« ポテチの誘惑 | Main | 放羊的星星⑥~香港版DVD~ »

Wednesday, June 24, 2009

放羊的星星⑤~オンナは天性の女優~

基本的にはコメディタッチなのにも関わらず、思わず泣いてしまう場面が多いウソつき星ちゃん。
第14集のこの場面も、つい、ティッシュに手が行くのを禁じ得ないトコロcrying

星ちゃんが天騏と別れて5年後、親の事業を継いでここいらでいうタサキ●珠みたいな宝石屋さんのシャチョーサンとなった天騏は、そのムカシ星ちゃんがデザインしたものを製品化して愛情の証としたブレスレット「仲夏夜の星」を、自社ブランドとして商品化し、大々的に売り出そうとしていた。
その販売促進プロモーションの一環として天騏が出演したインタビュー番組を偶然見てしまった星ちゃんは、天騏が自分との過去を忌わしく思っていることを知り、苦しい生活の足しにするため、天騏のおかぁさんの形見のブルーダイヤのイヤリング付「仲夏夜の星」を手放すことを決意。
光明オジサンにきれいさっぱり売ってくるよう言うのだが、売りに行った光明オジサン、値段が折り合わんと決裂した交渉相手にコピーを販売していたと通報され、警察沙汰になってしまう。
モチロン、警察沙汰にしたのは天騏。
自分が愛憎入り混じって忘れられないそのブレスレットを、星ちゃんはナンの苦渋もなく売り飛ばそうとしていると勝手に勘違いし、すっかりアタマに血が上っちゃったのだ。
星ちゃんは、天騏に“そっちこそ自分の知的財産権を侵害している”として、オジサンを解放してくれないなら告訴すると迫るが、如何せん、デザイン原画は天騏の手元にあるのだ。

あれやこれやで進退きわまった星ちゃん。
大事な家族を守るべく、重大な決意でもって5歳の少女妮妮を連れ、天騏を訪ねたのだった。

Dsc06197

星ちゃんと天騏の無言の睨み合いに、思わず星ちゃんの後ろに隠れる妮妮。

Dsc06198

かわいいsign01
最初の登場シーンでは、なんてブサイクな!と思った妮妮だが、こうして見るとチョーゼツかわいいheart04

その妮妮について、重大なヒミツを打ち明ける星ちゃん。

Dsc06200
「お察しの通り、この子はあなたの娘よ。」

つべこべ言う天騏。

「責任とって結婚して!
そしてこの子にもふさわしい名義を与えてちょだい!。」
Dsc06201
「ありえない!」

天騏ひどひ…crying

「なら、手切れ金をちょうだい!
そして、オジサンを解放して!
そしたら私とこの子は、もう二度とあなたの前には現れないから!
そうぢゃないと、このことをメディアにすっぱ抜くわよ!」
Dsc06205
「そんなことしても無駄だ。 メディアくらい、金でいくらでも押えられる。」
「そんなことしてあなたが傷つけるのは、自分の娘よ! 妮妮、行きましょ!」

「やだ~sign01 パパが欲しいよぉ~sign01

すかざず涙で訴える妮妮。
オトナ同志の冷たい会話を、身の置き所もなさげに半べそで聞いていた妮妮が放った一撃に、天騏陥落。

Dsc06207
「子供を使って利益を得ようとは、お前には血も涙もないのか?」

もうダメ!
こうなったら星ちゃんの…いや、妮妮のペースだ!

Dsc06210
「妮妮だね…。おいで。」

Dsc06212
「何歳?」

Dsc06213
「5歳…。」

妮妮のナミダに思わずもらい泣き…weep
そもそも、アンタたちの話は子供の前でするもんちゃうやろ~bearing

と、誰もが思うハズ…think

Dsc06214

ということで、ついにその時か来たかと思われた瞬間、アクシデント発生!

