のものよりかなり美味しい。

…美味しいのは生クリームかい(笑)

ということで、結論。
ワタシたちのなかで、ラデュレ伝説は、終わった…。
お店広げすぎなんぢゃない?

| | Comments (0)

FOCHONはFOSHON!

お昼にがっつり食べた夜は、食べた食ったってそうそうナンでも入るもんぢゃございません。

ということで、フォションでクロワッサンとパン・オ・レザンを買ってホテルへ。
その途中モノプリに寄って、ヨーグルトとこっちに来てから気になっていたお尻がキュッと上がったモモちゃんを購入。

Dsc06542_2

いや~、やっぱり、フォションはすごい!
パン2個で3.5ユーロと、朝に比べたら倍の値段がするわけだが、パンがもってる旨味が凄い!
決して砂糖で甘いわけではなく、どちらかというと塩味の方を感じる味なのだが、ジワリとしみだしてくるバターがうまい!
それを支える粉がうまい!
西武池袋店のトコのフォションのクロワッサンを初めて食べた時も感動したが、パリのフォションはその3倍くらい、フォションというブランドのソコヂカラを感じさせるうまさ!

美味しいぢゃなくて、うまい!のだ。

それともう一つ。
27セントのこのモモ尻ちゃん。
このモモが、信じられないくらい美味しいのだ。

Dsc06549

たっかい白桃の味を三倍濃縮した感じの香りと甘さ!

おパリは美味しいモノにあふれている…。
うふheart04

| | Comments (2)

Thursday, July 16, 2009

エディアールでオトナ買い

ネットのつなぎ具合のせいか、コメントにお返事が書けません^^;
詳しくは後ほど…ということで、ご了承ください。


Dsc06533_2

「一番いいアッサムを見して!」

おいさんは2番目・1番目・3番目の順で見してくれた。

「ダージリン見して!」

ファーストフラッシュが良いというと、おじさんはこれまた2番目・1番目・3番目の順で見してくれた。

「キーマン見して!」

“これがウチで一番いいキーマン”と言って見してくれたキーマンは、その後こんなんもあるけど、って見せてくれたのとはゼンゼン品物が違っていた。

「ナニかお勧めのお茶ある?」

“これがいいと思う、きっと好きだよ”と言って勧めてくれたダージリンのセカンドフラッシュは、一番最初に出し渋った(笑)アッサムの値段を軽く超えていた。

台湾でもパリでも、ワタシのお茶の買い方はどうやら一緒らしい…。
そのおいさんが出し渋ったアッサムのいっちゃんいいヤツ、去年買って帰って虎の子にとっておいたのだが、ある日気が付いたら女王さまが毎朝食にテキトーに淹れてお飲みになって、もうあと少しになっていた。
そりゃ悲しかったさ…。1キロ138ユーロからのアッサムなのだ。
おいさんにそう言って泣き真似したら、朝食ように勧めてくれたアッサムは1キロ54ユーロだったさ。
そうよね! それでジョートーよね!

お紅茶の量り売り、これだけ買ったら、最後の方にはおいさんが気前よくオマケを足してくれたさ。

あと、スパイスとバルサミコとマスタードも買ったのだ。

「このバルサミコは何年物?」

“ワインセラーの中にもっと古いのもあるよ”

バルサミコはそんなにエラいヒトぢゃなくっていいです(笑)

| | Comments (2)

L’AMBROISIE~神々の黄昏~

Dsc06475_2

着いた翌日に今回のメインイベント★★★レストランでお食事をhappy02
というワケで、おもいっきりオメカシして出かけたランブロワジー。

Dsc06479

始まりは22ユーロのシャンパーニュから。

Dsc06498

カモのフォアグラのテリーヌにサクランボ。
そりゃ美味しかったさ。
美味しかったけど、こんだけフォアグラ食べたら、最後には“うっ…”ってなるって…coldsweats01

Dsc06503

おっきなローズマリーが突き刺さっているが、タイムでローストしたオマール。
ナニが美味しいって、付け合わせのじゃがいもが、イモの味といいおっそろしく濃いいオマールのソースとの絡み具合といい、それはそれは美味しかったのだ。
いや、オマールも新鮮で美味しかったわよ。
でも、ワタシ的にはもう少しゆるい目の火の通し加減の方が好きかもな気も…。

