« 渡台前夜 | Main | 松柏大飯店 »

Saturday, May 19, 2007

お夕食は、かる~く2回

8:00にM山空港を飛び立って8:50に関空着、さてもこれからどうやって時間をつぶそうかと考えていたら、女王さま、リラクゼーションスポットを発見、頭皮マッサージをしたいとおっしゃる。
なんというか、これからアシツボマッサージテンゴクへ旅立つというのに…。
しかたがないから、スタバでコーヒーを飲みながら待つ。
隣はキハチだが、どうも朝からソフトクリームの気分ぢゃないし…。

今回ご同行いただくSさんと目出度く合流して2時間前に搭乗手続きに行くと、そのあたりはすでに人でいっぱいだった。
やはり週末台北というヒトが多いんだろうか…。
なんというか、ゴールデンウィーク以上の込み具合な関空(笑)

13:00発のエアーニッポン便といっても、EVA航空との共同運航なのだが、それで台北へ。
ハローキティジェットではなかったが、機材は新しくて快適。
現地時間2:50着予定を少々遅れて桃園空港に到着、ここから松山空港へ移動して高雄へ行く。
花園空港でなんとか乗り継げないかとトライしてみたが、関空で国内線に乗り継ぐようにはいかなかった。
がっくし…。

松山空港から、華信航空だかに乗って高雄へ。
着いたら19:00、しかもスゴい雨!
降りる時、そこはかとなく恐怖を感じるくらいの勢いで、かなり急降下して降りたような気がする。
日本やったら引き返すかも・・・。
そんくらいの雨だった…。

そこからタクシーでホテルへ、そして荷物を置いて、明日の台南行自強号の切符を買いに高雄駅へ。
それからさらにウロウロとした結果、予定していた客家料理屋さんが閉まってしまった。
とりあえず、手近にあった刀削麺屋さんに入って飢えをしのぐ。

Taiwan21

酸辣麺70元。
刀削麺というのは、大きく丸めた瓜状の塊を刀で削って茹でたものだが、食感としては手打ちうどんの切れっ端を集めたようなカンジ。
その後、ウロウロしていると、澎湖料理の古家に行きつく。
このお店は、前回の台湾旅行の際、その辺りの某おいちゃんに美味しいと教えてもらたところなのだ。
なので、ここで食べなおすことに。。。

Taiwan26

このお店は、ディスプレイされたいろいろな食材を指定し、料理法を指定するという方式。
見覚えのあるものから、意味不明のものまで、いろんなものが並んでいる。

まずは、突き出しの2品。

Taiwan22

花園近辺ではニナと呼んでいる貝。
美味しいけど、小さいのは身を抜くのがタイヘンなのだ。
それがこんなにいっぱい…。
はっきり言って、ニナだけこんなに食べられますか!ってカンジ(笑)
でも、美味しいのだ。
生のニンニクと唐辛子でガンガンしそうだが、でも、美味しいのだ(笑)

Taiwan23

まぐろの角煮。
棚の横には黒マグロ入りました!と大書されており、ここでもマグロが珍重されている様が窺えるし…。

Taiwan24

イカとセロリの炒め物。
ほのかに香る香菜が、これまた美味しい。

Taiwan27

好奇心に勝てず注文してしまったウニ。
体液ドロドロのバフンウニなのだが、これ一個で400円くらいするくせに、大味でザラザラしていてちっとも美味しくない(笑)
おまけに添えられた練わさびが、半端ぢゃない量でもう、笑うしかないぢゃない~♪でなかなか面白かった。

Taiwan28

これは、ワタシがどうしても食べてみたかったタケノコ。
黄芽でアクがまったくなくって甘くって美味しい。
しかも、節になっている部分が頭の先2センチほどで、他は全部根っこ部分なのだが、日本のタケノコの根っこは堅いのに、このタケノコのは柔らかいのだ。
マヨネーズがたっぷり添えてあったが、お醤油をかけていただく。
このタケノコで、木の芽焼きが食べてみたい…。

Taiwan25

〆の炒飯。
よく考えてみたら、〆の麺はもう既に済んでいるハズなのだが…。

この、一日目の二回食べた晩御飯が、今回の旅行の飽食ぶりを早くも暗示していようとは、この時点では想像だにしていなかったのだった…。

|

« 渡台前夜 | Main | 松柏大飯店 »

~海外アジア編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

女王さまとワタシ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 渡台前夜 | Main | 松柏大飯店 »