« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

Saturday, February 28, 2009

本日大安に付

先週、女王さまのお遣いで買いに行ったお雛さまが、今日届いた。

「何時のお届けにいたしましょう?」

そう聞かれた時、まったくピン!と来なかったのだが、こういうものは、納品するにもお日柄を選ぶものらしい。
なるほど(笑)

2281

ということで、本日大安に付、お雛さまがいらっしゃった。
お内裏さまは、“コウロゼンノゴホウ”をお召しになっていらっしゃる。
きっと、エラいヒトなんだろう(笑)

2282
大きくなります

お雛さまは、“コウロゼンノゴホウ”と並ぶには、お衣装のお色目がちと…な気もするが、今どき衣服令の決まりごとはこうだから…と言ったところで、当の人形師さんもあんまし気にしちゃないようなので、そう軽々しいわけでもない濃い目のお衣装をお召しということで。

2283
大きくなります

デフォルトは扇を開いて持っていらしたのだが、手元をちと変えていただいて、扇を閉じた状態で持つようにしていただいた。
それと、はじめは紫色の袴だったので、それも濃に変更。

「屏風とぼんぼりくらいは…」
「要りません!」

ということで、本当に御道具なしでやって来たお雛さま。
屏風もぼんぼりもないが、赤い毛氈ならあるのだ、これが(笑)

2284
大きくなります

ついでに、五人囃も…。

Continue reading "本日大安に付"

| | Comments (6)

Friday, February 27, 2009

ユーロTTS151円越え!!?

イロイロと為替が気になる今日この頃…。
まったく、日本政府および政治家の皆さんは、世界に醜態をさらしたり、言わいでもええことをポロポロ言ったりして政治不安をあおり、世界の投資家さんたちが、“ええぃ、こんな円なんか、さっさとドブにでも捨ててしまえ!”と言わんばかりの円売りを導かんがため、身を呈して国益を損ねていらっしゃるんぢゃなかろうかと思われる今日この頃…。
そんな皆さんの思惑をあざ笑うかのように、“ちょろんと円が安くなったって、あんまし効果ないもんね”とおっしゃった大臣さんもいらしたようだが、しかし、アレである。

いきなりユーロがTTS151円なんてなってたら、そりゃソットーするやろ!

ああもう、びっくりおったまげた…。
最近は、インターネットをポチッすると、某外資系銀行の為替レート一覧表のページに繋がるようにしてあるのだが、20時前にみたらば、そうなっていたのだ。
もう、世界でナニゴトが起こったかとマジあせったさ。
そして、114.5円でじうまんえんを定期預金した時に、いっそごひゃくまんえんくらいしときゃよかったぜ!と、セーダイこうかいしたさ。

でも、やっぱりおかしくない?
124円を挟んで前後チョロチョロしてたユーロが151円て、ありえんやろ!
しかも、中値が146円台でTTBが141円台って、なんかおかしくない?
尋常ぢゃないよ、これ…。

ということで、他の為替レートを見に行ったのだが…。
良かった124円前後だよ…。

件の某外資系銀行のレートも、8時過ぎの更新でワタシをパニックに陥れた数字が修正された。
でも、びびったやんか~bearing

まぁ、ワタシの為替遊びなんて、遊びに行く時のお小遣いが幾らになるかってなもんではあるのだが、でも、真剣なのだ。
まったく、銀行さんも政治家さんも、もう少し言動に気を付けていただきたいわん。

| | Comments (2)

Thursday, February 26, 2009

PPが出たぞ~!

「すんません、電話貸してくださいや」

近くの畑でお仕事中だったMさんが、そう言ってやって来たのが午後4時前。
何事かと思ったら、Mさんちの野菜畑のすぐ隣のデコぽん畑に、出たのだという。
なにが?
そう、アレ!
この間、お散歩途中のお幸ちゃまも遭遇したという、アレ!

