« 麗しの島紀行…の前に | Main | 麗しの島紀行~2日目~ »

Wednesday, October 24, 2007

麗しの島紀行~1日目~

8時過ぎ、金山駅から名鉄に乗って、セントレアへ!
と思ったら、セントレア行きの特快には、指定券がないと乗れないという。
ホームの駅員さんに、何処で買えますか?と尋ねると、チケット売り場でしか買えないというので、あと3分というところで慌ててチケット売り場のある階へ移動、改札口の駅員さんに指定券を買いたいと言うと、「もう、間に合わないので車内で買ってください」の返答。
車内で買えるんだったら、車内で買えると教えてくれてもいいぢゃないか日置○雄!
ワタシは、そのことを教えてくれず、ワタシに14.5キロの荷物を引き摺らせてエレベーターで改札まで行かせたその駅員の名前を、思わずメモしてしまった。

特快には乗れたが、生憎と満席で立ったままセントレアへ。
そこで朝ごはんにランチボックス399円を購入。

241 248

が、何故かあまり食欲なし…。
やはり、21,100円のノロイだろうか…。

242 243

EVAとのコードシェア便ということで、当然機材もEVAだろうと思っていたら、なんと、エアーニッポンの機材!
EVAの機材以外で台湾へ行くのは、4度目にして初めてだわ。
奇しくも、背景に写っているのは、かの有名なチャイナ・エアライン♪

しかし…機内食の激マズぶりは、初めての台湾の福岡→台北行きに匹敵するかと思うほどだった…。

244

台北まで3時間、これはもしかして、桜島?

245

台北に着くと、ここで高雄行きに乗り換えるのだが、乗り換えまで2時間ほど時間をつぶさなくてはいけない。
その前に、乗り換えの搭乗手続きをしなければ。。。で、チャイナ・エアのカウンターを探して第2ターミナルから第1ターミナルへ移動。
あっちこっちウロウロして、やっとカウンターを見つけるも、乗り換えのヒコーキは第2ターミナルから出るという。
また第2ターミナルに戻る。
疲れて一服…と、台南武廟豆花というトコロで、綜合豆花80元を食べる。
黒砂糖水の中に、お豆腐が浮いていて、そこに青蛙下蛋やら紅豆やら紫芋のなんちゃらやらが入っていた。

何故画像がないかというと、空港内は写真撮影禁止だと降り際にアナウンスがあったので…。
そしたら、日本人らしき人がバチバチ記念撮影していた。
くぅ…。
食べ物くらい、撮っておけばよかった…。

乗り換えの搭乗時間になって、搭乗口に行くと、ありゃ?どうして、梅のマークのチャイナ・エアぢゃないのかな?な感じの、小さい飛行機が、ちょこんとワタシたちを待っていた…。
華信航空の見た目すんごくボロっちい飛行機。
しかし、機長さんは、すんごいかっこいい女性パイロットだった。
ちょっと、カンドーした(笑)

高雄空港は小さくて古いが一応国際空港で、入国手続きもここでする。
台北に比べて待ち時間も無く非常にスムーズ。

そのままタクシーに乗って市内のホテルへ。
今回のお泊まりも、前回泊まった松柏大飯店
空港からホテルへ到着して、メーターを見たら240元なのでその金額を払おうとすると、290元だという。
何故だろう…。
トランクに荷物を入れたから?
よくわからないけど、言われるままに90元払って、とにかくホテルに到着。
しかし、承服できない…。
不思議なことといえば、後でバックの中の思わぬところから200元が出てきた。
そこにあるはずのない200元で、所持金合計からしても、そんなところに200元あると困るのだが・・・という200元。。。
何故だろう…。

ホテルのフロントで名前を言うと、「お連れのAさまは○○○○のお部屋です。」と、おねーさんが教えてくれた。
そこでAさんと合流、時すでに4時半過ぎ。
それから、女王さまはお人形屋さんへ。。。

お人形屋さんでは、高雄のお友達がいっぱいお土産を用意してくれていた。
どのくらいいっぱいかというと、余りに重くて持ちあげることも出来ないくらい(笑)
蝴蝶蘭さん、どうもありがと~♪♪♪

