« 光陰矢の如し… | Main | 欲の皮が突っ張ってどんと。 »

Thursday, March 06, 2008

懐かしのトマトケチャップスパゲッティ

昨日のスパゲッティランチがあまりに悲惨だったので、今日はリベンジ!
懐かしシリーズでいわゆるニッポンのスパゲッティを作ることにした。
ニッポンのスパゲッティといえば、ケチャップを使ったナポリタン。
なので、キノコとソーセージででも作ってみようと思ったら、ソーセージがない。
仕方なくひき肉で代用したら、ボローニャ風とあんまし変わらなくなったような気が…。

自慢ではないが、ワタシはもう○十年もケチャップを使ったことがない。
トーゼン、買ったこともないわけだが、実は花園には今あるのだ、ケチャップが。
それも、女王さまが東京へお行き遊ばした時に“おみやげぢゃぞぇ~”と買っていらしたちょっと高そうなのが。

20083061

なんでもエラいこだわりのケチャップらしくて、開封したら一週間で使いきれとか、無茶苦茶なことを主張するのだが、普段全くケチャップを使わないワタシにケチャップを使えとおっしゃられても…ムニャムニャ。。。

しかし、今日ばかりはこのケチャップが役に立つではないか。
というわけで、お肉とキノコを炒めてケチャップをまぶしてソース完成!
言うまでもないのだが、これまたアマアマ(笑)

そして、ワタシにとってのスパゲッティというと、もう一つ。
それは、ジュゥジュゥ音を立てて鉄板の上に載って出てきたダリアパーラーのスパゲッティ。
このダリアパーラーというのは、今は薔薇のマークに変わってしまった某M山にあるデパートのM2階にあった懐かしの軽食喫茶なのだ。
そのトマトケチャップいっぱいのスパゲッティの上には生卵が一個落としてあって、それがスパゲッティの熱と鉄板の熱とで半熟状になって麺とぬっとり絡んで、なかなか深い味わいだったのだ。
しかし、鉄板ジュゥジュゥというのも…なので、今日は半熟目玉でスパゲッティにトッピング。

20083062

材料の関係もあり、結果的に私が思い描いたスパゲッティとはちょっとかけ離れてしまったのだが、結論はこうである。

トマトケチャップ使用の日本古来の伝統スパゲッティであっても、麺のゆで加減はアルデンテにした方が美味しい。
これがトマトケチャップでなく、ホールトマトに塩でまとめたら、もっと美味しくなったのに…。

やはり敗因は、正当ナポリタンではないものになってしまったことではなかろうか…。
なので、ケチャップが悪くならないうちに、もう一度今度こそちゃんとしたナポリタンに挑戦してみよう。

|

« 光陰矢の如し… | Main | 欲の皮が突っ張ってどんと。 »

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おうちでパスタ編~」カテゴリの記事

Comments

むむ・・・?明宝?もしや岐阜県高山のものではなかろか?
東京にも売っていたのでござるか。
前に東京からお客さんが来て、一緒に高山へ行った時、
そのケチャップを感激して買って帰りおったぞよ。
美味しいらしい・・。
しかし、鉄板スパゲッティを知っているなんてsakurako殿
だいぶ長生きしておられるな^^。
そのナポリタンにはやはりウインナでござろう。そして
鉄板に卵焼きが敷いてあって、その上にスパゲッティが乗っているのが正統派でござる。

Posted by: テツのかあちゃま | Friday, March 07, 2008 at 22:32

トマトの刻んだ感がまだ残っててちょっとサラリとしてマスが…トマトクリームソースにしてコロッケにかけたら美味しいカモ…なお味でした。

しかし、鉄板スパゲッティって、今もうないんですか?
そんなことないでしょ~。
オトトイにも見ましたもん。
…何年前のオトトイだかは定かではござらんが…coldsweats01
今日、ソーセージが発掘されたので、明日あたりリベンジして見るでござるよ。
しかし、卵焼きが敷いてあるのは…ここいらでは見たことないでござるよ。

Posted by: SAKURAKO | Saturday, March 08, 2008 at 01:13

(誤)卵焼きが敷いてある。
(正)卵を流し込んである。
でしょう。

Posted by: まさ | Saturday, March 08, 2008 at 09:18

おお、そうでしたか。
確かに、卵は流し込んだだけの方が、半熟トロトロ加減で麺にからんで美味しそうですね。

Posted by: SAKURAKO | Saturday, March 08, 2008 at 09:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 光陰矢の如し… | Main | 欲の皮が突っ張ってどんと。 »