« 不思議な不思議な汁そば~台湾~ | Main | 日本一たい焼き »

Friday, December 05, 2008

世にも不思議な優〇ウンテンシャ講習

メンキョショの更新という、○年に一度の一大イベントがめぐって来た。
普段はなるべくならお世話になんかなりたくないケーサツ屋さんだが、この時ばかりはどうにもこうにもお願いしなければいけないので、最寄りのケーサツ屋さんへ行ったのだが…。

なんというか、アレである。
来る者を拒んでいるとしか言いようのないエントランス…。
受付は2階で、そこを訪れたヒトは階段をえっちら登って行かないといけない。
車椅子のヒトは、連絡したらエレベーターへと誘導してくれるらしい張り紙がしてあったが、車椅子ではないけれども階段を上がるのがキツいヒトはいくらでもいるでしょうに…。
膝が痛くても、38度から熱があっても、一週間前にお腹を切っていたとしても、“用があったら階段を上って来い!”みたいなそれって、かなり世の中の流れに逆らっとるゾ。。。

いや、ワタシはケーサツ屋さんにケンカを売りに来たわけぢゃなくって、メンキョショの更新をしてもらいに来たのであるから、上らせていただきますとも、ハイ。。。

ということで、よろしくおねがいしま~っす!

「手数料とコーツーアンゼンキョウカイ費2500円いただきます」

はい?
コーツーアンゼンキョウカイ費?
そんなもん、今まで払ったことないデスけど?

自慢ぢゃないが、ここいらのケーサツ屋さんでメンキョショの更新は初めてなのだ。
なので、突然そんな、さも当たり前のようにコーツーアンゼンキョウカイ費を出せと言われても、それがなんだか分からないと出せないぢゃないですか!

ということで、説明を求めると、ココで初めて一枚のチラシを指し示してその趣旨が示され、かつコーツーアンゼンキョーカイへの入会は任意である旨が告げられた。
チラシには、その会費がちゃんと監査を受けて適正に使われていること、その使い道が交通安全教室や交通茶屋、警察音楽隊の“ふれ愛コンサート”、かまぼこ板絵コンクールなどであることが書かれていた。
…。
いまいち納得できない遣われ方もされてはいるが、お子様やお年寄りへの交通安全指導に使ってると言われたら、出さんわけにはいかんやろ…。
しかし、別に警察音楽隊のコンサートなんかいらんぞ!
かまぼこ板絵コンクール?
なんぢゃそりゃ…。

とにかく、その活動内容をしるしたチラシをもらえないかというと、それはならぬといって、代わりになんとかニュースというのをくれた。
…やっぱり、おかしい。
そう思うのは、ワタシだけ?
きちんと趣旨説明して同意確認してから会費徴収、これ基本!
それでなくても、ここいらの某ケーサツ屋さんでは、裏金云々で裁判沙汰にまでなっているのに…。
いや、その意識がないから、そういうことになるのか。。。

でもまぁ、ケンカ売りに来たわけぢゃないんだから…。

で、ここいらのコーシューを受けることと相成ったわけだが、前回がちょっとマチ中まで呼び出されてのトクベツコーシューだっただけに、イマドキのコーシューというものがよく分からないが、その前の○塚署だと、ビデオを見ててちょ~どいいところで呼ばれて免許をもらって帰ったのだが、ここいらではコーシューしてくれるオジサンが座っていて、テキストを使ってイロイお話してくれるのだ。

ちゃんとコーシューなんだ~!

ちょっとカンドー。
で、せっかくの機会だからと思って、何時も疑問に思っていることを聞いてみた。

「オマチでは、車線が合流するとき一台づつ交代々々に入れ合いっこしますけど、このあたりではそういう慣例はないんですか?」

“そんなことがあってたまるか!”ばりの答えが返って来た。
しかも、自分は交通安全指導をしているのであって、そういう苦情はケーサツ屋さんに言えと叫ぶのだ。

…ワタシは苦情を言ったわけではないのだが?
で、そのおいさんの声を聞いて、ケーサツ屋さんが飛んでくるから、なんちゅーとこやココは…。

「ちょっと、聞いただけなんですよ~。」

で、他にもちょっと気になることをおいさんが言ったので、確認してみる。

「駐車禁止のところで停車するのもダメなんですか?」

おいさん、2年半前の道路交通法の改正以降、駐車禁止のところでは、運転手が乗ってエンジンかけたまんまにしていようと、何が何でもクルマをとめてはいけないとのたまうのだが、駐停車禁止のところでそれしたらいかんのは分かるけど、おいさんの説明やったら、駐車禁止のところでも停車禁止ってことになってへんか?

とにかくダメなんだというから、ぢゃぁ、駐車と停車はどう違うんですか?と聞いてみた。

すると、おいさん、“はじめっからいちゃもんをつけようとしている!”と怒鳴り出す始末で、そこでまたケーサツ屋さんがやって来て、「お話は別室でうかがいますから」という。

だ~か~ら~、ワタシはケンカを売りに来てるんぢゃないんだから~。

そしてオジサンは、講習もソコソコに4時半になったからと言って帰って行った…。

その後、ケーサツ屋さんにその場でこれこれコーでと説明してワタシの疑問点を聞いてみたところ、駐車禁止の所に停車していても、マイクで「移動させて下さい!」という指導をすることはあるが、現時点で直ちに検挙の対象とはならないことがめでたく確認された。
細かいことのようだが、飲酒運転を憎むユーリョードライバーが恐れる違反と言えば、駐車違反にスピード違反、これしかないぢゃないの!