Dsc06512

この野イチゴのソルベ、人生最高happy02
いや~、野イチゴって、フツウのイチゴよりも酸味がなくって美味しいのね。

Dsc06514

ピスターシュのダクワース。
軽いけどしっかりミルク味の生クリームとピスターシュのクリームにフランべしたサクランボ。
やっぱり、レストランのデセールは美味しうございます。
それよりもなによりも感動した演出がジツはこのなかに潜んでいるのだが、それはまた別のところでsmile

Dsc06517

たっぷりのプティフールに薫り高いコーヒー。
なんとも幸せな時間…。

このデセールを食べているころ、ハーフで頼んだ赤がちょうど開いて飲みごろに。
2005年とかなり若いヒトだったのだが、いや~化けた化けたwine
たっぷり3時間でお値段ザックリ30,000円。

で、アレだ。
セルヴィスは、ワタシだったら★★★はつけないわ。
だってね、思うのよ。
★★★付いてるレストランで、お客を案内したお手洗いの電気が付いてないって、ありえんやろ…think
しかも、席を立った時にお椅子に置いたナプキンをたたみなおすくらい、してくれてもいいと思うのワタシ…。

詳しくはまた後ほど?(笑)

でも、なかなか楽しいレストランでございました。


| | Comments (4)

Wednesday, July 15, 2009

パリの朝食1日目

Dsc06470_2

ホテル近くのパン屋さんでバゲットとクロワッサン1.35ユーロ。
その近くの八百屋さんでアプリコット5個0.91ユーロ。
そこのスーパーでバター1.75ユーロ。
でもね、これれもパン屋さんは数年前のバゲットコンクールで4位入賞のお店だし、このバターを成城石井で買ったら1785円からするのだ!

朝からなんか、トクした気分…。

でも、ユーロは下がり気味の131.710…think

| | Comments (2)

Monday, July 13, 2009

準備万端!

というワケで、ちょろっと食べに行ってきますhappy01

今回は為替の動きが気になるので、PC持って行って日々チェックしながらTCを遣うかカードにするか、知恵を絞ろうと思います。
ということで、PCは長い機中でも活躍するハズgood

① たまった仕事を少しでも進める
② 仕事関係の資料を読む
③ 22話まで見てお休み中のCCTV朱元璋の続きを見る
④ うそつき★ちゃんをまたまた…(笑)見る
⑤ ゲームをする

さて、このうち実際にするのはどれでしょう?

外にもまだ見てないDVDがあるんだけど、機内で見るのはちと…coldsweats01
なんたって、胡軍の《東宮西宮》と《藍于》なのだ。
いや、《東宮西宮》はまだアレだけど、《藍于》は…やっぱりマズかろう…coldsweats01
どちらにしても、大陸では上映禁止だしcatface

と、そんなこんなで腰痛がまぎれてくれるといいんだけど。。。

ということで、それでは行って来ますfuji

| | Comments (0)

Sunday, July 12, 2009

究極のアンチエイジング

最近、ワケのわからないジャンルの記事を見るようになった。
どんなジャンルかというと、車がいっぱい出て来るのだ。
で、ワケのわからない漢字と数字がいっぱい並んでいるのだ。
たとえばこんなカンジ→試しにクリック? 漢字がいっぱい編  数字がいっぱい編

で、ここからワタシが読み取る情報というと、アレだ。
ジミーちゃん、この間北京でなんだかの車の競争に出て、ナンだかのトラブルとアクシデントで、順番を国際組のちうごく人6番目に下げちゃった(前日はもっと良かったのだ)らしいよ、と、そういうことだ。
で、どんな競争かとか、国際組と国家組の違いってナニ?とか、そういうことはまったく分からず(笑)

こういう最新ニュースをチェックしながら、ムカシのジミーちゃんニュースもあれこれポチッとしてみるのだが、今日はそれでものスゴいツボにハマったトコロがあったのだ。→ ここから当該記事へ行けます。

