« 東洋の神秘 | Main | 廃人閑居してナニをするやら… »

Saturday, March 07, 2009

廃人宣言

とうとう、直立歩行できなくなってしまった…。
というか、立てないし…。
というか、座れないし…。

で、しかたなくオソロしくウマの合わない整形のセンセーの所へ駈け込む。
理由は、ウチから一番近いから、なのだが、その先生とはムカシから、どうもバイオリズムがあわないというか、ジョウダンが通じないというか、コマるのだ…。
しかし、こう、どうにもこうにも、にっちもさっちも行かなくなったら、なんとかしてください…と、藁をもすがるキモチで行くわけだ。

「そんなに腰痛が気になるようなホネぢゃないんですけどねぇ…。
いや、一か所気になるところはあるんですけどね。
でもこの辺りなんか、まぁきれいなもんですし~。
強いていえば、ここだけホネとホネの間がほとんどなくなってましてね、
だいたいこういう時には、椎間板が飛び出して神経を圧迫して…」

レントゲンを見ながらこうのたまう某医師の説明に、もっと別の言い方はできんのかい!と思うのは、ワタシだけなのかしら…。

結局、ヘルニアの痛みということで、「寝てたら治る人もいるし、まぁ、ちょっと様子を見て、それだけ痛みが出てたら今日はリハビリしても効果は出んでしょう。」ということで、腰にベルトを巻いてもらってお薬もらって帰ったのだが、帰ったらお幸ちゃまが、「どうしておしゃんぽ行かなかったの?」攻撃をかけて来る。

ごめんなさい、お幸ちゃま。
お幸ちゃまと一緒にお散歩に行けないどころか、トイレにも行きたくないカンジなの。
わかって…。

ということで、今日からしばらく廃人シマス…。

|

« 東洋の神秘 | Main | 廃人閑居してナニをするやら… »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

Comments

あらら、お大事になさって下さい。

私の妹も整形外科で首の痛みから来る腕の痺れを検査してもらったら「年だから頚椎が何個かおかしくなっても仕方がない…」
とか、改善方法についてはほとんど触れず、かなり酷いことを言われたらしい。
それなりに名のある年配の女性医師らしいが、余りの因業婆ぶりに妹が切れ、私が紹介した某カイロプラティックへ。
SAKURAKOさんの先生は、はっきり回答をくれないもどかしさはあるものの、それから比べたら、良い方かもしれませんよね。

こちらの先生は非常に丁寧な応対に加え、早期に症状を緩和出来るよう対応すると言ってくれたらしい。
非常に難しい部分だからMRIできちんと検査した上で、治療を行うことにしたそうだが、予想以上に酷かったよう。
それでも言い方って重要ですよね。

Posted by: こぶちゃん | Saturday, March 07, 2009 at 03:03

おやまあ、大丈夫ですか?じゃないご様子ですねえ。
レントゲンだけじゃなく、MRIで診てもらった方がよろしいと思います。きちんと病状を把握しないとです。お大事になさってくださいね。そでないと、おいし~を食べに行けなくなるでござるよ。。。

Posted by: テツのかあちゃま | Saturday, March 07, 2009 at 08:17

ヘルニアですか?!
昔に比べて治療が進歩して随分楽になったと聞いたことはありますが、痛みはかなりきついのでは?
せめて痛みが消えると良いのですが…

Posted by: しゃーねい | Saturday, March 07, 2009 at 17:26

hospitalこぶちゃんさん
ねぇ、言い方って重要ですよねぇ。
今回のワタシの場合にも「年からしたら」という枕詞がしっかりついてましたが、母などはそこまで言わいでも…なコトも言われたそうです。
ナンチャラハラスメントってやつぢゃないかと思うんですが、どんなにヒドい(口の)お医者さんでも、今は痛み止め欲しいし…bearing
でも、おマチは色々な選択肢があるから良いですね。
なんたってここいらは、血管切れても1時間以上搬送されないと物理的に救急病院へ到達できないお土地柄でして…shock

hospitalテツぼっちゃまのかぁちゃま
ええもう、タイヘンでございます。
MRIのある病院へ出て行くのもタイヘンなお土地柄でございますbearing
ちょろんとコマシになったら、尖った神経に傷つけられたココロまで癒してくれそうなヤサしいお医者サマのいるおマチの病院へ行ってみようと思います。
でも、そんなお医者サマがいらっしゃるトコロは、混んでるんですよね~恐ろしく…think
ついでに、おいし~も食べて来たら一石二鳥なのでごっざるが…smile

hospitalしゃ-ねいさん
痛みは…ホント、ヒドうございますことよ…crying
ワタシの場合は、幸いにも横になってたら楽なんで良かったですが、toiletまでの道のりが、とてつもなく遠く、そして辛いのです…crying

Posted by: SAKURAKO | Sunday, March 08, 2009 at 09:20

腰痛がひどくなると、痛みでにっちもさっちもいかないんですよね。
寝返りすらできなくなったりcrying
私にも経験あるので、辛さがよくわかります。

整形外科はぜんっぜん役に立たないので、私は整体へ通いますが、SAKURAKOさんもご自分にあった治療法が早く見つかると良いのですが。
一日も早く回復されることを切に願います。
お大事に。

Posted by: 空 | Sunday, March 08, 2009 at 14:27

何時もの整体のセンセーに時間外で無理やり入れてもらって、やっとなんとか、つかまり歩きから脱出できました。
でも、まだ真っ直ぐになりませんbearing
ホントに痛くて立てなかったんですが、お仕事が休めないヒトはどうするんでしょうあんな時…と、思わず思ってしまいました。
だって、よく“這ってでも”って言いますが、這うことすら出来ない状態…coldsweats01

お互い、腰には気をつけましょうね。
なんたって、重い荷物を持ち上げたりひこずったり、長時間座ったままの難行苦行がまってるんですから…wink
じっくり休養してしっかり治しておきマスgood

Posted by: SAKURAKO | Monday, March 09, 2009 at 00:39

腰痛。辛いし情けないですよね~。とうちゃんも数年前、ヘルニアではないですが、にっちもさっちっもならん時がありました。超絶状態の中、会社立ち上げて心身ボロボロのある日突如・・・。車に乗るのすら人の助けが必要で。が、心身の回復とともにあらあら不思議。同じく突如、何事もなかったかのようにすっきり。そうした心の状態でも如実に現れるようですので、どうか心身共のご養生をお勧めします。

Posted by: まさ | Tuesday, March 10, 2009 at 03:05

まぁ!
とうちゃまも経験者でございましたか。
あれは…ホントウにつろうございますよねぇ…crying
ご養生ついでに遊び過ぎ…というカゲグチも無きにしもあらずな気がいたしますが、ワタシにもある日スッキリ!が日が来ることを祈念いたしまして…。
お互い、気をつけましょう。

蕎麦打ちは腰にくるとうかがっております。
ワタシがその美味しいお蕎麦を御馳走になるその日のために、くれぐれもお腰にはお気を付けくださいませねsmile

Posted by: SAKURAKO | Tuesday, March 10, 2009 at 23:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東洋の神秘 | Main | 廃人閑居してナニをするやら… »