« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

Wednesday, December 31, 2008

ロイズ アイスデザート

一年最後の晩餐、花園では天ぷら大会と決まっている。
思うに、1800年くらい前はまだかわいく大盛り天ぷら蕎麦くらいだったような記憶がなくもないが、なにせ、ここいらにはまだ文字がない時代のことなので、記録が残っていないのだ。

しかし、今年はちょっと賢くなった。
去年までは、お腹がねじれるほど天ぷらを食べたあとで、「縁起物だから~」と、天ぷらの隙間にお蕎麦をむりやり詰め込んでいたのだが、今年はお蕎麦を天ぷらと一緒に準備したのだ。
こうすると、お蕎麦がお腹の真ん中に入るから、天ぷらの量がこれまでよりも抑えられるハズなのだ。
ナニせ、ネタを加減して準備できない上に、あったらあるだけ食べないと気がすまない人たちが相手なので、知恵が必要なのだ。

って、もっと考えて生きろよ!

そんな声が聞こえてきそう…coldsweats01

そうして、本日のデザートは、この間からちょっと気になっていたロイズのアイスクリーム。

Royce

ハーゲンダッツは120mlだが、これは170mlと大容量!
その分、値段も310円とちょっとお高め。
と言っても、10mlの単価はハーゲンの方が高いのだが。

で、お味である。
ミルク味を食べてみたところ、某○印の生クリームを使用しているみたいな、おも~いアイス。
それに、パナップみたいにチョコが4本の棒状になって入っているカンジ。
なんというか、極上バニラアイスのトロ~リチョコレートなアイスデザートとはちょっと程遠いのだ…。
これなら次回はやっぱりハーゲンダッツを選ばせていただきます、ハイ…。

| | Comments (0)

布教合戦惨敗

かもめ先輩が、いっぱいDVDやらナニやらを貸してくだすった。

「はい、これが孫権!」

200812301

言われてみれば、はじっこのヒトは、確かにレッドクリフの孫権だ~。

「このマンガ、魯粛が主人公なのよ!。」

200812302

はい?
「これって、商業誌なんですか?」
思わず突っ込んでみたのだが、まごうこと無き商業誌なのだそうで…。
魯粛でマンガが出版出来るんですか~coldsweats01

かもめ先輩、相変わらずコアなコレクション…。
他にも、李連杰出演作品をいっぱい貸して下さったので、ワタシも何かお返しをせねば…と、レンタル中の隣の国の王さまの話で様子を見るも、あんまし乗り気でないご様子…。
なので、西南の島のお人形劇の話をしてみるも、これには何故かものすんごい警戒心を持っておられるモヨウ…。

なんか、先輩の思うツボにはまってしまったみたいでナンかくやしいのだが、いやしかし、やっぱり李連杰はいいわ~lovely
その美しい姿勢にうっとりだわconfident

| | Comments (6)

Tuesday, December 30, 2008

続・イカす将軍サマ!

隣の国の王さまの話も、いよいよ残すところ2話。
この辺りで気になるのは、このチュムチ。

21

百済に侵略され、同胞から村を追われて最強の傭兵団長になり下がった?シウ部族の族長さん。
視線の先にいるのは…。

22

しっかりものの若後家タルビちゃん。
オシゴトはマチルダさんみたいなカンジ?

23

チュムチ、タルビちゃんとお話していると、ついつい視線を外してしまう。
そう、デカい図体して、コクれないのだ、チュムチ…。

そのチュムチの恋の行方に、王さま、ちょっとじれじれ(笑)
イカす将軍サマに恋の指南を依頼するのだが…。

24

Continue reading "続・イカす将軍サマ!"

| | Comments (2)

Sunday, December 28, 2008

Lotte BRUDER

12281

いろんなことで有名なトシ・ヨロイヅカ、まだ食べたことはないけど、ワタシだって名前くらいは知っている。
なので、ご近所のスーパーでその顔写真入のチョコレートを発見したときには、イチもニもなく買ってみたさ。
買ってみたのだが…。

このチョコレートをトシ・ヨロイヅカの名前で売っていいんかいな…think

キャラメル香料がヒドい。
チョコレートの質が悪いのは値段が値段なんだから仕方がないとして、この植物油脂のヌタ~っとした口溶けの悪さはなんとかならないものだろうか。
そもそも、「塩とキャラメルを感じるビター」と書いてあって、チョコの中にキャラメル砕いたまんま塩と一緒に混ぜ込んであるなどと、いったい誰が想像できよう!
そもそもキャラメルが入ってるったら、普通べルナシオンのトロ~リキャラメル入りのチョコレートみたいなのを想像して、それにほのかな塩味を期待するもんぢゃなかろうか。

いや、それはいいのだが、とにかく、どうして日本の会社は、もっと美味しいチョコレートを作らないのかしら…。
ヨロイヅカさん、ほんとにこんなんでいいんですか?
単に監修だけとはいえ、でも、おマチまでヨロイヅカさんのお菓子を買いに行けない天離る鄙の住人は、このチョコ食べて、「トシ・ヨロイヅカ、ふ~ん、いいや」ってなるんですよ。
まずその植物油脂から止めてみようよ…。

| | Comments (8)

Saturday, December 27, 2008

マカロン見つけた!~CHRISTIAN VAUTIER~

福岡の朝、ゆっくりと身支度して最初に目指すのは、キャナルシティの南翔饅頭店pig
出かけたら、早くもお昼をいただいていい時間だった…coldsweats01

福岡の地下鉄は気前が良い。

2

地下鉄カードを買うと、1000円で1100円分乗れるのだ。
おマチのパスネットとかも、こんなオマケがついてるといいのだが…。

川端で地下鉄を降り、博多リバレインイニミニマニモ(別名イマニモツブレソ?とかいうらしい…)の地下をへ~ちゃんに着いて歩いていると、マカロン発見!

