« 柳沢発言の波紋 | Main | バレンタイン »

Tuesday, February 06, 2007

ホテルニューオータニ大阪

大阪城公園は梅の名所。
なのでお泊りは、JR環状線大阪城公園駅から徒歩3分のホテルニューオータニ大阪。
兼次おじさま(知ってる?)御用達のニューオータニだが、ジツはこの系列に泊まるのは初めて。

556

夜10時半も過ぎてから重い荷物をズルズルと引っぱっての到着、するとドアマンが小走りに近寄ってきて荷物を運んでくれた。
「お願いね。」
そう言ってワタシはまっすぐフロントへ。
ここで荷物に気をとられてはいけないのだ(そうだ)。
それがさも当たり前、という風情で荷物は運んでもらうのがかっこいいのだ(そうだ)。

チェックインでは特にカードの提示を求められることもなく、新聞の好みもちゃんと聞いてくれる。
そして、こんなときには必ず見栄をはってニッケイなのだ(笑)
お部屋にご案内のおにーちゃんもソツなくイイカンジ。
さすがは兼次おじさま御用達のニューオータニ。

557

案内されたお部屋は、ビジネスパック9,900円のシングルルーム。
特に狭いわけでもなく、9,900円なのでまあこんなものか…というカンジ。
しかしこのお部屋、スタンダードシングルAというタイプなのだが、正規の休前日料金は25,200円なのだ。
花園御用達の一級.comでも、2月17日(土)は16,000円になるのだ。
それはちょっと、イヤかも…。

早速お部屋チェック!

601

ミニバーにはイロイロなグラスが用意されているが、全部プラスチックの蓋付き。
有料のコーヒーは315円…くらいだったような気がする。
その他は…チェックするの、忘れてしまった。

558

ドアを開けるとトイレがこっちを向いている。
ここはちょっと、かなり狭いめ。

559

アメニティはニューオータニグループのもの。
一応シャンプー・コンディショナー・ボディソープあり。
麺棒やクシも置いてあった。

600

お風呂も狭い。
が、何より、髪の毛一本ついてるし…。
証拠写真を撮ろうと思ったのだが、明るさが足りず、今一つピントを合わしきれなくって断念。
ここは、お掃除したヒトの名前とチェックしたヒトの名前を書いたカードが置いてあるのだが、お掃除もチェックもダメぢゃん…。

しかし、本日女王さまはお疲れモードだったご様子で、ちょろっとブツブツおっしゃったくらいでおとなしくお休みになってくださった。
メデタシメデタシ。

しかし、モンダイは、翌日起こった。

朝食は別料金でビュッフェ1,732円、正規料金は2,887円。
「コーヒー・紅茶どちらになさいますか?」
ここは、正規料金2,887円なのに、ドリンクメニューにエスプレッソやカプチーノというのはないらしい。
仕方がないからコーヒーをオーダー。
そのコーヒーが、待てども暮らせども来ないのだ。
持ってくる気がないなら、聞くなよ!と言いたくなるくらい、来ないのだ。
結局ワタシたちにどっち?って聞いたおにーさんはその後来ることもなく、コーヒーや紅茶を持ってホールを歩き回ってるおねーさんが、「コーヒー・紅茶どちらになさいますか?」と聞いてくれた。
そう、同じコトを二度聞かれたのだ。
二度聞かれるまでにはゆうに10分以上、若しかすると20分くらい開いてたかもしれない。
しかも、そのレストランアゼリアの店員の態度の悪さはそれだけに止まらない。

ここは、店員に何かを伝えることが、えらく難しいトコロだ。
普通ホテルのおにーさんといえば、ちょっと視線を送ればさっと来てくれるものだと思うものだが、ここはそのおにーさんがなかなか視界にすら入ってこない。
よしんば入ったとしても、自分に注がれた熱い視線なんちゃ~まるっきり無視!なのだ。
いや、気がつかないのかどっちだろう…。

「ミルクを持ってきてたも」
やっと捉まえたおにーさんに、女王さまがおっしゃった。
女王さまは、コーヒーには牛乳なのだ。
クリームを入れるのは、何故かお好みにならないのだ。
なので、何処に行っても朝は必ず牛乳を持って来いで始まるのだが、ここの店員はまずクリームとミルクの違いを把握していない。
まるで某ありたりあ航空の客室アテンダントである。(←ムカシやられたコトがあるらしい…)

