« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008

Tuesday, September 30, 2008

栗の渋皮煮

ここいらといえばみかん!
和歌山に次いで全国第2位の生産量を誇る。
花園の周りには、ホントにみかん畑しかない。
なので、あまり知られていないのだが、ジツはここいら、栗の生産量も茨城・熊本に続いて第3位なのだ。
ウソだと思った方は、こちらから農水省の統計をご確認くだされ。

というわけで、沢山栗をいただいたので、栗の渋皮煮。
この悪魔の食べ物には、ちょっとでも渋皮を傷つけるとイケないという迷信があるのだが、ちょっとの傷なら結構大丈夫に美味しく炊けるものだったりする。

2008930

甘さ控えめで仕上げても、数を食べちゃったらどうにもならないのだが・・・いただいた栗を自分で炊いたとなると、“これ1個が×00円”とかいうブレーキが働くわけもなく…。
あう(笑)

| | Comments (0)

Monday, September 29, 2008

ウニ丼・えび丼

オマチに比べてここいら良いトコロといえば、トキドキ格安でこんなものが食べられることくらいか…。

20089291

近海物の生ウニ398円。
贅沢を言ったらキリがないが、でも、国産生ウニが398円なのだから、それはそれでいんぢゃないかしら。

20089292

一枚載せのウニ丼。
なにせ、お米もお海苔もいただきモノときている。
つまり、くどいようだが、398円のウニ丼(笑)
ウニがちょっとハスくってザラザラしていても、ウニ丼はウニ丼(笑)

このウニと一緒に買って来たのがこちらの地物海老詰め合わせ。
早速炊いてます。

20089293

ブド海老とかボタン海老の親戚?みたいなのとかイロイロ入っているのだが、これだけで298円。
この海老で作るえび丼が、実はお幸ちゃまの大好物なのだ。
お醤油とお砂糖で薄く味を付けた海老は、身の部分をいただいた後、頭の固い皮を外し、脳味噌やらなんやらのいっぱいついた前足部分を取り出して、ご飯と混ぜ混ぜするのだが、このキトサンたっぷりご飯を、お幸ちゃまがなんとまぁ、喜んでバリバリとお召し上がりになるのだ。
さんまの骨には見向きもなさらないというのに…。

いっつもお刺身定食とか佐賀牛御膳とか召し上がっていらっしゃるかのようなイメージのお幸ちゃまでいらっしゃるが、実はもう一つお好きなものがある。
ナンと、お出汁をとったあとの鰹節をお喜びになるのだ!
お出汁をとった後のアジの骨なんか、口をつけようともなさらないというのに…。

それにしてもお幸ちゃま、今年のお誕生日で満7歳をお迎えになる。
ペットフードが高齢犬用に切り替わるご年令なワケだ。
ワタシはお幸ちゃまの食生活にこんなに心を砕いているというのに、困ったことに花園には、「短い犬生、好きなモンを好きなだけ食べさしてやったらよかろうが!」と仰る方々がいらっしゃる。
その方々は、「短い人生、美味しいものを食べなきゃ損!」と思っておいでの方々なのだから、ワタシがいくらメタボの警鐘を鳴らしてみたところで、どうにもこうにも、ニッチもサッチもどうしようもないのだった…。

| | Comments (6)

Sunday, September 28, 2008

王さま最終回で何故××に萌え萌え…

待ちに待った?王さまの最終回。
しっかりネタバレしていたので、その時が近づいて来るのが切なくて切なくて…。

で、タイトルの××なのだが、以下、もしかしてネタバレ?になるかもしれないので、まだこの王さまのお話を見てない人はご注意ください。
10月5日からBS2で1話からまた放送が始まりますので、お楽しみに~happy01

で、いきなりネタバレもアレなので…。

20089271

今日は、あるものを使って和風パスタ。
この納豆、先日某スーパーで見つけてつい、買って来たものだったのだが、ツヤツヤしていてふんわりで、それはそれは美味しい!
思わず、パスタに入れてしまったことを後悔してしまった。

エノキとシメジもニンニクの匂いを移したオリーブオイルで炒め、花園名“イタリアネギ”のチャイブを散らす。
ちなみに、花園名というのは、女王さまがご命名なさったという意味。