31

なんというか…美味しそう?(笑)

32

おお、クリスチャン・ヴォーティエさんと仰る方のお店でしたか。
なんだか、とっても高級なお菓子屋さんみたいだわん。

33

マカロンも結構なお値段で…。
マロングラッセも700円を越えとりマス。
う~ん、美味しいのかしら。。。

34

ということで、マカロンをかかえて近くのコーヒーショップへ。
もちろんクリスチャンさんのところでイートインも出来るのだが、今後の予定を考えたら、ここはちょっと節約モードでcoldsweats01

35

塩キャラメル・ローズ・チョコレートラズベリーと、3種類味をみたのだが、う~ん、イマイチ。
ワタシは、マカロンは表面カリッと中しっとりが好みなのだが、表面がなんかシメっぽいカンジ。
これよか、ピエール・エルメの方が美味しい。
そのピエール・エルメよりも、ジャン-ポール・エヴァンのほうが美味しい(笑)

| | Comments (0)

朝は焼きたてのクロワッサン…

11月16日福岡はへ~ちゃんのオウチで迎えた朝、ワタシがいつまでも寝くたれていると…。

1_2

何時の間にか、へ~ちゃんが御近所のパン屋さんから朝ごはんを買ってきてくれていた。

…なんか、前にもこんなコトがあった気が…。
そうだわ、パリでもワタシが寝くたれていると、空さんがどこからともなくとっても美味しいバゲットを買ってきてくれて、食べさせてくれたのだったわ。
いやん、もしかしてワタシって、役立たず?

えっとcoldsweats01、このクロワッサン、パリッパリでとっても美味しいのデス。
今日のワタシの予定は全部食べ歩きなので、朝からこんなに食べてしまったら今日の予定が…と思いつつ、つい、食べ過ぎてしまう。
なのに、美味しいパンがズラリとならんで…。
へ~ちゃん、これ、二人分にしてはちょっと多すぎると思うのよ、ワタシ・・・coldsweats01

| | Comments (0)

56号線の寄り道

今日は、女王さまのお使いでM山へ。
2時を過ぎてしまったのにお昼を食べてなかったので、キモチとしてはお蕎麦が食べたかったのだが、「10分でも早く帰ってくるのぢゃぞぇ~!」という女王さまのご命令のため、泣く泣くあきらめて帰り道の56号線沿いでナニを食べたらいいの!

ということで、新規開拓もアレなので、知ってるお店に入る。

200812261

ナンといってもこのお店、お隣が本屋さんなのだ。
よしながふみの『大奥』4巻買うのにちょうどいいのだ。

ということで、塩ラーメンの味玉付780円。

200812262

なんでも、このりょう花というラーメン屋さんは、お店お店でスープ・チャーシューをそれぞれ仕込んでいるのだそうだが、今日のこのお店のスープはソーダ節多めというか、カス多めというか…なカンジ。
麺のゆで加減もちょっと固め。
チャーシューも大洲のほうが美味しい気がするゾと。
卵は丸っぽよりも半分に割っておいてもらったほうが食べやすいゾと。

お手洗いも大洲の方がセンスがいい(笑)

とかいいつつ完食して、いざ!
…と思ったら、某所へ吸い込まれるように入ってしまったのは、何故?

その某所とは、言わずと知れた例のたい焼き屋さん。

200812263600
大きくなります

壁には、ワケのわからないポスターが(笑)

相変わらず待たなきゃ買えない大繁盛のたい焼き屋さんだが、いくら天然モノとはいえ、一匹150円は、安くはないにゃ~。

200812264600
大きくなります

こだわりのたい焼きは、ホクレンのお豆さんを使っているらしい…。
中では何人ものオバちゃんたちが、一心不乱にたい焼きを焼いている。

200812265

ここのウリは、パリッパリの薄い皮とぎっしり詰まったアンコなワケだが、薄い皮をパリっパリに焼いているので、皮の味がしないのが難点。

と思っていたら、今日の一匹はちょっと皮多め。
そうよ、いくらアンコタップリがいいって言ったって、適度に皮も付いてなくっちゃ!
それにしても、焼きたては熱くて熱くて、アンコでやけどしそう…。

そのたい焼き、その場で一個ほおばりそして花園へと向かったのだが…。
花園道路まで帰ったところで、お散歩にお出かけのお幸ちゃまと遭遇!
なので、窓を開けて声をおかけすると、お幸ちゃまがエラくおびえていなんして、あろうことかこのワタシに近寄ってこようとなさらない!
しかも、おシッポ下がってるし…。

何故?

そうよ!たい焼きよ!

ということで、お幸ちゃまにシッポ部分を差し上げようとするのだが、たい焼きを見せてもお散歩じいやの後ろに後ずさるのだ。

ナニユエ?

若しかして、アレだろうか…。
スカーレットちゃんには、まだ乗ったことがないから、スカーレットちゃんが怖いのかしら?
それとも、眠気覚ましにガンガンかけた音楽のせい?

そうやって理由を探しながらも、ワタシがジツは心に深い傷を負ったことは、いうまでもないのだった…。
シクシク…sweat02

| | Comments (2)

Tuesday, December 23, 2008

99回目のお誕生日会

200812231

12月21日、おばぁさまはめでたく99歳におなり遊ばされた。
なので、今日はそのお誕生日会。
みんなできよみずへ集合してのお食事会だった。
めでたしめでたし。

Continue reading "99回目のお誕生日会"

| | Comments (4)

Monday, December 22, 2008

そして、確認された一つの真実…

昨夜はクリスマス会の後、お友達のオウチにお泊まり。
そして今日、とあるDVDがオウチに届くらしい。
そのタイトルを聞いて、ちょっと興味があった。
アレだ、ワタシが一月半くらいまえにやっと名前を覚えた通称ヨンさまの主演映画で、台北の秋葉原でDVD見掛けて、ふ〜んで直ぐにもとの場所に戻したアレだ。
スキャンダル

