« GWお旅行計画③ | Main | 一日目のお昼 »

Wednesday, March 12, 2008

明日から美人の湯三昧at湯田温泉

春のうらうらに誘われて…今日も花粉がえらいこと飛び回っている・・・。
こんな日は、オウチに引き籠ってゆっくりとお昼寝などしていたい。
しかし、ワタシは明日から、お仕事で温泉に行かねばならぬのだ!

・・・この言い方は、少しく正しくないかもしれない。
仕事の関係で山口に2泊することになったため、どうせだったら大きなお風呂に入ろうと、温泉旅館を取ったのだ。

13日はかの有名な西の雅 常盤
ホテル側のセールスポイントは「豪華さを誇る宿。女将劇場連日開催」なのだが、ここは連泊する予定だったとある親娘が、そのあまりの食事の●●さに一日で逃げ出したという、花園では既に伝説の旅館なのだ。
女将劇場もスゴそうだが、そんな食事って、どんな食事?

しかし、危険を冒してあえてフツーに泊まるには、宿泊料金が高過ぎる!
そんなあなたに朗報sign01出張応援!旅館で過ごす1泊朝食ビジネスプラン(月~木曜日)というのがあって、ビジネスとさほど変わらないお値段で泊まれちゃうのだ。

と言うわけで、一泊目はこの西の雅 常盤に決定!

食事にこだわったら、今度はお湯にもこだわりたい。
湯田温泉の中で自家源泉を持つ旅館というのは、実はそんなに多くない。
そんななかで、まだ一度も行ったことがないのが梅乃屋
湯田温泉の中でも特に美肌効果や肥満解消に優れているお湯らしい。
この旅館にも一泊朝食割引プランというのがあって、これもビジネスとそれほど変わらないお値段で泊まれちゃうのだ。

ふふふ…楽しみcatface

いや、シゴトなのだ、シゴト…。
明日までにちゃんと資料は出来るんだろうか…。

|

« GWお旅行計画③ | Main | 一日目のお昼 »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

Comments

おおお…見事な高級旅館の二連泊…羨ましい。
しかも使い方も賢い…夕食代八千円は、山口市内で外なら相当
高級な食事が出来ますもんね。

その昔、父と二人で鹿児島の高級旅館:雅叙苑と妙見温泉石原荘に連泊したら、温泉名は違うけど、川を挟んで向かいだったことがあります。

脱出して、近所に行くにもド辺鄙ゆえ、タクシーで市内に出る
しか方法がなく、旅館内で食べました。
どちらも温泉、宿、食事ともに素晴らしく、特に石原荘は赤坂の
料亭レベルの食事に12畳+8畳の寝室がついて一人26000円は
全く高いと思いませんでした。
お酒も冷蔵庫内は原価だったし、良い旅館だった…。

Posted by: こぶちゃん | Wednesday, March 12, 2008 at 17:25

雅叙苑と妙見温泉石原荘、どちらも一度行ってみたいと思っているトコロです。
そうですか、石原荘がいいですか。

しかし…川を挟んでお向かいだとは知りませんでしたthink

Y口は、フグ時期のご飯はわりとNGが多いです。
フグぢゃなきゃいけないと思って出すんでしょうが、自称天然トラフグでも水っぽいものが多くてガッカリです。
お好み焼きくらい食べておくのが賢いかと…。
というコトで、一軒気になるお好み焼き屋さんへ行ってきマスhappy01

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, March 12, 2008 at 21:47

> Y口は、フグ時期のご飯はわりとNGが多いです。

なるほど、土用の鰻と同じですね。
うちの近所の店は、土用は他に行ってくれ、と冗談交じりに
言います。
何せ今時、オーダーが入ってから下焼き⇒蒸し⇒本焼きとやる
ので最低20~30分かかるから、時間がかかるし集中してやれない
のが嫌らしい。職人気質だよな~。

ちなみにY口のお好み焼きって、広島焼きと同じスタイルですか?
それとも蕎麦の入らない純関西風ですか?

Posted by: こぶちゃん | Thursday, March 13, 2008 at 14:21

といいますか、山口のフグは、フグ自体があまり良くないので、フグ料理が全てよくないんです。
テッサなんて、たいがいのお店が水っぽくてザラザラしてます。
いいフグは一部の高級店とあとは全部都会へ行ってしまうんでしょうね・・・gawk

お好み焼きは、広島風というのを探して食べてるせいか、ベタ焼きは見かけません。
もしかしたら、そちらの方が多いカモ…デス。

Posted by: SAKURAKO | Sunday, March 16, 2008 at 23:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« GWお旅行計画③ | Main | 一日目のお昼 »