« 古語は辺境に残る?若しくは方言周圏論の直感的確認 | Main | 王さまのサントラ韓国版 »

Saturday, December 13, 2008

さよなら、リュウちゃん。。。

2005年7月23日、198円の身代金で花園にやって来た赤いリュウキンのリュウちゃんが、水槽の泡となってしまった。。。
特技は死んだマネで、しょっちゅうお腹を上にしてぷかぷか浮いていたリュウちゃんだったが、1週間ぐらい前に尾腐れ病を発見、青い水の中に泳がせたりしたものの、3日くらい前から何時その時が来てもおかしくない状態になってしまい、とうとう、どうにもこうにも、いかんくなってしまった…。

ごめんね、リュウちゃん、ワタシがもっとこまめに水槽のお掃除やらナニやらしてあげるヒトだったら、もっと長生きできたのに、ね…。

枝垂れ桜の根っこにリュウちゃんを埋めた。
お幸ちゃまが、じっと見ていた。

…掘りかえしたりしないでくれるといいのだが…sweat02

|

« 古語は辺境に残る?若しくは方言周圏論の直感的確認 | Main | 王さまのサントラ韓国版 »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

Comments

リュウちゃんごしょーてんでございますか・・・・さびしゅうございます・・・なんでございますか、たかがりゅうきんと申しますが、やっぱ死んでしまうととってもさびしゅう気になりますです。ときにおなかを上にして泳ぐ金魚さんはいますな。初めっから病気なんでございましょうか。でも生きてるんだから、ま、いっか、って思うのですが、見てるとつらいです。どうしてやることも出来ない自分がここにいます。
そうですか、お埋めになった。アイスクリームのホセに「リュウちゃんのおはか」とお書きになりましたか?お幸ちゃま、お願いでございます。どうぞそっとそっとしておいておくんなまし。ホリホリしてコロコロしないでおくんなましね。

Posted by: テツのかあちゃま | Sunday, December 14, 2008 at 21:00

そうなんですの…。
198円とは思えないほど大きくなってご自慢のりゅうちゃんだっただけに、なんかこう、淋しゅうございます…。
オトモダチの出目金のめ~ちゃんもなんかさびしそう…。

で、りゅうちゃんのお墓ですが、アイスクリームのホセ…って、あの棒のことでございますか?
それではちと小さいような気が致しますので、かまぼこ板の立派なお墓を建ててあげたいと思っておるのですが、そろそろ来るはずのお歳暮のかまぼこが、今年はまだ届いておらぬのでございますよ…。

お幸ちゃまは、りゅうちゃんそのものにはあまりご興味なさげで、今のところホリホリに向う気配はないでござる。
おりこうさんhappy01

Posted by: SAKURAKO | Monday, December 15, 2008 at 20:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 古語は辺境に残る?若しくは方言周圏論の直感的確認 | Main | 王さまのサントラ韓国版 »