2260

海の見えるデコ畑で、ナニやらお食事中のモヨウのPPさんたち。
お幸ちゃまのおウチから、直線距離にすると約100メートルくらい?
つまり、ワタシのおウチからもそのくらいの距離というワケなのだこれが…shock
どんなトコに住んどんねんcoldsweats02

2261
大きくなります

ヤクバへ通報されたことを知ってか知らずか、ノウノウとお寛ぎのPPさんたち。
間もなく猟友会のヒトがおっきな鉄砲を持って到着、ヤクバのおにーちゃんも、カメラを持ってやって来た。

2262

PPさんたちは、少しずつ移動しつつ、ちっとも慌てた様子がない。
やがて木の陰で見えなくなってしまったが、あの辺りに居るはずだ。

そして、粛々とその場へ向かっていくハンターとヤクバのおにーちゃん、そして着いて行くMさん…。

ここでワタシはそそくさとおウチへ帰る。
流れ弾に当たったりでもしたらタイヘン!というのもあるが、それ以上に今までお写真していたPPさんたちがこれからどうなるのか、考えただけで、なんかイヤぢゃない?

そう、ワタシはその瞬間から目を背けたのだ。
お肉だってヘーキで食べるくせに、自由が丘のラ・ビュット・ボワゼで食べた、ハナちゃんがおとうさんと一緒に仕留めたPPさんのステーキの美味しさが今でも忘れられないでいるくせに、いざ自分の直ぐそばでそれが実行されようとすると、やっぱりコワいのだ。

ごめんなさい、ワタシは逃げます!

ということで、一目算おウチへ帰って来てお籠り体制だったのだが、その後銃声のようなものは、なんか。聞こえなかったような…。

PPさん、逃げた?
逃げたのよね。
うん、そういうことにしておこう!
ハンターさんが行った時には、既に山際の道を通って危険地帯を離脱していたのよ、きっと。
急いでアタフタした素ぶりなんてこれっぽっちも見せなかったのは、こっちを油断させる作略だったんだわ!
侮りがたし!PPさん…。

にしても、スゴいとこ住んどんな、ワタシって…。

| | Comments (7)

Sunday, February 22, 2009

京都うまいもの食べつくし計画~第二弾~

第一弾は決行済みですが、まだお日記してないうちに第二弾が決行されてしまった〈京都うまいもの食べつくし計画〉

でもその前に、朝ごはんをたべとかないとね。
宿泊料のうちですもんね。

2221

お泊まりは、スーパーホテル四条河原町。
シングル1泊6980円で、御部屋はせまいけどベッドが広いので、寝てしまえば問題ありません。
ここのウリは、天然温泉と朝の焼きたてパン。
天然温泉の方は塩素アロマ系で湯上りのお肌がハリハリしますが、焼き立てパンはホントにパン焼きオーブンを設置して焼いてます。
他にもポテトサラダとかウインナーとかあった気がします。
お味は…そんなカンジでcoldsweats01

で、本日の食べ歩きは10時開店の高島屋から始まります。
開店直後の高島屋はステキです。
先ずは末富で生菓子詰め合わせのお取り置きをお願いし、そして出町ふたばの豆大福を待ち…。
この豆大福、到着は10時30分頃。
とはいえ、到着前から並んで待ってるヒトがかなりいます。

その豆大福売り場のすぐ隣には、川端道喜の粽が!
…でも、今日中に食べないといけないものをそんなにたくさん買ってもアレなので、今回は見送って、そしてGETした出町ふたばの豆大福1個160円。

2222

大福としては、確かに美味しい。
ちゃんとお餅の味がするし。
でも、包みたてのまだほの温かい豆大福は、もっともっと美味しかろうに…。
思わずそう思ってしまうお味でした。
やっぱり、労せずして手に入れたものというのはそれなりなのかしら…。
冷えた状態でいただくには、塩瀬の豆大福の方が好みかも(笑)

そして、河原町から進路を東へとって祇園徳屋へ。

2223

お餅とか食べたかったところですが、なだ朝のパンが効いていたので、お腹に優しい?あんみつ900円。
とらやみたくキチキチではなく、お口に入れるとほろりとほどけるくらいのカンジのプレーン・抹茶・黒蜜味の3種類の寒天。
別添えのあんこに栗、そしてはったい粉の茶玉(笑)をトッピングしていただきます。
ナニが美味しかったって、このはったい粉の茶玉が美味しかった!

