« 松柏大飯店で朝食を | Main | 何時もの日常 »

Thursday, May 31, 2007

死ぬかと思った…

今日、生まれて初めて救急車というものに乗せてもらった。
何故乗せてもらったかというと、それはもう、言うも恥ずかしい事なのだが、とにかく、こうして今お日記カキカキ出来ているということは、その現場を見た人にはちょっと“あんびりばぼ~”なことに違いない。
それもこれもノノさんのおかげと思い定めて、明日からちょっと、行いを改めようと思った。

しかしナンである。
あの救急車という乗り物は、すこぶる乗り心地が悪い。
サスペンションがよろしくないというか、道が悪いというか・・・。
ホントに痛い人だったりすると、その振動がそれはそれは苦痛であるに違いない。

今回の私の場合、全くもって自分のせいでコトここにいたったのだが、道路端に道をよけてくれている車を眺めながら救急車は行くのだ。
すみませんねぇ、お急ぎのところ皆さまにもご迷惑をおかけしまして…なキブンで、罪悪感倍増である。

とにかく、今日はちょっとかなり反省しておこう。
ご迷惑をかけたいろいろな皆様、あいすみません。
ご心配頂いたご親切な皆様方、どうもありがとうございました。
お礼を言いたいのだが、お礼を言う先がわからないので、とりあえずこの場をお借りして、ということで・・・。

|

« 松柏大飯店で朝食を | Main | 何時もの日常 »

爛漫日記/日常編」カテゴリの記事

Comments

な、何があったの…??おいしいもの食べすぎ??
まぁご無事のようで何より。
私も以前、救急車乗ったことありますよ。仕事中、後輩が熱中症で倒れてしまって、店長から「おまえ付き添ってやれ」とか言われてわけもわからず一緒に救急車に乗りましたです。
乗り心地は…もう覚えてないけど、確かに、みんな道を空けてくれるのにはカンドーしましたです。ハイ。

Posted by: かもめ | Friday, June 01, 2007 at 02:00

えっと…食べ過ぎぢゃないです^^;
ご心配ありがとうございます。

そうなんです、皆さん、脇によけて止まってくださるんです。
ありがたいことで…。

Posted by: sakurako | Friday, June 01, 2007 at 11:08

一体ナニが??(・∀・;)
でも大事無くて本当によかったですね

Posted by: ばたこ | Friday, June 01, 2007 at 12:39

ありがとうございます。ほんと、そうなんです~^^;
おっきな声では言えませんが、「今度のはナンにするかねぇ~」と、溜め息交じりにつぶやいている人がひとり…ーー;

Posted by: sakurako | Friday, June 01, 2007 at 13:29

えー!?
車!?!?

Posted by: アマツ | Friday, June 01, 2007 at 19:48

それが、おかしいんですよ…。
その時の記憶というのはほとんどないんですが、何故かむやみやたらとアクセル踏まされてるような気がしましてねぇ…。
後で聞いたトコロによると、そこでは何度も事故が起こっているんだそうで…ーー;

Posted by: sakurako | Friday, June 01, 2007 at 20:35

うわ!大丈夫(@@)
ま、まぁ大丈夫だったから日記書いてるんだよね
たいしたことなかったんならなによりだわ!

>アクセル踏まされているような…
超恐怖!
SAKURAKOさんの単なる“いいわけ”じゃなかったらやばいっすよ~><

Posted by: 楽夜 | Friday, June 01, 2007 at 21:56

ずっと車が混んでたんで、そんなにスピードが出せる状態ぢゃないところをず~っと走ってたんですが、訳も分からず「なんか踏んでる!なんで?なんで?」と真白状態で思った記憶はあるんです。
と思ったら、反対車線のポールに持って行って止まったの。
事故を起こす時ってそんなものなのかもしれないけど、でも、なんかキモチわるいです…。
自損で済んだのがなにより…^^;

Posted by: sakurako | Friday, June 01, 2007 at 22:35

ご心配ありがとうございます。
あの音声認識ナビは、ヒアリング能力にものすごく問題があったので、今度はもうちょっと日本語の解るおねーちゃんにしようと思います(笑)

Posted by: sakurako | Friday, June 01, 2007 at 23:06

櫻子 安安
發生什麼事了? (擔心)
翻譯軟體有寫出 "救護車"
其他翻譯的讓我有看沒有懂@@

Posted by: 蝴蝶蘭 | Friday, June 01, 2007 at 23:48

体が大丈夫ならいいの。車はなんとでもなるものね。
人のことは言えないけど、安全運転で(笑)

Posted by: アマツ | Saturday, June 02, 2007 at 21:37

遅ればせながらお見舞い申し上げます。
ご無事のご様子に安堵しております。

SAKURAKOさん、選ばれちゃったのね・・・
ノノさんに守ってもらってくださいね。
お大事に。

Posted by: halかあしゃん | Sunday, June 03, 2007 at 07:47

 今知りました。
何事もなかったようで、
よかったであります。
のらさんのコメントを読んでいると、
あなたの知らない世界の入り口みたいで、
ちょ~怖っ!、で、あります。

Posted by: しゃ-ねい | Sunday, June 03, 2007 at 11:25

蝴蝶蘭さん
這…交通事故啦^^;
我的車大破了,可是我沒事了,
謝謝你的擔心,請放心吧。

アマツさん
まぁ、火が出なかったのが不思議なくらい痛んでたらしいですーー;
安全運転、気をつけませう、お互いに~。
でも、しばらく乗りたくないキブンです^^;

halくんのおかぁしゃん
お見舞い、どうもありがとうございます。
本当に、たいした怪我もないのが不思議なくらいです。
ノノさんの力は偉大だと思いました。

でも、あの時の状況は、やっぱりなんだか腑に落ちないんですよね^^;
やっぱり、選ばれたんでしょうか。。。

しゃ-ねいさん
そうなんです、なんか怖いんですが、ほとんど無傷というのもホントに不思議なカンジです。
ジツは以前にも、絶対大怪我してたはずのところで無傷だったってコトがあったんですよね。
いやいや、“おかげさまで”って、あるんですね…。

Posted by: sakurako | Sunday, June 03, 2007 at 14:46

SAKURAKOさん、コメントの削除お世話かけました。
ちょっとぼーっとしながら打っていたもんで。
打ってからプロフィールの訂正ができないことに気づきました。
で、音声認識ナビの前はこんなコメントでした。
「えー!大丈夫ですか~?
いつぞやは車の中でなかなかこわーい車の事故の話を聞いてただけに・・・。
新しい車になっても安全運転で~。
で、今度も音声認識ナビ?」

ここからは今日のコメント
「やっぱり天気を左右できるほどのお木偶様が守ってくれたんじゃ・・・」

Posted by: 縁 | Sunday, June 03, 2007 at 23:22

そ…そうなんでしょうか…(汗)
ぢゃあ、お礼にお木偶さまのお部屋を作るべきでしょうか。。。
今日、ちょっと家具屋さんへ行って来たんですが…結構するんですよ、このモノイリな時に…^^;

Posted by: sakurako | Tuesday, June 05, 2007 at 23:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 松柏大飯店で朝食を | Main | 何時もの日常 »