« 麗しの島紀行~5日目~ | Main | 麗しの島紀行~7日目~ »

Monday, October 29, 2007

麗しの島紀行~6日目~

ご一緒のAさんは、夕べからダウン。
なので、一人で朝食を食べに行ったのだが、カメラに電池が入っていなかった…。
がっくし。
食べたのは、お野菜とスモークサーモンをちょこっと。
そして、美味しいと評判のペストりー。

16

昨日のパンの味がした。。。

今日は、お茶を買いに猫空へ行く日だ。
木柵は、お茶の生産地で特に鉄観音が有名なのだが、この猫空には茶芸館がいっぱいあるのだ。
その中に、張福欽さんの寒舎という茶芸館があって、そこの鉄観音がそれはそれは素晴らしいのだ。

まず円山駅からメトロに乗り、台北駅・忠孝復興駅で乗り換えて、木柵線で万芳社区駅へ。
そこで昨日半ば強引にお誘いしたRさん・Kさんと合流、いざ!バスで猫空へ!
…ところが、バスは、つい5分ほど前に出たばかりで、どうやら次は2時間くらいこないらしい…。
泣く泣くタクシーで山登り。

1

駅から185元で入口に到着。
そこからさらにちょっと歩いていよいよ憧れの寒舎。
そこでまったりとお茶をいただく。。。

2

こんな風に、自然の中でいただくお茶は格別。
やはり、育ったところの水は、そのお茶に一番合うのかもしれない…。
などと思いつつ、お茶をいただいていると、一寸ムカデの襲撃に遭う。。。
台湾の一寸ムカデは、ミドリイロだった。。。

ジツは、ここではお茶を買って帰るつもりだったのだが、そのためにATMで3000元引き出して軍資金を用意していったのだが、その3000元で買えたのは、このお茶300gだけだった…。

15

このお茶を目当てで行ったので、買えたことはとっても嬉しかったのだが、100gでよかったのだ、と、言えなくもないが、このクラスのお茶を日本で買おうと思ったら…ちょっと、コワい(笑)

ゆたりとした時間を過した後、寒舎ではご飯が食べられないので、いっそ忠孝復興に戻ってSOGO復興店のフードコートへでも行ってみませんか?と提案して、お二人を無理やりフードコートへ。
何故そこへ行きたかったかというと、そこでは胡麻餡が中に入ったお団子で有名な〈九如〉というお店が支店を出しているという情報があったのだ。
なので、是非、そのお団子を食べてみたかったのだ。
したらば。。。無かったのだ。。。
見つけられなかっただけなのかもしれないが、ちょっと、かなりショック…。

もう3時になりなんとしていたが、お昼がまだだったので、適当に食べることにする。
ワタシが食べたのはこの〈原創花彫鶏〉北菇滑砂鍋粥138元。

3


さすがに連日お御馳走だと、ちょっと食傷気味ということもあって、お粥くらいがお腹にやさしいかな~と思ったのだが、この干しシイタケを煮たのと味付け鶏肉が入ったおかゆ、3日前に焚いたご飯の匂いがした。。。
中華粥は美味しいという認識が、はっきり言って強烈ボディブローを喰らってリングの上にヘ●を吐いたカンジ。
有名なお店なのに…。

これだけでは帰りたくない気分だったので、同じくフードコート内のデザート屋さんで食べたかったお団子を食べようと思った。
そこは、〈黒糖豆花甜品 廣安階〉というお店だったのだが、メニューにあった秋冬限定と書かれたお団子を注文すると、「まだないよ!」の答え。

はぁ~?

10月29日は、台北ではまだ秋になっていなかったらしい。。。
ものすごい衝撃。

なので、黒糖紅豆湯50元。

4

あっさりした甘みで、小豆は美味しい。
紅白玉はそれなり、そして、得体の知れないプニプニ、はじめは蓮の実かと思ったのだが、そういうものではなく、なんだか果物を干したみたいなカンジ。
なんなのかしら…。

Rさんご注文の正仙草凍50元も、しっかりお味見させていただく。

5

こちらは、黒砂糖水の中にかき氷と薬草ゼリーが入っている。
あっさりと食べやすい。

なんだかんだとここで楽しくおしゃべりしていたら、意翔村へお茶を買いに行くには時間が遅くなったので、そのまま光華商場という、台北のアキバへ行くことに。
お二人とはそこで別れてそれぞれに目当てものを物色し、そこで諏訪緑の『時之地平線』を9巻と10~13巻まで購入。
これは、諸葛亮が主人公のマンガなのだが、三国志は好きでも諸葛亮嫌いのワタシは、日本語版ほどお金を出すのがイヤで、日本で買うよりもお安い台湾で買ってくることにしているのだ。
女王さまのDVDを移し替えるDVDケースも調達できて、ホクホクでいったんホテルへ。

7時前だったと思うのだが、Aさんは既にお休みモードだった。
なので、お夕食やらなんやらで、もう一度街へ出る。
といっても、昨日見つけた奇華餅家へ月餅を買いに行こうと思ったので、ホテルからポコポコと歩いて行くと、10分ほどで到着、しかし、あら?