20089272

なかなか美味しゅうございました…。
さすがの王さまも、こんなパスタは召し上がったこと無かろうてsmile

で、王さまのお話なのだが、王さまは23話からひげが生えて一気にフケてしまう。
たったの8年でこんなにフケるわけないやろ!というくらいに、髪にも白いものが…。
お供の皆さんも皆一様にありえんくらい一気に更けるのだが、その中にとてつもなくジジィになった将軍がいて、これがまた、真っ先掛けて突進していかないと気が済まないような、血気にはやった年寄りなのだ。
なんか、黄蓋を思い出すわ~noteとか思いつつ、つい、このジジィにlovely
イカンイカン、他にも心を奪われたらよさそうなおじさんはいっぱいいるのに、よりにもよってなんでこんなことに…bearing
ヨロメキどころとしては、王さまのイトコとか、青龍のヒトとか、他にもイロイロあるハズなのだが・・・。

やたらといっぱい出て来る王さまのイトコの正面顔(ここにいます)を見ながら、ナンかどっかで見たコトあるような…think
そうよflairこのヒト幸太郎さんに似てるのよshine
幸太郎さんとは、言わずと知れたお幸ちゃまのことなのだが・・・。

20089273

この、ひとえまぶたのカンジとか、似てない?punch

とか、

清龍の人は、はぁ?こりゃ台湾のお人形劇に出てる人ですか?

とか、

なんか、こう、いま一つ萌えベクトルが、ヘンcoldsweats01

王さまは王さまで、指のテーピングがなんちゅうかcoldsweats01

しかし、アレだわ。。。
このヒトたちが着てる鎧って、その頃よりちょっと後の日本の古墳から出て来た鎧よりも、400年くらいススんでるワ。

とか、

ラストシーンで、“これがあの有名な広開土王碑ってヤツ?”と、ちょっとカンドーconfident

とか、

それにしても、トラの長老は、天下とってナニがしたかったのかしら…。
政権構想とか、全く出て来なくってよく分かんない…。

とか、いろいろ思えばあるのだが、ネタバレ情報からしてツインピークス以来の後味の悪いラストシーンになるんぢゃないかと心配してたけど、まあ、後をどうにでも想像できる終わり方だから、いっか、ということで、めでたしめでたし?

そんぢゃ、続きは10月5日からのBSで(笑)

| | Comments (0)

Friday, September 26, 2008

ここんとこ一番のアイスクリーム

佐田岬半島の中ほどにある温泉めざして出かけたのだが、お目当ての温泉が閉まっていた…が~~んcrying
定休日なんてものがあったなんて…。

せっかく出て来たのに、そのまま帰るのもアレなので、そのまま佐田岬半島を駆け抜けて、三崎のまり~な亭へご飯を食べに行く。
このまり~な亭は、当たらなければガックシ…orzだが、当たればcatfaceなカンジのお店。

そのまり~な亭では、手造りアイスを販売している。
ワタシは全くもって知らなかったのだが、あの楽天市場でうぐいすからの贈り物という店舗名で、アイスクリーム部門の1位を獲得しているらしい。

これは、食べてみなければ…で、そこにあった抹茶・バナナ・バニラ・ほうじ茶・マンゴー・プリンの6種類を購入。
1位記念で現在300円⇒250円の特価販売中sign01

で、早速バニラを食べたのだが、こりゃ~ええ!。
ハーゲンよりもあっさりしていて、バニラビーンズも程良くプチプチと効いて、しごくまっとうなアイスぢゃないの!
しまった、どうせだったら1個づつと言わずまとめて買っておけばよかった…。

早速調べてみると…あるではないかsign01こちら
しかも、現在製造が追いつかずに閉店状態。
かっこい~happy02

灯台もと暗しとは、もしかしたらこのことかもしれない…think

| | Comments (0)

Wednesday, September 24, 2008

海の雫とイナバウアー

20089241

挿し木して3年目のローズマリーがワッショイ花盛り。
とはいえ2本のうちの一本はあまり調子が良くないようで、花がぜんぜん付いていない。
いちど思い切って刈り込もうかしら…。

このローズマリー、薔薇の親戚みたいな名前だと思っていたら、実は「海の雫」という意味らしい。
…知らなかった(笑)

丸裸にされたクチナシは、ちょろっと新芽が出て来た。
…と思ったら、また新しいヒトが…。

20089242

今回は、緑ぢゃなくって茶色いヒトなのだが・・・このヒトも大きくなったら緑になるのかしら。。。

20089243

見事なイナバウアー(古!)だけど、残念ながら評価できませんsign01

ということで、今日もまた、死刑shoeが執行されてしまった…。

| | Comments (2)

Tuesday, September 23, 2008

彼岸花

20089231

シランの中から彼岸花の蕾がのぞき始めたので、思い切ってシランを全撤去。
そうしたら、彼岸花の球根が直径30センチを超えるコロニーになっているのを発見!
そろそろ植え替え時なのだ…。

