« 大韓航空でヨーロッパ! でもその前に… | Main | 三国食いだおれの旅一日目 »

Thursday, April 24, 2008

1泊お2人様5300円~ヨンビンホテル~

台湾にタイペイナビがあるように、韓国にはソウルナビがあって、これが実に重宝なのだ。
ホテルの紹介もさることながら、空港からのアクセス、最寄駅からの懇切丁寧な行き方指南とまさに至れり尽くせり。
そんな中から今回ワタシたちがチョイスしたのは、地下鉄東大門運動場駅から、ちょっと考える時間も入れて徒歩5分ほどのヨンビンホテル
なんといっても、ただのトランジットだし、宿泊にあまりお金をかけたくはないが、しかしそれなりのトコロでないと辛いし…という、ワタシたちのオモイを具現化したそのホテルのお値段たるや、ツイン一泊5300円sign01
つまり、1人分だと2650円でお泊まり出来ちゃうのだ。
空港からの往復に20000ウォンかかってしまうが、それでも空港内のトランジットホテル宿泊よりも格安!
いったん入国するコトになるので別途空港税がかかることまで考えたら、トランジットホテルの方が安い気もするが、せっかく韓国にいるのだから美味しいものでも…と考える向きには検討の価値大ではなかろうか。

ということで、気になるのはそのツイン5300円の中身なのだが…。
はっきり言って、近未来的?なカギやら照明コントローラーに翻弄されて、食事に出かける前の貴重な時間が大きく犠牲になった気がしないでもない(笑)
果たしてどんな?と思われた方は、百聞は一見に如かずということで、現地調査をおススメする。
…いやこれは、ヒモジさが優先してお写真を撮り忘れたことを隠蔽しようという魂胆で言っているわけではないのだが…。

客室はそこそこ広さもあり、ベッドはやや柔らかいきらいがあるが不快を感じる程ではない。

21

シーツがかなりくたびれていようが、ノリが効いていなかろうが、きちんとお洗濯してあるのだからそれでいいのだ。
ナニせ1人2650円なのだ。
オトモダチのトコロにお泊りに行くお土産代程のお値段なのだ。

お風呂場は無意味にヒロビロ。

22

さすが韓国sign01と言うべきか、ピンクのアカすりタオルもしっかり標準装備。

23

この歯磨き粉やコップ・石鹸に、ますますオトモダチのトコロでお泊まり感増幅happy01
さらにsign01

24

鏡の前の化粧水やら整髪料のカンジもオトモダチのトコロ感弥増しなら、その最前列にど~~~んsign03と置かれた強力殺虫剤が、最早他人さまの家とは思えない親しみを覚えずにはいさせない存在感で笑いを提供してくれる。

いや、十分に寛げました。

フロントのおじさんやおにぃさんの対応もよく、ジツに使いやすいホテルではなかろうか。
禁煙の部屋がないということで、極力煙草臭くない部屋をと言うリクエストを入れてもらったのだが、煙草の匂いも気にならず、快適に眠ることが出来た。
コストパフォーマンス的には高雄の松柏大飯店には及ばない感があるものの、アットホーム感は抜群sign01
しかし、なんといっても所在地が首都であることを考えたら、やはりお得感は高かろう。

このホテルにはサウナが付いていて、宿泊客は1人は無料2人目から半額(2000ウォン)になるらしいが、これは夜は20:00まで、朝は5:00~だったが、起きて行ってみようとするハズもなく?そのままチェックアウトしてしまった。
他に韓国エステサロンも併設されているのだが、これはワタシたちが泊まった24日まで改装のため休業。
ジツはこれを狙ってこのホテルにした感もあったため、ワタシ的にはかなりガックシだったが、そのおかげで夕食を遠出した感もあり、その夕食が大満足だったのでこれまた良かったことにしよう。

|

« 大韓航空でヨーロッパ! でもその前に… | Main | 三国食いだおれの旅一日目 »

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大韓航空でヨーロッパ! でもその前に… | Main | 三国食いだおれの旅一日目 »