« 懐かしのトマトケチャップスパゲッティ | Main | ヴェルサイユ宮殿一押し観光ガイド »

Friday, March 07, 2008

欲の皮が突っ張ってどんと。

本日御夕飯時にここいらからちょっと行ったところのスーパーへお出かけすることになった。
そして、もうメンドーくさいからご飯を食べて帰ろうということになった。
身が燃えている人が一人いて、何でもいいゾ!お寿司?おごっちゃるけん!と嬉しそうにしていたのだが、こちとらメンドーくさいのだ。
なので、スーパーの中のトンカツ屋さんで本日の晩御飯済み。

おりしもただ今とんかつ祭りなるもの開催中で、ロース・ひれカツ定食1290円・ロースカツ・海老フライ定食1190円・ひれカツ・海老フライ定食1190円が全部1090円で、しかもいつもだったら+100円のお味噌汁を豚汁にランクアップがサプリメントなし、ご飯もサプリメントなしでとろろごはんが選べるというのだ。
素晴らしい!

欲の皮が突っ張ったワタシは、迷わずロース・ひれカツ定食をトロロご飯に豚汁でいっただっきま~す!

20083081

とはいえ、なんか…スゴい量でございます…coldsweats01

女王さまは、そーいうトコロに頓着なされないのか、ひれカツ・海老フライ定食をご注文。
こっちの方が100円分損をするのに…。
そんなお考えはもっちゃいらっしゃらないらしい。
なんたって、女王さまであらせられますから…。

20083082

この1090円のトンカツ定食をいただきながら、ワタシはなんというか、それはそれは、満ち足りた気分になった。
どうやらワタシの生まれ育った家庭というのはあまり裕福でなかったのか、このテの定食モノで何がしか足したらお味噌汁が豚汁に変更可というシチュエイションで、そのお許しが出た例がなかったのだ。
トンカツに豚汁に憧れつつも、それはワタシにとって、してはならない贅沢だという観念が、すっかりきっちり刷り込まれていたのだ。
なのでワタシは今日、まさに生まれて初めてお味噌汁から豚汁へのランクアップを味わったわけだ。
感無量…happy02
生まれて初めての豚汁へのランクアップの味は…みそ汁味の野菜炒めだった(笑)
いや、キャベツが入っているのだ。
花園では、どんなにキャベツが冷蔵庫の中でおネンネしていても、豚汁に入れたことはないのだが・・・。
豚汁とは、果たしてこんなものなのだろうか…。

豚汁といえば、ワタシが育った家庭にはもう一つルールがあって、焼肉屋さんで汁モノを注文する際には、ワカメスープではなく必ず豚汁を注文させられていた。
何故だかは不明なのだが、ワカメスープは御法度だったのだ。
何故かしら…。
産地偽装だから?

いやいや、そういうことではなくて、つまり、定食屋さんで豚汁を食べたことはなくても、焼肉屋さんでならあったわけで、ヨソサマの豚汁の味を全く知らないというわけではないのだが、本日の豚汁はそれでも未曽有のお味だったのだ。

いや、なんか、カンドウしました…(笑)

そして、トロロご飯はというと…やっぱりトンカツには白いご飯のほうが合う!と、声を大にして叫んでおこう。
ご飯にまでお醤油をかけるもんで、トンカツのソースと相俟って、あとから喉が渇いて渇いて…。
トンカツも気分が悪いくらいまで食べ過ちゃったし、やはり多すぎだろう。

今日は、欲に目がくらんでトクした気になっても、世の中いい話ばっかぢゃないんよ…という教訓をもらったような気がする。
何より、初ランクアップのささやかなトキメキが幸せだった。

しかし、何故あの時ワタシは、メンドーくさいからお寿司じゃなくてもいい!なんぞと血迷ったことを思ったのだろう…。
これは、今でもナゾだ…。

|

« 懐かしのトマトケチャップスパゲッティ | Main | ヴェルサイユ宮殿一押し観光ガイド »

~おそとで和食編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 懐かしのトマトケチャップスパゲッティ | Main | ヴェルサイユ宮殿一押し観光ガイド »