« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007

Friday, August 31, 2007

滞在時間20時間

久しぶりに徹夜して、そのまま出かけたのが30日の7時40分。
2時前にホテルにチェックインして4時30分から7時までおシゴト。
それから懇親会で10時過ぎ解散。
折角の温泉なのに、お風呂に行く気力もなくそのまま寝て…そして起きて帰って来たのだった…。

途中、広島駅を通ったのだが、いつもだったらここでディチェコのパスタをしこたま買い込むところだが、おんなじくらいの値段で通販してくれるサイトを教えていただいたので、今日は何時も重いから買って帰ることが出来ない~と涙を飲んでいたロクシタンのシャンプー・コンディショナーを購入。

078312

留守の間に、さっきまでいたところのお友達からお米が届いていた。
美味しいお米をどうもありがと~♪

07831

| | Comments (0)

Wednesday, August 29, 2007

本日のいただきものごはん

07829

お中元というのは、自分では絶対買わないものをいただくこともあり、それが楽しみでもある。
このレトルトパウチのカレー&ハヤシも、ここいらでは見かけることもまずなかろうが、あったとしても525円も出して買おうとはまず思わないだろう。
なので、ワタシ的にはちょっと、かなり、いただくのを楽しみにしていた。
送ってくださった方をワタシは存じ上げないのだが…。

ぐらぐら湧いたお風呂に浸けること約5分、レンジでチン!のご飯にかけていただこうと…。

078292

ということで、いただいたのだが、いや、ラッキョがすすむすすむ。

「次はもういらぬぞよ~!」

ワタシが何か言う前に、女王さまに全否定されてしまった。。。

| | Comments (0)

Tuesday, August 28, 2007

悲喜こもごも…

07828

数日前からトマト味のパスタがいただきたいとずっと思っていたのだが、今日やっと、いただきもののトマトとサンマで形になった。
モチロン、ニンニクもいただきもの♪
蚊の大群に襲われながら、フェンネルの花・イタリアンパセリ・バジルを摘んできて、なかなかいいカンジ。
パスタはディチェコのフェデリーニ。
これは4分弱くらいの茹で時間であげると、けっこう時間がたってもアルデンテで美味しく頂ける。
トマトの酸味がちょっときつかったが、サンマにはこのくらい酸味があっても合うかも・・・。
本当は、ケイパーとか入れたかったのだが、どこにも見当たらず…。
鷹の爪もオリーブも無し。
なのでどうかと思ったが、酸味のおかげでパンチの効いたお味に仕上がったと言えなくもないかも・・・。
しかも、うっかり夕景モードで撮ったから、すんごくツヤツヤテカテカになってしまった。

078282

ところで昨日夜中の12時過ぎ頃、お幸ちゃまが切なそうに鳴いていたので、気晴らしにちょっとそこいら歩かせて差上げようと思った。
思ったら…あろうことか、リードが切れた…。
もう、顔面蒼白真っ青である。
夜なので人に出会うことはまぁないだろうが、明日の朝まで帰ってこなかったら、子供たちが学校に行く時間になるではないか・・・。
今が夏休みだということに思い至ることもなく、アタマの中に踊る“四国犬、集団登校中の小学生を襲う。今度は○○で。”の見出し…。
なんとかして捕まえなければ!と、ない知恵を絞ってビーフジャーキーを玄関先に撒いて罠をしかけ…ようとしていたところへ、“はぁはぁ・・・”というお幸ちゃまの気配!

お幸ちゃまが1人でお散歩して来たのは、時間にして30分くらいなものだが、それでもお幸ちゃまにしてみたら、今までにも脱走したことはあるにはあったが、一人でお出かけの最長記録である。
それでも30分そこそこでお帰りになってしまうところが、お幸ちゃまのお幸ちゃまたる所以なのだが、事件はそれだけでは終わらなかったのだ…。
お幸ちゃまがお帰りになったはいいが、何所かでハメにでも噛まれたりしてないか、ヘンなものを拾い食いなどしてないかと、あれこれ構っていたら…お幸ちゃまが怒ったのだ…。
が~~~~ん!しょっく・・・。
しかし、それだけはならぬとお教えせねば!とワタシはココロを鬼にして、お幸ちゃまに教育的指導をしたのだ。
したら…そのあと険悪な雰囲気になって、今日になってもお幸ちゃま、口もきいてくださらない…。
見よ、この不機嫌そうなお顔…。

