« 驚愕の鶏鍋うどん〜山里〜 | Main | 女王さまのオツカイ »

Thursday, February 19, 2009

近況報告+α

ユーロの行ったり来たりな値動きに加えて、韓国ウォンの動きにも一喜一憂している今日この頃、皆さまいかがお過ごしですか?

このところちっともお日記してなかったのは、ムチャクチャ忙しいとかそんな理由ではなくて、他に熱中するものがあったからなのでございます。
はいもう、お日記しておこうと思うことはイロイロあったんでございますけどね。

田んぼの中のイタリアンで人生最高のニョッキ トレビィスをからめたソースに出会う!

2181

とか、

2182

アンティパス・プリモ・セコンドと来て、ドルチェがこれで3000円!
お店を出る時、オトクを通り越してものすご~く申し訳ないような気にになったこととか、

女王さまのお誕生会がふぐ三昧で…

2183

メインはこのテッサではなく

2184

その3~4倍の厚さに切った身を、サッとしゃぶしゃぶってして食べちゃったこととか、

お幸ちゃまがお散歩道でとうとうイノPPさんに遭遇してしまったこととか、

とにかくイロイロいっぱいあるのでございますが、それらをぜ~んぶ放置しておくほどに、つい、必死になったものがあるのでございますよ、トホホ…。

果たして、その必死になったものとは?

企画 マイレージでお旅行第2弾!
王さまの国へ行って王さまが食べてたみたいな料理を食べよう!

ということで2泊分のホテルを押えたのだ。
それはもう、あ~でもないこ~でもない、と逡巡しつつ、今みたいなウォン安でしか泊まれないようなホテルをとったのだ。

1泊目はソフィテルアンバサダー
楽天の167,000ウォンで出ていたスーペリアツインなのだが、HPでは1泊370,000ウォンってコトになっている。
某ソ●ルナビでも16000円台だというのに、大丈夫なのかしら~(笑)

2泊目は新羅ホテル
新羅免税店でお買い物♪というパッケージプラン280,000ウォン。
なんでも、スゴいらしい朝食付プランなのだ。
これで帰国の朝はまったりのんびり過ごすのだ。
…お買い物の予定は、キムチくらいしかないのだが(笑)

ホントウは310,000ウォンのお部屋がどえりゃ~広いヤツにしようと思ったのだが、お昼にそのプランを見て、疑問事項をホテルに照会した後、その日の晩に予約しようとしたら、既にツインが取れなくなっちゃっててちょっとがっかり…。
2000円UPするだけで、倍くらい広いお部屋になったのに…。

そして、前回泊まってとっても気に入ったヨンビンホテル(以前の記事)の今の値段に驚愕shock

2400円也。

なんぢゃそりゃ~coldsweats02
改めて、為替ってコワいわ~。

しかし、そのおかげで思いきれた新羅ホテルなのだから…。

ということで、王さまみたいな料理を食べに行きます、そのうち…。
王さまみたいとは、モチロン大長今の王さまheart04デス。
そして今、なにげにファン・ジニにハマっているワタシ…coldsweats01

|

« 驚愕の鶏鍋うどん〜山里〜 | Main | 女王さまのオツカイ »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~おそとで和食編~」カテゴリの記事

Comments

な!な!なにかしらん!sakurako殿のハートをわしづかみにするモノとは!お日記も忘れてしまうほどののめりこみよう・・・・・いまだかつてないことだわ・・・・・・もしや・・・・もしや!・・・・・・・・・食いモン?・・・・

Posted by: テツのかあちゃま | Thursday, February 19, 2009 at 13:36

いやんnoteかぁちゃま、どうしてわかったでござるか?
ちょろんとお隣の国まで行って、美味しいモノをしこたま食べて来ようと思っておるのですよん。
ソウルのジョジョエンで焼肉をほおばり、文化財指定の料亭で王さまみたいな料理を食べつくし、ちうごくの総書記やら首相やらがちうごくよりも素晴らしい!と絶賛したというちうか料理を食べ、間にアワビ粥も食べるのでござるよlovely
もう、お旅行プランを考えるのが楽しくって楽しくってhappy02
韓国旅行の御約束エステ・コスメ代もぜ~んぶ食費に投入でござるよんheart04
食事と寝るところが決まったので、これからお茶するところを探すのでござるhappy01
pigpigpigpigpig

Posted by: SAKURAKO | Thursday, February 19, 2009 at 17:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 驚愕の鶏鍋うどん〜山里〜 | Main | 女王さまのオツカイ »