とはいえ、今のワタシはあの時のワタシではない!
なんたって、ぺ・ヨンジュンの名前も覚えたことだし、きっと楽しく見れるハズ!
というコトで、DVDが届くのを待って、待って、待って…見たワケだ。

見て分かったことだが、どうやらワタシは王さまのハナシが好きなのであって、通称ヨンさまが好きなわけではないらしい。
その証拠に、王さまの格好をしていないと、それが通称ヨンさまだと気が付かないのだ、これが(^_^;)

お話はというと、これまたえらく退廃的なストーリーが、最後に純愛モノになって、みんなで不幸になるのだ。
いやいや、まいった…。
終了と同時に、余韻んにひたる間もなくお友達のお宅を後にし、新幹線に乗って広島へ。
そこから最終便のスーパージェットに乗って、島に帰るのだ。

お船に乗る前、あまりお腹は空いてなかったのだが、時間があったので、港にあるインド料理のお店でチキンカシミーリ860円とナン300円を注文。

そして、確認された一つの真実…

このカレー屋さん、その辺りにいくつか店舗があるお店なのだが、ちょっと食べるには便利なお店なのだ。

で、今そのスーパージェットの中なのだが、ビジネスマン風は爆睡率80パーセント。
女のヒトは100パーセントケータイいじってるし(笑)

| | Comments (0)

Sunday, December 21, 2008

今日はクリスマス♪

20081221

今日はちっちゃいヒトたちも一緒にお出かけしてのクリスマス会です。

200812211

およばれです。
どうもおごちそうさまでした~happy01

| | Comments (2)

Saturday, December 20, 2008

かに汁

かに汁
モズク蟹を刷り潰して高菜に寄せるカニ汁というのがあって、それが冬の風物詩だということを聞いて早5年…。
やっと今日、徳地の山小屋でそのカニ汁とゴタイメン。
その他のお料理は、フク尽くしです。
なんでも、女将さんは下関の市場で競りに参加する権利をお持ちなのだそうで、下関まで仕入れにお出掛けするんだとか…。
女将さんが袋の中でニギニギして競り落としたフクなので、かなりおトクにフクがいただけるのだそうデス。
ふふふ…。

| | Comments (0)

運慶流

運慶流
山口県立美術館の運慶流、招待券をいただいて行ってみました。
運慶作の大日如来像に向かって、メタボ!を連呼し、その後継者の多聞天にはカモメ眉毛を連発、さらに南北朝時代のおジゾー様に向かって、コンナにナマメカシいおジゾー様がいていいの〜!とオオハシャギ(笑)
みんな、ホトケサマなのに…(^_^;)

| | Comments (0)

カルチェ・ラタン

カルチェ・ラタン
一の坂川の左岸にあるカルチェラタンは、なんちゃってフレンチカフェ。
付け合わせのジャガイモのグラタンと、サラダのフレンチドレッシングが、なんちゃってパリ感を盛り上げます。
バターが無塩だったらもっとイイのに(笑)

| | Comments (0)

Friday, December 19, 2008

野菜が食べたかったのです…

野菜が食べたかったのです…
おそとでゴチソウは、どうしてもお野菜が不足しがち。
そんななか、もっともお野菜をとれそうなものは…で、広島風お好み焼きのお店へ。

今、湯田温泉でもっとも予約を取りにくいお店なんぢゃなかろうか…というこのお好み焼き屋さん、今日はスタートの時間が遅いらしく、開店の6:30からだと予約無しでも食べさせてくれました。
メデタシメデタシ。

豚肉・イカ・エビ・青じそ・ソバ入りの五エ門スペシャル1000円は、店長さんが修行した広島のお店のスペシャリティ。
それに、岩国レンコンのバター醤油焼き550円をプラス。
だって、野菜が食べたかったんだもん(笑)

しかし、サスガにこれは難しい?
でも、まあ、いけちゃうかも…。
あ、やっぱいけた!(笑)
それもこれも、店長さんと楽しくオシャベリしてたせいかも。
話題は山口の食べ物屋さんについて。
結論は、高くて美味しいお店も安くて美味しいお店もどちらもないですねぇ〜。

そう、なので、このお店は結構貴重なのデス。

| | Comments (0)

Thursday, December 18, 2008

アンデルセンの牙城でガチョ〜ン

アンデルセンの牙城でガチョ〜ン
何時より遠回りしてやって来たのは、アンデルセン広島店。
あのアンデルセンの本店です。
多彩な食材が揃っていて、スゴく楽しそう!
しかし、今日はそれを楽しく眺める時間がなくなってしまって、慌ただしくBLTサンドとクラムチャウダーの夕食を済ませました。
クラムチャウダーは、冷凍剥き身使用。
ベーコンが良くても、どうしても評価は下がります。
でも、まあ、値段が値段なので(笑)

その後、ジャン‐ポール・エヴァンでお茶したワケですが、他店の作りからしたら、呆気にとられそうな造り。
かなりビックリです。
画像は後日載せますが、にしても、いきなりケーキを強烈プッシュされたので、なんとなくその気になって、ぢゃあカプチーノを、とお願いしたのですが、これが信じられないくらいにヌルイ!
なんぢゃこりゃ〜!
はっきり言って、750円も出すコーヒーぢゃありません。
ケーキはベルガモットの香りのムースがのっかったのにしたのですが、美味しいけど、感動はしません。
なんたって、600円を越えるお値段ですし、そこそこ美味しいのは当たり前だと思う、と言ってしまえばそれまでですが、それよりナニより、人肌のカプチーノの印象がキョーレツで、必要以上に点が辛くなったかも…。
というか、このデパ地下のイートインスタンドみたいな店構えで、この値段はないやろ、という気がするのデス。