078284

さすがに夕方のお散歩にはお連れせねばとお連れしたのだが、どういうことでだか、お幸ちゃまは大きい御用も小さい御用もなさらず、ただ、お行儀よくテッケテッケと歩いて、さっさと帰っておしまいになった…。
お幸ちゃま、意外なところで実は根性が据わっておいでなのかも・・・。

いや、そんなことでお幸ちゃまを甘やかしてはいけない!
厳しい態度で接しなければ…。
そう思いつつも、「ちょっと待って!」とお願いしてお散歩途中で見つけた葛の花をお写真させていただいたりすると、どうしてもお幸ちゃまの態度の方がデカくなっているような…。

078283


| | Comments (4)

Monday, August 27, 2007

秋はそこまで。。。

07827

今日はいろいろと魚が泳いでやって来たので、さっそくお夕飯にいただく。
アジとタコはここいらのものだろうが、さんまはどうやら厚岸から泳いで来たらしい。
長旅のあとなのに、ここいらのものとしては驚きなくらいに新鮮で美味しかった。
そして、さんまをいただく季節になると、もう秋なのね…と実感。
そして、山盛りの大根おろし以外、ぜ~んぶいただきモノ♪

しかし、なんとなく秋っぽさを感じてはいるが、お幸ちゃまをお散歩にお連れした時の汗と言ったら、真夏よりもびっしょりなんぢゃないかしら…ってなくらいのものだった。
…なぜ?

078271

そのお幸ちゃま、最近開拓したお散歩コースにて。
今までお幸ちゃまのお散歩コースは、人目を避けるように山の中だったのだが、もう少し人慣れしていただこうと、ここ3回くらい里の方へ降りてみた。
お幸ちゃま、興味はおありで行きたいのはヤマヤマなのだが、人家が見え始め、人の気配がしはじめると、とたんに弱気モードに(笑)
そして今日は、ここから一目散で御帰宅遊ばされた。
距離にしていつもの5分の1くらい。

078272

その途中で、蔓を撮ろうとしたらファインダーの中で虫を発見。
なので、虫を撮ることにしたのだが、虫の重みでかそれともほのかに風があるのか、被写体が動く…動く…。
なので、いま3つくらいピントが合っていないのだが、御愛嬌…。

| | Comments (2)

Sunday, August 26, 2007

本日のお空

078261

毎日、空がきれいだ…。
お幸ちゃまに嫌がられながら、今日もお写真を撮る。
風景もバチッ!と撮りたい時にはマクロで、という某誌の言うことを鵜呑みにして、このところマクロで風景を撮っているのだが、バチッ!と撮れすぎるきらいがあることに今日やっと気がついた。
といっても、他の選択肢はセットで付いてきたしょぼいズームレンズしかないのだが…。
それともやっぱり、撮り方の問題かしら。。。

078227_3
美食の薔薇園に、先日のラ・カルトンのお料理をUPしました。
お時間のある方は、こちらの画像からどうぞ→

| | Comments (2)

Saturday, August 25, 2007

日がな一日…

とにかく、眠い…。
これは、カロナールを飲んだせい?

078261

それでも、朝はまだ、写真の一枚も撮ろうかという気があった。
どうやらマクロで撮るって面白い…に、すっかりハマってしまったみたい。

078262

しかし、イマイチピントが甘くって、それが分かっていても取り直す気力がないあたり、やっぱり本調子ぢゃないのかも・・・。

しかし、ここまで画像が小さいと、そのピンボケ度もそんなには目立たないだろうと…。
どうかしら…?

| | Comments (0)

Friday, August 24, 2007

ここいらの診療所

078243

昨日の空。
このところ、毎日西の空がきれいだ…。

078242

その昨日の夕方、おだいどこの流し台の上に、キャベツ・ナス・ニガウリ・キュウリを発見!
これを使って何か作らねば!と思い、全部千切りにして塩もみして、冷蔵庫の中のまくわうりも千切りにして酢の物にした。
途中、それらがホトケさまのお供えに特別に準備されたものであったことが判明したが、後の祭りとはこのことである…。

