« 琴平花壇(香川県)~施設編~ | Main | カワセのマリョク »

Monday, January 26, 2009

琴平花壇(香川県)~食事編~

旅に出てのお食事は、と~ってもタイセツです。
どんなに施設が良くっても、お食事がガッカリ…だと、なんだよ、ちぇ…という暗澹たる気持ちになりますし、そこそこフツーの施設でも、お食事がなんだよこれ~!annoyなカンジだと、言わずもがなのことまで言ってしまうというか、はっきり言って、暴れそうになってしまいます。

今回のなんだよこれ~!annoy

12318

ふぐちりの薬味、もみじおろしがチューブから出て来ました!と主張しております…。
大根くらい、じぶんちでおろしてよ!

12312

前菜は、入れモノばっかり大きくてやる気のない五点盛。
酢牛蒡になんとなく正月の名残を感じる。

12313

アワビと玉ねぎと豆腐のサラダ。
このアワビ、食べたことのない味。
どうやら成田漁港に揚がって来るヒトのようで、ここいらで見る黒アワビとか赤アワビとかそんなヒトではないモヨウ。
たっぷりの玉ねぎの下にはくみ上げ豆腐がたっぷり。
梅ドレッシングでいただくのだが、玉ねぎのカラミに途中でなにやら我慢大会のようになって、ついにはギブアップ。
玉ねぎは好きなのだが、こんなに食べてツライ玉ねぎは初めて。
豆腐の味もアワビもあったもんぢゃない。

12314_2

造り5点盛。
どうやらこの辺りは、トレトレピチピチのコリコリするようなお刺身ではなくって、じっくり寝かせてうまみを引き出し、ねっとりした舌ざわりを楽しむ文化圏であるようだ…。

12315

讃岐牛の陶板焼き。
“和牛”ぢゃないんですね。
添えられた玉ねぎ、半生で口に入れるとそれはもう、涙が出るほど辛かったが、じっくり火を通すと、辛味が甘味に変わって頗る美味しくなった。
淡路は玉ねぎの産地。
香川には、美味しい玉ねぎがある。
…食べ方を間違わなければ。。。

12316

銀餡がはられた茶わん蒸し。
一口、口に入れると、安っぽいうどん出汁の味がした。
どうもここは、お出汁がムニャムニャ…。

12317

ふぐちりのふぐは、女王さま曰く、「これは、“ギンフグ”というヤツぢゃぞえ~!」
ちりにはギンフグの方が美味しいという人もいるらしいが、白子の舌ざわりにびっくり!
何故かとってもザラザラしていた。
添えてあるキャベツは賛否両論あるかもしれないが、ワタシはキャベツぢゃなくていいデス。
どちらかというと、お鍋にはシャクシャクレタスが好き(笑)
ポン酢は、いろんなトコロで口にする、ワタシ好みでないポン酢の味がした。
どうしてこういうところのポン酢というのは、何処でもおんなじよなアジがするのかしら…。
どれも御約束のようにみりん効きすぎだし…。
ポン酢はやはり、醤油1:出汁1:柑橘酢0.5:みりん0.2というのが黄金律だと思う。

12319

ふぐのから揚げ。
ふぐちりと同じ種類のふぐだが、しかし、どうしてこのふぐはこんなに身がパサパサしていて、風味がないのかねぇ…。
コロモのサクサク感を楽しむのが狙いなのかしら…。

12320

ハマグリのお吸い物とご飯にお漬物。
お碗がないからここでお吸い物なんだろうが、しかし、この、「うわ!出た!」なカンジの鰹と昆布だけでは決して出せない、あの運が悪いと遭遇するお味のお吸い物。
これにはさすがに舌がしびれた。
ここまでベタなお吸い物は久しぶりな気がする。

12321

一番食べやすかったデザート。
イチゴやキウィがもっと新鮮だったらもっと良かったのだが、冷蔵庫に長時間入れておくんだったらラップくらいしようよ!な乾き具合が好まれるお土地柄なのかも・・・。

一応料理はしてますよ!と言いたげだが、実はいろんな市販品であちこち手を抜いた、なんの拘りも感じられない料理というのが、この旅館の特徴。
味覚は人によって違うので、どうしても口に合う合わないがあって、好きな味・きらいな味というのはあるものだが、それはそれで良いと思うのだが、しかし、出来合いの調味料だのもみじおろしだのを使ってそれでいい料理というのは、所詮そういう料理だと言わせていただきたい。
化学調味料たっぷりのお出汁を恥じない料理なのだからして、料理人の味覚のセンスをあれこれ言うこと自体が間違っているのだ。

ワタシは、デラックスコースにしてしまったことをそれはそれはとっても深く反省したのだった…。

そして朝食。

12323

お出汁がアレなので、お澄ましよりもお味噌汁の方が食べやすいのではないかと推測していたのだが、やっぱりお出汁がアレなのでアレだった…。
しかし、だし巻き卵はアツアツでやって来て、あのお出汁なのだが温泉卵よりも高感度大!
総じて、夕食よりも朝食の方が評価高し。
アジの干物も漬け込んだ調味液に塩味だけでないアレを感じたが、骨をとってあるのは食べやすくてよかった。

それにしても、あのお茶はどうにかならんものかしら…。
お部屋のポットに入っていたお湯で入れたお茶も一緒なのだが、なんともカルキ臭いというか、こう、お水が美味しくないのだ。
コーヒーだとあんまし感じなくなるのだが…(笑)

|

« 琴平花壇(香川県)~施設編~ | Main | カワセのマリョク »

~国内四国編~」カテゴリの記事

~旅館・ホテル編~」カテゴリの記事

Comments

このお食事が壱万円もするのでございますか?壱万いぇんもしてチューブでございますか・・・・・
そいで、モニタープラン?でなかったら三万いぇんもするのですね・・・・・露天風呂だからでございますか。この露天風呂は部屋の中から丸見えなのでございますねえ。新婚さんや怪しいアベックならお楽しみでございますが、ちょっちこれはカンベンしてくれ~って叫んでいるとうちゃまの姿が目に浮かびます・・・。
sakurako殿・・・・・暴れてよおござんすよ・・・

Posted by: テツのかあちゃま | Monday, January 26, 2009 at 20:17

そうですわよねぇ!
いくら旅館のお料理だとはいえ、壱萬円も出してチューブはあんまりですわよねぇ!
よかった、そうおっしゃってくださる方がいらっしゃって。
お部屋も、参萬円出してお泊まりするお部屋ぢゃないと思いマス、はい。
そして、こんなお部屋をオンナ2人で使うとですね…。
寝室は巨大な脱衣場と化して、タイヘンなことになるのでございます…sweat01

Posted by: SAKURAKO | Monday, January 26, 2009 at 21:38

無意味に?むやみに?品数が多い。

Posted by: まさ | Tuesday, January 27, 2009 at 18:13

美味しかったら苦にならない量なんですが…think

Posted by: SAKURAKO | Tuesday, January 27, 2009 at 21:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 琴平花壇(香川県)~施設編~ | Main | カワセのマリョク »