なんというか、ジャン‐ポール・エヴァンに対する信仰がガラガラと崩れちゃいました…。
しかも、一人に対する接客時間が長いので、ちょっとマカロン買ってから駅に行けば…と思っても、ちょとやそっとでは順番が回って来ない。
今日はとうとう時間切れで、マカロンもナニも買えずアンデルセンを後にしたのでした。

| | Comments (2)

ぼ〜んあ〜と

ぼ〜んあ〜と
島から出ようとスーパージェットに乗りに来たら、素敵なモノが飾ってありました。
こういうのを作るお教室があるんだそうで、そこの上級クラスの方々の作品だそうです。
いいな〜、ワタシも作ってみたい…。
しかし、自慢ぢゃないけど、ムカシからナニかをくっつけようとしたら、手につくボンドの方が多いくらいのヒトなのよね、ワタシって…。

というコトで、これからちょっくら出かけて来ます。

| | Comments (0)

王さまの愉快な忠臣たち

またしても、隣の国の王さまのハナシ(笑)

ホントウの王さまになる前に、途中で政敵につぶされるのを避けるため、引籠り生活を余儀なくされた王さまは、ホウトウの王子さまになって社会性を身につけた。
モチロン、親の目を盗んでホウトウする訳だから、1人で王宮の壁を乗り越えて、巷の赤い灯青い灯の中に消えていく生活だったわけだが、そんな王さまだから、王さまになっても大変!
戦争に行った時も、1人で真っ先掛けて突進しないと気が済まない、困った王さまになってしまった。

そんな王さまが、またしても何処に敵が潜んでいるか分からないトコに出向こうとしているのを止めたい良識派・慷慨派・ギャグ担当(違)の忠臣たちの会話…。

1
2
3
4
5
6
7

その瞬間、画面が今までとはまったく違って見えるようになった!

Continue reading "王さまの愉快な忠臣たち"

| | Comments (3)

Wednesday, December 17, 2008

美少女隊長カクタン

結局待ち切れずにビデオでレンタルしちゃった隣の国の王さまのお話、全部見て振り返るに…。
全24話のうち9話くらいから11話くらいにかけての(未来の)王さまの追い詰められっぷりがスゴかった。
もう、手に汗握るというか思わず息を止めてじっと見入っちゃうような緊張感が1時間持続するカンジで、放送終了後に肩でゼェゼェ息をしなきゃいけないカンジ。

突っ込みどころはまぁ、いっぱいあるのだが(笑)

そこで露わになる王さまの本性というのが、これまたスゴい!
以下ネタばれなので、これから見ちゃおっかな~という方は、自己判断でお願いします(笑)

で、その王さまの本性なのだが、その前に紹介しなければいけないのが、このカクタン。

200812171

いやもう、ジツにワタシ好みの美少女なのだ。
そして、この美少女が、また救いようのない、ええもう、“かわいそう”としかいいようのない最期を遂げるのだ。

カクタンは、王さまから王さまの父王を守るように命令されていたのだが、ある日悪者が宮殿を襲って、イロイロあって、アンビリーバボーなことに何故かこんなことに…。

200812172

ありゃ?
なんか、違うものの画像が紛れこんぢゃったようですが、とにかくこんなことに…。

200812173

こんなことになったら、体重の重みでズバッと肉も骨も切れるやろう!
と思うかもしれないが、突き刺さっているのは、チュモ神剣と呼ばれる青銅製らしい剣。
あんまし切れそうにないしなぁ~(笑)

で、カクタンは自力でこれを引き抜き、晴れて自由の身に…。

200812174

そして、亡き王さまの遺言を城外にいる(未来の)王さまに伝えに行くのだが…。


Continue reading "美少女隊長カクタン"

| | Comments (2)

Monday, December 15, 2008

ぶんぶんぶ~ん♪ハチが…

気温がホントに下がってこないせいか、キブン的にはまだ11月初めくらいなのだが、なんでも今年もあと15日程で終わってしまうらしい…。
なので、お墓参りにも行ったりしないといけない。

いけないのだが…think

そのお墓というのが、お彼岸に行った時、ジツは大変なことになっていたのだ。
ええもう、お墓の中にミツバチが巣を作ったらしくって、ハチコロリもなにも、キンチョールしか持ってなかったワタシたちは、近くに寄ることもできず逃げ帰ったのだ。

あれから4か月。
そろそろハチもおとなしくなった頃だろうと、今度はスズメバチ用のハチコロリを用意してお墓参りへ。

到着して辺りを見回すと、ハチが飛んでる風はない。
シメシメ…。
で、お掃除を始めたのだが…。

花立てをどかしてみたら、その中が恐ろしいことになっていた…。
るいるいるいのよく分からない黒いモノ…。
あんまり深く考えたくないけど、これってミツバチが世代交代してアレしてコウなった姿よね…bearing

とにかく、全部出してきれいにしないことにはオオゴト…sweat02なのだ。
で、全部出してからほうきを突っ込んだらば、出てくる出てくる…shock

200812150

ちょっと、かなりコワかったので、モザイクにしてみた。
いやビックリしたというかなんというか、お墓の中がすっかり巣箱になっていたshock
きれいにお掃除して手を合わせて、何時もの10倍くらいお掃除に時間がかかってしまった。

なんというか、あれだ。
今までとんだことになっているなかで居心地悪くいらっしゃったゴゼンゾさまだが、今日ですっきりしたということで、バチは勘弁してくださいマセマセ…。

え~、今日発掘?した蜂の巣をどうしてもモザイクなして御覧になりたい方は、ちゃんとご用意しております。
おまけの特典画像付き!
勇気のある方は続きをどうぞgood

Continue reading "ぶんぶんぶ~ん♪ハチが…"

| | Comments (2)

Saturday, December 13, 2008

王さまのサントラ韓国版

王さまのサントラCD、日本向けにvol.1vol.2と出ているのだが、某所のレビューで韓国版だとその両方が入っているというのを読んだ。
だから、某所で韓国版をポチッとしたのだが…。
40曲入っているつもりで注文したそのCDの中には、19曲とおまけのミュージックDVDが入っていただけだった…。
韓国版にした意味ないぢゃん…。
字も読めんし、しかも日本版より高い!
あう…。