このほか、食べ歩き仲間のSさん・Yさんに、おモチとわらび餅を味見させていただき徳屋終了。

で、前回は甘いものだけ食べ続けて今一つ量がこなせなかったので、今回はちゃんとお昼もいただくことにして、一路三嶋亭を目指しマス。

といっても大丸地下のイートインコーナー。
すき焼き膳は、この大丸のほうが高島屋のレストラン街に入ってるお店よりも美味しくて安いという口コミだったのデス。
本店はランチ3500円~というウワサもありますが、HPには3500円のランチなんて載ってないので、二の足を踏んぢゃうぢゃないですか。

で、ぽこぽこ歩いて烏丸まで行ったのデス、これが。

2224

すき焼き膳というのは、この極小すき焼きなべに卵・味噌汁・ご飯・しば漬けがついて1950円。
調理された状態で出てくるのは知ってたんデスが、ワタシは注文のたんびに厨房ですき焼き作って出してくれるもんだと思っていたのデスよ、ハイ。
そうしたら、お肉以外はもう既に調理済みなんですね。
それをお鍋に盛って、お肉だけ注文を受けてから調理して、最後に合わせて出来上がりなんです。
その事実にちょっとがっかり…。
そして、出てきたお肉が見るからに650円切り落としのきれっぱじみたいなかんじだったので、ヒソカにテンションが下がる。
お肉、とろけないし…。
でも、三嶋亭に行こうと言いだしたのはワタシなので、文句も言えず、Sさん・Yさんが暴れ出さないかと気を使いつつ、やっぱりすき焼きはお肉買ってきてウチでするのが、費用対効果の面でも一番かな、と(笑)

お口直しに“びんためーる”の苺のエクレール240円。

2225

240円にしては、がんばってるエクレールだとおもう。
思うけど、いちごの酸味強すぎなのと、シュー皮がイマイチ好みぢゃないのです。
外はガリガリ中しっとり、バターの風味がしっかり感じられるシュー皮を希望します。

ということで、ここで四条通りを後にして、地下鉄東西線で市役所前まで行き、そこから北上してゴーストを目指しましょう。
目印は一保堂を過ぎて革堂5メートル手前の反対側デス。
ここは自信あるんデス。
前回、一個だけ食べてちょっとカンドーしたんデス。
材料も良く仕事も丁寧、それだけだと普通ですが、取り合せの妙というか、全く味の違う素材を組み合わせて融合させるのがうまいというか、とにかく、一つのケーキの中にお楽しみが2つ3つ忍ばせてあって、それぞれはかなり個性的なのに調和してしまうという、ここんとこ一押し!なんデス。

本日のケーキはこのマリブ。

2226

ココナッツのリキュールで風味付けしたホワイトチョコレートのムースにパッションフルーツのジュレ、そして小さくカットしたパイナップルが忍ばせてあります。
これまた今日のケーキも美味しいわ~。

イートインはスタンド方式で立ったまま。
コーヒーは200円で、お味もお値段なりですが、とにかく温度に敏感そうなケーキなので、その場で食べちゃうのが一番確実かと…。
1個500円前後ですが、それでもまた食べたいケーキです。

ちなみにメニューは日替わりで6種類。
でも、早くいかないとどんどん種類が少なくなっていきます。
次はここで全種類制覇してからほかのモノを食べに行こうと思いました。

ここでとりあえず本日の食べつくしツアーは終了。
ワタシは島に帰るための大移動の途に就いたのですが、このあとSさんとYさんはさらにもう一軒ケーキ屋さんへ行かれたモヨウ…。