そのせいかどうかは定かでないが、夜、熱が出る。
このところ、ず~っと喉が痛くてなんとなく倦怠感だったから、そのせいかもしれないが…。
この、ワタシの発熱の噂は何故かあっという間に広がり、そこでもっともらしい診断が付けられた。

「それ毎日毎日犬と一緒に歩きよるから、暑気が入ったんよ!」

そうなのかしら…。

これを科学の目で解明するべく、このあたりの診療所に行ってみた。
看護士さんの問診も何も無く、そのまま診察室へ。
「今日はどうしましたか?」
このところの経過を説明すると、喉を見る。
「抗生物質で様子を見るか、血液検査をするか、どうしますか?」

あの~、聴診はなさらないんで?

結局、血液検査をして抗生物質をもらって帰る。
そして、そこにも驚きのジジツが・・・。

「至急で出しますから、結果は月曜日の3時頃に出ます。それ以降に電話してください。」
「電話でいいんですか?」
「いいですよ。」

この地域医療の実態について、自治体が実施する検診結果ですら病院に足を運ばないと教えてもらえないおマチ在住の方々は、どのような感想をお持ちになるだろう…。
いやはや、いろんな意味でびっくり…(笑)

078241

それとは関係ないのだが、お花をいただいた。
花園では“まいまい”と呼ばれているこのお花、なんとなく生姜の匂いがする。

| | Comments (4)

Wednesday, August 22, 2007

今日は盛り沢山

078220

松山名物“醤油もち”をいただいた。
“醤油もち”、読んで字のごとくお醤油風味の米粉にあんこの入った甘いお菓子。
そのムカシは、何故“醤油もち”でなければらならいのか、真剣になやんだものだが、でも、美味しいのでいんぢゃないかしら~。

078221

死滅が危惧される杉苔。
今朝の水遣りを忘れた(ゆうべはやった)ら、こんな具合に息も絶え絶え…。

078222

水をかけた瞬間、ぱっと緑になるさまは、何度見ても生命の神秘を感じてしまう…。

078223

5月下旬に台北へ行った時、苗空まで足を延ばして張福欽氏の鉄観音を買って来ようと思っていた。
が、諸般の事情により断念せざるを得なかったので、何時ものお茶屋さんに注文。
去年の冬茶と今年の春茶、そして梅占を50gづつ購入。
林華泰茶行の一番高い鉄観音150gが600元だったことを思えば、ほぼ1斤相当のお値段になるのだが、しかし、張さんの鉄観音は特別なのだ。
そのヒミツはズバリ!絶妙な発酵加減にあるのだと思う。
酸味が甘みに変わり、お口の滑らかさ加減が絶頂に達するとき、そこには恍惚の世界が…。

078224

そして、ラ・カルトン
田んぼの中にそびえ立つ、なんちゃってグラン・メゾン(笑)
なにがグラン・メゾンぢゃないって、このお店には、シェフ・ソムリエ・サーヴィスみんなあわせて1人しかいない。
1人でシェフ・ソムリエ・サーヴィスを全部やっているのだ。
それも、従業員が急にやめたとかの理由ではなく、1人でやらないと人件費に経費が取られて、納得のいく料理が出せなくなるから。
ここいらのフレンチ事情を端的に示しているこのケース。

078225

そうなのだ、この店構えなら、フロアにはメートルにソムリエ兼ギャルソンの最低2人、厨房にもシェフの他に2人くらいいてちっともおかしくないと思うのだが、そうすると採算なんて絶対合わない、合うわけない!のだ。
ならば、どこを削って行くかという時に、このお店は人件費を削っている。
料理は5000円・6000円・9000円(税別)とあるが、これも、魚コース・肉コース・両方コースの違いだけで、実質1種類づつしかない。
メニュー変更は年4回。
これだけ聞くと、だいたいどうやってお店が回っているか想像がつく。
しかし、シェフは言う。

「味はごまかせても喉はごまかせませんから、缶詰とかにちょっと手を加えてそれを自家製ソースですというところもありますが、ウチではそれはしません。保存料なんかが入っていたら、喉でわかってしまうんです。」