この日の夕食は、お人形屋さんのおいちゃんおススメの客家料理屋さんへ。
2年前行こうとして果たせず、この5月にも果たせず、ついに3度目の正直でやっとありつけた客家料理だったのだが・・・。

247

メニューには、2002年のなんちゃらコンテストで★★★★★に輝いたことが得意げに掲げられているのだが・・・。
お星さまは、既にすべて流れ星になって去っていってしまったらしい。。。

246

このマナガツオの清蒸、360元もするのだが、出てきたときから臭うのだ。
まさにそれは、古くなった魚のにおい。。。
他の料理もすべて全滅、かなりショック。。。
そして、ここでワタシは見てはならないものを目撃してしまう。
そう、ネズミ色の丸っこい物体が、タタタタタ~ッ!と、店の床を走っていったのだ。。。

ここでの食事代が1050元。
1050元ったら、ホテル1泊分よりも高いのだ!
1泊ったって、食事なしの値段だが、それでもツインルーム1泊分よりも高いのだ!
しかも、タクシー代に往復300元くらいかかっているのだ。
もう、怒髪天!
しかも、お店のおいさんに美味しいかと聞かれて、劇マズ!とも答えられず、「お…おいしい…」と蚊の鳴くような声で答えるワタシ…。

後でお人形屋さんのおいちゃんにどうだった?と聞かれた時には、正直に「美味しくなかった!」と答えてしまいました、ハイ…。
「ムカシはおいしかったんだよ~。最近は行ってないんでわかんないけど。」

…きっと、料理人がどっかに引き抜かれたんだ…。
そうでなければ、夕食時にお客がワタシたち以外に1組だけなんてこと、あり得ないに違いない…。

夕食の後一旦ホテルに戻り、それから夢時代という大型ショッピングモールへ。
そこでまたお人形を見て、それから玉珍斎というお菓子屋さんで鳳梨餅等を購入。

249
2430

夢時代から、もう一度お人形屋さんへ戻って、それからホテルへ。
ホテルの前にはCROWN CAFEというのがあって、けっこう美味しいコーヒーが飲める。
そこでカフェ・オ・レ50元を購入してお夜食ということで…。

こうして、高雄の1日目は更けて行くのだった…。

|

« 麗しの島紀行…の前に | Main | 麗しの島紀行~2日目~ »

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

櫻子 安安

鳳梨醬+破布子(沒有放也很好吃.因為那是行家的醬)
下去料理魚類很好吃喔
http://www.ytower.com.tw/recipe/recipe-search2.asp?INDEX=5&PageNo=8&MAINFOOD=魚肉
ps:我到底有沒有放入破布子啊@@大腦越來越糟了^///^

那家餐館怎麼這麼糟@@
豐偉老闆說要介紹給我的該不會是這家吧(昏倒)
(因為我們都開車去客家村{美濃}吃道地的客家料理.真的很好吃.不過比較遠@@ )
我若在市區找到好的客家餐館再介紹給妳吧
希望妳能吃到好吃的客家菜
因為客家菜真的很好吃喔^0^

Posted by: 蝴蝶蘭 | Thursday, November 01, 2007 at 03:11

這2種料理魚也很好吃
(1)
http://www.ytower.com.tw/recipe/recipe-search2.asp?INDEX=2&PageNo=9&MAINFOOD=魚肉
(2)
http://www.ytower.com.tw/recipe/recipe-search2.asp?INDEX=4&PageNo=9&MAINFOOD=魚肉

* 這3種配料是最常用的方式 *

Posted by: 蝴蝶蘭 | Thursday, November 01, 2007 at 03:19

蘭蘭,安安^^
嗯,因爲我們在日本常吃的是廣東菜/四川菜/北京菜等,所以我沒習慣在臺灣常常所用的香味,我想,這次敗因在此。
對了,左營饂飩很好吃了~^^

Posted by: SAKURAKO | Thursday, November 01, 2007 at 19:10

どうしてお暴れにならなかったのでしょうかtyphoon 18の初々しい小娘のようでございますshock

Posted by: gen-san | Sunday, June 06, 2010 at 17:55

だって、ホントにまだ18のコムスメなんですもんcatface

Posted by: SAKURAKO | Monday, June 07, 2010 at 03:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 麗しの島紀行…の前に | Main | 麗しの島紀行~2日目~ »