7年ぶりにジミーちゃんと一緒にお仕事をした阿Saさん(それ、誰?)が笑いながら言いました。
以下原文。

“林志颖是吃防腐剂长大的!七年前后外表都没改变”
“林志穎は防腐剤を飲んで育ったのよ! 七年前と見かけがちっとも変ってないわ”

ボ…ボーフザイ飲んでって、ちうごくのボーフザイ

ひぃぃ~(爆)

なんか、表現と言い、その背景の食品イメージと言い、こう、みょ~にツボって、お腹の皮がよじれるほどおかしいのは、ワタシだけ?
そんなん飲んでたら、ゼッタイにカビとか生えそうにないけど、命もあっという間になくなりそうで、お箸が転がっておむすびコロリンになるくらい可笑しいんですけど~(爆)

というワケで、ちうごく4000年の歴史が編み出した究極のアンチ・エイジングは防腐剤飲むことだそうですgood
さすがちうごくsign01
不老不死に対する飽くなき挑戦は、今も昔も命がけですのことねcatface

…って、やっぱ死ぬやろ、それやったら(笑)

Continue reading "究極のアンチエイジング"

| | Comments (0)

Saturday, July 11, 2009

ケンカ売りたいとき~!

オトモダチの結婚式に乗じて買った、シビラのシルクのワンピース。

7111

真の目的は、おパリで★付のレストランに行く時着れるわんconfidentだった。
だったのだ。
だったから、出して着てみたのだ。

…なんか、キツい…。

おかしい…。
ここんとこ、連ドラの見過ぎ(笑)でちとやせたハズなのだ。
なのに、なんでこんなパッツンパッツンなワケ?

ありえへん…。

それに、なんか、ヘンなトコロにシワが…。
もっとスカート丈長くなかったっけ?
というか、それより何より、なんかおかしくない?この裾。

7112

なんで、裏が表の生地より長いワケ?

7113

後ろから見ても、やっぱりオカシイ!
縫ってあるところも妙にシワつかんでるし、なんで?
これって、かなり、普通ぢゃないと思うのワタシ…。

ぶっちんannoy

クリーニング屋のせいだわ!
シルクだってちゃんと言っといたのに、縮めやがったわねangry
そりゃ、帰って来た時直ぐに確認してないワタシが悪いと言われたら悪いかも知んないけど、けど、けど、黙ってられるかいpunch

ということで、ちょっと、ケンカ売ってきますbomb

| | Comments (2)

Friday, July 10, 2009

おパリの準備

ワタシの腹積もりだと、今頃は1ユーロが125円を切ってるハズだったのだが、世の中そううまくは廻ってくれないようで、どうやらヴァンドーム広場へ石shine拾いに行く可能性は、全くもってなさそう…weep

今日は、そのおパリへ持って行くあれこれの買い出しに行ったのだが、アレだ。
夏のお買い物のお供といえば!

“く~るぼっくす”penguin

だって、炎天下にケーキやらチョコやら持って歩くのに、これがあるとないとではオオチガイsign01
そして帰りには、そのなかにマカロンやらチョコやらナニやらを、いっぱい詰めて持って帰るのだsmile

あとは、カフェパックとか、紙コップとか、ジップ●ックとか。
やっぱり、中心は食べることなのだわpig

しかし、アレよ。
コトバの通じないところに行くんだから、少しは使えるコトバの一つも聞いて、耳をならしておけば良さそうなものなのに、ここ最近聞いている言葉といえば…多分パリでは使わんアレだしcoldsweats01

…とも言えないかも?