Dsc06218

一昨日水をかぶされ、昨日雨に濡れた星ちゃん、40度を超える発熱で昏倒…。
泣きながら心配する妮妮に天騏が声をかける。

Dsc06220
「ママは大丈夫だ。」
Dsc06221
「全部お前が悪いんだ!
どうしてママと大オジサンがお前のデザインを盗んだなんていうんだ!
あのブレスレットは明らかにあたしが生れた時からあるのに…。
ママはあのブレスレットをすごく大事にしてるのに…」
Dsc06223
「お前はどうしてみんなにウソを言うんだ~!
言ってみろぉ~!」

そうだそうだ~crying
妮妮、そんなオトコもっとぶってやれ~cryingcrying

Dsc06224
「ママがあのブレスレットをとても大事にしてるって?」

Dsc06225
「あのブレスレットは、いつもママを泣かせるんだ。
お前がいるなら持っていけ!
あたしは、ママと大オジサンと一緒に帰りたいだけなんだ!」

そうなんだから~crying
星ちゃんだって、ずっと辛い思いをして来たんだからcryingcrying
なのになによsign01 
星ちゃんと別れた痛手から立ち直れず、自分は苦痛に満ち満ちた5年間を全く女っけなしで送ってきたのに、星ちゃんは華麗なる男性遍歴で面白おかしく暮らしてきたと勝手に勘違いしちゃって、怒り30倍でますます復讐を誓うなんて、ヒドすぎる~crying
ちった~冷静に星ちゃんの身になって考えてみろってんだ、このバカオトコ~cryingcryingcrying

さすがにちっとは感じることがあったのか、ここで妮妮の涙に、つい、手を伸ばしてしまう天騏。

Dsc06228
「このオオバカヤロウ! あっち行け!」

おおっとsign01
この一撃は、かなりイタいよbearing

「分かった分かった! なんにもしないから。
泣いて顔が汚れている。
洗面所に行って洗って来なさい。」
Dsc06227
お前なんかキライだぁsign01

ついに抜かれた伝家の宝刀thunder
お約束のセリフだけど、わかっちゃいるけど、でも、cryingcryingcrying

Dsc06230
「ママが目を覚ましたら、直ぐにママと出て行ってやる!」

決めゼリフも立派sign01
とても五歳児とは思えないゾ妮妮good

Dsc06232

妮妮が放った言葉のあれこれで、ムネにざっくり楔を打ち込まれちゃった天騏。

そりゃそうよ。
初めて会った娘、しかも、ホントは仲良くなりたいハズなのに、あそこまで言われちゃったら、落ち込んで当然よ。
ちった~反省しろってんだ、はっはっは~sign01

ということで、ちった~思うところがあったのか、つい、星ちゃんとの距離も近くなってしまう天騏。。。

Dsc06233

その頃妮妮は…。

Dsc06234
「韓志胤、マズいよ!
星ちゃんは熱出して昏倒、任務も失敗!
どうする?」

……think
騙されたぜいsign01

いや、分かってたんだけどさ。
妮妮が天騏の娘ぢゃないことも明明白白なんだけど、さ。
計画では、娘かな・・・と思って寄って来た天騏の前で、妮妮が心臓病の発作で倒れて、天騏が取り乱してる間に、星ちゃんがブレスレットのデザイン原画を探すハズだったんだけど、さ。
なのに、妮妮より先に星ちゃんがマジで倒れちゃったってワケなんだけど、さ。

つまり、その後の妮妮の行動は、すべて5歳の女の子が自己判断でやってのけたアドリブだったりしたってコトよね。
自分の立場を正しく認識し、相手が“娘かも…”って思ってる心理を巧みに利用し、相手を動揺させるために繰り出される、まるで計算しつくされたかのような的確且つ有効なセリフとナミダ…。
分かっちゃいるけど、でも、それでもつい、一緒になって泣いちゃったぢゃない~sign01

スゴいわ…。
スゴすぎるぞ妮妮good
五歳児といえど、やっぱりオンナは天性の女優なのね…。

その後ケロっと涙を拭いて、自分が新パパと見込んだ韓志胤に電話を入れるあたり、スゲ~sign01
というか…
ホンマにこんな五歳児がおったら、コワ過ぎるやろ~shock


でも、このテのウソは良くないよ星ちゃん。
そりゃ、真相を知った天騏がマジギレしてもおかしくないってthink

|

« ポテチの誘惑 | Main | 放羊的星星⑥~香港版DVD~ »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

~《放羊的星星》編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ポテチの誘惑 | Main | 放羊的星星⑥~香港版DVD~ »