« 麗しの島紀行~1日目~ | Main | 麗しの島紀行~3日目~ »

Thursday, October 25, 2007

麗しの島紀行~2日目~

高雄の朝ご飯

8時半過ぎ、ホテルを出て高雄でも人気の朝ご飯屋さんだという<興隆居>へ。

251

ここで、是非食べてみたかった鹹豆漿と、ついでに朝から肉まん(笑)

250

決して1人で食べたわけではないが、これだけで80元、ざっくり4倍して320円、朝マックよりもかなり充実のボリューム満点メニュー(笑)

蓮池潭

そして、高雄観光のメインイベント、蓮池潭へ!
そ、その前に左営の台湾高速鉄道駅へ寄って、明日の新幹線のチケットを買っておく。
この左営駅から蓮池潭へは、歩いてだって行けるんぢゃないかと思っていたら、とんでもなく遠かった…。
蓮池潭では、まず孔子廟へ。

252

かなり広く、すっきりと整理された孔子廟。

253

人も少なく、ゆっくりと観光?できます(笑)
お写真も撮り放題です。

258

しかし、さすが、10個の太陽があるという高雄では、10月ももう終わりだというのにピーカンで、写真を撮っても白トビしてどーにもこーにもならない…^^;

254

睡蓮は、勿論熱帯睡蓮。
ジヴェルニ―の庭では気温が足りずに咲かなかったという青い睡蓮も、フツ―に咲いている。
はっきり言って、こんな季節にこんな日焼けするとは思わなかったくらいにこんがりと焼けてしまった…。

蓮池潭は湖畔にイロイロと見どころが点在。

255

ここは天府宮。
なにをするところなのかはわからないのだが^^;、とにかく、屋根の細工は見事!。
龍のヒゲまでちゃんと付いているのだ。

256

なのに…電光掲示板が悲しい…。

道端には露店もいっぱいあって、そこで釈迦頭を見つけるも、まだ食べ頃前だったので断念。

257

巨大な関公。
立派な鎧を身に付けているが、何故か裸足(笑)

2520

この辺りまで歩いたところで、脱水症状を起こしそうになり、胡蝶蘭さんが教えてくれた楊桃湯というジュース屋さんへ直行することに決定!
で、タクシーを拾う。

259

この楊桃というのはどうやらスターフルーツのことらしいのだが、同じものを売るお店が向い合せに2軒あって、一方はあまり美味しくないのだそうだ。
で、ワタシは、多分教えてもらった美味しい方のお店で買ったと思うのだが・・・フレッシュな酸味とさわやかな甘みを期待していたワタシの口の中に飛び込んできたのは、塩味と甘味と五香粉のような複雑な香りだった。
日本ではおおよそ体験できない味覚だと思う(笑)
この香は、ゴクゴクゴク…と続けざまに飲んでいるとあまり気にならなくなるが、しばらくしてまた飲もうと思うと、再びビックリする(笑)

次に、〈周記酥烤葱餅店〉で葱仔餅18元を食べる。

2510 2511

薄く展ばしたグリッシーニみたいな生地を重ねて、中にネギ餡を入れて焼き上げたカンジだった。
ちょっと冷えていたので、油っぽいカンジだったのと、ネギ餡に味の素いっぱいなカンジがしたのは、気のせいだろうか…。

高雄饂飩三本勝負!その①

そして、これからが本日のメインイベント、高雄饂飩三本勝負!のはじまりはじまり~!
まず一本目は、左営大路のマクドナルドのお向かいにある<汾陽饂飩店>

2512

あっさり味のスープにセロリが効いていて、しっかりした皮にギュッと詰まった赤味の多い具といったカンジで、なかなか美味しい饂飩。
詳しくは、そのうち薔薇園で紹介しようと思う。

再び蓮池潭

とりあえず、お腹がいっぱいになったところで、お向かいのマクドナルドへ入って休憩、コーラを飲む。
日本ではゼッタイにマクドナルドなんかへは行かなくていい~!とか思っていても、つい、ここだったら安心してトイレが使えるような気がして、外国ではお約束のように入ってしまう…(笑)

