« 麗しの島紀行~3日目~ | Main | 麗しの島紀行~5日目~ »

Saturday, October 27, 2007

麗しの島紀行~4日目~

朝はたっぷりのお野菜からはじめませう

夜市にも行かず、早くに寝たワタシたち、当前朝は早起きだったりする。

271

昨日の夕陽に続いて、御来光まで拝んでしまった。
旅行に出て朝日が登る所を見たのは…初めてかもしれない。

昨日の包子はかなりお腹にこたえたので、寝る前、大峯山に役行者の頃から伝わる(かどうかは定かではないが・・・)ダラニスケを飲んだせいか、ちょっと調子がいい。
それでもまだなんとなくボーマン感があったので、もう一度ダラニスケ。
Aさんも苦しそうだったので、ダラニスケを試してもらう。

272

ジツはこの陀羅尼助丸、西国のお参りに行った時、つい、ハズミで買ってはみたものの、内心“誰が飲むんだろ~”と思っていたのだが、こんなに愛飲するハメになろうとは全くもって想定外(笑)
いや、陀羅尼助丸、おおよそ胃腸関係のことならナンにでも効く、い~クスリです(笑)

朝食前の時間、ホテル内を徘徊。
エレベーターホールは、いかにもシノワズリーな空間。

273

このホテルは、ヨーロピアンスタイルがウリなのだが、パブリックな空間にはさりげなく中国家具とかも置かれていて、なかなか楽しい。
また、7階にはミドリの談話室があって、ゆったりとお茶なんかもいただける。

274

中央は吹き抜けになっている。

ダラニスケの効用か、8時前になるとしっかりお腹が空いてきたので、評判のいい朝食ビュッフェへ。

2751
2752

本日の朝ご飯。
卵は希望に合わせて焼いてくれるおにーさんがいる。

2753

オムレツには玉ねぎ・マッシュルームとチーズを入れてもらったのだが・・・昨日の疲れた胃にはちょっと重たかったかも・・・。
それと、メロンが意外に美味しくなくって、ちょっとガックリ…。

この欧華酒店の朝食は、宿泊とセットでなかったら450元+10%サービス料。
高雄の2人分の朝ご飯が…6回食べられるんだわ(笑)
それだけに、内容もなかなか充実している。
これから4日間で、イロイロ試してみなければ…。
サーヴィスの皆さんはイロイロ(笑)だが、欧米のビジネスマンが多く利用するというホテルの性格からか、皆さん英語をお話しになる。
ノーミソが英語対応になってない時に英語なので、正直、困る(笑)

国立故宮博物院

さて、今日は故宮博物院の日。
ホテル前からタクシーに乗ったのだが・・・なんだか随分と遠回りされたような気がする。
今回、結構タクシーを使ったのだが、ちょっとおかしいんちゃう?というのが何度かあった。
一方通行で通れないから?だけでは説明できない不可解さ。
台北は、道が複雑で分かりにくいワン。。。

2761

3度目にして、ようやく青い空をバックにお写真出来た故宮。
改装前は中も気前よくお写真させてくれたのだが、改装してからお写真禁止になっているのが気に食わない(笑)
前回5月には、ワタシが一番見たかった清代家具の部屋と、子子孫孫に伝えるタカラモノの部屋がまだオープンしていなかったので、まずそこから攻める。
そして、国色天香~イスラム玉器特別展を堪能。
モチロン、肉と白菜と陶磁器関係は欠かせない(笑)
他にも李澤藩百歳記念画展-新竹の郷土色という特別展を観覧。

リニュ後は、常設展ではリニュ後の東京国立博物館に似た、時代ごとにその特徴が理解できるような展示を核に据えたということになっているようだが、充実しているのはやはりテーマ展。
これだけのテーマ展を自前の収蔵物でやってしまうとは、ちうごく4000年の歴史は偉大だ。。。