高望みをしたらキリがないが、それ以上に、まっとうなフレンチを作ろうというシェフの姿勢にエールを送りたくなるお店である。
そして、「この辺りでは、そもそもまっとうなフレンチなんてないぢゃないですか~」という点で、すっかり意気投合してしまった感が…(笑)

078226

お名刺をいただいたのだが、これがまた、読めませんよ~(笑)
078227_3
お料理については、薔薇園のほうで御紹介いたしておりますので、こちらの画像からどうぞ→


| | Comments (2)

Tuesday, August 21, 2007

お池の表情

くどいようだが、花園のお池は自動流水干満方式。
なんてことはない風景なのだが、天気や時間によって、けっこう表情が変わる。
特に今朝は、島々に霞がたなびいてちょっといつもとは違う雰囲気。

078211

しっとりとした風情だったのだが、夕方になるとくっきりきっぱりしたカンジに。

078212

いや、実に至るところ青山あり…というべきか。。。
(↑使い方ビミョ―におかしいです、ハイ。。。)

| | Comments (4)

Monday, August 20, 2007

“烏龍茶です”のお話

078202

その昔、リンちゃんこと台湾出身のH田先生に冷たくした烏龍茶をお勧めすると、「台湾には冷たい烏龍茶はない。これは日本人が考えたものだ」という、ありがた~いお言葉をいただいたものだが、ワタシが台湾へ行き始めた頃には、もう既に、台湾でも当たり前のように冷やしたペットボトル入りウーロン茶が販売されていた。
中でもお気に入りなのは、↑の“就是茶”。
“これがお茶なんです!”という感じのネーミングなのだが、さりげに“無糖”の文字。
そう、台湾の烏龍茶には、時にお砂糖が入っていることがある。。。
なので、うっかりそういうものを買ってしまうとオドロキモモノキサンショノキ状態になってしまうのだが、無糖の商品だと凡そ日本人が烏龍茶だと思っているものよりも香りのよい、さっぱりした味のものが入っている。
この“烏龍煎茶”というのがまたまたちょっと意味深というか意味不明というかなのだが…。

この“就是茶”という商品名、日本で言うところの“お~いお茶”とイイ勝負かな~などと思いつつ、いつか紹介しようとこのような画像を用意していたワケだが、せっかく故宮博物院に隣接している中国庭園で撮影したはいいのだが、あわやお蔵入りというところで発掘してきてここに載せるにはワケがある。
そのきっかけとなったのがこれ↓。

078203

まさに、訳せばおんなじ商品名。
初めて見たこのお茶、お味は如何なものなのかしら…。
飲んでみたくもあり、ちょっと怖いような気もしたりして…。

そういえば、台湾旅行の総括がまだ全然出来ていない…。
その前の香港旅行もまだなのに、さらなる旅行計画が山津波のように押し寄せてくる。
9月には、西国三十三観音霊場めぐり(第1回目)というのに添乗することが確定してしまった。
那智の滝は見てみたいが・・・毎日1050円のお弁当とバイキングの3泊4日はなにやら相当辛そうだ。。。

友達のところに荷物を送るのに、今日撮った白だけど百日紅の写真をカードに仕立ててメッセージを添えた。
プリントしたそのカードを見たとあるヒトが、「少しもきれいなことないやないか~」とのたまった。
かなりキブンを害したので、ここでぐちってハッサンハッサン(笑)

078201

| | Comments (0)

Sunday, August 19, 2007

傷心…

078192

毎日、うだるように暑い。
お幸ちゃまのお部屋も暑い。
お部屋横でぺったりのったりのお幸ちゃま、さぞかし暑かろうと、氷を持って行ってなめなめさせて差し上げたり、お水も少しでも冷たいものをと、新しいものに差し替えて差し上げたりするのだが、お水はよっぽど放水してから汲んで差し上げないと、手もつけられないくらいの熱湯を差し上げてしまいかねない。
まったく、今年の夏の日差しは殺人度が前年比170%位あるんぢゃないかしら…。

暑さのせいか、ひねもすのたりのお幸ちゃま。
お暑うございますね~とご挨拶申し上げ、伸ばした前足をさすって差し上げた。
その刹那、「ギャウ!」という大音声がして、お幸ちゃまの歯がワタシの手に当たる。

え? お幸ちゃま? 今何を…???

