« 有喜そば | Main | 先斗町で六十年〜由兵衛〜 »

Friday, February 15, 2008

高島屋のワナ

ホテルに荷物を置いて、久しぶりに京博へ行こうと東西線で東山まで行き、そこからバスに乗る。
…市バスって、160円ぢゃなかったっけ?
何時の時代のヒトやねん!
1人でボケて突っ込みながら、東山七条界隈をブラブラ…。

このあたりには、ムカシ行きつけだったお茶道具屋さんがある。
はじめはもう、今にも崩れるかと思うような由緒ありげな店舗で営業していたのだが、何時の間にかお向かいにきれいなビルが建って、そこにお店を移して早…おそろしや…。

そのお道具屋さんは卸なのだそうで、ちゃんとしたものがそれなりの値段で手に入ることから、袱紗やら小茶巾やら、コマゴマしたものを調達するのに重宝していたのだ。
で、今回も新しい袱紗を購入。

「しっかりした方がよろしおすか?」
「いいぇ、捌きにくいようなんは要りません!」

所詮消耗品と割り切ってしまえば、こういうものは新しい方がいいのだ(笑)

そしていざ、京都国立博物館へ!

2008215

…の前を素通りして、足は大仏さんへ。。。

豊国神社の隣にひっそりと立つ大仏さんは、かの家康が秀頼にイチャモンを付けた国家安康・君臣豊楽の鐘があるところ。

2008215_2

その部分が白く塗られているのは如何なものかと思うが、それよりも、この有名な鐘が、このアイダの戦争の時に供出もされないで、そのまま今に残っていることに不思議を感じるのはワタシだけだろうか…。
まぁ、今となってはどうでもいいことなのだが。

写真を撮っていると、一人のワカモノがやって来た。
鐘楼に上ろうとしたところ、ワタシが写真を撮りたげにしているのを見つけ、引き返す。
そして、ワタシが写真を撮る間、ジャマにならないところで待っていてくれた。

近頃のワカモノ、ええやつやん…。
ムカシノのワカモノの中には、そんな気の利いたヒトは最早あんまりいなくなってしまってるんぢゃ~なかろうか。
ちょっと、キモチのいい出来事だった。

で、この辺りをウロウロしている間に、ワタシの足は限界に近づきつつあった…。
ナニがいけないって、靴を間違ったのだ。
ヒールが高いので足首が固まりそうなのと、足の裏がジンジンしてきてどうにかなってしまいそうだ。
このままでは、明日食べ歩きが出来ない…。
京博にも行きたいが、ここも一旦入ってしまえば、ますます足が…。

靴を買いに行こう…。

そう決断するまでに要した時間は、0.03秒くらいだった。

京都でお買い物をすると言ったら、高島屋
何故ならば、ANAカードでお買い物するとマイレージが貯まるからだ。
こういうところでも、つくづく中央と地方の格差というのを感じるのだが、ここいらの“いよてつ高島屋”では、いくらお買い物をしたところでビタ1マイルも付かない。
全国18店舗の高島屋ではマイルが貯まるというのに、である。
オマチに住んでいる人は、飛行機に乗らなくったってマイレージがサクサク貯まるようになっているのだ。
それを使ってイロイロ楽しいことが出来るのだ。
ここいらのモノには、そんな楽しみすらないのだ…。
これでいいのか?ニッポン!

と半ば本気で憤りつつ、2月といえば、デパートの最安シーズンである。
とにかく靴は、明日のためにその①なので必須!とばかりに、まず靴売り場へ。
靴だから選ぶのに時間がかかるかとおもっていたら、ナンと5分で決まってしまった。
手頃で履きやすくって軽くて痛くない、そんな靴がすぐに見つかるのも、オマチの品揃えならではだろう。

そして、ワタシはナニを血迷ったか、天井からぶら下がった赤札に導かれ、気がついたら婦人服売り場へ。
女王さまのお誕生日プレゼントがまだだったので、ちょっとこぢゃれたセーターでも、と思ったのが運の尽きだったのだ。

女王さまのお誕生日プレゼントは、結局セーターでは終わらなかった…。
それを選んでいたら、いつもお幸ちゃまにお御馳走を差し入れてくださるおばさまによく似合いそうなセーターがあった。
そこいら一面、半額の嵐。
それに飲み込まれて、つい…。

マ・・・マイレージが貯まるもん!

そう心の中で呟きながら、去年の暮に三越で買ったセーターが半額になっているのを見つけた時には、心の中で血を吐いてしまった…。
余りに苦しいから色違いをも一つ買って行こうかとすら思ったものだが、いくらマイレージが貯まるといっても、先立つものには限度があるのだ…。
もう、これ以上高島屋のワナにハマるわけにはいかないのだ…。

そう自分に言い聞かせ、取り敢えずお茶でもしようとずんずんと上の方へ登って行くと、糖朝発見!
この糖朝、香港でものすご~く愉快でない思い出があるのだが、それでもなんとなく、そういうものが食べたい気分になって、ふらりと入る。

2008215

注文したのは糖朝パフェ672円
出て来た瞬間、しまった…と思う。
なんぢゃこの、イカにも美味しくなさそうな植物性ホイップクリームの渦は…shock
しかもキウィ干からびてるし…。
小豆は…このエグみを残して炊くのが糖朝風?

しまった、月ヶ瀬にすればよかった…。
このでっかくってゴージャスな雰囲気のお店におびき寄せられて、ついつい調子に乗ってパフェなんて注文してしまったことも、高島屋のワナ?

なんともかんとも、今日はすっかり高島屋にハメられてしまったようだ…。

|

« 有喜そば | Main | 先斗町で六十年〜由兵衛〜 »

爛漫日記/買い物編」カテゴリの記事

~国内関西編~」カテゴリの記事

~おそとで喫茶・スイーツ編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 有喜そば | Main | 先斗町で六十年〜由兵衛〜 »