ワタシは空港でつつましい晩ご飯。

2227

パンはほとんどお幸ちゃまのおみやげに…。

で、帰宅後末富の生菓子。

2228

時間が遅くなったせいか、わらび餅の食感が少しかたくなっていましたが、でも、上品な和三盆の甘さがなんとも~heart
きんとんは、お口がかゆくなるかと思うほど山芋たっぷり!
鶯餅ですら高貴な味がする…。
やっぱり、末富のアンコは美味しおす~。

なんというか、一日中ものすごい食べ続けたような気がするのに、こうやって書きだしてみると、意外に食べてないぢゃんワタシcatface

| | Comments (2)

ヘンな夢

夢は結構リアルに覚えている方なのだが、今朝方の夢はなんともみょ~ちくりんだった。

パリで食いだおれ友達のSさんと一緒にソウルでパティスリー・フランセーズめぐりをしていると、流暢な日本語を話す謎の中国人士官に声をかけられ、一緒に道を歩きながらちょろっと中国語を教えてもらっている間に何故か中国モノ天然ウナギを採りに川へ行くことになっていて、そこは、天然モノのドジョっコだ~のウナっコだ~の~が守ってる国家機密情報の隠し場所で(なんでやねん!(笑))、採りに行った、学生時代の友人(卒業後一度も会ってない)がそこで溺れかけて、何とか助かったと思ったら、その怪しいちうごくの軍人さんは、いつの間にか日本に亡命してイタリアとの間を往復しつつ、アパレル関係の仕事をする人になっていた。

う~ん、ナンちゅう(笑)

なんでそんな夢~?と思っていたが、書き出してみると、なんとなくわかる(笑)

キーワードはソウル・フランス菓子・ウナギ料理・中華料理・バーゲンだわ。
なぜウナギが出て来たかというと、ソウルのガイドブックにウナギ専門店の紹介があって、なんとなく気になっていたのだ。
そんで、中華料理はソウルのホテルの中華が本場よりも美味しいらしいのだが、メニューはハングルは論外で、英語よりは中国語の方がイメージわくわよね~とか、なんとなく考えてたのだ。
フランス菓子は、むふふなお楽しみ、と…。
そしてバーゲン…昨日高島屋でなんともかわいらしいセーターを買ったのだ。
しかも、3150円で。
で、そのセーターが、イタリア素材を使った中国製だったのだ。

…全部現実と繋がってしまった…。
ありゃ?
古いお友達はナンの暗示?

| | Comments (6)

Saturday, February 21, 2009

久しぶりにオケイコしたら、はうぅ~(泣)

昨年末から腰が痛くて、それが膝に来て、3分正座したら死にそうになる日が続いていたのだが、最近ちょっと楽になったかなぁ~という感じでオケイコの日がやって来た。
で、しょっぱなからはひ?

「今日はギョウノギョウダイスやりなさい」

そんな、2867年前にやったっきりのお手前なんか、覚えとりまへんがな…sweat02

「次はダイロでゴズミでもしてみたら?」

そんな、ダイロってナンね?
ギャクガッテ?
はぁ~?

絞り茶巾くらいでカンベンしてください…。

あとからノートをつけておこうにも、どうにもこうにもナンにも思い出せないのだが…。
どうしたもんかしら…。

| | Comments (3)

女王さまのオツカイ

朝6時50分のバスに乗り、9時の飛行機に乗ってお昼前に京都へ到着。
なんたって、今日は重大な使命があるのだ!
女王さまのゴメイレイでお雛さまを買いに行くのだ!
某お人形屋さんのホームページに載っていた立ち姿の有職雛が、女王さまのハートをガッチリつかんだ模様だが、如何せん、お値段がわからな〜い!
果たして、お雛さまはGET出来るのかしら〜。

でも、その前に駅前の福幸でランチ1260円。
お味は普通に美味しい?なのに、費用対効果が頗る優れている気がする。特に低価格のランチ程満足度が高いという、ステキなお店なのだ。
つい、ワタシがちと汚したあのテーブルクロスのクリーニング代が…とか、つい、原価が気になってしまった(笑)

| | Comments (0)

Thursday, February 19, 2009

近況報告+α

ユーロの行ったり来たりな値動きに加えて、韓国ウォンの動きにも一喜一憂している今日この頃、皆さまいかがお過ごしですか?