もう一度もう一方の前足をさすって差上げると、またしてもこんどは「がう!
いえ、歯が当たると申しましても、歯を立てようとしているのではなく、大きく口をあけて威嚇するさいに、ちとっと当たっただけで、そんな痛いわけでもないけれど…それでもやっぱり、かなり落ち込む…。

ひどい、お幸ちゃま…。
ワタシがどんなワルサをしたとおっしゃるんで?

あんよをサスサスというのは、何も今日が初めてなわけではなく、常日頃時々サスサスして差上げている。
いつも、嫌がってすぐに足を引っこめたり立ち上がったりなさるが、今日のような反応は初めてである。
やっぱり暑さのせいで、お幸ちゃまも気が立っていらっしゃるのだろうか…。
それともワタシが、今朝のお散歩をすっかりシツネンですっぽかしてしまったことをネチネチと覚えていて、嫌がらせをなさっておられるのか…。
とにもかくにも、お幸ちゃまのご不興を蒙むって、ワタシはチョーゼツ悲しい…。

| | Comments (2)

Saturday, August 18, 2007

花が咲いてもうひと花の警戒警戒!

ナンのことやらワケのわからないタイトルだが、3つのお題をつなげてみました~♪というところで、お察しください(笑)

078181

花園の百合ジャングルが、まさに今見ごろ。
女王さまのお人形と一緒に記念撮影してみる。
この百合は、荒野にもしっかりと種をまき散らしてしっかりと増えていってくれるのでありがたい。
何世代か経つと、花が開く前につぼみが割れたようになってちゃんと咲かなくなるのだが、新しい種が落ちていればそれでよし。
百合の間の紫の花も、最初は3本だけで花園にやってきたのだが、今ではすっかり“わんさか”という形容詞が似つかわしいまでに繁茂してくれた。

078182

太陽に当ってダメージを受けたお肌のケアは、カフェコラーゲン。
先日注文すると、新しいお味の紹介でパッションフルーツが入っていた。
なかなかに美味しい。
このカフェコラーゲン、最近あちこちに実店舗を開店させているが、急成長しても品質には問題ないのだろうか…。
確保できる原材料には限りがあるだろうし…と、つい心配してしまうところなんて、この国の最近のすさんだ食糧事情がこんなところにも影響しているのね。

078183

お仕事中のお幸ちゃま。
といっても、ワンワン言うわけではないのだが、入って来た車の音に警戒警報発令中。
それなら、いっそのことおウチから出ていって目視で確認しなさいよ!といいたいところだが、そうすると居留守が使えなくなるので、お幸ちゃまはお困りの事態に陥ってしまうらしい…。
このところちょっと交際範囲が広がって、社交的になってこられたと思っていたが・・・やはり基本的には対人恐怖症であられるようだ…。

| | Comments (2)

Thursday, August 16, 2007

花園の死滅危惧種

078161

毎日、肌に突き刺さるキラー光線のシャワーが、遠慮なく降り注ぐ今日この頃…。
三日目の鷺草は、まだゲンキ。
つぼみだった花も、めでたく開いた。

しかし…。

078162

気がついたら、庭の杉苔が早虫の息…。
これでも、ワタシが毎朝毎晩水遣りはしているのだ。
しているのに、お昼を過ぎればこんなあわれな姿に…。

あまりの哀れさに、つい、またたっぷりと水を遣る。
その翌朝の杉苔。

078163

ちょっと復活しているみたいに見えるが、これがまたお昼過ぎには瀕死の状態になるのだ…。
熱くなりすぎた地球の悲鳴が聞こえてきそう…。

| | Comments (4)

Tuesday, August 14, 2007

がんこ

「がんこぢゃ~! 今日のお昼はがんこへ行くぞよ~!」

最近ちょっとお疲れ気味だったワタシ…。
女王さまの提案に、何とはなしに乗ってしまった。
“がんこ”というのは、花園から車で10分かからないくらいのところにあるお寿司屋さん。
といっても、鳥の唐揚だって、お昼の日替わり定食だってある、イナカのなんでも和食屋さんだのだ。
なのだが…。

女王さま、真昼間っからカウンターの前にどっかと陣取ってしまわれて、動かなくなってしまわれた。
そ…そうなんですか…?