その故宮博物院のゴミ箱は、さすがにちうごく4000年の歴史を反映して、ちょっと違う。

2762

好記担仔麺から苦茶之家へ

午前中いっぱい故宮を見て、それからまたタクシーで市内の好記担仔麺へ移動。
このお店は、どこのガイドブックや台湾紹介サイトにも必ず紹介されている。
ここでRさんと合流して、3人でお昼。

2771
2774

ここは、お店の前にその日の料理が飾ってあって、それを見て注文。
担仔麺でお隣の阿美飯店とは同じ系列だというので、台南の阿美飯店とは何か関係があるのか聞いてみたら、そちらとは全く関係がないという。

お目当ての蟹おこわ490元。

2772

貝柱や豚肉の入った中華風おこわに蟹がズッポリのっかっている。
味がしっかり目。

半ば強制的に注文させられる担仔麺50元。

2773

麺は丸めた塊のままゆで上げていて、薄くて甘ったるいスープの中に鎮座している。
肉みそも甘過ぎて全然イケてない。
以前は35元だったらしいが、50元に値上がりしていたようだ。
同じ50元だったら、度小月のほうがよっぽど美味しい。

他にも、トビコ入り卵焼きみたいなの180元(塩っ辛くって脂っこい)や、茹でたアスパラにマヨネーズとふりかけ(ミックススプレーよりはまし?)がかかったもの100元、インゲンの炒め物130元を食べたが、大概砂糖甘くてくどくなるのと、化学調味料たっぷりで口の中がしびれて来るカンジ。
高雄の紅厝瓦程ではないにしろ、それに次ぐ評価を獲得したお店だった(笑)

その後、お口直しのお茶ということで、たまたま歩いていて発見した苦茶之家へ。

278

ここは有名な漢方茶のお店らしく、それらしいお茶を注文しようとすると、「苦いからよしなさい」と忠告された。
なので、木瓜牛乳汁60元と、芋頭蓮子湯50元を注文。

2782
2781

どちらも美味しかったので、詳しくはそのうち薔薇園で(笑)

さすらいの台北県~お人形屋さんめぐり~

お口直しも済んで、Aさん・Rさんと一緒にお人形屋さんめぐりに出かける。
まずはじめに台鉄に乗って鶯歌の一つ手前の山佳というところに行き、そこから板橋市へもどり、最後は龍山寺とお人形屋さんめぐりは続くのだが、同行の方がゴーカイにお買い上げくださるところを見るのは実に楽しい(笑)

台湾で一番美味しい(らしい)パイナップルケーキ

そして、ワタシがいっとう楽しみにしていたのは、板橋市にある知る人ぞ知るパイナップルケーキの名店小潘蛋糕
ここは、台湾の美食ブログを徘徊していてたまたま発見したお店なのだが、なんでも中秋節にここの鳳梨酥を食べようと思うと、遅くとも2か月前までには予約しておかないとダメなんだそうだ。
普段も一般販売はしておらず、一箱32個入り410元の予約販売のみ。
なんか、無性に食べてみたいと思うでしょう?

ということで、予約を入れて取りに行ったのだが・・・場所はメロト板橋駅から…多分歩いても10分はかからないと思うが、とにかく分かりにくい。
タクシーを降りて、この奥だと言われた通りを行くと…。

2791

番地は確かにここのようだが・・・なんとなくブログで見た覚えがあるような…。
看板なんて出てないらしいし…。

で、覗いてみると、どうやらここに間違いなさそうだ…。

2792

鳳梨酥~!というと、予約してるか聞かれる。
そして、ずっしりと重たい品物を受け取って帰るのだが、確かにこれは、知らないと絶対に分からない!
なんとなくまだ温かい箱を受け取って、次の目的地へ向かう途中のタクシーの中で早速一個味見をする。
まだ焼き立てで落ち着いてないカンジだが、確かに鳳梨酥としては、今まで食べた何処の鳳梨酥よりも美味しい気がする。
鳳梨酥というお菓子は、そもそもが絶品美味しい~!というものではないのだが、奇華餅店の鳳梨酥は買わないけど、ここの鳳梨酥は買って帰ろうかな~という気になる。
ということで、詳しくは薔薇園で(笑)

と、斯様にあっちこっち徘徊したわけだが、夜にはこれまた本日のメインイベントが控えている。
いったんホテルに戻ってしばし休憩し、いざ!