このところちっともお日記してなかったのは、ムチャクチャ忙しいとかそんな理由ではなくて、他に熱中するものがあったからなのでございます。
はいもう、お日記しておこうと思うことはイロイロあったんでございますけどね。

田んぼの中のイタリアンで人生最高のニョッキ トレビィスをからめたソースに出会う!

2181

とか、

2182

アンティパス・プリモ・セコンドと来て、ドルチェがこれで3000円!
お店を出る時、オトクを通り越してものすご~く申し訳ないような気にになったこととか、

女王さまのお誕生会がふぐ三昧で…

2183

メインはこのテッサではなく

2184

その3~4倍の厚さに切った身を、サッとしゃぶしゃぶってして食べちゃったこととか、

お幸ちゃまがお散歩道でとうとうイノPPさんに遭遇してしまったこととか、

とにかくイロイロいっぱいあるのでございますが、それらをぜ~んぶ放置しておくほどに、つい、必死になったものがあるのでございますよ、トホホ…。

果たして、その必死になったものとは?

Continue reading "近況報告+α"

| | Comments (2)

Saturday, February 14, 2009

驚愕の鶏鍋うどん〜山里〜

驚愕の鶏鍋うどん〜山里〜
鍋焼きうどん1000円に入って来る鶏肉、いきなり手羽元がど〜ん!とは、これ如何に!?
他に豚足バージョンもあるとか…。
と…とんそく?(汗)

そんな、店長さんこだわりのうどんを出す山里うどんは、手塚律蔵の生家趾で営まれているうどん屋さん。
床の間にはおっきな輸出用の伊万里がで〜ん!
わかめごぼう天ぷらうどん560円の天ぷらも、揚げたてがで〜ん!
すいません、食べきれません(^_^;)

うどんは、フスマまで一緒に曳いたカンジで、茶色い点々が見える。
コシは、無い。
しかし、山口県産小麦100パーセントのこだわりの麺らしい。
ちょっと表面ザラザラ。
さぬきうどんとは違うジャンルだが、化学調味料の味がしないお出汁と併せて、ちょっと気に入っている。

| | Comments (0)

Thursday, February 12, 2009

コサバのコイキなフレンチ~ポワソン ルージュ~

あら?
あそこ、ムカシはカレー屋さんだったわよね…。

そこが、何時の間にやら自然食レストラン?みたいになって、そしてさらに今回なんとなく“おふら~んす”な香りのするレストランに変わっていた。
お旅行仲間の空さんと、作戦会議と称したお食事会で3500円の女性限定カロリー控えめヘルシーコース3500円をいただく。

結論。

ええ、確かに今日はユーロが4円近く下がりました。
下がったけど、3500円のコースにこんなもんがのっかってていいわけ~???

Dsc07439

思わず“こんなもん”呼ばわりしたそれ、ナンと、おトリュフさま。
黒い脳ミソの断面みたいなその神々しいお姿に、こんなところでお目にかかろうとは…。
恐るべし、ポワソン ルージュ。。。

お料理はアミューズにはじまって、冷たい前菜・温かい前菜・メイン・デザート・お茶というしっかりしたコース。
しかも、各料理とも、おや!と思わせる意外な味が忍ばせてある。
付け合わせの仕事も丁寧!
夜でこの値段は、ちょっとオドロキ。

詳しくはそのうち美食の薔薇園でご紹介…したいと思いますwink

| | Comments (6)

サービスランチ840円~シバ サンルート山口店~

本日のカレーは“キーマカレー”らしい。
というので、というわけででもないが、お手軽さに惹かれてサービスランチを注文。

Dsc06338

オニオンスープはガラムマサラの香り。
ミルポワに切った玉ねぎが、口に入れるととろけるように柔らかい。
しかし、しっかり形は残っている。
な~ぜ~(笑)

Dsc06339

チキンのヨーグルト漬け焼きに添えられたサラダには、何故か和風しょうゆドレッシング。
そして、キーマカレーって…あら?
ひき肉のカレーのことぢゃなかったかしら?