ここは、カウンターに座ると自動的にお寿司が出て来るのだ。
「1貫づつにしてください。」
ワタシが言えたのは、それだけだった…。

078141 078142 078143 078144 078145 078146 078147 078148 078149 0781410

これにイカも食べたのだが、お写真がないってどういうことなのかしら~。
女王さまは、鉄火はナシで、鯛とかんぱちをおかわりなさってさらにウナギを召し上がっていらっしゃた。
これで一人アタマ2700円でお釣りがくるくらい。
ネタは新鮮でおっきいし、真昼間っからだったが、まぁ、良しとしよう。

| | Comments (0)

Monday, August 13, 2007

Kさんへ。とりあえず花を載せました(笑)

078121

盆栽好きのおじさまに、鷺草の盆栽をいただいた。
鷺草といえば、『はいからさんが通る』の番外編を思い出す。
そして、目下の心配は三日後干からびてるんぢゃないかということ…。

先日の納豆うどんが、何故かとっても不評だった。
あんなに美味しいのに…。
コラーゲン入りなのに…。
画像的によろしくないというご意見をいただいたので、今日は花なんか載せちゃおう。

078122

花びらが納豆うどんになんとなく似てるかもしれないが、決してナニかを狙ったワケではないのよん(笑)

鷺草は本体とセットのズームレンズ、ヒオウギはミノルタのマクロレンズ。
やっぱり接写はマクロレンズのモノだと思ったが、しかし、レンズ交換してる間にゴミが入ってしまうリスクもある。
前回、カメラの中から干からびた草花の残骸みたいなのが出てきたときには、正直ビビったものである。
カメラって、イロイロ難しいわん。

| | Comments (0)

Thursday, August 09, 2007

何時もいただきものってワケぢゃ~ないのよん

本日お昼の納豆うどん。

078091

かな泉のうどんはモチロンお中元の品である。
オクラも甘唐美人もいただきもの。
買ってきた材料と言えば、卵・ネギ・生姜くらいなもの。
い~や、今日はそれだけではない。
メインの食材、体にイイはずの納豆が、ナント!発酵コラーゲン納豆という、ワケの分らないシロモノなのだ!
おカメさんの絵が書いてある納豆屋さんの製品なのだが、どこいらにどうコラーゲンが入っているのかはよくわからない。
でも、なんだかとっても身体によさそうな気になるではないか!
そう思って買ってみたのだが、ちょっとお豆さんが固いような気がしたほかは、なんら変わりはなかったような…。

本日夜の麻婆豆腐。

078092

この麻婆豆腐は、使ったいただきモノといえば、ニンニクくらい。
後は調味料もなにも、すべて買ったもので出来ている。
国産丸大豆使用豆腐が半額だったとか、純黒豚ミンチが半額だったとか、イロイロ種を明かせばあるにはあるが、久しぶりにいただきもの率が10%未満に抑えられた一品。

この麻婆豆腐、何故だかは分らないのだが、この間台北で行った四川料理屋さんの麻婆豆腐のような味に仕上がった。
目指したのは、陳建民の麻婆豆腐のハズなのだが…。
いったい、何処で間違ったのだろう。
とはいえ、豆板醤・豆豉醤・甜麺醤をテキトーに放り込み、醤油・酒・砂糖でなんとなく味をまとめるという、レシピなんてあったもんぢゃない麻婆豆腐なのだから、その日のさじ加減でどんな味にも変幻自在…というか、出たとこ勝負なので、美味しければそれでいーぢゃない、ということで…。

しかし、どちらかというと、やっぱりワタシ的には陳建民の麻婆豆腐の方が好みかも。
といっても、お弟子さんが作ったヤツしか食べたことはないのだけど。
なので、次回は陳健一のレシピをちゃんとおさらいしてから作ろう(笑)

| | Comments (2)