で、このサントラ盤なのだが、オケの編成がもっと大人数だったら、もっといいのに~とか言いつつ、実はとっても気に入っているcatface

20081213

ぶっちゃけ、レッドクリフを見に行った時も、戦闘シーンにはこの王さまの話で使われてる音楽が聞こえてきたほど、ワタシ的には耳に残ってしまう音楽。

なんたって、ツインピークス以来のサントラ盤なのだ。
何年ぶりやねん…coldsweats01
とはいえ、あの時は、全身に毒素が回ってナンでもカンでも買ってしまった気がしないでもないのだが…think
なんたって、カイル・マクラクラクラ…が出てる映画は全部見たのだ。
えっと、サルの惑星ぢゃなくって、スナの惑星?だかも、にゅるりら~!と出てくるヤツも、青いベルベットのヤツも見たのだ。
今となっては、ナニがナンだったんだか…┐(´-`)┌

ということで、音楽としてここまで耳に残ったのは、ハウルの動く城以来ではなかろうか。
ハウルの中では、メインテーマとそのアレンジの空中散歩がと~っても好きで、これは何年経っても時々“ぽっ”と頭の中に浮かんできて、たららら~らららら~noteと鼻歌というかなんというかが始まるというカンジだったのだが、ジツはそのサントラ盤はもっちゃいない。
理由は簡単で、DVD買って見たからサントラ盤単独でどうこうしようとは思わなかったのだ。
ハウルでさえそうだったのに…。

なのに、何故何故隣の国の王さまのサントラなの?
今まで韓流にはカスったこともなかったハズなのに…。

えと、チャングムは全部見たけど…。

と、このようにゴタクを並べても気に入ったモノは仕方がない。
いや~、なかなか、韓国の音楽ってのもいいもんだね~happy02
作った人は、Joe Hisaishi…じょ~ひさいし…なんか、日本語の名前みたい~って、久石譲だよ!

なんと、そういうことでしたか…。
ポ~ニョポ~ニョポニョnote
要は、ワタシは、久石譲のある系列の音楽に反応すると、そういうワケだったんでござんすねthink
な~んだぁ~。
なんか、ビゼーがスペインの作曲家でないと初めて知った並のショックというか、もっと手っ取り早いところでは、ラストエンペラーの戴冠式のあの名曲、作ったのはサカモトリューイチなのよ!というのと同じくらいのオドロキといおうか、ショックというか…フクザツな気分なのだわ。

でも、いいのだ!
イロイロあったけど、音楽的にはワタシ好みだし。
中でも“勝利へ”という曲は、管も弦もそれぞれに聞かせどころがあって、コンクールとかで演奏する小曲にピッタリなカンジ。

タダもう少し、管ががんばってくれると、ますます好みなんですけど~(笑)

ということで、ハウルの動く城の音楽がお好きな方、おススメですcatface

| | Comments (2)

さよなら、リュウちゃん。。。

2005年7月23日、198円の身代金で花園にやって来た赤いリュウキンのリュウちゃんが、水槽の泡となってしまった。。。
特技は死んだマネで、しょっちゅうお腹を上にしてぷかぷか浮いていたリュウちゃんだったが、1週間ぐらい前に尾腐れ病を発見、青い水の中に泳がせたりしたものの、3日くらい前から何時その時が来てもおかしくない状態になってしまい、とうとう、どうにもこうにも、いかんくなってしまった…。

ごめんね、リュウちゃん、ワタシがもっとこまめに水槽のお掃除やらナニやらしてあげるヒトだったら、もっと長生きできたのに、ね…。

枝垂れ桜の根っこにリュウちゃんを埋めた。
お幸ちゃまが、じっと見ていた。

…掘りかえしたりしないでくれるといいのだが…sweat02

| | Comments (2)

Wednesday, December 10, 2008

古語は辺境に残る?若しくは方言周圏論の直感的確認

某国営放送のBS2でやってる隣の国の王さまのお話、前回なんともチョ~ゼツ気になるところで終わりやがって、来週まで待てないよ~bearingと、思わずビデオ屋さんへ走ってしまったワタシ…。

しか~し!
テレビで見ているお話は日本語吹き替え版なのだが、ビデオ屋さんのは字幕なのだ。
で、字幕を見ていて思ったのだが、なんか、アレである。
韓国語はさっぱり分からないが、漢字があるものは、なんか判るゾ、と。

今現在の中国語の発音からなんとなく連想できる言葉もあり、それよりも興味深いのが、台湾のお人形劇で使われている台湾語の音に近いものもかなり有るんぢゃないかという印象。
…あくまで印象なのだが(笑)

この朝鮮半島の音と台湾の音との間にきわめて近いものがあると感じるのは、やはりアレなのかしら。
デデムシとかツブリとかマイマイとかカタツムリとかナメクジとかが、文化的中心からだんだんと伝播していくそのどの段階にあるかで呼び名が同心円状に分布しているという方言周圏論!
漢字文化圏にもこの仮説が適応されるとは…さすがヤナギダクニオさんだわんgood
それとも、あれ?
フランスの言語地理学が言うところの、“古語は辺境に残る”って現象?
そういえば、台湾語の音のなかには、現代中国語(普通語)よりも日本語の音にずっと近いものが多いような気がする。
それって、日本も一応大中華帝国の辺境だから?

なんだか、面白いわん…と思いつつ、気がついたら、王さまのお話のサントラ盤をポッチとネットショッピングしてしまっていたことは、ナイショだ…。
ドラマのサントラ盤なんて、もう身体にカビが生えるほど買ったこと無かったのに…。
若しかして、ツインピークス以来?coldsweats01

| | Comments (4)

Tuesday, December 09, 2008

冬仕度そしてDonna Donna

モーレツに寒くなった…。
かと思うと、今日はなにやら生暖かいとっても不条理な天候。
しかし、チョーゼツ寒がりのワタシとしては、暖かくってもヒトの3倍くらい着込んでいないと冬が越せない。
ということで、今日は靴下を買った!