月餅の類は、一個たりともなかった…。
明日11時には入ると言われたが、奥に明日の製造月日が入った月餅あるんとちゃうん!と思わないでもなかったが、それでもいいから売ってくれと言えるだけのドキョウも語学力もなく、恨みがましく写真だけ撮って退散。。。

6

この時ワタシは、なんとなく餃子の気分だった。
なので、歩きながら餃子屋さんはないかと探していたのだが、一軒見つけて近くへ行ってみると、なんだかあんまし美しくない…。
なので、素通りして何者かに呼ばれたかのように、裏路地の商店街のようなところに入って行った。
すると、そこの果物屋さんで釈迦頭発見!
今食べ頃?と聞くと、OKだという。
シメシメで購入、1個150元也。
それを持ってしばらくウロウロするも、餃子屋さんは見つからず、仕方なくさっき見かけた餃子屋さんへ。

その入り口には、なにやら雑誌の記事が張り付けてあり、そこそこ有名なお店らしい。
こういう雑誌等で紹介されているお店が必ずしもムニャムニャであるのは、今回の旅行でも再三体験済みなのだが、他に選択肢もないので、意を決して中へ。

8

水餃子10個、豚肉が60元、牛肉が80元。
お昼のお粥の半分。
モチロン、豚肉をチョイスする。
だって、牛肉の餃子なんて、食べたことないもん(笑)

出てきたのは、韮とニンニクが入った、なんだか馴染みのある餡の餃子。
出てくるまで結構待ったのだが、どうやら注文してから包んで茹でた模様。
化学調味料?みたいな味もするが、それほど気にもならず、結構美味しく頂けた(笑)

しかし、まだ閉店時間ぢゃないよね?と思うのだが、お店はさっさと閉店準備。
ワタシがお店を出る時には、すっかり片付けられていた。

7_2

この〈常青餃子館〉、ジツは焼き餃子が有名なところだったらしい。
しかし、20個からしか注文できないというので、知っていたとしても一人では如何とも…(笑)

帰りがけスタバでコーヒーを買ったのだが、カプチーノ1杯80元。
餃子より高い。。。
いや、台湾の食べ物の値段って、時々不可解…(笑)

タクシーを拾ってホテルへもどったのだが、ここで事件が発生。
ホテルに着いたとき、確かに70元だったメター、俯いて小銭を探し、70元渡そうとすると、75元だという。
さっき70元だったぢゃない!というと、その運転手、ナニやらワケのわからない言葉を話すのだが、既にメーターの金額は消されている。
ここで女王さまなら、ホテルのドアマンを呼んでひと悶着…となるのだろうが、内気なワタシは、大人しく75元を払い、タクシー内に表示されているタクシードライバー登録證を撮影して、ふん!とタクシーを降りたのだった。。。
これがその登録證。

9

台北のタクシー運転手は、遠回りしてんぢゃないの?というカンジを受けることがママある。
遠回りでもなんでも、もっと分からないようにやってくれればいいのに、露骨すぎ!と思った。

で、腹の虫がおさまらないけど、ワタシには釈迦頭があるから~。
これがその釈迦頭。

10

157元を150元におまけしてもらったのだが、押すと指が沈むほど柔らかい。
これを見ていると、つい…(笑)

11

もひとつおまけに…。

12

包丁を入れる間もなくなんだか自然に割れて、こんなカンジ。

13

この一房一房のなかに種があるのだ。

14

いや、ホント、この釈迦頭、ホントに美味しかったのだ。
甘いけどくどくなくて、香りもよく、うまく言えないが、とにかく美味しかったのだ。
種がゴキ●リの卵に似ていようが、それでも美味しかったのだ。

また食べに来よう!

そう思って、台湾最後の夜は更けていった…。

|

« 麗しの島紀行~5日目~ | Main | 麗しの島紀行~7日目~ »

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

私たちの乗ったタクシーも、ホテル直前で5元上がったばかりなのに、止まってお金払おうとしてるうちにまた5元上がったタクシーがあった。
あれは納得できなかったわ~(。・ˇ_ˇ・)

Posted by: ばたこ | Tuesday, November 06, 2007 at 07:12

止まってる間に上がるの、ワタシたちもありましたありました!
なんか、カンジ悪いですよね~。
でも、メーターに金額が出てたらまぁ、しかたないか・・・とも思いますが、消されてからいくらと言われると、いかにも確信犯的で、チョーゼツ気分ワルかったです(笑)
石牌駅からホテルまで175元で走って、荷物料10元取りやがった詹昭義サンも、スンごく怪しい走り方だったデス。
ハイ、悔しいから実名報道(笑)

Posted by: SAKURAKO | Tuesday, November 06, 2007 at 13:32

台東的釋迦非常好吃喔
以前我會去台東知本洗溫泉
溫泉區的道路都在賣釋迦耶
還有釋迦餅乾.釋迦冰等等^0^
再去花蓮吃有名的扁食(餛飩)

語言不好表達.很不方便吧
那種不良的駕駛該檢舉的

Posted by: 蝴蝶蘭 | Tuesday, November 06, 2007 at 15:39

在美濃道路邊發現的釋迦樹^0^http://album.blog.yam.com/show.php?a=apple888&f=1913659&i=69346918&p=2

Posted by: 蝴蝶蘭 | Tuesday, November 06, 2007 at 15:44

小佛可愛極啦^0^
釋迦冰!一定很好吃啊~(流口水)

嗯,他絕對故意做啦,而且很慇懃地道謝謝,怒髪衝天啦~。

Posted by: 櫻子 | Tuesday, November 06, 2007 at 23:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 麗しの島紀行~5日目~ | Main | 麗しの島紀行~7日目~ »