と、このように準備万端整えて、ワタシたちはこれから行かなくてはいけないところがあるのだ。
なんでも、この蓮池潭には、《龍虎塔》というのがあって、龍の口からだか入って虎の口からだか出たら、今までの悪行が一切合切すべてきれいさっぱりぬぐえて、穢れないキレイなカラダになるらしいのだ。
だから、ワタシは、この《龍虎塔》をとても楽しみにしていた。。。
楽しみにしていたのに…。

2513

工事中のため、近づくこともままならず、この身に作った諸々のおびただしい罪咎は、来たとき同様一切合切そっくりそのままこの身に背負って帰らねばならないことになったのだった。。。
がっくし…。

ぶらぶら高雄

ここで力尽きて蓮池潭観光を切り上げ、市内に戻って郵便局へ行くことにする。
郵便局に行って何をするかというと、日本へ荷物を送るのだ。
昨日いただいたいろいろなものは、ホントウに持ちあげるとこも出来ないくらいだったので、そのまま箱に詰めて日本へ送ることにしたのだ。
荷物の重量は、14キロ以上あった。
どのみち、飛行機に積める重量は20キロ、往路の荷物の重さが既に14.5キロあったから、30キロも積もうとすると超過料金をしこたま取られる上に、何より自分の荷物を動かせなくなってしまう。
なので、さっさと送ってしまったのだが、航空便の送料というのは、予想外に高いのね~(笑)

気を取り直して、次はかき氷を食べに行こう!
と、愛河の近くの高雄婆婆冰へ。

2514

マンゴーミルク氷は80元、なんとか間に合ったマンゴーというカンジで、熟れ熟れの気が狂いそうなくらいに甘いマンゴーが載っているかと思えば、なかには既に盛りを過ぎて舌を刺す酸味が出ているものも。。。
しかし、まぁ、はじめてのマンゴーかき氷だし、次はもっと早い時期に食べに行こう(笑)
マンゴーアイスは、あっさりしていて美味しかった。

もう一つはミックス氷。
あんこ・イチゴソース・パイナップル・マンゴー・スターフルーツ等々、イロイロがこれでもか~!と載っていて50元。
縁日で売ってるカップ氷よりも安いのだ。

高雄饂飩三本勝負!その②

氷を食べてから、本日二本目の饂飩勝負へGo!
某ブログで絶賛されていた<金記温州饂飩大王>の饂飩麺、ジツはとっても楽しみにしていたのだ。

2515

これがその饂飩麺60元。
饂飩麺の前に小龍包をいくつか食べたせいか、饂飩の餡子はなんだか味が抜けてしまっているような気がする…。
それに、ふわふわで肉汁がたっぷりといえばそうなのだが、その肉汁は脂が溶けて出て来るのだ。
具が大きいのが温州饂飩の特徴なのだが、それが却ってアダになって、ワタシにはちょっと脂っこいような気がして、饂飩は2個しか食べられず・・・。

この時点で軍配は左営饂飩に上がったのだが、本当はここからさらに潮州饂飩を食べに行こうと思っていたのだが、三本目はワタシの方がキケンしてしまった…。
やはり、あそこで小龍包も食べたのが一番の敗因のような気もするが、この小龍包のほうが饂飩よりも美味しかったのだから仕方がないではないか(笑)

ということで、高雄饂飩三本勝負は思いがけない結果となって幕を閉じたのだった…。

本当は、かき氷も食べ比べ企画があったのだが、これも時間切れというか、体力切れで断念(笑)
その後愛河の傍をぶらぶら。

2516

愛河、読んで字のごとく、Love River(笑)
ぶらぶらしつつ、一休み場所を探して〈緑園〉というお店に入り、これまたはじめての現搾西瓜汁110元を飲む。

2517

今日一番の高額な食べ物(笑)
スイカジュースは、スイカにちょっと甘みを付けたジュースだった。
さっぱりしていて美味しかった。

このお店は、香港風な料理もあってなかなかイイカンジのところだった。
こんどは食事でもしてみよう。

…で、今度って、何時?(笑)