ナニしろあれだ。
去年おパリの街を歩いていると、いきなりちうごく語で話しかけて来たオバさんがいて、“小坐”は何処だと聞いてくるのだが、それってナニ?計程車のこと?で通じず、出租車?でも通じず、そう書いても通じず、“あいや~、オバちゃんの言ってることわからへんよ~!”と言おうものなら、ものすごい剣幕で、“おんなじちうごく人なのに、どうしてそんな冷たくするのよ!外国では助けあわないといけないでしょ~!”と怒られたのだ。

いや、だから、おばちゃん、ワタシのちうごく語が不自由なのは、ワタシが台湾人だからなワケでも香港人だからなワケでもウイグル人だからなワケでもなくって、そもそも持ってるパスポート違うし…coldsweats01

結局おばちゃんが探していたのはやっぱりタクシーだったらしく、タクシー乗り場を指さしたら納得して去って行ってくだすったが、いや、そんなこともあるのだ。

何故かワタシは、ムカシからちうごく人にちうごく人と間違われる傾向があるような…。
欧米人にちうごく人と言われたことはないけど、数人でちうごく人が経営するちうごく料理屋さんへ行って、お店の人に“お客さんはちうごくの方ですか?”とか言われたことは、一回だけぢゃないのよね[E:coldsweats01
]こんなに流暢に日本語を話しているのに…think
香港では、“お客さんは、上海のヒト?”と聞かれたこともあるのだ。

なんでやろ…think

…とにかく、コトバは気合いと感性で…ナンとかなるかしらcoldsweats01

| | Comments (4)

Thursday, July 09, 2009

来た!来た!!来た~!!!

1:30現在で127.138893sign01

スゴいぞ!
この調子でワタシがパリの時に1ユーロ=100円切ってたら、ヴァンドーム広場へ石shineを拾いに行けるかも?

でも、石は食べられへんしなぁ~catface

| | Comments (0)

Wednesday, July 08, 2009

来る?来る?来るんだ~!!!

ユーロ続落で130円台目前まで来たsign01
今夕から明日早朝にかけて、ちょこっと調整で上がるかもしれないけど、そのあとドッカ~ンbombと大暴落で125円くらいまでdowndowndown
そこからもジリジリとdownトレンドgood

ってことで、お願いします為替の神様shine

そしたら、フォションのエクレールが1個余分に食べられるんですpig
ラデュレでマカロンが1個余分に食べられるんですpig
ピエ-ル・エルメでクグロフが買えるんですpig
サダハルくんとこで、バンブーも買ってみようかな、って気にもなるんですpig
ジャン・ポール・エヴァンでフルール・ドセルのエクレール、冒険しちゃおっかなっって気にもなれるんデスpig
パトリック・ロジェで…考えるとコワいけど、宝石箱の中身みたいなショコラがとめどなく買えそうpig

えっと…。
何時まで経っても、ヴァンドーム広場で石shineの一つも拾ってみようなんて考えは出てこないみたいcoldsweats01

| | Comments (6)

Tuesday, July 07, 2009

北坂養鶏場から

先日のたまごまるごとプリン@北坂たまご問題、もしも件のよろしくないヤツをおばーさまにわたしていたら…と、イロイロ腹に据え兼ねたので、メールを出しておいた。
要するに、ワタシはタダ、消費者を不安にさせるような商品管理は如何かと思いますので、以後お気をつけ遊ばせと、そう申し上げただけなのだ。

すると、卵が届いた。

Dsc06363

別に、ナンかしてもらおうと思ったわけではないが、あげるというからもらってしまったcoldsweats01
お電話くれた担当さんが、“せっかく御縁をいただいたのに、このようなことで壊れてしまっては、ワタクシドモとしましても不本意ですので」みたいなことをおっしゃっていらっさったが、でも、二度と買わないと思います(笑)

| | Comments (4)

Monday, July 06, 2009

耳に穴あけたい病

ナニを隠そう、ワタシは30年に1回くらいの割合で耳に穴をあけたい病に罹患する。
一旦この病気に罹患すると、ここいらの美容外科情報を集めると共に、ステキなピアスを集めましょう妄想でかなり楽しいビョーキな時間を送るのだが、でも、耳に穴を穿つんだから、やっぱりイタいかも…とか、もっと現実的なピアス代を何処から絞り出そうかしら…とか、そういうモロモロの諸事情により、半月くらいで治癒して、また30年くらいはナニゴトもなく過ぎるのだが、全くもってインフルエンザに罹患するのとおんなじくらいの周期で、30年くらい経つとやっぱりまた発症してしまうのだ。