Wednesday, August 08, 2007

やさしく癒してん♪

じりじりと照りつける殺人光線。
どのくらい殺人的かと言うと、8時半頃黒い服を着て黒い日傘をさしお幸ちゃまのお散歩にお供すると、自分の身体辺からアイロンをかけてるようなニホヒが漂ってくるのだ。
去年まではこんなことなかった…と、思う。
こりゃ、ホンキで明日のエコでは間に合わなくなってるぢゃん!と実感した瞬間…。

078081

サルスベリの花が咲くと、真夏~!というキブンになる。

078082

ヒオウギを見ると、ムカシ初めてお正花でヒオウギを入れた時、なんどやってもバッタンバッタン倒れたことを思い出す…。

そんな夏の…というか、暦の上では立秋なのだが、その日に、花園に念願のマッサージチェアがやって来た。
何時もの女王さまの「今度こそ!絶対に買うのぢゃ~!」が、何故か今回に限って実現してしまった格好なのだが、果たしてこれでマッサージにかかる回数は減るのだろうか…。

078083

しかし、ナンである。
家電もイナカはおマチに比べて値引き率が悪い。
それでも、系列会社のネットショップ価格までは割引いてもらったのだが、おマケで5年間保証も付けて!と言ったら、“ならぬことはならぬものです!”と、御断りされてしまった。
専門スタッフがいないので、同一機種のグレード別性能の違いなんて情報は、提供してもらえない。
もうワンランク上の機種だとおしり・ふとももマッサージ機能もついていたのに…と悔しがっても、そのことに気付いたのが取り説を開いた時なのだから、後の祭りというやつである。
もっとも、その機種だと予算と値引きのあれやこれやで、どうなっていたかはわからないが。。。

ともあれ、女王さまがお使いでない時にはワタシもその椅子に座らせていただこうと思う。

| | Comments (3)

Tuesday, August 07, 2007

近頃の食卓事情

お中元の季節、いつものノイハウスのチョコレートがまだ来ない。
和菓子・洋菓子共に今年は不作で、何故か素麵・うどんは床の間に、そして漬物は冷蔵庫の中に、うず高く積まれて最早消費不能…。
漬けものも、半年くらい持つといいのだが、サイキンは賞味期限が4日間なんてものも多いようで、はっきり言ってトリプルブッキングなんてしちゃうと、どうしようもない。
それなのに、水なすが入っていたぬか床に、キャベツ(これもいただきもの)なんぞを入れたりする。
またこれが、もともと入っていたモノよりも美味しかったりするのだ。

07807

このお漬物だけ食べていたら、ちょっとは人生最高も止りそうなものだが、如何せん、いただきモノのアジが南蛮漬けに姿を変え、今か今かと出番を待っているのだ。
アジも塩焼きでいただいたら、それほどカロリーは気にならないのだが、如何せん、いっぺんに1人宛5尾づつなんていただいちゃっても、ど~にもならないのだ。
なので、保存食といえば、南蛮漬けなのだ。

07807_2

この玉ねぎも人参もピーマンもいただきモノ。
花園の食卓は、現在いただきものを消費するのに四苦八苦。
そして、今日、冷蔵庫の中で凍った賀茂なすが発掘されちゃったりなんかしてしまった…。
田楽は油喰うから~、なんて考えず、さっさと食べてしまっておけばよかった。
惜しいことをしてしまった。
今晩は、もったいないお化けが夢に出そうだ…。

| | Comments (0)

Monday, August 06, 2007

H木K子の言うことも…

そもそもワタシは、テレビというものはほとんど見ないのだが、何気に付いていた某番組に、聞いたことのあるH木K子というヒトが出ていて、人生相談を受けていた。
なんと恐ろしいしゃべり方をする人だろう…と、当事者でなくとも泣きそうになりながら、心の中で、「そんじゃ女の人は、耐えがたきを耐え忍びがたきを忍ぶしか生き方はないんか~!」と、怒髪天だったのだが、そのH木K子がアジの塩焼きを作っていて、この一手間で塩焼きが美味しくなる!という技を紹介していた。
ワタをとってきれいにお掃除したアジを、酒入りの水でさっと洗うのだ。
なるほど…と、これについては腑に落ちる気がしたものであったが、今日になってそれを試してみた。

アジは、昨日いただいた釣りアジ。
頭と内臓を全部とってから冷蔵していたとはいえ、昨日のアジには違いないのだから、それほど条件が良いわけではない。
なんとなく、塩焼きはどうかしら…との思いがあったのだが、試して仰天、これが臭みもなく、ジツに美味しい塩焼きに仕上がっているではないか。

いや~、たまにはH木K子の言うことも聞いてみるもんだ。

| | Comments (0)

Sunday, August 05, 2007

人生最高更新中だから~!!

