« セーダイに消費することを考えましょう! | Main | なんてこったい! »

Wednesday, January 21, 2009

はらわた煮えた!

ここいらの図書館というのは、オマチでは考えられないことがある。
相互貸借で本を借りると送料が発生するのだ。
しかも、島の中の提携図書館なら、返却に必要な片道分、島の外や提携外の大学図書館から借りて来たら往復でかかるのだ。
税金は高いのに、かなり納得できないこの制度。
しかし、その他の利便性で住む場所を選んでしまったら、行政サーヴィスは選べない。
仕方がないから、泣く泣くその送料を負担するのだが、負担するからには、こちらが望む状態で閲覧させていただきたい。
貸出はダメ、調査研究のため一部をコピーすることももダメでは、わざわざ送料払って本を取り寄せる価値がないというもんだ。
一番近いところで持ってる○○大学図書館から借りたら、そういう閲覧方法になるけど良いかという電話が入ったので、ぢゃあ、島の外とかで貸してくれる図書館を探しますからと…と電話を切ったのが今朝。

お昼過ぎにもう一回電話がかかって来て、もう本が届いてしまったので、見に来てくれとおっさる。
お断りしたのに…。

その後のやり取りで、ワタシは、はらわたが煮えくりかえった。
はらわたが煮えくりかえると痛いのだ!
ほんとにもう、キリキリと差し込んで痛いのだ!
はらわたが煮えくりかえるとは、神経性腸炎のことだったと悟った今日の出来事だった…。

続きでぐちぐちグチってますので、大きな心で読める方だけ読んでください。

納得の出来ない利用しか出来ないのに、往復の送料を払うのは、はっきり言ってイヤです。
はじめ電話をかけて来たヒトから別の人に代わって、「担当者が不在だから、担当者とワタシの間でどう言う話になっていたかは知らないが、この本は、自分から見ても貴重なもので、何処の図書館に申請してもコピーはさせてもらえないハズです!」とのたまう。
ワタシがゴネたら、宙に浮いた送料代を別のところが負担することになるのだけど、謝罪もなしで、「本を借りてやったんだ、有難く思え!」みたいなコトを言われたら、はっきり言ってこちらもムカムカして来ます。

1970年代に発行された本を、何処の図書館でもコピーさせるワケがない!って・・・ありえんやろう。。。
そういう条件でしか貸し出さないというのであれば、別のもっと緩い条件で相互貸借してくれるところを探して欲しいとお願いするのが、そんなに無茶な注文なのだろうか。
レファレンス能力低すぎ!

今回は、その過程で手違いで本が届いてしまったワケだが、その手違いをワタシは全部負担しないといけないワケなのかしら?
負担しなかったら、「今後一切相互貸借の取り次ぎはしません」って、それって、一種のパワーハラスメントなんぢゃ…。
そんな行政サーヴィスでいいわけ?
あまりに使えない図書館に、文句の一つも言ってトーゼンと思うのは、ワタシだけなの?
そりゃぁ、途中までの対応は、レファレンス能力云々は置いといて、悪くないと思う。
思うけど、思うだけに、結果がこれで、「お電話代わりました」以降の対応に、はらわたが煮えくりかえったのデシタ。

|

« セーダイに消費することを考えましょう! | Main | なんてこったい! »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

Comments

図書館の担当者では納得できる対応をしてもらえないのであれば、
教育委員会の図書館の所管課に直接言ってはどうでしょう。

行政の人たちって、上から言われるのが一番効きますからね~delicious

Posted by: 空 | Wednesday, January 21, 2009 at 19:26

思うにデスね、「お電話代わりました」のヒトは、何故ワタシがゴネないといけないか、ということからして、全く理解できなかったんだと思うんです。
レファレンス業務の不手際で利用者に不利益が発生するとは、全くもって想定外なのです。
受益者負担を言うのであれば、その受益者の利益を最優先するのが行政サーヴィスってモンぢゃないかと思うのですが、ワタシ一人が「見識の低い図書館行政+図書館職員の質」に対して文句を言ったところで、そんなヒトはワタシ位なもんでしょうから、結局のところ行政の独り勝ちというのが悔しいトコロです。
ワタシは基本コトナカレ主義なので、こんなところで闘いたくないのに…(笑)

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, January 21, 2009 at 22:09

 クレ-ム処理で最初に電話をかけた人が、担当者とのらさんとの間のやり取りを知らない、ということからして、既に対応どうなんって感じです。
 しかも、クレ-ム相手の言い分を聞くわけでもなく、圧力かけるというのも、なにやってるんだ-という感じです。
全てがおかしい(笑)。
 正直に誠意を持って自分のところの事情を説明し、譲れる部分と譲れない部分を相手に理解を求めるという努力すらしてないというのは、もう、サ-ビス以前にどうかと思える。
 と、コレを読んで思ったのですが、昨今ごねたもの勝ち、みたいな人が多いから、逆切れでごねられる前に圧力かけちゃえ戦法を取ってるんでしょうかねぇ?

Posted by: しゃ-ねい | Saturday, January 24, 2009 at 22:40

ワタシ思うんですが、「担当者が今日休みで…」というのが、スゴくウソっぽいのですよ、ハイ。
最初に電話してきた人、ずっと対応してた人と同じ人だと思うのです。
そうぢゃないかもしれないけど、午前中まではちゃんと話が通っていたのデス。
なんか、不思議…。

そして不思議がもう一つ。
あれから、電話がかかって来ません。
さぁ、どういうことでしょうcoldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Sunday, January 25, 2009 at 01:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« セーダイに消費することを考えましょう! | Main | なんてこったい! »