« 麗しの島紀行~6日目~ | Main | 麗しの島紀行…の後で »

Tuesday, October 30, 2007

麗しの島紀行~7日目~

今回の台湾最後の朝ごはん

1_2

今回は、ドラゴンフルーツをよく食べた。

2_2

ちょろっとお粥もお味見してみる。
炊きたての匂いがぷ~んとする白粥。
付け合わせ?に、油揚げと落花生を甘辛く煮たものをチョイス。
お砂糖が効いているが、なかなか美味しい。

3_2

このシンプルなお粥は東アジアの基本食。
キムチ・梅干し・昆布巻きなんてのも用意されていた。
ジツは、他にも巻き寿司があったのだ。

4_2

しかし、なんか怖くって、食べてみることが出来なかった。
勇気のない自分を、今ちょっと後悔(笑)

ちょっと待って、ワタシそんなつもりでは~(汗)

朝食のあと、午後の飛行機までまだ時間があったので、ホテルからそう遠くない<林華泰茶行>へ東方美人を買いに行こうと急遽決定。
今年はまだ東方美人を買っていなかったので、意翔村へ行こうと思っていたのだが、昨日行けなくってちょっと諦めかけていたところへ、そーいえば林華泰がある!と思いだしたのだ。

ここは、大門や渋谷にある華泰茶荘とは、社長さんがイトコ同士なんだそうだ。
前回ご一緒させていただいたSさんが行きつけのお茶屋さんに行くというので、同行させていただいたら、そこがたまたま林華泰茶行で、前々から気になっていたところでラッキー!だった(笑)
華泰のお茶なら…という安心感があるのは、日本における華泰茶荘の浸透度のスゴさを象徴してるんでしょうね、やっぱり…。

で、ここは基本的にお茶問屋さんなので、店舗というよりも倉庫。

Photo

東方美人が欲しいとうと、奥のいいお茶専用小部屋へと通される。

Photo_2

東方美人は3種類、1斤(600g)1000元、1600元、2400元。
ぱっと見、値段が上がるにつれて茶葉が細かくなるのと、白い産毛のついたゴールデンチップ様のものが多くなる。
昨日のお茶が1斤6000元だったので、1斤2400元と言われても、ちっとも高いような気がしない。
カンゼンに値段の感覚マヒ!
これが、その後のオソろしい事態を招くことになろうとは…。
どうして、気付かなかったの、ワタシのバカバカ(笑)

でも、気付かないから感覚マヒなのだ。
そこで、お土産用も含めて東方美人を450g、それに、同じく1斤2400円の文山包種茶を150g。
そんだけにしようかな~と思っていたのだが、ふと目に入った高山烏龍1斤4000元!
イカん、ワタシは元来あんまし高山茶系には興味がないはずなのだ。
無いはずなのに…若しかしたら、すごく美味しいかも・・・とか思ってしまう。。。
つい、これも150gと言ってしまった…。

あっと言う間に合計3400元。
なんか、今回の旅行って、とめどなく浪費。。。

Aさんもしっかりオトナ買いでニワカビンボーになったワタシたちは、大人しくホテルへ戻る。

心願成就の果ては…

荷物を詰めて帰り支度がほぼ終わった段階で、1時間ほど時間が空いた。
これは…<円山老崔蒸包>へ包子のような餃子を食べに行かねば!

このお店、やっぱり台湾の美食ブログで見つけて、絶対行きたい!と思っていたのだが、営業時間が朝5時から午後2時ごろまでなのだ。
朝はホテルの朝ご飯があるので、10時のおやつを狙っていたのだが、今まで果たせずにいたのだ。
ラストチャンスは今!
と、またまたタクシーで出かける。

1_3

お店近くの路地まで80元、明福台菜海産の向かい側をもうちょっと先まで行った辺りにあるこのお店、若しかしたら、今回の旅行中一番美味しいものかもしれない…。
ワタシの期待はイヤがオウにも高まっていた。

