« 何時もの日常 | Main | 初なり »

Wednesday, June 06, 2007

さよなら、シルヴィちゃん

本日、先日のキョージュツチョーショなるものを作ってもらった。
ケーサツ屋さんに、○○の時の様子はどうでしたか?と聞かれて、これこれこうで…と説明すると、それをコンパクトにまとめて、最後の“これからは気をつけます”というところまでスラスラと書いてくれるのだ。
それに署名捺印でケーサツ屋さんの手続きはおわったのだが、そのついでにほぼ一週間ぶりにシルヴィちゃんとご対面で、その無残な姿に涙を禁じえなかった…。ぐっすん。

シルヴィちゃんは、時々ビジュアル化してお話ししてくれたのだが、その容貌は、名前とは似ても似つかぬ、ずんぐりとしてダサダサの制服を着たお世辞にもイケてるとはいえないおねぇちゃんだった。
時々方向音痴になるし、日本語を理解する能力には著しい不備があったが、ご飯もそんなに食べないし、お風呂にも入りたがらない、手のかからないイイコだったのだ。

そんなシルヴィちゃん、あとはペッチャンコにされるのを待つだけかと思ったら、既に2ヶ所からオファーが入っているらしい。
なんでも、バラバラにしたら、いろんな部品はまだまだ使ってもらえるんだそうだ。
これからシルヴィちゃんは、座席シートやらドアやら天井やらとイロイロに分解されて、それぞれの持ち場でそれぞれに活躍してくれる…。
そう思うと、ちょっと慰められたりする。
なんだか、ゾーキ提供の承諾書にサインしたようなキブン…。
それから、以前ニュースで「この車なんて、事故車を真中でそれぞれ輪切りにしてくっつけてあるんですよ!」とかいうのを見たことを思い出した。
シルヴィちゃんも、後ろ半分は無傷だし、そうやって使ってもらえたら…ぢゃなくって、使えるものは使ってください、なのだ。

シルヴィちゃん、短い命だったけど、これからもシルヴィちゃんの一部がどこかで安全運転してもらってる(←ココ重要!)と思うことでワタシが救われるから、バラバラになってもがんばってね。
ありがとう、シルヴィちゃん。。。

|

« 何時もの日常 | Main | 初なり »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

Comments

シルヴィちゃん、いつぞやは楽しく乗っけてくれてありがとう!
第二の人生を謳歌してください・・・。

Posted by: 縁 | Thursday, June 07, 2007 at 22:11

シートだけになっても、何所かで誰かを楽しく載っけてあげてくれれば…。
にしても、いつぞやはたいした事故も起こらず、よかったです…(冷汗)

Posted by: sakurako | Friday, June 08, 2007 at 01:40

いっぱい乗せてもらって、ありがとう。
安らかにご昇天ください。

Posted by: アマツ | Saturday, June 09, 2007 at 00:55

Sakurakoさん、お見舞いが遅くなりすみません。

愛車は「さようなら」になってもSakurakoさんが無事で本当によかったです。

愛車がステキな第2の人生を送れますように・・・。

Posted by: 翔太郎ママ | Saturday, June 09, 2007 at 21:57

ワタシの身代りになってくれたシルヴィちゃん、楽しい思い出を分け合える方がいらっしゃって嬉しいです。
どうもありがとうございます。

Posted by: sakurako | Saturday, June 09, 2007 at 21:59

翔太郎ママさん

お見舞い、どうもありがとうございます。
まったくお恥ずかしいことで…^^;
でも、シルヴィちゃんのおかげで大した怪我もなく…命の恩車です。

Posted by: sakurako | Sunday, June 10, 2007 at 01:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 何時もの日常 | Main | 初なり »