« 行きはよいよい…? | Main | こんにっちは~ハヌさんッ♪~ボドナムチプ~ »

Monday, May 11, 2009

新羅ホテルでお楽しみ

「日本で言ったら帝国ホテルみたいなところですから、帝国ホテルへお出かけするカンジでオヨーフクをご用意ください。」

別に、どんな格好をしていたってホテルは入れてくれるだろうが、他のゲストに混じって悪目立ちしないためには、やっぱりそれなりぢゃなくっちゃ、ね。

ということで、思い思いにドレスアップ(笑)して入った新羅ホテル。

Dsc03119

なんというか、帝国ホテルに隣接して皇居があるカンジ?(笑)

Dsc03118

お屋根の上には、王宮にしか付けちゃいけないハズの魔除け御一行サマもいらっしゃるし。

Dsc03124

ということで、早速中に入ってみましょう。

Dsc03129

シンプルモダンなロビー。
この八角形の柱というのも、王宮にしか使えないモノなんだとか。
お待合には胡蝶蘭。

Dsc03128

「胡蝶蘭いうのは、水揚げさえしたら持ちがいいんよね。」

さすが、Putti女王さまはお目の付けどころが違いマス。

◆Shopping at the Shilla プラン

今回のお泊まりは、新羅でお買い物プランパッケージ。
ザ・パークビューでの朝食とサウナの入り放題、そして新羅免税店のゴールドVIPカードと20,000ウォンのお買い物券が付いている。
基本2人利用だが、グランドデラックスのお部屋にエキストラベッドを一台入れてもらって、ルームチャージ370000W、ギャランティ37000W、税金3700Wの合計410700W。
為替の具合がよければ、一泊一人11000円で収まる計算。

お部屋はこちら。

Dsc03096


Dsc03102


Dsc03099

チェックイン時間よりもちと早かったせいか、お部屋にはエキストラベッドは入っていたモノの、まだアメニティとかグラス類は用意できていなかった模様。
ちなみに、後からロクシタンのアメニティが追加されていた。

Dsc03098

三人いると、シンクが一つではちと不便かしら。

Dsc03097

シャワーブースとお風呂、そして独立したTOTOのウォシュレット付きトワレは、設備的には満足。
しかし、帝国ホテルが採用している製品の方が、ウォシュレットからドアノブからグレードがかなり高い。
いや、それはインペリアル・フロアのお部屋だったからなのかもしれないが…(笑)

Dsc03101

ミニバーにも、けっこういいお酒が置いてある。
しかも、サイズデカいし(笑)

さっ!ぐずぐずしてないで次の行動に移らなくっちゃ!
きょうは予定が目白押しなのだ。

◆魅惑のチョコレートブッフェ~The library~

お好きなケーキとチョコレートそれにマカロン・サンドウィッチをお好きなだけ、それにコーヒーまたは紅茶が付いてお一人様25000W。
モチロンこれにサービス料やら税金やらが付くのだが、それは何処の国でも同じこと。
コーヒーも紅茶もモチロンおかわりしてくれる。
が、紅茶はリーフでポットサービスではあるものの、かなり薄め。
若しかしたら、アールグレイにしたからちょっと薄めで、アッサムとかだとまた違うのかもしれない…。
ということにしておこう(笑)

Dsc03108

今朝から朝食は朝食で三口も食べられず、機内食は黄色いお蕎麦とおイナリさんでダウンしたもんだから、モーレツお腹が空いていたのだ、ワタシは…。

なので、これくらい食べてもど~ってことないと思うの。
なんたって、朝ごはんに昼ごはんの替わりなんだもん!

くぅ~!
今日初めての、美味しい食べ物…。

ここのケーキ類は、甘いの優しいのこってりなのと、それぞれ糖度が違っていて、チョコレートも種類によって甘さがかなりメリハリあって、なかなかに食べてて飽きないカンジ。
見た目はあんまし美しくない、乾燥パイナップル入りレモンケーキみたいのの上に生クリームとイチゴをトッピングしたケーキ、これもけっこう美味しゅうございました。
生クリームは軽い目、乳脂肪分30パーセントもないんぢゃないかというカンジだったが、あっさりかげんがGoo!

カラメルマカロンかしら?と思った茶色のマカロンはコーヒー味で、ちょっとガッカリしちゃったが、パッションフルーツのマカロンは美味しい。
もう一種類スミレ色のマカロンがあったのだが、あれを食べなかったのが心残りで…。

抹茶のケーキはしっとり目の積んだ優しい味。
ホワイトチョコのトリュフはけっこう甘い。

Dsc03111

食いに入っていたので気がつかなかったのだが、お腹が人心地ついて余裕が出てくると、まぁ、ピアノとチェロの生演奏付きぢゃございませんか!

