« 王さまのサントラ韓国版 | Main | 美少女隊長カクタン »

Monday, December 15, 2008

ぶんぶんぶ~ん♪ハチが…

気温がホントに下がってこないせいか、キブン的にはまだ11月初めくらいなのだが、なんでも今年もあと15日程で終わってしまうらしい…。
なので、お墓参りにも行ったりしないといけない。

いけないのだが…think

そのお墓というのが、お彼岸に行った時、ジツは大変なことになっていたのだ。
ええもう、お墓の中にミツバチが巣を作ったらしくって、ハチコロリもなにも、キンチョールしか持ってなかったワタシたちは、近くに寄ることもできず逃げ帰ったのだ。

あれから4か月。
そろそろハチもおとなしくなった頃だろうと、今度はスズメバチ用のハチコロリを用意してお墓参りへ。

到着して辺りを見回すと、ハチが飛んでる風はない。
シメシメ…。
で、お掃除を始めたのだが…。

花立てをどかしてみたら、その中が恐ろしいことになっていた…。
るいるいるいのよく分からない黒いモノ…。
あんまり深く考えたくないけど、これってミツバチが世代交代してアレしてコウなった姿よね…bearing

とにかく、全部出してきれいにしないことにはオオゴト…sweat02なのだ。
で、全部出してからほうきを突っ込んだらば、出てくる出てくる…shock

200812150

ちょっと、かなりコワかったので、モザイクにしてみた。
いやビックリしたというかなんというか、お墓の中がすっかり巣箱になっていたshock
きれいにお掃除して手を合わせて、何時もの10倍くらいお掃除に時間がかかってしまった。

なんというか、あれだ。
今までとんだことになっているなかで居心地悪くいらっしゃったゴゼンゾさまだが、今日ですっきりしたということで、バチは勘弁してくださいマセマセ…。

え~、今日発掘?した蜂の巣をどうしてもモザイクなして御覧になりたい方は、ちゃんとご用意しております。
おまけの特典画像付き!
勇気のある方は続きをどうぞgood

ということで、これがその蜂の巣です。

20081215

その中央にある灰色の塊を、ほぼ原寸大でご覧になれます。

200812151
クリックしたら原寸大

見た瞬間、気絶した方がいいような気がしたのですが、土がヂュルヂュルだったので、それもタイヘンそうなので耐えました。
あ^、びっくりした…bearing

|

« 王さまのサントラ韓国版 | Main | 美少女隊長カクタン »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

Comments

イワユルこれは蜂の化石でございますか?このようにして塊となって息絶えるのでございますね?初めて見ました。蜂は何年も生きるのではないのですねえ・・・だから動き方が必死なのでございますねえ。お掃除ごくろうさまでございました。きっと何かいいことがありますよ。いいことをしたんですもの。いいことがなきゃやってられないですわよね。
でも、蜂はまた同じところに巣を作るモンでございます。なんとしてでも阻止!お願いいたします!

Posted by: テツのかあちゃま | Wednesday, December 17, 2008 at 21:15

それがですね、どうやらまだ生きてるみたいでございましたわよ。
寒くて動けなくなってるなってるカンジ…。
しかし、コワいですわねぇ…。
ええ、おっしゃる通り、2回目なのでございますよ。
3回目はナンとしてもご遠慮いたしとうございます…。
いいこと…。
そうですね、ひとつお願いを聞いてもらえるのでしたら、蜂さん次回からは他所でお願いします…。

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, December 17, 2008 at 23:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 王さまのサントラ韓国版 | Main | 美少女隊長カクタン »