で、ナンというか、アレなのだ。
先日京都大丸で、えらいかわいいピアスを見かけて以来、またこの耳に穴あけたい病が発症してしまった。
そりゃ~もう、手造り風のかわいいピアスだったのだ。

今度こそ、あけるゾ~sign01
そしたら、ワタシの未来もナニかが変わるかも・・・。

冷静に考えてみるに、ナニやら今回は、今までよりもずっと本気度が高そうだ。
ナンてったって、軍資金調達のために、某永久不滅ポイントをお買い物券化したのだ。
ここ800年くらいの間にチマチマ貯めた6,055ポイントのうち6,000ポイントを気前よくお買い物券30,000円分と交換したのだ。
ここまで背水の陣を敷いたからには、後はもう、あけるしかあるまいcatface

しかし、アレだ…。
この暑い時期にあけると、そこが膿んだりしないかしら…。
ナンたってワタシのミミは、オジゾーさまのおミミのような、人の3倍は厚みがあろうかというくらいの分厚いミミなのだ。
も少し涼しくなってからの方がいいかも…。

と、毎回そう思っているうちに、いつの間にかビョーキが治ってしまうのだ。
そういえば、あけたくなるのは何時も夏なのだわ。。。
涼しくなるのを待ってるうちに、その気が無くなって、ピアス代のハズがケーキ代になって消えてしまうのは…かなりイヤかも・・・。

でも、お買い物券が届くまでには2ヶ月くらいかかるらしいので、その間に今回のビョーキが治癒してしまったら…やっぱりケーキ代になってしまうのは…イヤかも…coldsweats01

| | Comments (3)

Sunday, July 05, 2009

たまごまるごとプリン@北坂たまご

京都で時間が無くなって、急遽空港で購入した北坂たまごのたまごまるごとプリン

Dsc06349

おばぁさまのお土産にしたのだが、アレだ。
このプリン、ホントに卵なのだ。

Dsc06352

でもって、中身はこんなカンジで入っている。

Dsc06357

どういうことでこんなことになっているのかは知らないが(既に書き方がチョ~投げやり)、皮をちょろんと剥いてみたところで思った。

…ナンて生臭い…down

ワタシのこれまでの人生最低の卵プリンといえば、香港は義順牛奶公司の卵プリンだが、あれはひっじょ~に食べにくかったが、臭くはなかったゾ…。

ちなみに、義順牛奶公司の牛乳プリンは、そ~と~美味しい。
義順牛奶公司では、そのアンビリバボーなお味を体験してみたいとおっさるチャレンヂャーな方以外は、卵プリンは千万食べるべからず(笑)

とはいえ、1個250円からする卵なのだ。
とりあえず食べてみることに。。。

取り敢えず、そのままちこっと食べてみる。

…なんか、苦い。。。

砂糖などは一切入ってないらしいこの卵プリン(砂糖の粒子は半透膜を通り越せないから?)だが、なんでこんなに苦いワケ?
卵が苦いって、どゆこと?

とか思いつつ、気の迷いかも知れないと思い直して付いてるキャラメルソースをかけて、ちょろんと食べてみる。

Dsc06360

あかんsign03

やっぱ、異常やこの卵!
なんか、気分ワルなって来た…。

腐った卵というのは、今まで食べたことないんで分かんないけど、きっとこんな風に苦いに違いない!

げっshockおばーさま、若しかしてこれ食べたsign02

いきなり血の気が引いてしまった…。
急いで確認したところ、他の卵は苦くなかったらしい。
いよいよワタシの卵が異常だったことが確定。

確かに、卵がキケンなことは常識だわよ。
お菓子の本にも、買ったばっかの卵でも、必ず別の容器で割ってみて中味を確かめてから使いましょうって書いてあるわよ。
でもね、製品になって売られてる卵プリンの卵にこんなキケンが潜んでいるということは、想定外だと思うのよ。
こういう卵の性質が完全にクリアされてない状態で、こんなプリンを作っちゃうその製品のコンセプトそのものに問題があるんぢゃないの?

というワケで、これから北坂たまごのたまごまるごとプリンをご購入される皆さま。
臭ったらキケンなので、それ以上の過程へはおススミにならないことをお勧めします。
臭わなければ、問題ないと思われますが…(笑)

| | Comments (4)

Madame Heddaのそっくりさんに遇う!