なんとなく、鶏をたたいた風なのが、ちょろっと入っていた。
でも、ま、なんといっても840円ですから。

ここのナンは、不自然なくらいに柔らかくてふんわりタイプ。
好みとしてはもっと硬いほうが好きかな…というカンジ。

でも、なんとなく気に入っている。

というか、この辺りほかにインド料理ないし、お味も値段もそこそこで、ちょっと考えたときには使いやすいお店なのだ。

| | Comments (2)

Wednesday, February 11, 2009

麗ちゃん

広島駅の駅ビル?で晩御飯。
何時でも美味しいラーメン探しの旅に出ているワタシのことだから、尾道ラーメンを目指して行ってみたのだが、7時すぎだというのに店内には誰もいない…。
え゛っsweat02

さすがのワタシもそんなところに入っていく勇気はなく、屋台風のお好み焼屋さんが並んだ通りで、一番ギュウギュウに混んでるお店に入ってみる。
その名も、“麗ちゃん”
麗ちゃんは、2店入っていたのだが、どちらもほぼ満席、運が悪いとちょっと待つかな、という感じだった。

あれこれ考えなくてもいいように、見やすく工夫されたメニュー。
これだけ混んでる店だもの、悩まれちゃ~困るのだ。

ということで、よく分からないまま「生カキ」に飛びつく。

麗ちゃん

生カキ・肉・卵入りで1250円也。
ちっとも分かってなかったのだが、生カキというのは基本の肉・卵に生カキプラス、という意味だったらしい。

ソースはカープソースが2種類。

「マヨネーズください!」

お弁当に使うような一回使いきりサイズのキューピーマヨネーズをノーチャージで渡してくれた。

ここの麺は、うす~いケチャップ味。
といっても、ほとんど隠し味程度なのだが、麺を口に含んだときに何ともいえない甘みを感じて、それが化学調味料との相乗効果で不思議な味。
しかし、ソースとマヨネーズでちゃんと美味しくいただけました。

| | Comments (0)

Saturday, February 07, 2009

乾坤一擲840円~りょう花~

ここいらですっかり常連さんになりつつあるラーメン屋さん、りょう花のずっとずっと気になっていたメニュー。
それは…。

トマト拉麵

「なんぢゃそりゃ…。」
はじめはそう思うでしょ?
でも、行くたびにそのトマト拉麵がデカデカと載ったメニューを見ていたら、なんとなく、食べてみてもいいような気になるというか、いっぺん食べてみんといかんという気になるというか…。
消費者心理って、オソろしいわ…。

そいうことで、このトマト拉麵“吉”と出るか“狂”と出るか!
840円をかけて食べてみた!

2077

この、ラーメンにあるまじき風貌。
トマトでとった赤いスープに湯むきした生トマト、刻んだ白ネギに青しそとこんがりベーコンのトッピング。
表面に浮いたオリーブオイルは、Ajinomotoのあのオリーブオイルのエクストラヴァージン。

2078

見た目からだけだと、よっぽど勇気がないと注文できないように見えるでしょ?
一口、スープを口にしてビックリ!
悪くないのだ、これが…。

敢えて言うなら、オリーブオイルはもっとフルーティな香りの上質のものを使った方が香りのアクセントが出来るとか、夏のもっとミズミズしいトマトだったらもっと美味しかろうに…とか、黒コショー効きすぎ!とか、あるにはあるのだが、スープになんとなく想像していたような酸味もなく、チキンのスープが相乗効果でしっかりどっしり味を上げていて、意外な驚きでもって、なかなかいいのだ…。

りょう花の新定番は、このトマト拉麵で決まった!
ちょっと、クセになりそうなラーメン(笑)

| | Comments (2)