はじめての佛跳牆

今回、一番楽しみにしていたのが、明福台菜海産の佛跳牆。
一番小さいサイズでも3000元とお値段が張るので、有志を募り6人がチャレンジ。

これが絶品だというウワサの佛跳牆。

2710

中には、アワビ・フカヒレ・松茸・鶏の白子・豚足・筍…とイロイロ入っている。
冬虫夏草も入っているのだが、ワタシは縁がなくってほっ…(笑)
6人で分けて、けっこうたっぷりといただけた。
詳しくは、これまたそのうち薔薇園で(笑)

食事の後、お茶の出来る場所を探してしばし漂い、奇華餅家を発見!
ここは鳳梨酥は買わなくてもいいのだが、月餅は買って帰らなければならないのだ!
ホテルからもさほど遠くないし、帰りがけに買って帰ろう!

ということで、この日は入ったコーヒーショップの閉店時間10:30まで楽しくおしゃべり。
なかなか有意義な一日だった。
そして…若しかしたらこの日が一番夜更かしな一日だったかも(笑)

|

« 麗しの島紀行~3日目~ | Main | 麗しの島紀行~5日目~ »

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

小潘蛋糕のパイナップルケーキ、あそこで食べた時は、タマゴ臭くてダメぢゃん…と思ったけど、五日後、日本に届いてから食べたら「あら、美味しい」(笑)

Posted by: アマツ | Saturday, November 03, 2007 at 19:49

今日はさらに美味しくなってました。
はじめバラバラだったいろんな素材の味が、程よくこなれて渾然一体化してきたカンジで、あちこちで配ったからもう一個しかないのが悲しい…(笑)
次もまた買いに行こう!と心に誓っています(笑)

Posted by: SAKURAKO | Saturday, November 03, 2007 at 20:06

小潘の鳳梨酥、やっぱ予約しないと買えないんですね。
差し入れ分はみんなで全部食べちゃいました。
貴重なお品をありがとうございました。
台湾人もここは美味しくて有名と感激していました。
後になって、残して持って帰れば良かったとせこいことを考えている次第ヾ(;´▽`A`

Posted by: ばたこ | Saturday, November 03, 2007 at 22:06

差し入れはAさんからですよん。
喜んでいただいて、ムリヤリ買いに行ったかいがありました^^
1週間経った今頃がちょうど食べ頃でした。
予約は、ホテルのおねーさんにお願いしたら、あっという間に出来ましたよん(笑)

Posted by: SAKURAKO | Saturday, November 03, 2007 at 22:26

那這鳳梨酥很棒吧
(翻譯有點怪怪的@@ )
上台北時也要去買這有名的鳳梨酥^0^

Posted by: 蝴蝶蘭 | Sunday, November 04, 2007 at 04:06

嗯,這鳳梨酥是對我曾吃過中最好吃的。
妳也試試看吧。
千萬勿忘先預訂。
我想,從買了以後7天左右最好吃^0^

Posted by: SAKURAKO | Sunday, November 04, 2007 at 12:40

台南[阿霞飯店]的紅蟳米糕非常有名美味
每隻紅蟳都有飽滿的蛋喔
再配上美味的米糕(糯米)
是很受歡迎的料理

Posted by: 蝴蝶蘭 | Monday, November 05, 2007 at 14:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 麗しの島紀行~3日目~ | Main | 麗しの島紀行~5日目~ »