« 3歩進んで1歩後退… | Main | ヤケたみかんで合えものを »

Thursday, September 20, 2007

トーフのような根性だけど…

ここいらで一番美味しいと言われている豆腐屋さんのお豆腐をいただいた。
一番美味しいと言われているのだが・・・何しろまあ、この辺りの豆腐は固い!
今から150年くらい前、“火吹きだるま”というあだ名の、四辻出身の村医者のムスコが、「宇和島の豆腐は固い。石にぶつけても割れもせん」と言っただか言わないだかの話があるが、その宇和島からさして離れてもいないこの辺りでは、“豆腐を買った縄で縛って持って帰る”といったくらいだ。
京都へ行ったら、木綿豆腐がここいらの絹ごしよりもやらかくて滑らかだったことに、カルチャーショックを覚えたものだが、件の“火吹きだるま”さんは、京都で湯豆腐を食べてるときに襲われて落命したというから、もしかして、豆腐ののろ…。
イヤイヤ、そうではなくて、いただいたのだ、ここいらで一番美味しいという豆腐を。
なので、今日のお昼はその豆腐をいただく。

079201

定番の冷奴。
豆腐の味を味わうには反則のような気がしないでもないが、ネギを表へ取りに行くのが面倒だったので、冷蔵庫の中の生姜・オクラ・白ネギ・茗荷を刻んで、この間勝浦温泉ホテル浦島で買って来た柚子胡椒をたっぷりと…。
この柚子胡椒、唐辛子・柚子皮・塩だけで作られたもので、とってもよく効く。
いっぱい混ぜ物をしてある某大手メーカーの柚子胡椒のつもりで使ったら、大間違いのコンコンチキで、えらい目にあってしまった…。
今日はちょっと控え目にしたつもりだったのだが、もっと少ない方が良かったようだ。

しかし、その辛みのせいかお豆腐の実力か、たいそう大豆の甘みがあるお豆腐だった。
固さ加減は、釘が打てる程(笑)
いや、しっかりとだいずぅ~!という感じの食感。
決して豆乳を感じさせるものではない(笑)

この固いお豆腐を使ったもう一品。

079202

冷蔵庫の中のありあわせの材料で、炒り煮にしたもの。
山口には野菜と一緒に甘い目に煮て仕上げた“けんちょう煮”(こちらをご参照ください)という料理があったが、これはそれよりもおつゆがうんと少ない。
いや、逆にしっかりと固いお豆腐だから、びしょびしょにならない?(笑)

こうやって今日も豆腐ダイエットにハゲんでいたワタシだったが、女王さまがアクマのササヤキ…。
「アイスを買いに行こうぞよ~♪」
「いえいえ、ワタシは結構ですので、女王さまお一人で召し上がってください。」
「一人だけ瘠せるのはズルいぞぇ~!」
「ぢゃ~召しあがるのやめますか?」
「いやぢゃ~! 今日はアイスなのぢゃ~!」
…そんな、あばれなくっても…。

で買ってくるハメになったハーゲンのアイス。。。
いやいや食べてたら、お幸ちゃまと目が合った。
「え?これでございますか?
いえいえ、お幸ちゃま、これは身体にお悪うございます。
なので、ワタシが1人でいただいてしまいますから…。
え?そんなお幸ちゃま…そうでございますか?」

つい、お幸ちゃまとワケワケしたら、その分太らなくていいと思ったワタシ…。
でも、その時には既に、まん中のバーに少々ひっついた部分があるくらい。
それをお幸ちゃまにペロペロしていただこうと思ったら…。
いきなり、バリバリという大音響がして、お幸ちゃまはあろうことか、木のバーまで一緒に…。
ひぇ~(汗)
どっかに引っかかったり突き刺さったりせず、無事に出て来てくれるか、とっても心配。。。
お幸ちゃま、カンベンしてください…(涙)

|

« 3歩進んで1歩後退… | Main | ヤケたみかんで合えものを »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

飽食日記/たべものあれこれ」カテゴリの記事

女王さまのお犬」カテゴリの記事

Comments

・・・お邪魔します。
今日、男前っちゅう豆腐を食したばかりでした。
そのお豆腐は 男前より硬いですか?
男前はうちの婆ちゃんが買って来て
初めて食したのですが、
婆ちゃんは 豆腐をくるんである薄い紙に気付かず
「このお豆腐硬すぎるわ・・・><」と言いながら
ギシギシ包丁入れとりました・・(汗)

お幸ちゃま、大丈夫ですよ。
おテツなんて かまぼこの板をバリバリやってます。
お幸ちゃま、お幸ちゃまとおテツは
お首の白がおなかまで続いてないですよね。
それって四国犬の血が濃いっちゅうことなんですよ。
ふたりは由緒正しい正統派四国犬っちゅうことなんですの。
す、すばらしい・・・
よろしゅうございましたね、ね、sakurakoさん・・(涙)

Posted by: テツのかあちゃま | Wednesday, September 26, 2007 at 22:42

男前豆腐、最近はこの辺りでも見かけるようになりましたが、男前豆腐をフワフワクリームダンジュとすると、このお豆腐は膨らまずにべシャッとつぶれたカタカタのシフォンケーキというカンジでしょうか(笑)
なんせ、縄で縛って持って帰るんですから~(笑)

おテツちゃま、けっこうチャレンヂャーなんですね@@
でも、メガネはやめた方がいいと思いますよ、おテツちゃま…。
あんまし美味しくなかったでしょ?

でも、改めておテツちゃまを拝見させていただきましたら、お首の白毛の入り方が、お幸ちゃまとよく似ておいででございますね。
お幸ちゃまは、父方のおじいちゃまがかの有名な嶽峰号なので、若しかしたらどこかで繋がっているかもしれませんよ~(笑)

Posted by: sakurako | Thursday, September 27, 2007 at 23:11

あのね、おテツの母方のひいひいじいちゃんが
嶽峰号らしいのよ。
どうやら その嶽峰号さんはそこいらじゅうに
種をバラ蒔いたらしいから みんな何処かで
つながってるかもね!^^

Posted by: テツのかあちゃん | Friday, September 28, 2007 at 22:35

艶福家の嶽峰号(笑)
サラブレッドの4大種馬ぢゃ~ありませんが、今ではそうぢゃない血統を探す方が難しいかも~ですね。
しかし、今はもう、嶽峰号がひいひいじいちゃんの世代なのですね…。
ちょっと、時の流れの速さにビックリしてしまいました…。

Posted by: sakurako | Friday, September 28, 2007 at 23:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 3歩進んで1歩後退… | Main | ヤケたみかんで合えものを »