あと、ついでのコーヤク?とばかりに運転中のケータイ電話の使用についても聞いてみた。
信号待ちの間、メールを見たりどしたりするのは違反にはならないらしい。
これは、ジツはとっても気になっていたことだったので、どう言う状況で違反になるのか詳しく説明してもらってめでたしめでたし!

いや、実に有意義で実用的なコーシューだった。。。
って、なんか違うやろ!

今だったら“ひき逃げは絶対にするな!”とか、イロイロ啓蒙せにゃならんことはあるだろうに…。
こんなコーシューは、初めての体験だわん。。。

|

« 不思議な不思議な汁そば~台湾~ | Main | 日本一たい焼き »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

Comments

SAKURAKOさんに拍手!!!
ちょっと疑問だったことがはっきりしましたわ。

うちの方でもゴールドはビデオ見ながら退散していくんだけど、その前に「コーツーアンゼンキョウカイ費」は強制的に支払わされているです。
というのも、受付開始時間には大勢の人が並んでいて、チャッチャッと自分の番を済ませないと並んでいる人たちから怒声が飛んでくるのです。なので窓口で「それなんですか」などと始まるものなら、一斉に非難の視線が集中するでしゅよ。
でも、ホントはみんな払いたくないと思っているのです。
(こっちの方は、地域の運転者講習センターという所で更新するです。)

Posted by: halかあしゃん | Friday, December 05, 2008 at 07:57

あれ?とうちゃんはコーツーアンゼンキョウカイ費「払わんけど、いい?」って聞いたら「強制ではありません。お願いしています。」っていうんで、持ち合わせないです、と払いませんでした、よ。happy01

Posted by: まさ | Friday, December 05, 2008 at 09:50

交通安全協会費…私は払いませんでした。
確か、何年分かを一括払い…とか言われたので、結構な金額。
それって任意だよね。と確認したら、任意ですと回答。
更に、加入メリットが何にも感じられないから、断りました。
あれって、警察官の天下り団体だから、別に入らなくたって
良いのですよ。
チラシを渡すと法に触れる(任意で無く強制と思われる)
から渡さないのだろう…と思っているくらい。

私は、ゴールド免許(全く運転しないから当然…)だった
ので遠い免許センターに行かなくとも済み、地元だったから
並ぶ人も少なく色々楽ちんでした。

講習している人は、既に退官した警察官かどっかの請負説明員
なのでしょうね。
道路交通法の新しいのは全く勉強してないから、突っ込まれる
と弱いのでしょう。
ビデオ流して終りの方が有難いですね。

Posted by: こぶちゃん | Friday, December 05, 2008 at 11:26

おーーー、てっちゃんのとうちゃん、つよ~い!
持ち合わせないって言われれば、今度持ってこいとは言えんものねぇ~。
次回はその手を使わせていただます。

Posted by: halかあしゃん | Friday, December 05, 2008 at 18:55

コーツーアンゼンキョウカイが、ワタシだけでなく、みな様にとってもpoutな存在であることが判明し、なんとも心強いことでございますhappy01

rvcarhalかぁしゃま
いえいえそんな、お褒めに預かり光栄でございます…って、ちょっと違うcoldsweats01

確かに、混雑してる時は何かと気を遣うと思います。
が、次回は速やかに“お断り”ですねhappy01
前とか横の人が、声を上げて“払いません!”と言ってくれたら、他の並んでる大勢のヒトたちも勇気百倍デスgood

rvcarまささん
なるほど、スマートに“払いません!”宣言しちゃえば、相手はテもアシも出せないワケですねsign01
ナイスですgood
でも、この辺りには、コーツーアンゼンキョーカイに入ってないと、更新案内のハガキを送ってもらえないという伝説があるんデスよ…~spade

rvcarこぶちゃんさん
キョーカイ費の使途については、ドーロ特定財源と同じく、ワケ分からないものが多いと思います。
その最たるものが、会費を払ったヒトへの安っぽい免許証入れとロゴ入りタオルの配布。
そんなモンいらんから、せめて交通ルールと交通マナーの区別くらい出来る、直ぐに逆上したりしない指導員置いてください…ってカンジです。
ビデオの方が、内容もきっちりまとまってて講習効果高いと思います(笑)

Posted by: SAKURAKO | Friday, December 05, 2008 at 22:51

江戸ではキョウカイ費払ってようがなかろうが、更新の案内は来ませんでした。自分で気づいて「行く!」でした。ドライです。

Posted by: まさ | Monday, December 08, 2008 at 10:42

おや、まささん、来ませんでしたか?
ワタシのトコロには来ましたよ。
近くのケーサツ屋さんでは免許の更新はさしてあげないから、新宿だかどこだかまで来てコーシュー受けないというハガキ…。
もしかして、ケーサツ屋さんに寄付金払った人には特別におハガキが来るとか?sweat01

Posted by: SAKURAKO | Monday, December 08, 2008 at 22:49

3,4人もおばちゃんがいて、こん人たちの給料はどお
なってんじゃろうdespairこれって90ぱーせんと
きゅうりょおにまわってんじゃねえんでねえすかcoldsweats02 いつもお行儀よくしてますんで心のさけびでありまするがweep

Posted by: gen-san | Saturday, June 19, 2010 at 21:01

これこそ“仕分け”が必要な領域ですよねpout
ええもう、次からはこんな不透明なワケ分からんモンにお金出したりせず、その分ランチなりケーキなり食べてそまおう!と、決意を新たにしたところでございますsmile

Posted by: SAKURAKO | Sunday, June 20, 2010 at 11:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 不思議な不思議な汁そば~台湾~ | Main | 日本一たい焼き »