2_3

お店の入り口では、今も包子のような餃子がどんどんと作られている。
いやん、絶対に美味しいハズ!
そう思ってドキドキしながら待っていると…。

3_3

蒸包80元さまのおな~り~(笑)。

中はこんなカンジ。

4_3

ギュッとしまった餡、ほんのり甘い麺、なんというか…あんまし美味しくない(笑)

「良かったね~、これ、食べに来てなかったら、絶対に一番美味しいと思ってたでしょ(笑)」

Aさん、仰せのとおりでございます、ハイ(笑)
ナンというか、いろんなお肉ミックスみたいな餡で、食べつけない味。
慣れるといいのかもしれないが、ワタシが食べたい美味しい包子のような餃子とは違うものだったのだ。
これで心おきなく日本へ…。

おっと、もう一つ忘れてはいけないわ。
すぐ近くには,<奇華餅家>があるのだ。

Photo_3

昨日はスッカラだった月餅棚に、いっぱいの月餅。
そこで、小豆餡・蓮子餡・棗餡・蓮蛋と鳳梨餅を買って、これで心おきなく帰れるわ。

そこでタクシーを拾ってホテルまで70元。
昨日よりもホテルまで、20メートルくらい遠かったのだが、やっぱり70元で着いたぢゃん!と、再び怨念の炎が燃え上がる(笑)
次は、もっとガツンと言えるように、ちょっと“ちうごくご”をベンキョーしておかなくっちゃ。

帰国の途

チェックアウトを済ませ、ホテル前からタクシーに乗る。
するとにーさん、空港までは一律1100元と決まっているという。
この5月、台北駅んところから空港まで1000元で言ってもらったのに~!と言っても譲らない。
挙句に、今度来たとき、空港から台北市内まで900元にするから。
それなら一緒でしょ?とかいう始末。
しかも、忙しいから前の日の朝に電話してくれというのだが、そんなん、国際電話代の方が高くなるやん…。

どうこう言っても、乗っちゃったものは仕方がないのでそのまま空港へ行き、チェックインを済ませると、一時間ほど時間が空いたので、最後の有り金はたいてお茶でもしようかと、空港内をウロウロ…。
すると、ばったろRさんと出会う。

「もうお金なくなっちゃってビンボーなのよ。コーヒーおごって!」
Aさん、ズバり切り出し、ワタシも一緒にスタバのマンゴー&パッションフルーツ110元を御馳走していただく。

Photo_6

Rさん、どうもお御馳走さまでした~♪

搭乗時間が一番早かったワタシが一番に戦線離脱?で機中の人に。
機内食は、行きよりはいい。

Photo_4

台湾へ行く時は、タイガイ帰りの便の方が機内食が美味しい。
もっとがんばってよ日本!ってカンジ(笑)

一眠りしてふと気がつくと、雲平線の向こうに太陽が沈まんとしていた。

Photo_5

2_4

3_4

再び名古屋の夜

7時過ぎ、再び名鉄イン金山に到着、部屋番号は719。
…今朝まで泊まっていた719のお部屋とはえらい違いだと、なんだか感慨深かった。

この夜について、旅行中ず~っと考えていたことがある。
他でもない、晩ご飯は味噌煮込みうどんにするか、味噌かつか、ひつまぶしか…で、ずっと悩んでいたのだ。
悩んでいたのだが・・・いったんホテルへ入るともうどうでもよくなって、金山総合駅でなにか食べようと、徒歩3分のお出かけ。
そこで結局これ(笑)

1_4

<マイケル>のたこ焼き480円也。
なんでも養老の滝の水を使用しているらしいのだが・・・養老の滝って???(笑)
そして、すぐそばの果物屋さんでゴールデンパイナップルジュース300円を200円にオマケしてもらって、ホテルへ退散、それでは…。

2_5

いただきますでおやすみなさい~。


|

« 麗しの島紀行~6日目~ | Main | 麗しの島紀行…の後で »

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

養老の滝の水・・・地元すら知らない。あるのかなあ?

