« KE925 アムステルダム行 | Main | 世界一の花園は遠し… »

Friday, April 25, 2008

空港周辺ホテル~イビス編~

21

オランダはチューリップの国というイメージ通り、空港バスを待つバス停付近にもチューリップ。

23

見たことのない黒い鳥が、チョコチョコ歩いていた。

今日はイビス(IBIS)にお泊まりなのだが、日本からホテル宛にメールでシャトルサービスについて確認したところ、24時間以内に「9A乗り場から約25分置きにシャトルサービスがあり、無料」であることの回答が来た。
「待ってます」の詞も添えられており、まずは好感の持てる対応。
空港バス乗り場は直ぐに分かったのだが、そこに張られたこの空港バス時刻表が、その後物議?を醸すことに…。

22

ともあれ、この日は何事もなく、イビスとお隣にあるエタプ、そしてノボテルの3か所を廻るバスで一路ホテルへ。
道々、かわいい家とか満開の牡丹桜とかいろいろあったのだがうまくお写真出来ず残念…。

重い荷物を担ぎあげ、バスに揺られて10分程でイビスに到着。

24

今回、航空券手配の過程でアムステルダムに入るのが1日早まったため、当初予定の2泊に1泊を追加することになったのだが、同じホテルが取れず、慌てておさえたのがこのホテル。
一泊税込みで83.47ユーロ。円に直すと13,844円也。

25

レセプション周辺は、団体客の集合にも対応できるようにゆったりした空間。
「Booking.comから予約しました」と言って控えを見せると、支払は今?明日の朝?と聞かれたので、そのまま支払いを済ませておく。
どちらにしろカード番号を担保?にとられるワケだから、一回で済ませた方が気が楽だと思うのだ。
しかし、である。
レセプションの上のトコロに「パスポートを用意してください」と大書してあったので、二人分のパスポートを握りしめていたのだが、それは見てもらえなかった。
いえ、別に、いいんですが・・・。

旅行者向けホテルなので、ポーターサービスなんて結構なものはなく、自分でえっちら荷物を運んでかなり遠い客室へ。
その途中、何故かとってもアヤしい色したエスカレーター。

26

お部屋はう~ん、ちょっと無機質。

27

広くはないが、荷物が広げられないことはない、というカンジ。
しかし、機能的と言うのか殺風景というのか…。

272

困らないのだが、ちょっとさびしい気もするカンジ。
それは昨日のお楽しみ満載ヨンビンホテルと比べてしまうからかしら…(笑)

273

バスタブはなくシャワーブースのみ。
全体に古い感じはしないが、やはりなんともちょっと淋しい。
アメニティもほとんどなし。

やっぱりヨーロッパはホテルが高いと実感する。
しかし、一日だけの仮寝の宿だし、これからもでかけるし。

ということで、荷物を置いたら早速行動開始。
あちらはなんたって日が長い。
7時前でも雰囲気的には4時過ぎなカンジなのだ。
機内で少々寝たとは言え、身体的には相当夜更かしのハズなのだが、こんな時に“宵っ張り”な習慣が役に立つのね。

ということで、再びバスに乗って空港からアムステルダムの夜の街へと向かうのでした。

28
只今18時11分(現地時間)

|

« KE925 アムステルダム行 | Main | 世界一の花園は遠し… »

~海外ヨーロッパ編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« KE925 アムステルダム行 | Main | 世界一の花園は遠し… »