Madame Hedda、誰?それ…。

そんなヒトに紹介しよう。
台湾で一番権威のある宝飾雑誌『Art of Jewel』の編集長で、宝飾業界のオピニオンリーダー@ウソつき★ちゃん。
ちうごく語の一人称は、にほん語ほどバリエーションがないので、彼女の一人称も「我」なのだが、これににほん語訳をつけるとすれば、たぶん98パーセントの人は、“あたし”を当てると思う。
残りの2パーセントは“あたくし”とか…(笑)

ビジュアル的にはこんなカンジ。

74

島に着いた飛行機から降りるべく席を立った時、後ろに立っていたのがまさしく彼女だったのだ!

ぅわおsign01

なんか、えらいにほん語が上手だったが、2年の間にオヒゲに白いものが増えたような気がしないでもないが、まさしく彼女だったのだ!

びっくりhappy02

でも、残念ながら“あたし”の一人称は聞けなかった…(笑)

| | Comments (0)

Friday, July 03, 2009

バンコクガーデン

お久の友人と晩ご飯。
何処にしませう~という話になった時、ここいらでは一番めぐり合えない東南アジア系料理を提起。
場所は、裁判所の近くデス。

731

おひさのタイ料理は、やっぱり辛かった(笑)
辛いのはキライぢゃないんですが、量があんまし食べられないのがサビしい(笑)

と言っても、ワタシがそんなにまで辛いのは…と言ったので、そんなにまでムチャクチャに辛いワケではないですが。

グリーンカレーは美味しかったデス。

733

このお店はトムヤンクンが恐ろしく濃厚!

732

この料理、こんな濁ってるものだったけ?なカンジ。

で、総じてここの料理は、味は悪くないんだけど、魚介類の鮮度は余りよろしくないような気が…。
まぁ、一品の単価がほぼ1000円以下で収まるくらいだし、どうしても冷凍のものを使うことになるのでしょうが、どうでしょ?

お料理は3500円のコースでした。
デザートのお茶が、枯れ草の味のする不思議なお茶でした…。

| | Comments (0)

笹屋伊織の宇治金時ミルクかけ

笹屋伊織の宇治金時ミルクかけ
お久の京都。
別に、Citybankでパリでの軍資金を調達するためだけに島から出てきたワケではないが、島にいては、お口座のユーロは絵に書いたおケーキさまさまでしかないのだ。

で、めでたくユーロを調達してからすることというと、京都の夏は宇治金時でしょう!

ということで、とらやを目指そうかとも思ったのだが、余りのうだる暑さに途中で大丸へ待避。
地下1階のIORIへ。
抹茶蜜は悪くないけど、あんこはやっぱりとらやの勝ち。
ミルクというのは練乳なのだが、これは無くていいかな。

しかし、これで997円というのは、お安くはないわよね…。

| | Comments (2)

Wednesday, July 01, 2009

全日空で行くパリ6泊8日53173円!

とうとう7月です。
7月のメインイベント、それは全日空で行くパリ6泊8日53173円!happy01
お泊まりは、去年も使ったコンコルド・モンパルナスですhappy01

今回、航空券関係の費用が諸税等含めて15300円。
キャンセル不可のスペシャルオファーのホテル代630ユーロを120円ちょいで決済して2人で割ったら37873円。
〆て53173円でパリです。
偉大なり、マイレージhappy02

もっとも、成田に前泊しないといけないので、その分4200円がかかるっちゃかかりますが、それでも57373円sign01

…トーキョー行くより、安いデスgood

で、パリに行ってナニをするかというと、これまた、只管食べるのでございますsmile
食べて食べて、食べまくるのでございますpig
既に、レストランは4軒予約済。
一軒は回答待ち。
ラインナップしてあるパティスリーは20軒以上pig
1000ユーロくらい食べる予定fuji

またしても、食費以外に使ったお金は交通費のみ、というお旅行になりそうな予感coldsweats01

| | Comments (4)

« June 2009 | Main | August 2009 »