« 季節の便り | Main | 女王さまの居ぬ間に… »

Friday, November 30, 2007

紅葉狩り

この辺りの紅葉の名所ということで、稲荷山公園へ。
モチロン、この稲荷山というのは、あの鉄剣が出てきた稲荷山ではなく、ウチから小一時間のところの稲荷山。
今日の画像は、ところどころ大きくなります。

0711305

0711301

お稲荷さんの紅葉山なのだが、ちょっと遅かった…。

2316

2317

盛りの頃は、さぞかし美しかったろうに…。

しかし、今週末もここはまだまだもみじ祭り。
もみじ祭りの期間中は、参道もイロイロと賑やかな様子。

071130

サツマイモだの干し柿だの銀杏だのと、素朴な秋の恵みが並ぶ。

0711303

そんななかで、ふと、ワタシの目にとまった試食品…、それは、“うめたこ名物 栗の渋皮煮”だった・・・。

0711304

つい、手を伸ばして味見してみる。
程良い甘みで、渋皮の中はほろりととろける柔らかさ。

すみません、これ、ください…。
大600円、小300円の小を2パック買って、一つはおばぁさまに差し上げよう…。

この稲荷山公園、紅葉の季節には門番のおじさんが立っていて、駐車料を300円もぼったくる。
ムカシはちよっと寄って見ていこう!なんてのが気軽に出来てたと思うのだが・・・。
世の中、世知辛くなったものだ。

紅葉鑑賞の後は、昔の街並みを残す内子町というところへ移動して、前々から気になっていたお蕎麦屋さんへ行ってみる。
某口コミサイトの地図を頼りに行ったのだが、地図通りに行ってるはずなのに何時まで経っても着かない!
細い道を、ぐるぐるぐるぐる回って時間だけが過ぎていく…。

「どだい、こんなところで美味しい蕎麦なんぞあるわけないのだぞぇ~!」

女王さま、キレて蕎麦屋の存在そのものにアクタイをつき始める。。。

「まあまあ、そうおっしゃらずに…。口コミでは、この辺りでは珍しく本格的なお蕎麦ということでしたので…。」

なだめてすかして、道行くおじーちゃんに道を尋ねて、そろそろ限界に到達しようとしていた頃、下芳我邸発見!
これで、お蕎麦が美味しかったら、ワタシはさっきからさんざん、「こんなところに尋ねてまで行く蕎麦屋なんぞあるわけないぞぇ~!」と暴れた女王さまを、ぎゃふん!と言わせられるわ!

0711306

ぎゃふん!

女王さまではない、ワタシが悪うございました~(涙)
その蕎麦は、全部を食べきるのも辛いほどにイケてなかった…。
北海道産蕎麦使用とか、新蕎麦とか言う前に、まっとうな蕎麦を食べさせてくれ~!
饂飩のような食感の蕎麦はやめて~(汗)

ホントウに、口コミってアテにならないと実感…。
炊き込みご飯も、出汁の味もせず水加減もどうなん?というカンジでゲキマズ、その他もファミレス並。
ワタシは、美味しいお蕎麦が食べたいだけなのに…。

|

« 季節の便り | Main | 女王さまの居ぬ間に… »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

女王さまとワタシ」カテゴリの記事

Comments

啊~
真是美到不行(羨慕+流口水)
很晚了.明天再用翻譯看文章
光看照片~
我好想去日本喔^0^

Posted by: 蘭蘭 | Saturday, December 01, 2007 at 03:17

如果妳來的時候會遭遇正好季節,日本的四季也很美麗。
其實紅葉最好的時候是難予測的,而且櫻花的時節也發花多風雨。。。
所以妳要來日本的話,好好選時期吧。
還有別的問題,好季節什麽價很貴。。。

Posted by: SAKURAKO | Sunday, December 02, 2007 at 00:16

櫻子
請問一下
日本賞楓時的溫度大約是幾度?
太冷的話~
我就不能去了@@

Posted by: 蘭蘭 | Monday, December 03, 2007 at 02:06

妳別那麽怕,大概和臺北11月底的溫度一樣。
雖然比高雄冷一點兒,但是有一件外套就好了^0^

Posted by: SAKURAKO | Monday, December 03, 2007 at 11:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 季節の便り | Main | 女王さまの居ぬ間に… »