なんとも贅沢なティータイムでございます。

と、取りつくろってみたところで、結局は食べることがイチバンなのだ、この花園御一行様は(笑)

Putti女王さま方にはあまり評判がよろしくなかったどっしりチーズスフレも、ワタシ的には◎。
新羅ホテルのパティスリーは評判が良いらしいのだが、なかなかいんぢゃ~ないでしょうか。

さて、ぢゃここいらでおかわりを…。

と行きたいトコロだが、夜は焼き肉が控えているのでソコソコにして、ちょっとそこいらをお散歩したのち次はお約束のアカスリへ。

◆サウナでアカスリ・マッサージ

新羅ホテルにはゲランスパもあるのだが、そのお隣のフィットネス内にあるサウナでもアカスリ・オイルマッサージが受けられる。

ひと皮もふた皮も剥かれて、この垢はちょっと…ニホンジン、キタナイデス…coldsweats01
日本人の皆さんゴメンなさい。
ワタシたちのせいで、今頃“日本人は垢まみれ!”というイメージが、一部にどっと拡大されて行ってます。
ああ、コクチ…bearing

オイルマッサージは、これまたスゴい!
エステのなでてるだけみたいなオイルマッサージとは比べモノにならないパワフルマッサージで、サスガ、チャングム(医女時代)の国というか、イタい筋はのがしません。
なんど悲鳴を上げそうになったことか…。

このアカスリ・シャンプー・マッサージ、きゅうりパックまでついて90分120000W、ミョーなチップを上乗せして請求されることもなく、少々ナンでも肩こり解消ご希望の方には超絶オススメいたします。

そして、新羅ホテルのサウナもオススメ。
特に結構高温のミストサウナが超絶気持ちイイ。
タオルもナニも使い放題、ドライヤーも普通のドライヤーとクルクルドライヤーのニ種類が備え付けで、クルクルの頭のところは櫛と一緒に殺菌処理されていた。

備え付けのシャンプー・ボディソープがタダの“Dove”だったのは御愛嬌^^;
いろんなチューブ入り歯磨き粉と塩もお風呂の前にで~んと置いてあった。
これは、日本では見たことない光景。


と、いうわけで新羅ホテル。

レセプションに入っているヒトは、おにーさんもおねーさんも日本語OK率が高そう。
でも、チェックインした時のおにーさんは、20000Wのお買い物券はくれたが、新羅免税店でのVIPゴールドカード引換券は渡してくれなかった。
これは翌日“どーしたらいいの?”と聞いてみたところ、どうやらおにーさん、渡すモノを間違えたモヨウで、めでたく最高25パーセントOFFになるVIPゴールドカードGet!
これがあると、今後5年間の間だったら、仁川空港でトランジットの時にお買い物しても、割引が適用されるのだ。
うっしっし…smile

コンシェルジュのおねーさんは、「日本語しゃべって!」とワタシのなんちゃってえんぐりっしゅでお願いしたら、「英語でお願いします」と返してきた。
いざという時、一番日本語が通じて欲しいトコロといえばトコロなのだが…(笑)
レセプションへお電話したら、はじめは、「あにゃほにゃにゃ~」と韓国語、そのあと「ハナゾノさま、ご用はなんでしょうか~?」みたいなカンジで日本語でお話してくれた。
タクシー乗り場のおにーさんや、ラウンジ・一階レストランのおねーさんも、ある程度日本語で対応してくれるので、その他の言葉が全く理解不能でも、そんなにまでは困らない。
ただ、トイレの場所を“右”と“左”間違えるくらいのことはあるが、それはほら、よくあることだし(笑)

タクシーに乗る時は、「模範で大丈夫ですか?」と聞いてくれたので、「一般にしてください!」と注文。
“模範の方が安心”とか、“模範には乗ってはいけない”とか、イロイロ説はあるが、一般の方がちとお安いのだ(笑)
「ちょっとお待ちください」で、ご門の外で客待ちしているタクシーが一台呼ばれて、おにーさんが行き先を告げてくれる。
日本のフォー・シーズンズ椿山荘みたいに「運転手さん、どこそこへお願いいたします」みたいな丁寧なもの言いではないが、香港のフォー・シーズンズみいに「どこそこ!」みたいな居丈高なカンジではない。
もっと自然な感じで「ドコソコへ」と言ってる…ような気がする(笑)
今どきのタクシーはナビ搭載なので、何処へ行くのも伝わりさえしたら問題なし(笑)
そして、帰りは「し~らホテル!」と言うだけでちゃんと連れて帰ってもらえるので便利なのだ。

イロイロ詰めていけば、軍配は間違いなく帝国ホテルなのだが、それでもなかなかに使えるホテルだと思う。

問題さえ起こらなければ…。

|

« 行きはよいよい…? | Main | こんにっちは~ハヌさんッ♪~ボドナムチプ~ »

~旅館・ホテル編~」カテゴリの記事

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 行きはよいよい…? | Main | こんにっちは~ハヌさんッ♪~ボドナムチプ~ »