このままではいけない、この人生最高状態から早く抜け出さねば…と思うものの、教えてもらったビリー隊長のキャンプは、入営する前にストレス肥りしそう…。
どっかに美味しいダイエット話はないものか…。

ローソンで買って来たお腹の中で30倍のおからクッキーをかじりつつ、「おやつにはなってもご飯にはならないぢゃ~」とボヤきながら、ちっとも楽しくないティータイムを過ごす日々…。

とも、もう直ぐお別れ♪
なんとなくブラブラ見ていたら、あの高木康政氏プロデュースのダイエットクッキー&ケーキがあるぢゃありませんか。
しかも、食べて痩せなかったら、送料を差っ引いた分だけ返金してくれるらしい。
これよこれ!

晩ご飯をそっくりダイエット食にするのは無理だとしても、朝ごはんとか、おっ昼ごはんなら…いや、おやつの時間にこのクッキーだのケーキだのをいただいたら、そうぢゃないものをいただくよりも、ずっと、最高記録の更新が抑制できるに違いない!

そう思って、とりあえず注文してから思うこと。
・・・けっこう、お高いわ…。

| | Comments (2)

Friday, August 03, 2007

脱メタボラーメン

…になっているかどうかはわからないのだが、行き場に困った中華スープで中華そば。

078021

もともとは、件の煮ても炊いても美味しくないというデカかぼちゃで、スープを作ろうと思ったのだ。
食感が冬瓜なんだから、冬瓜スープ風にすれば、きっと美味しいはずだと思ったのだ。
思ったのだが・・・。
スープをとって、いざ!で良く見ると、土に面した面が痛んで、黒カビのコロニーが出来ていた。
一部分とはいえ、カビは菌がまわるから怖いのだ~。
ということで、宙に浮いてしまった中華スープ。
仕方がないから、中華そばにしたのだが、これが結構、美味しかったのだ。
それもそのハズ、スープのもとは、瀬戸内産の干海老に、日本宗谷産の干貝柱、そして薩摩六白黒豚のミンチなのだ。

078022

そして、これらの贅沢食材は、お幸ちゃまのご飯と相成ったのだった。

| | Comments (0)

Thursday, August 02, 2007

台風接近中・・・

今回の台風は酷いらしい…、というので、午前中には戸締り確認、掃除道具や植木鉢もおおかた車庫のこの間までシルヴィちゃんがおさまっていたスペースに押し込んだ。
しかし、である。
なんちゃって蓮池は、ワタシの細腕ではとても移動不可能…。
そこには、今年の白蓮4号がスタンバっているというのに…。

078011

アメニモマケズ カゼニモマケズ … ソンナハスニ ワタシハキタイ

お幸ちゃまは、今日は朝からず~~~っとおネンネモード。
間借りしているトコロのあっちこっちに、おもちゃになりそうなモノがいっぱい散乱しているというのに、それらには目もくれず、ひたすらお昼寝ZZZ…。
どっか悪いんぢゃないかと心配するくらい、起きない。

078012

そもそも、今朝はワタシも寝過したのだ。
仕方がないからそのまま朝の連ドラ2本立てを見て、それからお幸ちゃまのところへ行く。
早く早く~! お散歩お散歩~!!
と、騒いでいるかと思いきや、お幸ちゃま、まだ睡眠中…。
おメメが開いていなかった…。

お散歩から帰って来て、雨が降り始めた頃からまたず~っとトロリ~ントロリ~ン…。
今日はおぼっちゃま、20時間睡眠だワ。
うらやましい…。

| | Comments (2)

« July 2007 | Main | September 2007 »