しばらくまったりして、それからタクシーでホテルへ。
ホテルに着いて、まだちょっと早かったので、ハス向の大統百貨の地下食品売り場へ珍しい南国フルーツを求めて行ってみる。
が、そこには松青という日系のスーパーが入っていて、そのさまはまるでY口のちまきや地下スーパーの趣。
そこで、パパイヤ58元と西施柚80元を買い、そのままCROWN COFEへ直行して黒スグリジュース45元を買う。
なんだか、午前中の水分不足で、ジュースばっかり飲んでいるカンジ。
そして、パパイヤと西施柚は、昨日からのお野菜不足解消。

2518 2519

パパイヤは、さすがに南国らしく美味しかった。
西施柚は、水分たっぷり・酸味たっぷり・香り少々・甘味ほのか、でも皮はたっぷりなカンジ(笑)
形状は文旦を思わせるが、文旦よりも実が柔らかい。
文旦の皮の中に、味の薄いグレープフルーツが入ってるみたいなカンジ。
そういえば、台湾の柑橘類は、総じて日本のものよりも甘味が少ないという印象だった。
みかんはあたたかいところ、というイメージがあったのだが、あながちそういうものでもないらしい…。

明日は高雄から台北へ移動、早起きしなくては!
と言っても、9時頃までに駅に行けばいいのだが(笑)

|

« 麗しの島紀行~1日目~ | Main | 麗しの島紀行~3日目~ »

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

そうでしたかー私の中では金記が一番なんだけど
あそこの小籠包は包子といった方がいいくらい皮が厚いから、先に食べるとおなかが膨れちゃいますよね。私ももう一回行ってじっくり確かめなくては!
鹹豆漿は未体験なんです。
気になりつつも、つい普通のちょっぴり甘い豆漿を注文してしまうのです。今回はその豆漿も飲んでないな~心残りてんこ盛り!

Posted by: ばたこ | Friday, November 02, 2007 at 08:32

鹹豆漿、最初はわりと好きなんだけど、あとで固まってくるのは好きじゃない。
蛋餅は食べやすかったけど、卵が焼きすぎてて…
焼餅加蛋は、側はサクサクでよかったけど、やっぱ卵が…(笑)肉まんはあまり記憶にない。

台湾の朝ごはん屋は安いし、なんか一日の勢いがつく感じ。

で、このもらい物の送料が2000元だったのはナイショなの?(笑)

Posted by: アマツ | Friday, November 02, 2007 at 15:25

ばたこさん
鹹豆漿、ワタシ的には大好きです(笑)
ウチに帰ってから早速お酢・醤油・ごま油・ラー油・ネギで鹹豆漿もどきを作りました。
トロトロ加減が、食欲をそそる一品です。
甘い豆漿は…未体験ゾーンです(笑)
饂飩、今度はちゃんときっちり三本勝負して来たいです!

アマツさん
あの中では、ジューシー肉まんが一番良かったっていってましたよん。
忘れちゃいやん(笑)
で、ワタシの場合、蛋餅も焼餅加蛋も一口は食べた記憶があるんですけど、味が思い出せません。何故?(笑)

Posted by: SAKURAKO | Friday, November 02, 2007 at 22:32

先前新聞有報導~蓮池潭周邊的景點正陸續整修油漆中
還以為早已完工了
我也是週二去夜拍蓮池潭時發現
不過很期待整修後的龍虎塔^^

芒果已是尾端.所以美味會減分.下次有機會再嚐嚐吧^^
不過~沒有去吃黑砂糖冰?
看來櫻子喜愛左營餛飩>金記
我今天也去吃左營餛飩^0^

Posted by: 蝴蝶蘭 | Sunday, November 04, 2007 at 03:12

蘭蘭 安安
嗯,對我來説,左營餛飩比金記,長得好吃。
我想要去黑砂糖冰吃,但是這天很累了,沒有元氣啦。
期待下次機會。

Posted by: SAKURAKO | Sunday, November 04, 2007 at 12:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 麗しの島紀行~1日目~ | Main | 麗しの島紀行~3日目~ »