シランも植え替えて、来年は花を楽しむぞ!と決意。
なんたって、今年はジャングル過ぎて花が咲いてもちっともきれいに見えなかったのだ。

やっぱり花は、手をかけてこそ。
その前に、明日は石垣の草を刈らなくっちゃ…。

| | Comments (2)

Monday, September 22, 2008

王さまの国のまぜまぜご飯+お好み焼き

NHK総合で土曜日の11時過ぎからやっている隣の国の王さまの話がいよいよ佳境。
最終回を残して、つい、ネットの海を渡り歩き、しっかりネタバレして後悔の海をさまようワタシ…。
しかし、日本軍の改ざん問題やら何やらで、何かと因縁の深いお隣の国の王さまのお話に、ただうつつを抜かすのも、なんか悔しい(笑)

ということで、日本でも作ってみよう!古代ファンタジードラマcute
幸い、日本には巨匠の『火の鳥』があるではないか!
これを実写でやってアジアに配信してはどうだろうflair

いや、イカンイカンsign01
そんなことしたら、「え゛え゛~っ、ちうごくではレッドクリフやってる時に、日本では卑弥呼なのぉ~?」ということになってしまって、その文化程度の差に日本国民が愕然としてしまふ(笑)
今はちょっと、時期が悪かろう…think

やっぱり、あれよsign01あれsign01
華やかな宮廷ドロドロで、近親相姦で、背徳的で、超能力で、大陸文化な山岸涼子の傑作歴史ファンタジーshine
問題は…法隆寺だわね。。。think

と、妄想を膨らませながら、久しぶりに王さまの国のまぜまぜご飯。

20089221

今日はシイタケ・スープセロリ・人参・きゅうり・ナス・牛肉に目玉焼き。
人参は嫌いなのだが、今日はグになるような野菜が少なかったので。
御近所の畑から来たいただきものの人参だったのだが、これが、甘くて意外に美味しかったので、ちょっと悔しい(笑)
それにやっぱり赤が入ると、全体が華やかになるし。

スープセロリは女王さまお手植え。
とてもスープセロリとは思えないほどにぶっとく育っているのが御愛嬌。
香りの強い野菜が一つ入ると、味に個性が出て美味しくなる気がする。

そして今日はもう一つ。
これまた女王さまお手植えのニラで作った王さまの国のお好み焼き。

20089222

ニラのほかに、玉ねぎ・ピーマンとイカが入っていて、胡麻をいれた酢醤油であっさりと。
ニラを大量消費したい時には、これがイチバンhappy01
ソースやマヨネーズよりも酢醤油の方がカロリー低いしsmile

また、王さまの国へ美味しいものを食べに行きたくなって来ちゃった…。

| | Comments (2)

Sunday, September 21, 2008

茄子の味噌汁“八つぁん”風

池波正太郎の『幕末遊撃隊』といえば、小粋な江戸っ子の伊庭道場の若旦那“八つぁん”が、お抱え?料理人と一緒に戊辰戦争を戦うお話なのだが、その中に登場する小茄子の味噌汁というのが、それはそれは美味しそうなのだ。
で、それを読んで以来、花園のお茄子のお味噌汁といったら、この八つぁん好みをちょいとアレンジしたカンジ。

そう、まずは小茄子ぢゃなくて普通のお茄子を使うところからして、アレンジが入っているのだが、当然切り方も茶筅に切り込みを入れるような面倒くさいことはせず、そのままザクザクと切っちゃうのだが、それをいちいち油で揚げるのも面倒くさいと、たっぷり目の油で炒め、赤だしか赤味噌、これにちょっと白味噌を混ぜてもGoodなカンジのお味噌汁に仕立ててるのだ。

八つぁんは、和からしをちょっと落とすのだが、一回一回和からしを練るのも面倒なので、山椒の粉をふって代用。
でも、これでもとっても美味しいのだ。

2008921

これに茗荷をたっぷり加えても美味。
ちょっとカロリーが気になるが、身体に脂肪が付かないエコナを使ってでも、やっぱり茄子の味噌汁は“八つぁん風”でなくっちゃ!

| | Comments (0)

西国三十三観音霊場めぐりPart2

1日目 9月6日(土)
西国三十三観音霊場めぐりPart2 camerapencil追加しました。

2日目 9月7日(日)
◆ 9番 南円堂(興福寺) camerapencil追加しました。
◆10番 三室戸寺 camerapencil追加しました。
◆11番 上醍醐寺 camerapencil追加しました。new
◆13番 石山寺
◆12番 岩間寺
◆14番 三井寺(園城寺)
◇仁和寺

3日目 9月8日(月)
◆19番 革堂(行願寺)
◆18番 六角堂(頂法寺)
◆17番 六波羅蜜寺
◆15番 今熊野観音寺
◆16番 清水寺
 〇番 外 文の助茶屋
◆20番 善峰寺
◆21番 穴太寺
◆23番 勝尾寺

4日目 9月9日(火)
◆22番 総持寺
◆番 外 四天王寺
◆24番 中山寺
◆番外 花山院
◆25番 播州清水寺
 〇天橋立ホテル

5日目 9月10日(水)
◆28番 成相寺
◆29番 松尾寺
◆26番 一乗寺

| | Comments (0)

Friday, September 19, 2008

すっかり、秋

台風一過。

20089191

気がつけば、すっかり秋の風情。
リンゴだってなっている。

20089192

実はこれ↑、カイドウ桜が先祖返り?して、巨大(フツーのカイドウ桜比)な実をつけるようになったモノ。
姫リンゴ程度の大きさだが、ヨーロッパのリンゴみたいな味がする。

そして、秋と言えば…。

20089193

ここんとこ、くしゃみ・鼻水が止まらず、目がかゆくてたまらないのは、このヒト↑のせい?

| | Comments (2)

Thursday, September 18, 2008

ホンジツのビックリ!

女王さまのゲタ、とも呼ばれているクララちゃん。
もう、そうとうクタビれているのだが、来年の2月になったら車検が切れてしまう。
前回の車検では、部品を取り寄せて修理しないといけない箇所が見つかったとかで、車検から帰って来て一週間後くらいに再びお泊りに行き、車検代+10万円分くらいの請求書と一緒に帰って来た。
車検と合わせて車検代+10万円分くらいだったわけではない。
車検代+車検代+10万円分くらいが請求されたのである。
理由は、“車検の時と同じように、もう一度解体して修理する必要があったから”というものだったが、この某トヨタのO営業所のやり方に怒髪天の女王さま。
既にスカーレットちゃんの購入を考えていたにも関わらず、営業さんに即お出入り禁止が申し渡されたことは言うまでもない。
そのため、スカーレットちゃんは70キロ以上離れた某トヨタのM営業所から、トラックに持ってやって来ることになったのだ。。。

で、その車検から早2年。
なんたってクララちゃんは10年選手なのだから、車検となると、またしてもオオガネがかかってしまうに違いない。
なので、その前に下駄をクララちゃんからほかのコに履き替えよう、と、そういうことで、只今物色中なのである。

「わらわがその辺りをちょろっと乗るだけゆえ、自転車のようなコでよいのぢゃぞよ~。」

ということで、只今軽自動車を物色中。
今日も夕方、車屋さん街道まで下見に行ったのだが、軽自動車というのも結構なお値段で、200万円からしちゃうのもあるのだ。
びっくりwobbly

そして、某クルマ屋さんに置かれた水槽には…。

20089181

おっきな金魚?とザリガニ、沢がに?、それにメダカがいっぱい。

「このメダカは生餌ですか?」

と、思わず聞いてしまったのだが、どうやらこのヒトたちは仲良く共存しているらしい。
ウチの“しゃおちゃい”(キメダカ)は、越冬のためデメキンのめーちゃんとリュウキンのリュウちゃんが泳ぐ水槽に入れたところ、ある朝起きたら忽然と姿を消してしまっていたというのに…。

これまたビックリsign01
いや、ただ、それだけなのだが、しかし、狭い水槽の中とはいえ、みんなが仲良く一緒にいるというのはいいことだ。
ということで、地球の中のみなさんも、仲良くしましょうね。
隣人に毒入りのお米食べさせてるバヤイぢゃないですよ。

| | Comments (4)

Wednesday, September 17, 2008

REDCLIFF~キャスティングに一言、言っていい?~

オオムカシ、ワタシは文学少女だった。
特にお気に入りだったのが平安王朝文学と戦記物。
そのまま育ったら、卒論は『源氏物語』かちょっとまちがっても『とりかえばや』で書くはずだった。

コムカシ、ワタシに転機が訪れた。
ナニがどうなってのコトだったのか、今では全くもって記憶にないのだが、ナンと!『三国志』にコロんだのだ。
森本レオの「殿、ご決断を。」の影響がなかったとは言えないが、ワタシが好きだったのは『三国演義』ではなく陳寿さんの『三国志』の方で、薄暗い図書館の中で『三国志』の集註・集解を探して来て、『呉書』のとある部分を大真面目にコピーしたものだ。
その頃、卒論は「孫呉政権草創期の諸問題~江北系士人の動向を中心に~」ということになるんぢゃないかと思っていたのだが、人生そう思った通りにいかないところがチャンチャンnoteなのねcoldsweats01

ということで、赤壁と聞くと並々ならぬ思い入れがあるわけで、今秋公開のレッドクリフは是非とも見に行かねばsign01と思っているのだ。
不安がないわけではないのだが・・・(笑)

で、ちろっとこのレッドクリフのHPを覗いたりしてみたのだが…動画の画面が茶色いにゃ~(笑)
で、キャストをあれこれ見ていて思ったことが幾つか。
孫権が天然パーマぢゃなくって安心したとか、孫尚香の設定が某アニメを彷彿とさせるとか、そんなことはどうでもよくって、関羽や張飛がおお~shineなんかいいゾいいゾ~catfaceとか、劉備がおやじで安心したとか、まぁ好感イロイロあるのだが、それでもどうしても納得できないことがある。

ワタシの趙子龍は何処sign02

はっきり言って、蜀が『三国演義』で中心になってることについては“判官びいきやろ、それ…”くらいな評価しかしていないのだが、諸葛亮が周瑜と並んで立ってること自体、臍で茶を沸かすくらいにおかしなコトだと思っているのだが、でも、趙雲だけはベツなのだ。
なのに…なのに…どうしてこんなにオジさんなの…bearing
ワタシのなかの趙雲は、永遠の好青年なのに…weep
京劇だって、趙雲は武生が演るのに…crying
あう。。。

いや、とってもいい俳優さんなのかもしれないし、長坂坡では素晴らしい演技と立ち回りを見せてくれるのかもしれないが、でも、ワタシのココロの中の趙雲とは別人なのweep
お前のココロの中の趙雲?そんなもん、知らん!と言われたらそれまでの話なのだが・・・think

| | Comments (6)

Tuesday, September 16, 2008

裏庭改造計画

お参りから帰ってみたら、裏庭のクチナシが丸坊主になっていた…。

20089161

犯人は、こいつだ!

20089162

いや~ん!むし~coldsweats02
とか言う前に、女王さまは素手でおつかみになって、死刑執行shoe
菊にはおんぶバッタがいっぱい…。
さらに、オバさんとこから要らなくなった鉢植えをイロイロともらって来たプランターがいっぱい…。
あっちこっちに迷路みたいに置かれていて、お幸ちゃまも楽しそう?

20089163


しかし、それでは済まないのだ…。
今日は午後からこれらの植物を植える場所を作る。
つまり、今ある庭木やら草やらを整理して、庭らしくしようとこう言うわけだ。

去年オジさんとこからあやめを盗んで来たのだが、これが今年一つしか咲かなかったのだ。
なので、これを掘り上げて、土にpig糞を梳き込み、株分けして植える…植える…植えても終わらない…。
ちっぽりだと思っていたあやめも、こうして見ると結構あるものだ。
来年は、このpig糞をしっかり食べて、立派な花を咲かせて頂戴!

植えかえた現場は、来春公開予定!乞うご期待tulip
うまく咲かなかったら、天候不順とかなんとかを理由に非公開(笑)

| | Comments (3)

Wednesday, September 10, 2008

26番一乗寺

今回最後のお寺は、国宝三重塔のある一乗寺です。
二百段にちょっと足りない階段を登ります。
最初の80段余りが頗るきつかったですが、皆さんスタスタ登られるので、一生懸命着いて行きました。

はぁ〜、終わっちゃった。
事故もなく、めでたしめでたし、です。

続きはまた来年。

| | Comments (2)

29番松尾寺

バスを降りると、葛の香りがふんわり漂って、秋ですね〜。

松尾寺には、国宝から重文から閻魔大王宛の極楽往生手形まで、イロイロなものがありました。
ちなみに、100円でした。

| | Comments (0)

28番成相寺

おはようございます。
今朝は朝一で美人観音にお参りです。
ここの観音さまは、梵天国のお姫様なんだそうです。只今御開帳中です。

天橋立も見えました。

| | Comments (0)

Tuesday, September 09, 2008

天橋立ホテル

本日のお泊まりは天橋立ホテルです。
明日朝5時45分に集合で朝のお勤めに行かなくてもイイと思うと、感慨もヒトシオです。
6時からそこいらをチョロッとお散歩…できるかしら。

| | Comments (0)

25番播州清水寺

播磨の国の清水寺には、姿を映すと3年長生きする井戸があります。

総工費四億円のお参り道路もお寺が全額負担でつけたそうです。

スゴいです。

| | Comments (2)

番外花山院

藤原氏の陰謀でむりやり出家させられた花山院は、西国三十三箇所霊場巡りの中興の祖なのだそうで、その御廟がこの花山院にあるそうな。

華やかな王朝絵巻の影ですなぁ…。

| | Comments (0)

24番中山寺

中山寺は、子授け子育てに霊験あらたかだそうで、生まれたばっかりのお子さんを連れた家族連れが沢山お参りしていました。
幸せそうな御家族を見ると、こちらも嬉しくなります。

| | Comments (0)

番外四天王寺

戦災で焼け残ったのは本堂だけだそうですが、立派な伽藍にビックリ!

だいしこう
たいしこう

ふ〜む、ふむ(笑)

| | Comments (0)

22番総持寺

8:00にお山を出発し、茨木童子の住む茨木の総持寺へ。

ここのお手洗はハイカラで、人が近付くと葉っぱからお水がはらはらこぼれます。

| | Comments (2)

23番勝尾寺

携帯も届かぬこのお寺は、ナンだかとっても偉そうです。

でも、宿坊のおねぇさんは親切で、ワタシに頭痛薬をくれました。

| | Comments (0)

20番善峰寺

京都のおマチを一望出来る山の上にあるお寺です。
気持ちがいいです。
ここにも名水があって、後口がとっても甘いお水でした。
そして、日本一の松という遊龍の松があります。桂昌院お手植えの枝垂れ桜もあります。
見所一杯です。
そして、ここのお守りは神経痛や腰痛によく効くそうです。

| | Comments (0)

Monday, September 08, 2008

番外文之助茶屋

番外文之助茶屋
清水寺の真ん前の梅山堂でお昼の後、30分のお土産タイムの間に三年坂の文之助茶屋へGO!

なんと無く恐いもの食べたさで注文した田舎氷はきな粉アイスにきな粉蜜で、中にわらびもちが入っている。

やっぱりわらびもちは文之助茶屋だね〜!

| | Comments (0)

16番清水寺

只今御本尊さま御開帳中!
後光に照らされて心と体がきれいになって行くような、そんな気がしました。

| | Comments (0)

15番観音寺

観音寺の御本尊は、弘法大師のお作だそうで。
境内には五智の水という、お大師さまはゆかりのお水があります。
頭痛に霊験あらたかだそうです。

| | Comments (0)

17番六波羅蜜寺

オオムカシ教科書に載っていた空也上人立像がある六波羅蜜寺は、その他にも素晴らしい仏像がいっぱいです。
オズシは足利尊氏が、タルキは豊臣秀吉が寄進したそうで、知ってる名前が一杯です。

本堂の奥に銭洗い弁天がおられて、そこでお金を洗って持って帰ると、お金が貯まるんだそうですよ。
うふふ。

| | Comments (0)

18番六角堂

池坊の本拠地、頂法寺は、池坊の会館に囲まれています。
縁結びの柳が有名です。

| | Comments (0)

19番革堂

京都の町中の革堂から、三日目のお参りは始まります。

| | Comments (0)

Sunday, September 07, 2008

14番三井寺

三井寺と言えば、黄不動。
弁慶がひきずって比叡山から蹴り下ろしたという鐘。

しかし、今回はそんなことはおかまいなしで、ひたすら西国札所の観音堂を目指す。
途中重文の十一面観音がご開帳になっていても、脇目もふらず、エンヤエンヤと札所を目指す。

ナンか、損してる気分…。

お参りを終えて駐車場に帰り、本日最初の買い食いは、氷金時400円。
蜜が沢山かかっていて、美味しかった。

| | Comments (0)

12番岩間寺

岩間寺の参道には、美人にしてくれる姫神様がおわすというので、まずそこでナムナム。
美人になったかしら〜?

境内に芭蕉の句碑発見!
あの、カワズが飛込んだのは、このお寺の古池なのだそう。
あと、龍が爪でひっかいて水を出したトコロがあるハズなんだけど…。

あら?
いつの間にかお参りの主旨がずれて来ているような気が…(;^_^A

| | Comments (2)

13番石山寺

洗心寮でお昼をいただき、石山寺詣。本堂に入るなり、スゴい雨です。
ドンドロさんも鳴っています。
帰り大丈夫?なカンジでしたが、日が射して来たので、そろそろ…。

参道でフナズシパイなるもの発見!
恐すぎて手が出ず(笑)。

| | Comments (0)

11番上醍醐寺

醍醐寺といえば、太閤秀吉の醍醐の花見でも有名だが、とにかく、広い。
歩いて上醍醐寺に行こうと思ったら、片道小一時間かかるらしい。
平均年齢70歳を越えようかという今回のお参りツアー御参加の皆さんに、それはあまりな難行苦行…ということで、麓からタクシー利用で参拝することになっていたのだが…。

その上醍醐寺が、8月24日の落雷で焼けてしまった。
秘仏の観音サマも焼けたそうだ。
なので、麓の下醍醐三宝院でお納経やらなにやらしているらしい。

駐車場を降りて、入山料を払って、それからテクテク…テクテク…。
国宝の金堂の前を素通りし…

17

五重塔を横目で見て…

18

ようやっと三宝院に到着。

19

ムカシ、上醍醐は女人禁制だったため、女の人はここから遙拝したのだそうで、女人堂とも呼ばれている。
その女人堂の前にいらっしゃるこの方が理源大師。

20

今はなき御本尊の准胝観音を彫ったお坊さまなのだが、醍醐天皇がこの准胝観音に祈願して生まれた皇子が後の朱雀・村上天皇なのだそうな。
…醍醐天皇といえば、女御・更衣あまたさぶらいければ、子供が36人からいらしたそうで…。
いや、子供は何人いてもいいのだが…。

22

上醍醐への参道は、すっかり通行止め。
ナンでも御堂には、避雷針を立てていなかったらしい。
再建には、少なくとも2~3年はかかるということ。
しかし、御堂が再建されても、燃えてしまった観音さまは戻らない。

今、三宝院におまつりされているのは、その燃えてしまった観音さまを模した観音さまだそうで、本家が燃えた時は、外国の美術館だか博物館だかに御出張だったのを、急遽御迎えに行ったらしい。
と、ガイドさんが聞いて来て教えてくだすった。
模造品とは言え、博物館クラス…。
あう。。。

イロイロと複雑な感慨を催しつつ、帰る道すがらあんまし見たことないてふてふを発見!

21

この蝶がいたあたりのW.Cで御一行様とはぐれてしまい、駐車場を探してさまよったことは、ナイショだ…。

| | Comments (0)

10番三室戸寺

12

500円の入山料を入ってゲートをくぐると、そこは花の寺でした。

16

恐ろしい数のツツジや紫陽花、手入れがよく行き届いてます。
満開の時はさぞかし見事なことでしょう。
満開の時の入山料は、1500円くらいとってもいんぢゃないでしょうか。

13

本堂の前は、鉢植やら何やらの蓮でいっぱいでした。

14
名残の蓮。

三重塔の前は、梅がいっぱい。

15

昔からしょっちゅう歌に詠まれた三室戸寺、花盛りの頃には、この静寂はないんでしょうが…。

| | Comments (0)

9番南円堂

大阪南港を6:30に出発し、一路奈良へ向かいます。
7時半前に南円堂着。

9

ナムナム…。

ここは興福寺の境内、五重塔もちゃんとあります。

8

なのに、今回は阿修羅も奈良博も無しです。

10_2
大きくなります

久しぶりにちょびヒゲ阿修羅に会えるかも?と、ちょっと期待していたのですが、時間があってもこんな朝早かったら宝物館開いてないし…。
遷都1300年の看板で我慢です。

そして、奈良公園の鹿。

11

阿修羅像の身体にこの奈良公園の鹿の角を付けて顔を山田寺仏頭に挿げ替えたら、セント君。
奈良のシンボルだから、というより、<三位一体のパクリ>と言われても仕方がないと思うなぁ~coldsweats01

| | Comments (0)

Saturday, September 06, 2008

西国三十三観音霊場巡りPart2

そういえば、西国三十三観音の旅行記が途中で放置されたままだわ〜と、二回目のお参りシーズンがやって来て、なんか思い出してしまったり…。
というコトで、今日から西国三十三観音霊場巡り3年コースの2年目の巡拝にお出掛けします。
前回はなんとなく成り行きで参加したお参りでしたが、三十三箇所回ったら、生まれてこのかた一切合切のツミトガが、きれいさっぱりチャラになると聞いて、今年はちょっと、真剣です(笑)
ナンたって、去年は台湾の高雄へ行って、龍虎塔をくぐって、今までの一切合切を全部チャラにして来るつもりが、修理中により全部持って帰ってしまったのです。
ここへんでちゃんと精算しておかないと、これから先大変そうなので。

今日は東予港からフェリーに乗りました。

1

いつもの豪華客船とは違い、超豪華客船です(笑)
乗船すると、船室のある階までエスカレーターがついています。
かの世界一有名な豪華客船タイタニックにも、そんなものはついてなかったに違いないsmile

特等船室B?だったかの室内には、ベッドが2つありましたが、かたっぽはイタリアのシングルベッド程の大きさで、ちょっと窮屈。

2

テレビ付のリビングもあります。

3

明日は5時半から朝ご飯を食べなければいけないというのに、今日の太王四神記は11時35分からしか始まりません。
しかも、テレビどんどん映らなくなっていくし。
やっぱりDVDボックス買い?

ウェルカムおせんべいは、オリジナルフェーリせんべい。

4

アメニティも充実です。

5

トイレは共同でしたが、洗面所はお部屋に付いてました。
大浴場にはジェットバスに泡風呂が付いているという豪華仕様。
そして、お待ちかね朝食バイキングsign01

6

さすが豪華客船、ずらりと並んだ食べキレないほどの品々。

7

しかし、食欲がないのか、ワタシがたべよっかな~と思ったのは、焼きナス・じゃこ天・スマキ・漬け物にご飯とお味噌汁でした。
にしても、ご飯ひど過ぎ。
せめて、朝炊いてください…。

| | Comments (0)

Wednesday, September 03, 2008

もう一つ、Comeingout

ジツはワタシは、デーモン小暮閣下の信者とまではいかないが、ファンと名乗るのもおこがましいが、しかし、デーモン小暮閣下御出演の舞台を見に行ったことがあるくらいにはデーモン小暮閣下を気に入っている。
ひょんなことから今日、デーモン小暮閣下のブログにたどり着いてしまい、ついつい、全部読んでしまった。
全部といっても、まだ開設されてあまり経っていないので、一気に読めちゃうくらいの分量だったのだが、今まで知らなかったデーモン小暮閣下を畏れ多くも身近に感じ奉ることが出来て、かなり楽しかった。
ふふふふふ…catface

しかし、イイことだけではないのだ。
頼まれていたエッセイを仕上げようと思ったら、ファイルが壊れていて修復も出来なかったcrying
3.5FDに覚えといてね!と言ったのだが、その後引っこ抜くのが早すぎたような気はしたのだ…。
あう…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

気がつけば、なんだかココログ…機能が増えている。
顔文字が沢山使えるようになっているし、お絵描きなんかも出来るらしい。
早速明日にでも…(* ̄ー ̄*)

| | Comments (0)

Monday, September 01, 2008

近頃の流行りモノ

2008911

最近、世間様から取り残されてすっかりモノゴトに疎くなっているのかもしれないが、ここいらのお菓子屋さんで見たことないオドロキの大福を発見!
見た目は普通の大福だが、なんと!生キャラメル大福なのだ!
ちょっと前、塩キャラメルがはやったが、これも今時の流行りモノ?

2008912

求肥の皮に、テボ豆あんこ、そしてその中にトロ~リキャラメル(ヴァニラビーンズ入り)が入っている。
パリのエスプリを感じるとか、そういうわけではないのだが、思わずハマる味。
いかんいかん、それでなくてもこのトコロまたしても人生最高を更新しそうな勢いなのに…。

人生最高といえば、去年の今頃も人生最高で悩んでいたのだが、どうもワタシはヒトサマが夏痩せする頃夏太りする体質らしい…。
ウエスト周りのお肉にぞっとなって、つい、流行りものに手を出してしまった。
そう、それはコアリズム。
まだポチっとしただけで、届いてはないのだが、それを買ったらお腹が横にではなく縦にスジが入るようになるらしい。
ウキウキ…heart01

そしてジツは…でカミング・アウトしてしまうと、今ワタシは、土曜日の11時くらいからやっているNHKの海外ドラマにハマっている…。
最初はそれこそ偶然見かけて、「なんぢゃこのニヤけた王さまは…。」と思ったものだが、なんとなくそのニヤけた王さまちょっとイイかも・・・と思い始めてしまった時、その俳優がヨンさま(本名はまだ覚えられないの…coldsweats01)と言われる俳優であることを知った。

「あのニヤけた顔がイヤだ。なんであんなに追っかけがいるのか理解不能!」

この間までそう思っていたのに…。
ヤバし…。
このままでは、DVDボックスで買ってしまうかもしれない…。
でも高い…。
中古でも高い…。
やっぱり再放送を見越して、来週からでも録画しておくべき?

こんなところでも流行りモノにつかまってしまって…あう。。。

| | Comments (4)

« August 2008 | Main | October 2008 »