« いざ、ザボンの国へ! | Main | かんな和別邸(鉄輪温泉) »

Monday, August 25, 2008

地獄めぐりだGo!

旅館へ荷物を預けに行ったら、もう入ってもいいという。
それならば…と、そのままお部屋へズズイと上がって、女王さまお動きになる気配なし…。
三つ星という美味しい洋食屋さんがあるらしいのに…。

仕方なく何か調達にそこいらを歩くも、Aコープにも八百屋さんにもおにぎり1個売ってない。
八百屋さんでコンビニの場所を教えてもらい、その方向へ歩いて行くと、お寿司屋さん発見!

「すみませ~ん、巻き寿司1本巻いてください~。」

だって、1人で1本食べちゃったら、6時にした夕食が美味しくいただけないぢゃない…。
タダでさえもう、2時も回っているというのに…。

ということで、500円で巻き寿司を買って旅館へ帰り、これまた女王さまとワケワケしていただく。
それから、と…。
すっかりお寛ぎモードの女王さまを置いて、ワタシはいざ!地獄めぐりへ。
なんたって、旅館の前にはおっきく白池地獄の看板が出ているのだ。

200882551

地獄めぐり…別府といえば地獄めぐりという、別府観光の定番中の定番。
8地獄共通券2000円もしくは各地獄で400円とか200円とかの入場料を払うのだが、いくらなんでも3時を過ぎてから8地獄は回れまい…ということで、取り敢えず400円で入場。

200882552

なんか…え?こんなに小さかったっけ?
ムカシムカシ、ワタシがまだ幼女だったころの記憶の中の地獄めぐりといったら、壮大なスペクタクルアドベンチャーだった記憶が…。

あら?

200882553_2
大きくなります

しかも、とってもインチキな熱帯魚館がますます気分を盛り下げる。

200882554
大きくなります

ムカシは、ピラニアという言葉を聞いただけでアマゾンの熱帯雨林を蛇行する濁った川と、そこでピチピチ跳ねる恐ろしい人喰魚のイメージがパッツンパッツンに膨らんで大興奮だったものだが…。
我が家の金魚水槽を大きくしたような水槽に魚が泳いでいても、ちっとも面白くないゾ、と。

そんな白池地獄だが、敷地内には文化財だってある。

200882555
大きくなります

しかし、一番怖かったのは、木立のなかにぬっと立っていた一遍上人らしき人の隣にいた、ちっちゃいヒト…。
誰だろう…。

200882556
大きくなります

この白池地獄の裏の通りに、金龍地獄・鬼山地獄・かまど地獄・山地獄・海地獄と地獄が続いているのだが、地獄に仏の阿弥陀さんがおいでるという金龍地獄は4時で終了の為入場できず、しかたなく次の地獄へ。
鬼山路獄はワニがうぢゃうぢゃいるらしい。
…ワニかぁ…。
で素通りすることに。

この山路獄の向かいに(自称)民族資料館発見!

200882557

民族資料館といわれると、なんとなくみんぱくの子分のような気がしないでもないが、でも、みんぱくでは日活ロマン映画の無料上映とか…してないわよね。。。

と、その前を冷やかして、次はナンのことやらよく分からないケド強烈な個性を放つかまど地獄へ。

200882558

このかまど地獄、地獄が1丁目から6丁目まである。

200882559
大きくなります
2008825510
大きくなります
2008825511
大きくなります
2008825512
大きくなります
2008825513
大きくなります

6丁目は看板を取り忘れてしまったのだが、そんなカンジの地獄だった。
そして、ここには極楽横丁だってある。

2008825514

足湯に温泉ピータンやらなんとか饅頭やらを売っているお店もあって、かなり寛げる様子。

2008825515

なんとも盛り沢山のかまど地獄を満喫していると、あっという間に地獄の終了時間になってしまって、おまんぢうが終了してしまったのは残念の極み…。

このかまど地獄、なぜかまど地獄という名前であらねばならないのかという疑問は残るのだが、ジツに見所満載で、地獄めぐりはここ1か所でいんぢゃない?と思うくらいの充実ぶりだった。
白池地獄の400円には正直“どうなん?”な気もするが、それに比べるとここの400円は得した気分になれる400円だった。
かまど地獄から白池地獄へ行くと、非常に悲しい気分になったかもしれないが、とっても楽しく本日の地獄めぐり終了。

かまど地獄から旅館までは7~800m。
ハイヒールが足に食い込むのを感じて歩きつつながめるなんちゃってナポリ湾は、青かった…。

2008825516
大きくなります

|

« いざ、ザボンの国へ! | Main | かんな和別邸(鉄輪温泉) »

~国内九州編~」カテゴリの記事

Comments

なんか、日本ぢゃないみたいなとこですねえ。かあちゃま、知らなかったです。日本ぢゃないと言うか、時代を超越しているような気もします。
ふーちゃんが元気そうで、嬉しかったです^^。

Posted by: テツのかあちゃま | Wednesday, August 27, 2008 at 21:44

かまど地獄は解解説板が日本語・ハングル・簡体中国語とトリリンガルでした。
明らかに欧米系と思われる観光客も熱心に写真撮ったりしてました。
…高い燃油代払って見たいかと聞かれると…ちょっと暴れるかも?な気がしないでもないですが、不思議の国ニッポンのネタにはなる…かも?coldsweats01
かぁちゃまも是非一度体験してみてくだされ^^
ふ~ちゃんが終始ご機嫌なのが救いでござったconfident

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, August 27, 2008 at 22:07

お~~~!
6年前に行きましたよ~!
Sakurakoさんと同じで小さい頃に行った時はもっと大きかったような気がしました。
そんでもってワニ見ました・・・。

Posted by: 翔太郎ママ | Thursday, August 28, 2008 at 18:53

そうですそうです、ムカシはもっとこう、迫力ありましたよね~spa
そして、地獄の神秘に打たれたモノでした。
なのに~なぁぜぇ~note(笑)
ワニは、ムカシムカシに見たような記憶があります。
あれがハンドバックやらベルトやらになると聞いて、地獄ってザンコクなところだと思いましたcoldsweats02

…若しかして、騙されてます?ワタシ…coldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Thursday, August 28, 2008 at 23:03

別府なんて小学校の修学旅行以来いってないです。
記憶も猿に皆がタカられてることくらいで・・・って、実は違うとこ(笑)?!
別府からフェリーに乗っただけ?

Posted by: しゃーねい | Sunday, August 31, 2008 at 13:49

それは、タカサキヤマというところだと思います。
なんか、よく分かんないけどコワいお化け屋敷が会った記憶が…。

Posted by: SAKURAKO | Monday, September 01, 2008 at 23:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いざ、ザボンの国へ! | Main | かんな和別邸(鉄輪温泉) »