2008129

この時期、靴下はやっぱりハイソックスでなくっちゃ!
タイツと重ねばきするのだ♪

ありゃ?
ありゃりゃりゃりゃ?

五本指の靴下は、タイツの上からはけるのかな?

思考がようやっとココにたどり着いたとき、ワタシは既にお店を後にすべく、スカーレットちゃんに乗り込んだ後だった…。
あう。。。

そして今日、長い間女王さまのゲタ、お幸ちゃまのお召しcarとして活躍してきたクララちゃんが、牽かれて行った。
普段は直ぐにおウチに隠れてしまうお幸ちゃまが、クララちゃんを牽いて行こうと近づいて来たおにーさんに、飛びかからんばかりの猛抗議!
はっきり言って、ちょっとコワくないですか?
なカンジのお幸ちゃまのお怒り様だったが、幸いにもそのおにーさんは、小学生のころ秋田犬を散歩させていた猛者であったため、立ちあがった前足が、むなしく空を蹴って終わってしまった。
お幸ちゃまが、威嚇しながらもちらちらとワタシの顔を見る。

「クララちゃんとは、今日でお別れだから、ありがとうしてあげるんよ」

今朝、お幸ちゃまにそう申し上げておいたのだが、お幸ちゃまには承伏出来かねる御様子で、怒りと悲しみに何時もよりも多い目に声を張り上げておいでだった…。

♪ドナドナドォ~ナァ~ドォ~ナァ~♪
二〇〇〇〇〇㌔も走っていたら、最早価値なしということで、あとは廃車が待っているクララちゃんの明日を悼んで、お幸ちゃまの悲しき歌声?が、その姿が見えなくなるまで続いていたのだった…。

クララちゃんの替わりにやって来たのは“ジュリアーノ”。
なんでも、ちっちゃいクセにかなりの大飯喰らいなんだそうだが、当たった時には強いらしい。

初対面の新顔に、お幸ちゃまはこれまた背中の毛を逆立てて怒っておいでだったが、一晩一緒のお部屋でオネンネしたら、お友達になってくださるだろうか…。

| | Comments (4)

Sunday, December 07, 2008

サダハルくんのチョコケーキ

2008127

底にはしっかりと焼き込んだココアたっぷりのパートシュクレ。
気泡がたっぷりだけど、決してパサパサしていないビスキュイのようなそうでないような…な生地の間にずっしり重ねられたガナッシュ、ところどころにのぞくマロングラッセやヘーゼルナッツ、コーティングに使ってあるチョコですら、美味しい!

さすがサダハルくん!
今までのお取り寄せスイーツの中ではダントツの美味しさ!
しかし、お値段もダントツなのだから、トーゼンといえばトーゼンなのだが、それにしてもよく出来たチョコケーキだわん♪

しかし難点は…ホンの1センチくらいの厚さに切って食べても、たっぷりカロリーを実感。。。
濃厚なチョコケーキは確かに美味しい。
美味しいけど…ちょっとコワい(笑)

| | Comments (13)

Saturday, December 06, 2008

期待と妄想のはざまで…

つい、この間…というか、おとついはぽかぽか暖かくって、紅葉もきれいに照り映えていたのだ。

20081261
大きくなります

いたのに…。
ワタシのダイエット計画が暴風圏に入ったと思ったら、お天気までいきなり小雪の舞うさむ~い一日。。。

しかし、昨日の今日だし流石に考えるところがあって、お昼はお漬物と十穀粥。

20081260

お漬物はモチロン、「お歳暮」という札がついて来たヤツだ。

デザートに、これまた「お歳暮」という札がついて来たリンゴをいただく。

20081262


なんか、スゴく偉そうなおリンゴさまさまが混ざっていらっしゃる…ドキドキheart01
この“極”のおリンゴさまさまとその他のリンゴちゃん、どう違うのかしら。。。

ということで、おリンゴさまさまのオヨーフクを引っぺがして、その他ちゃんと並べてみた。

20081263_2

おリンゴさまさまの方が一回り大きく、色も赤みが強いように感じられる。
これはきっと、えもいわれぬ芳醇な味わいの、今まで食べたどのリンゴよりも美味しいに違いない!

…そう、眺めたり写真を撮ったりしていると、その間に期待はどんどん膨張していくのだ。
どんどん膨張して、今まで一番おいしかったリンゴの記憶を蘇らせて、イザ!

「蜜はいっぱい入っておるが、甘味は今一つであるかのう…。」

はい女王さま、ワタシもそんな気がいたします…。
案外、オヨーフク着てないヒトの方が美味しいカモthink

と、イロイロ「お歳暮」生活が始まっている訳だが、それとは別に、お菓子が届いた。
白々しく届いたとか言っているが、ジツは順調にダイエットが進むという展望のもと、前祝いのクリスマスケーキを注文したのだ。
そのヒトは今、こんなエラそうな所に鎮座ましましていらっしゃる。

20081264

エクレア1個500円~という、気が狂ったようなお値段が付いてるお菓子屋さんのクリスマスケーキ。
ナニカゴトがないとゼ~ッタイに注文しないようなお値段だったのだが、ワタシ的には無事強制ダイエットが終わったお祝いというかウサ晴らしというか…。

20081265

しかし今日は、昨日の悲劇の後なのだ。
なので、期待だけを膨らませ、とりあえずお預けしておいてみる。
期待はどんどん膨らんで、最早妄想の域に…。

| | Comments (0)

Friday, December 05, 2008

お願い!誰か、ウソだと言って~!

