« 冬仕度そしてDonna Donna | Main | さよなら、リュウちゃん。。。 »

Wednesday, December 10, 2008

古語は辺境に残る?若しくは方言周圏論の直感的確認

某国営放送のBS2でやってる隣の国の王さまのお話、前回なんともチョ~ゼツ気になるところで終わりやがって、来週まで待てないよ~bearingと、思わずビデオ屋さんへ走ってしまったワタシ…。

しか~し!
テレビで見ているお話は日本語吹き替え版なのだが、ビデオ屋さんのは字幕なのだ。
で、字幕を見ていて思ったのだが、なんか、アレである。
韓国語はさっぱり分からないが、漢字があるものは、なんか判るゾ、と。

今現在の中国語の発音からなんとなく連想できる言葉もあり、それよりも興味深いのが、台湾のお人形劇で使われている台湾語の音に近いものもかなり有るんぢゃないかという印象。
…あくまで印象なのだが(笑)

この朝鮮半島の音と台湾の音との間にきわめて近いものがあると感じるのは、やはりアレなのかしら。
デデムシとかツブリとかマイマイとかカタツムリとかナメクジとかが、文化的中心からだんだんと伝播していくそのどの段階にあるかで呼び名が同心円状に分布しているという方言周圏論!
漢字文化圏にもこの仮説が適応されるとは…さすがヤナギダクニオさんだわんgood
それとも、あれ?
フランスの言語地理学が言うところの、“古語は辺境に残る”って現象?
そういえば、台湾語の音のなかには、現代中国語(普通語)よりも日本語の音にずっと近いものが多いような気がする。
それって、日本も一応大中華帝国の辺境だから?

なんだか、面白いわん…と思いつつ、気がついたら、王さまのお話のサントラ盤をポッチとネットショッピングしてしまっていたことは、ナイショだ…。
ドラマのサントラ盤なんて、もう身体にカビが生えるほど買ったこと無かったのに…。
若しかして、ツインピークス以来?coldsweats01

|

« 冬仕度そしてDonna Donna | Main | さよなら、リュウちゃん。。。 »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

~ドラマ編~」カテゴリの記事

Comments

以前、韓国人と話していて、
ハングルの単語には中国語と日本語の発音に非常に近いものがあるというネタで盛り上がったことがありますよ(笑)。
今となっちゃ、それがナニだったかも忘れたけど。
 仁川空港では館内に中日ハングル表記があちこちでみれるから、3カ国わかる人には面白いだろうなぁと思ったことが懐かしいです。

Posted by: しゃ-ねい | Saturday, December 13, 2008 at 19:07

偉大なり漢字文化!なんでしょうか、やっぱり…。
韓国語もハングルだけぢゃなくって、漢字ハングル混じり文で表記してくれたら、もっと分かりやすい…というか、ちょっとおベンキョしてみようかしら?という気になるかも知れないのに…。
と思う今日この頃デス(笑)

Posted by: SAKURAKO | Saturday, December 13, 2008 at 20:07

地名で漢字のとこなんか、もろ中国語じゃんcoldsweats02と思ったことを覚えておりますthink

Posted by: gen-san | Saturday, June 19, 2010 at 21:15

多いと思います、そーいうの。
そう言うと、イヤがる韓国のヒトも多いかもしれないけどsmile

Posted by: SAKURAKO | Sunday, June 20, 2010 at 11:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 冬仕度そしてDonna Donna | Main | さよなら、リュウちゃん。。。 »