Posted by: まさ | Tuesday, November 06, 2007 at 20:49

養老の滝・・・岐阜県に養老という町があり、
少しお山を登ってゆくと滝があるのでございまする。
観光名所として ちっとだけ有名でござる。

そこにむかしむかし、たいそう働き者の息子がござって
でもお約束のごとく貧乏で
息子のかあさんは これまたドラマみたく病弱で
かあさんにお酒を飲ませてあげると 病気が治るよと
ヤブ医者に言われたもんだから
息子は 滝の前で悔し涙を流したさ。
そしたら神様が その息子の心やさしきに感動しなさって
滝の水をお酒に変えてくれたっちゅう 
涙なくしては聞けないお話なのだ。

養老はその他に焼肉の町なのだ。めっちゃ美味しくて安いのだ。
あと瓢箪が特産品だね。

それはいいけど、名古屋に来たらやっぱ味噌かつ食べな
いかんがね。海老ふりぁも美味しいが。
先にわかっていたなら 紹介したのにい、、
今度お越しいただいた時は是非ご一緒に。。。

Posted by: テツのかあちゃん | Tuesday, November 06, 2007 at 22:31

そのお話、その昔日本むかし話で見た記憶があります!
むか~しむか~し、あるところに…で始まった?ような気がするのですが、岐阜県のお話だったのですね。

で、養老の滝の水使用というのは、若しかしてお酒入りってコトなんでしょうか(笑)
焼肉もいいなぁ~(笑)

今回初名古屋だったのですが、次回はちゃんと徳川美術館とかにも行きたいです。
味噌カツ、是非ご一緒させてくださいませませ~。
海老ふりぁも、海老フライとどこが違うのか、とっても興味シンシン…。
ウワサによると、伊勢海老使用だとか。
これってホントなんでしょうか~???

Posted by: SAKURAKO | Tuesday, November 06, 2007 at 23:22

飛機上的照片好美喔^0^
拍的好棒.我看了好久好久^///^
不過翻譯讓我疑惑@@
蒸包到底好不好吃啊?

Posted by: 蝴蝶蘭 | Wednesday, November 07, 2007 at 03:39

我覺得不太好吃^^;
對我來說,常青餃子館比円山老崔蒸包吃得好。

Posted by: 櫻子 | Wednesday, November 07, 2007 at 11:06

コッホンっ!え~っとですねえ。
お酒のように美味い水!てことを
まわりくど~く言いたかっただけでございまする(笑)
お酒は入ってないです、ごめんなちゃい。。

海老ふりぁは伊勢海老なんか使ってないよん(爆笑)
どでかいだけです、ごめんなちゃい。。

徳川美術館良いですよ~。
かあちゃまは甲冑とか御旗を見ると
鳥肌が立つほど嬉しくて 興奮します。。
お隣の庭園を是非いとしい人と歩いてくださいな。。
なんかお見合いしてるみたいで
新鮮な気持ちになれまする^^。

Posted by: テツのかあちゃん | Wednesday, November 07, 2007 at 22:16

そ…そうだったのですか(笑)
ずっと、ホントにお酒になったのだと信じてました(笑)
オマケに、海老ふりぁは…若しかしてワタシ、ダマされてたのかしら?
大ショ~~~~ック(笑)

徳川美術館のお庭、行く前にいとしい人を探しておかなければ!
甲冑とか御旗で鳥肌…若しかして、テツどののお母上は、その昔戦国武将でござったか!
にしても、エラいヒトの甲冑って、細かいところにさらりと施された細工や意匠が、とってもオシャレですよね。
ビックリします。
今から、名古屋再び!が楽しみです(笑)

Posted by: SAKURAKO | Thursday, November 08, 2007 at 17:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 麗しの島紀行~6日目~ | Main | 麗しの島紀行…の後で »