« 2月15日~17日 京都・大阪行 | Main | 春を告げるお野菜の饗宴 »

Sunday, February 24, 2008

日曜日だものサーモンサンド

ワタシはちっとも自覚していなかったのだが…、どうやら花園の食卓はカロリー高い目らしい。。。
ということで、最近ちょっと、肉類を控えている。
お肉を摂ると摂らないとでは、体脂肪の上昇率に雲泥の差がつくというのだ。
お魚ならばイイのよね♪

ということで、本日の朝食はサーモンサンド。

20082241

岩手県産コユキで焼いた食パンに、チシャ・ルッコラ・サーモン・玉ねぎスライスと重ね、レモンを絞っていただくのだが、ここで自家製マヨネーズとケイパーがちょっと加わると、プロの味になるハズなのだ。
がしかし、昨日ここいらのスーパーでは、ケイパーをいくら探してもムダだということを、身をもって体験学習してしまったのだ…。
マヨネーズを作らなかったのは、単に面倒くさかったから(笑)

サーモンは、昨日から塩・グラニュー糖にディル・レモンの皮を合わせて漬けこんでおいたモノ。

20082242

ちょっと漬けすぎた気がしないでもないが、ショセンはシロートのサーモンサンドなのだから、こんなもんで…。
とか言いつつ、ジツはもっと美味しく出来るハズなのに…と、次回に闘志を燃やしている。
なにより、ちょっとオマチへ出て、ケイパーを買ってこよう。
そして、こんな時のパンはやっぱりタダの食パンではなく、パン・ド・カンパーニュだろう。
マヨネーズは…フレンチドレッシングくらいでカンベンしてあげてもいいかも。

この野望が何時実行に移されるかは、まだ未定。

|

« 2月15日~17日 京都・大阪行 | Main | 春を告げるお野菜の饗宴 »

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おうちで洋食編~」カテゴリの記事

Comments

サーモン、こうすればおいしそう。ホテルの立食パーティーで出てくるスモークサーモンがトラウマでサーモンには手を出さない傾向です。
春です。昨日、ゆがいたふきのとうをピザのトッピングにしたら、なかなかでした。アーティチョーク風でしょうか。筍とバジルもよいですが、筍はまだまだ地中ですね。

Posted by: まさ | Monday, February 25, 2008 at 08:45

とうちゃん、これ美味そうだね。今度作ってね。
マヨネーズはあたしが作るよ。ってうちで喋れ!

Posted by: テツのかあちゃま | Monday, February 25, 2008 at 22:00

fishまささん
ワタシもあのスモークサーモンがダメです。
ホントに美味しいスモークサーモンは美味しいですけど、滅多にあたりませんよねcoldsweats01
これにジェニパーベリーを入れると、よりスモークサーモンっぽくなります。
ふきのとう、ピザですか!
今、冷蔵庫の中にあります!
まだ生きてたら試してみませうnote

fishテツくんのかぁちゃま
ワタシはお刺身用の短冊で作ったでおぢゃるが、せっかくとうちゃまが作ってくださるのなら、サーモンの半身とかでやらかくマリネした方がきっと美味でござるよ。
パンにはさまなくっても美味しゅうござる。
そういえば、ピッツァに載せてもよいよいでござるし、そのままお野菜を添えていただくバヤイなんぞは、マヨネーズ作らなくても、オリーブオイルとビネガーでイケるでおぢゃるsmile

Posted by: SAKURAKO | Tuesday, February 26, 2008 at 03:00

以前この手の料理でアイスバインを作りました。漬け過ぎ(レシピ通り)で塩抜きすれどもすれども、しょっぱくて大変でした(笑
アイスバインにはアクアビットとかいきがって飲んでましたが、あんな酒も頭がぶっ壊れそうで、倭人にはむきまへん(爆

Posted by: まさ | Tuesday, February 26, 2008 at 14:33

pigまささん
アイズバインではありませんが、以前プルーンと豚肉の煮込みを作ろうとして、やっぱり同じように塩漬けにして大失敗したコトあります。
その時もレシピ通りだったハズなのに、塩抜きしても塩がぬけ~ん!bearing状態でした。
一緒に煮込んだワインを返して~shockなカンジで、こまりました。
ワタシだけの辛い過去かと思ってナイショにしてたんですが、まささんも同じようなご経験をされたということで、心強く思いマスnote

Posted by: SAKURAKO | Thursday, February 28, 2008 at 00:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2月15日~17日 京都・大阪行 | Main | 春を告げるお野菜の饗宴 »