« 赤とお幸ちゃまとクリスマス | Main | 御当地生クリーム »

Wednesday, December 26, 2007

年の瀬や…

0712261

“すぐき”の届く季節になると、今年も早終わりだわ~というキブンになる。
ジツはこの“すぐき”、女王さまがあまりお好きでない。
なので、今回ちょっと切り方を工夫してみた。
お昼に魚三楼の鱧茶漬けを載せたお粥と一緒にいただいたのだが・・・。

0712262

この、白焼きした鱧を梅肉風味で炊き上げたという鱧茶漬け、結構硬い目でしっかり目のお味に仕上がっていて、如何にも高級なお茶漬け(今日の場合はお粥なのだが)という風情になる。
梅肉風味というよりも、お醤油風味という感じだったが、美味しくいただけて目出度し目出度し。

このお粥を召し上がりながら、女王さまがおかしなことを仰った。

「すぐきを出すのではなかったのかぇ~?」

はい?
女王さま、先ほどから女王さまが、パクパクと召しあがっているそのお漬物こそが、すぐきでございますが?

どうやらワタシの作戦は大当たりで、切り方を変えたら“すぐき”を“すぐき”とも思わず、ご機嫌よく召しあがっていただけたようだ。
しめしめ…(笑)

年の瀬も押し迫ってしまったので、久しぶりに花を生けた。
裏山から盗んで来た山茶花なのだが、いや、こういってはなんだが、なかなか豪快なカンジになってしまった(笑)

0712263
大きくなります

|

« 赤とお幸ちゃまとクリスマス | Main | 御当地生クリーム »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

飽食日記/たべものあれこれ」カテゴリの記事

女王さまとワタシ」カテゴリの記事

Comments

前々から思っておったが、sakurako殿は
たいへんセンスがおよろしいでござるな。
料理といい、お花といい、お人形といい、
いやあすばらしいでござるよ。かあちゃま好きでござる。
でもお幸ちゃまのトナカイさんだけは
かあちゃまイヤでごぢゃるよんん・・

Posted by: テツのかあちゃま | Thursday, December 27, 2007 at 22:24

そ…そうでござるか?(照れ照れ…)
ちょっと、かなり、とっても嬉しいでござる。
ありがとうござる。
でも、お幸ちゃまのトナカイさんは、
かなりイケてると自信作だったのでござるが・・・ーー;
来年は、サンタ帽にしてみることにいたそうか…。
え?
そういうことぢゃないでござるか?

Posted by: SAKURAKO | Thursday, December 27, 2007 at 23:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 赤とお幸ちゃまとクリスマス | Main | 御当地生クリーム »