強制ダイエット終了から一週間。
その後も、ワタシの体重は順調に落ちて行っていた。
標準BMIまで体重にしてあと800g、それから先には、美容体重に向けての新しい世界が待っているハズだった。
ハズだったのに…。

2008125

な…なんぢゃこりゃ~!

たい焼なんか食ってるバヤイぢゃないゾ!
どうしてこんな悲劇的な結果にって…今朝パンを食べて、それから強制ダイエット後の経過をみてもらいにコマチまで行って、その後おばぁさまと一緒にきよみずの2500円弁当をほおばり、それから日本一たい焼き屋さんに寄ってたい焼き1個150円を食べ、その帰りについでのコーヤクにりょう花みそネギ味玉ラーメン880円を食べ、帰ってからお茶を淹れてまたしてもたい焼きを半個たべ…

そんなにめちゃくちゃ食べてるワケぢゃないのにぃ~~~!

そうだ、少林寺のおっしょさんも言っていたではないか!
“酒肉穿腸過”は万古不易の天下の常道、明日になったら全部身体を通って出てくるハズ!

お願いします…。

| | Comments (4)

日本一たい焼き

日本一たい焼き
ウワサの日本一たい焼き、ウワサ通り結構待たないと買えません。
しっかり待って、果たしてお味は?

| | Comments (2)

世にも不思議な優〇ウンテンシャ講習

メンキョショの更新という、○年に一度の一大イベントがめぐって来た。
普段はなるべくならお世話になんかなりたくないケーサツ屋さんだが、この時ばかりはどうにもこうにもお願いしなければいけないので、最寄りのケーサツ屋さんへ行ったのだが…。

なんというか、アレである。
来る者を拒んでいるとしか言いようのないエントランス…。
受付は2階で、そこを訪れたヒトは階段をえっちら登って行かないといけない。
車椅子のヒトは、連絡したらエレベーターへと誘導してくれるらしい張り紙がしてあったが、車椅子ではないけれども階段を上がるのがキツいヒトはいくらでもいるでしょうに…。
膝が痛くても、38度から熱があっても、一週間前にお腹を切っていたとしても、“用があったら階段を上って来い!”みたいなそれって、かなり世の中の流れに逆らっとるゾ。。。

いや、ワタシはケーサツ屋さんにケンカを売りに来たわけぢゃなくって、メンキョショの更新をしてもらいに来たのであるから、上らせていただきますとも、ハイ。。。

ということで、よろしくおねがいしま~っす!

「手数料とコーツーアンゼンキョウカイ費2500円いただきます」

はい?
コーツーアンゼンキョウカイ費?
そんなもん、今まで払ったことないデスけど?

自慢ぢゃないが、ここいらのケーサツ屋さんでメンキョショの更新は初めてなのだ。
なので、突然そんな、さも当たり前のようにコーツーアンゼンキョウカイ費を出せと言われても、それがなんだか分からないと出せないぢゃないですか!

ということで、説明を求めると、ココで初めて一枚のチラシを指し示してその趣旨が示され、かつコーツーアンゼンキョーカイへの入会は任意である旨が告げられた。
チラシには、その会費がちゃんと監査を受けて適正に使われていること、その使い道が交通安全教室や交通茶屋、警察音楽隊の“ふれ愛コンサート”、かまぼこ板絵コンクールなどであることが書かれていた。
…。
いまいち納得できない遣われ方もされてはいるが、お子様やお年寄りへの交通安全指導に使ってると言われたら、出さんわけにはいかんやろ…。
しかし、別に警察音楽隊のコンサートなんかいらんぞ!
かまぼこ板絵コンクール?
なんぢゃそりゃ…。

とにかく、その活動内容をしるしたチラシをもらえないかというと、それはならぬといって、代わりになんとかニュースというのをくれた。
…やっぱり、おかしい。
そう思うのは、ワタシだけ?
きちんと趣旨説明して同意確認してから会費徴収、これ基本!
それでなくても、ここいらの某ケーサツ屋さんでは、裏金云々で裁判沙汰にまでなっているのに…。
いや、その意識がないから、そういうことになるのか。。。

でもまぁ、ケンカ売りに来たわけぢゃないんだから…。

で、ここいらのコーシューを受けることと相成ったわけだが、前回がちょっとマチ中まで呼び出されてのトクベツコーシューだっただけに、イマドキのコーシューというものがよく分からないが、その前の○塚署だと、ビデオを見ててちょ~どいいところで呼ばれて免許をもらって帰ったのだが、ここいらではコーシューしてくれるオジサンが座っていて、テキストを使ってイロイお話してくれるのだ。

ちゃんとコーシューなんだ~!

ちょっとカンドー。
で、せっかくの機会だからと思って、何時も疑問に思っていることを聞いてみた。

「オマチでは、車線が合流するとき一台づつ交代々々に入れ合いっこしますけど、このあたりではそういう慣例はないんですか?」

“そんなことがあってたまるか!”ばりの答えが返って来た。
しかも、自分は交通安全指導をしているのであって、そういう苦情はケーサツ屋さんに言えと叫ぶのだ。

…ワタシは苦情を言ったわけではないのだが?
で、そのおいさんの声を聞いて、ケーサツ屋さんが飛んでくるから、なんちゅーとこやココは…。

「ちょっと、聞いただけなんですよ~。」

で、他にもちょっと気になることをおいさんが言ったので、確認してみる。

「駐車禁止のところで停車するのもダメなんですか?」

おいさん、2年半前の道路交通法の改正以降、駐車禁止のところでは、運転手が乗ってエンジンかけたまんまにしていようと、何が何でもクルマをとめてはいけないとのたまうのだが、駐停車禁止のところでそれしたらいかんのは分かるけど、おいさんの説明やったら、駐車禁止のところでも停車禁止ってことになってへんか?