ちょっとお茶でも…~今昔屋~

ここいらかちょっと離れたとある城下町に、ちょっとお茶するにはもってこいのスポットがある。
その名も今昔屋。
おしゃれなカフェとは程遠いその外観

2071

内装もスタイリッシュとかいう言葉とはちょっと距離を置いたところにある。

2072

しかし、ちょいとコバラが空いた時にはもってこい!のスポットなのだ、これが。

定番はネギマヨソース4個250円。

2073

ソースとマヨネーズって、どうしてこんなに相性がいいのかしら…。
普段全くマヨネーズを食べようと思わないワタシだが、粉モノにはマヨネーズが美味しいと思う。

ということで、次はかつおしょうゆマヨネーズ4個200円

2074

“かつおしょうゆ”というのは、鰹節にお醤油をかけてあるもんだと思っていたら、鰹節で風味をつけたお醤油がかかっていた。
いわゆる“土佐しょうゆ”というやつね。
あっさりしてて、結構いいカモ…。

お次はちょっと目先を変えてカレーマヨネーズ4個200円。

2075

どんだけマヨネーズ好きやねん!
そう突っ込まれそうだが、ワタシはホントウに普段は全くマヨネーズを食べないのだ。
以外にクドくならず、これまたペロリ。

そして、「こんなん、かんがえもしぃひんかったわぁ~」な“キムチ塩マヨネーズ”4個250円。

2076

こりゃ、ナンとも不思議なお味で、美味しいわ!
マジ! 
ホントに!

これに飲み物がウーロン茶一杯100円。
ふたりで〆て1100円のアフタヌーンティ。

なかなか楽しめるお店ダワ(笑)

| | Comments (2)

Thursday, February 05, 2009

納豆と明太子とウニのフェデリーニ

205

懐かしの本郷三丁目にあったセキヤのスペシャリテ“おさかスペシャル”にささげるオマージュ。
明太子だの瓶詰めウニだの、えらく材料費はかかるが、一度食べたらハマる美味しさなのだ、これが…。

大分“おさかスペシャル”に近付いてきた気がする今日この頃。。。

| | Comments (2)

Tuesday, February 03, 2009

ヨコワのオリーブオイル煮でパスタ

ワタシはツナ缶があまり好きではない。
というか、缶詰全般あの缶詰臭さが苦手で缶詰はほとんど使わないのだ。
だから、マグロだのヨコワだのをオリーブオイルでグツグツ炊いたモノだと、、ツナ缶みたいな抵抗なくサラダやパスタソースに使ったりもする。

ということで、本日のトマトとヨコワのオリーブオイル煮とバジルのスパゲッティーニ。

202

ヨコワを炊いたオリーブオイルを使ってパスタソースを作ると、ナンとなくお出汁が効いてて美味しい気がする(笑)

| | Comments (2)

Sunday, February 01, 2009

黒ごまフランス

ごま入りのフランスパンが好きだ。
なのに、何故今まで、ホームベーカリーさんに焼いてもらおうと思わなかったのだろう…。
ジツは、ちょっと、バカにしていたのかもしれない(笑)

ということで、某所で九鬼のいりごま(黒)1kg900円を購入、ホームベーカリーについて来たレシピのフランスパン編に、50gごまを混ぜて焼いてみる。
ごまのような小さなものは、はじめっから混ぜて焼けばよいと書かれてあったので、何もかもまとめてセットして、あとはお任せコース。

2011_2

焼き上がり、黒ゴマを使ったんだか白ゴマだったんだか、よく分からなくなってたが…・

2012

切ってみると、まごうこと無き黒ゴマパンが焼き上がっていた。

このフランスパンモード、食パンモードよりも少ない量しか焼けず、且つ時間も長らくかかるのだが、中はもっちりしていてなんとなくフランスパン気分が味わえる。
多分、こねてもらってから自分で成形して焼くと、もっとそれらしいごまフランスになる予感。

でも、なにもかもお任せでもなんとなくそれっぽい焼き上がりではあるので、これからはちょくちょくこのフランスパンモードを活用しよう。

| | Comments (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »