« 残暑厳しき折柄… | Main | 今朝の白蓮と塩パン »

Saturday, August 16, 2008

疑惑シリーズ

20088161
大きくなります

今朝の白蓮10号。
蓮というのは、どんなに汚れたオェッってなりそうな土の中から芽を出しても、穢れ無き清らかな花を咲かせるところが偉いのだそうだ。
どんなに醜い浮世にあっても、心だけは清く澄ませて、不確かなことであらぬ疑いをかけることなく身と口と心とを慎もうと思う。
思うのだが…。

20088162

今年はお中元のウナギが来なかったので、薔薇印百貨店のセレクトギフトの中から「浜名湖名産味自慢」というのを注文した。
他の商品等も含めて察するに、おそらくは5000円コースではなかろうかと思う。
鰻5人前が入っているハズなのに、届いた箱はとっても小さい。
???
明けてビックリ玉手箱wobbly

20088163
大きくなります

これで5人分なんて…サギちゃう?
しかもうち3切れは…ナンかウサんくさい。
細身の2切れは、素性はともかくアンギラ・ジャポニカ種だとワタシの当てずっぽうなカンが告げている。
しかし、あとの3切れの肉厚幅広マムシのようなずんぐり体型のそれは、とても一緒に入っていたリーフレットで大量に焼かれている、自称浜名湖育ちのウナギさんたちと同種だとは思えない…。

このウナギ、手巻き寿司の具材にしたのだが、お腹部分の分厚い皮の脂ぎったプニュプニュ加減が、ますますワタシの疑惑を深めていく…。

ワタシの知ってる国産ウナギはこんなんぢゃな~いbearing

といっても、若しかするとここいらのウナギと浜名湖のウナギは違うのかもしれない。
なんたって、あれだけ偽装で騒がれた後だし、なによりそれをやっちゃ~天下の薔薇印百貨店の沽券に関わろうというもの。
しかし、なんか騙されてるような気がしてならない今日この頃…。

20088164

パッケージに書かれているウナギも、胴体部分が妙にでっぷりしたりしてないのだが・・・。
いや、あまり鰻さんには造詣が深くないので、滅多なコトをいうのは止めておこう。
もしかしたらメタボリックウナギなだけかもしれないし…。

蓮のように清らかに生きるのって、難しい…。

|

« 残暑厳しき折柄… | Main | 今朝の白蓮と塩パン »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

飽食日記/たべものあれこれ」カテゴリの記事

Comments

食にこだわりの強い方の勘は偽装に対する最大の防御かもしれません。
ただ、アンギラ・ジャポニカというより浜名湖や愛知産と言われているものは九州産よりも
太くずんぐりしているとの話を聞いたことがあります。
もしかすると無駄になるかもしれませんが、怪しい一袋を専門機関に持ち込み、検査して
貰ったら、良いかもしれません。
偽装という可能性は本当に多いですからね。

Posted by: こぶちゃん | Sunday, August 17, 2008 at 00:41

凄く京都らしいボリューム(爆)!
で、おいしかったの?

Posted by: しゃーねい | Sunday, August 17, 2008 at 13:56

tulipこぶちゃんさん
それがですね、もう食べちゃってないんです(笑)
どちらにしても次はもうないでしょうから、まぁいっか~ってカンジです。
写真はご飯の上に載ってる姿だったんですが、まさかこんな細切れになっていらっしゃるとは…。
そこから想定外でしたcoldsweats01

tulipしゃーねいさん
いろんなモノとマキマキしたのでよく分かりませんが、美味しいとはあんまし…(笑)
でも、これで5人前って、やっぱりジンジョーぢゃないと思うでしょthink

Posted by: SAKURAKO | Sunday, August 17, 2008 at 21:12

うわ~3000円コースでないの?

でも私なら検索して調べちゃうかもhappy02


一番上の写真で思い出したけど、高知県の牧野植物園で夜の植物園をしているみたいだよ。
行きたいケド、先にライオンバスに乗って夜のライオンを見ないといけないから、今年ではなく来年になるかも・・・。

Posted by: ひよちゃん | Monday, August 18, 2008 at 16:17

3000円でもこれってあんまりな気が…think
ご飯にウナギが載ってる写真で誤魔化してあったとしか解釈できません(笑)
セレクトギフトって、分厚いカタログの印刷代やらカタログと商品の送料が二重にかかることやらを考えたら、もの凄くコストパフォーマンスが悪いですよねcoldsweats01

でも、大和養魚株式会社のHPに紹介されてるウナギと、薔薇印百貨店経由で送られてきたウナギとではパッケージもぜんぜん違うし、自慢のウナギの姿もゼンゼン違ってて、疑惑はますます深まるばかり…catface

夜の植物園…パラグアイオニバスは一度見てみたい気がしますが、その前に北川村のなんちゃってモネの庭にも行ってみたいかも…confident

Posted by: SAKURAKO | Monday, August 18, 2008 at 23:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 残暑厳しき折柄… | Main | 今朝の白蓮と塩パン »