とにかくダメなんだというから、ぢゃぁ、駐車と停車はどう違うんですか?と聞いてみた。

すると、おいさん、“はじめっからいちゃもんをつけようとしている!”と怒鳴り出す始末で、そこでまたケーサツ屋さんがやって来て、「お話は別室でうかがいますから」という。

だ~か~ら~、ワタシはケンカを売りに来てるんぢゃないんだから~。

そしてオジサンは、講習もソコソコに4時半になったからと言って帰って行った…。

その後、ケーサツ屋さんにその場でこれこれコーでと説明してワタシの疑問点を聞いてみたところ、駐車禁止の所に停車していても、マイクで「移動させて下さい!」という指導をすることはあるが、現時点で直ちに検挙の対象とはならないことがめでたく確認された。
細かいことのようだが、飲酒運転を憎むユーリョードライバーが恐れる違反と言えば、駐車違反にスピード違反、これしかないぢゃないの!

あと、ついでのコーヤク?とばかりに運転中のケータイ電話の使用についても聞いてみた。
信号待ちの間、メールを見たりどしたりするのは違反にはならないらしい。
これは、ジツはとっても気になっていたことだったので、どう言う状況で違反になるのか詳しく説明してもらってめでたしめでたし!

いや、実に有意義で実用的なコーシューだった。。。
って、なんか違うやろ!

今だったら“ひき逃げは絶対にするな!”とか、イロイロ啓蒙せにゃならんことはあるだろうに…。
こんなコーシューは、初めての体験だわん。。。

| | Comments (9)

Wednesday, December 03, 2008

不思議な不思議な汁そば~台湾~

11月15日、快晴!の山口県立図書館前。

200811151
大きくなります

今年は紅葉がすこぶるきれいだ…。

200811152
大きくなります

ひとしきりお写真してから、今日はこれから柳井市へ移動。
柳井には、ラーメン博士のY氏をもうならせる、それはそれは不思議なラーメン?があるという。
連れて行ってもらった先は、白壁通りにもほど近い中華料理のお店、台湾。

200811153

土曜日のお昼のせいか、けっこうな込み具合で席に案内されるまでかなり待つ。
待っている間に注文を取りに来てくれたので、このお店のスペシャリテ、“汁そば500円也”を注文。
席が開いて、程良く待った頃、その汁そば登場!

200811154

一見、ここいらにある鶏ガラスープベースのちゃんぽんを彷彿とさせるのだが、なんか違う。
ナニが違うって、が違う…。

ナンというか…かまぼこ状のヒモを2本張り合わせて、まるい1本の麺にしたような、そんな麺である。
それを油で揚げて乾燥させてお湯で茹でて戻したような、そんなカンジ。
とにかく、想像を絶する麺なのである。
確かに、これは、中華そばとかラーメンとか、そういうものの範疇からは想像も出来ないような麺である。
さすがラーメン博士のY氏をして、“う~ん”と説明に窮せしめただけのことはある。

ボリューム的には、500円でこんなに具だくさんで大丈夫?と心配になるカンジ。
豚肉だってたっぷり。
なんとも摩訶不思議な“汁そば”だった…。

| | Comments (0)

こげん食べてどげんすると!な博多めぐり

Photo印は“美食の薔薇園”へジャンプします。

11月14日
港をあとに
一発目からこんなカンジ
だって、みんながイイと言ったから…~ビストロ・ド・フォンデュ Ⅱ ~Photo
湯別当野原

11月15日
むくの木モーニングpencilcamera追加しました。
不思議な不思議な“汁そば”~台湾~pencilcamera追加しました。
上品な焼肉屋さんにて

11月16日
朝は焼きたてのクロワッサン…
マカロン見つけた!~CHRISTIAN VAUTIER~
あう~!~南翔饅頭店~
せっかく来たから博多観光
デパ地下天国~大丸の白玉屋新三郎~
鈴木誠一郎 ウルシとハナシの世界
火を掌るおねぇさん~DEL REY Café&Chocolatier~
デパ地下天国~岩田屋のHEDIARD~

11月17日
フレンチ食べた!~ラ・ターブル・ド・プロヴァンス~
今福岡で一番の~パティスリー・ジャック~
デパ地下天国~JEAN-PAUL HEVIN~
そして、博多通りもん

| | Comments (0)

Tuesday, December 02, 2008

モチはモチ屋ピッツァはサフ!

強制ダイエットの後遺症?で、お幸ちゃまのお散歩にも行けない日々…。
そんな無聊を慰めようと、ピッツァをこねてみる。
いや、こねたのはホームベーカリーで、ワタシは材料を放り込んでピッ!とボタンを押しただけなのだが…。

今日はこのサフのピッツァ専用ドライ・イーストを使ってみた。

20081221

何時も国産小麦を通販しているお店に注文してみたフランス産のインスタントドライ・イーストなのだが、今まで使っていた国産某ドライ・イーストに比べてこね上がりがものすごく滑らか!
しかも、と~っても伸ばしやすいときたもんで、薄~く伸ばしたなんちゃってナポリ風ピッツァが好みのワタシにはとっても都合がよろしいようで…。

本日のカプリチョーザはこちらのみなさんで。。。

20081222

そういえば、お歳暮の季節だったのだ。
ということで、今日届いたばかりの三田屋のハムを使ってみる。

20081223

生地は、表面はパリパリ中はしっとりで香りもよく、国産某ドライ・イーストを使っていた時よりも数段美味しい出来上がり。
やっぱり、モチはモチ屋というように、ドライ・イーストもパンが主食の国のドライ・イーストを使うと、だいぶん味が変わるようだ。
今日はピッツァ専用を使用したのだが、パン用もこのサフのドライ・イーストを使って焼くと、同じ国産北海道小麦100パーセントはるゆたかブレンドで焼いたとは思えないほどの風味豊なパンが焼け上がってしまった。

と、このように美味しくピッツァをいただいたのだが、強制ダイエット以降ずっと下降線をたどっていたワタシの体重は…ドキドキ。。。

| | Comments (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »