« 最終日のお昼 | Main | やっぱり、おかしい…。 »

Thursday, November 22, 2007

今日も飽食、でもナニかがオカシイ…

ここから山の中へ向かって40分くらい行ったところに、美味しい鰻屋さんがあるというので、用事があったついでにちょっと寄ってみた。
<あけまや>のうなぎ飯上3400円。

0711221

値段が、あと1000円も安ければ、本当に申し分ないのだが・・・。
詳しくは薔薇園にUPしましたので、お時間がありましたらお立ち寄りくださいませ。⇒こちらからどうぞ。

で、そのあたりにどんぶり館という、意味不明の名前の、えっぶりでい・えっぶえいたいむ朝市状態の農産物・海産物販売所があるので、ちょっとそこに寄ったつもりが、ここで豆道楽のお豆腐に捉まる。

0711222

豆道楽、なんとも購買意欲を刺激する名前ではないか・・・。
ということで、ついつい、大人買い。。。

0711223

帰宅後、女王さまはただちにご日課のゼンゴ釣りにお出かけになる。
この寒くなったなかで、まことにあんびりばぼぉ~だが、それが楽しくていらっしゃるのだから仕方がない。。。

二時間くらい後に、お幸ちゃまのお散歩も兼ねて、女王さまをお迎えにワタシも海まで下りて行く。
途中、お幸ちゃまの拒否にあうが、だ~れもお幸ちゃまをいじめるヒトはいませんから~、と、なだめすかして海へ。
するとお幸ちゃま、一目散で女王さまが釣りをなさっておいでの波止場へ駆けつけるも、今日はそこに怖いおっちゃんがいたもんだから、さあ!タイヘン。
お幸ちゃま、キョーフで極度に緊張すると、お腹がゆるくなってしまうのだ…。

それでも、誰もいじめないと分かって来ると、釣りあげられてピチピチと跳ねるゼンゴに興味をお示しになる。
女王さまの御釣友が釣ったアジにお口を出そうとなさるので、女王さまが釣り立てをお幸ちゃまの前にお投げになると、面白げにお口にお銜えになって振り回す。
…が、ムシャムシャとそのまま召し上がったりはなさらない。
動かなくなると、興味がなくなっておしまいになるご様子。
哀れお幸ちゃまに弄ばれ、ちょっとハラワタのはみ出したゼンゴさんは、お腹を上にしたまま再び海の中へ帰っていった。

ゆっくりと、たゆたゆと、沈んでいくその姿に、チクリと胸が痛む。
取らずとも済んだ命を取ってしまった。。。
なんと罪深いことか…。

なので、夜はその沈んでいったゼンゴさんへの追悼の意味も込めて、ちょっとひと手間アジ団子鍋。

0711224

アジと言っても、所詮は10センチちょいのゼンゴなのだが、これを3枚におろして腹の骨と皮をとり、ざっくりタタいて、塩・酒・おろし生姜・ネギ・味噌・卵白を混ぜ、鍋にする。
ゼンゴが新鮮なせいか、それともざっくりのタタき具合がいいのか、信じられないくらいにプリっぷりの食感の、こりゃ~タマげた美味しいお団子に仕上がってしまった。

0711225

おかしい…。
ワタシは葛湯ダイエットがしたいハズなのに…。
どうして10センチちょいとはいえ、30匹のゼンゴから作ったアジ団子を、女王さまと二人だけで完食するハメに陥っているのだろう…。
世の中、不思議なことが多すぎると思うのだ…。

|

« 最終日のお昼 | Main | やっぱり、おかしい…。 »

爛漫日記/買い物編」カテゴリの記事

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おうちで和食編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで和食編~」カテゴリの記事

女王さまのお犬」カテゴリの記事

Comments

ちょいとお訊ね申すが、
そのアジ団子、出前はあるでござるか?

Posted by: テツのかあちゃま | Thursday, November 22, 2007 at 22:18

出前はござらぬが、体験コーナーはあるでござるよ。
釣って作って食べるのでござる。
たくさん釣ったら釣っただけ、その分お持ち帰りも出来るでござるよ。
如何でござる?

Posted by: SAKURAKO | Thursday, November 22, 2007 at 22:47

雖然我不敢吃生食
但是看起來很好吃喔
新鮮的魚丸一定很美味^0^

Posted by: 蘭蘭 | Friday, November 30, 2007 at 11:19

對啦~,很好吃啦!
這做的很容易,你也試試看吧~^^

Posted by: 櫻子 | Friday, November 30, 2007 at 23:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 最終日のお昼 | Main | やっぱり、おかしい…。 »