そして次に、女王さまにミルクを持って来るようにと言われた店員は、そこで彼よりも上位の職にあると思われる上着を着たおにーさんに、そのことを告げる。

「ミルクがいるってよ」

そんなカンジの、あからさまにヤなカンジの会話が聞こえてきた。
しかも、何時まで待ってもやっぱり今度もミルクは来ない。
コーヒーがすっかり冷めてしまった頃、またしても巡回してきたおねーさんに、もう一度ミルクを…というと、テーブルの上のピッチャーを指差して、「これがフレッシュクリームです」とのたまふ。
だから、クリームぢゃなくってミルクだと、女王さまは仰っているのです…。

女王さま、暴れる…。

602

ここでは、一応目の前でオムレツも焼いてくれる。
ジュースは絞りたてオレンジジュースとかがあるわけではないが、アセロラドリンクやグァバジュース、バナナジュースといった、他のホテルではあんまし置いてないジュースもある。
デニッシュの種類もそこそこあって、ヨーグルトも個別パックのものが並んでいるのではなく、ちゃんと器に入ったものが出してある。

603

しかし、果物の種類は決して多くないし、とにかく、これ食べたい!というものがあまりない。
和食コーナーもぐるっと一周してみたが、鰆の柚庵焼きときんぴらごぼう以外は、お惣菜パックから出てきたようなものばっかり…と思ってしまった。
これで2,887円は、はっきり言ってヒドい。
リッチに朝ごはんをいただいたという満足感が、食べ物・サービス共に味わえない。
食事つきの宿泊クーポン利用なら、そんなことはどうでもいいのかもしれないが、実費を払ってこれでは、怒りシントウというもんよ!と、女王さまでなくとも思ってしまう。

ダメぢゃん、兼次おじさま御用達のニューオータニ…。
いや、兼次おじさまが何時もお使いになっているのはトーキョーのニューオータニ。
ココは大阪、やっぱり大阪で心地よいサービスを求めるコトが間違っているのか?

ということで、朝食でものすご~く評価を下げたニューオータニ大阪だった。
この朝食、美味しい美味しくないは、すでにOut of 眼中というのがスゴい(笑)

|

« 柳沢発言の波紋 | Main | バレンタイン »

~国内関西編~」カテゴリの記事

女王さまとワタシ」カテゴリの記事

Comments

うーん、酷過ぎる…。
私は7~9年前、帝国ホテルに何度か宿泊しましたが、もっとキビキビしてました。
友人がホテルマンだったので色々便宜は図ってくれましたが、あそこの従業員は、そんな伝と関係なしにキッチリしていて、もしSAKURAKOさんへのマイナス・サービスがバレたら、相当な罰則が下ると思います。
ニューオータニも一流のはずなんだけどな~。

Posted by: こぶちゃん | Wednesday, February 07, 2007 at 09:51

 朝食は、これで、これ?
って正直思った。
数年前より内容が落ちた気がするのは、
気のせいかしらん?
こないうちにどんどんレベルが落ちていく
ような感じ(笑)?

 それにつけても楽しく食べれたのも、
のらさんの言うとおり皆との会話が楽しかったから。
楽しい会話というのは、非常にポイントですね(笑)。

Posted by: しゃ-ねい | Wednesday, February 07, 2007 at 20:31

こぶちゃんさん

帝国ホテルではケータイを忘れたんですが、翌日には手元に届いて送料はあちらもち、そういうところのサーヴィスがサスガだと思いました。
大阪のホテルは、ウェスティンもちょっと…なコトがありましたし、やっぱりお土地柄なんでしょうか~。

しゃーねいさん

そうですよね~。
あれで、あれ?と、ワタシも納得いきませんでした。
今思えば、チーズも生ハムもサーモンもなかったし、メロンもなかったわよ!と(笑)

今度、別のホテルへ朝食食べに行きましょう。
そして、朝8時から終了までご飯食べながらおしゃべりして、ありゃ?ワタシはナニをしに行くの?(爆)

Posted by: SAKURAKO | Thursday, February 08, 2007 at 01:01

明日、とまりに行きます。
改善されているか見て来ます。

Posted by: taquedax | Saturday, November 24, 2007 at 17:18

快適なスティでありますよう、お祈りいたしております。
改善されておりましたら、ご一報いただけると嬉しいです。

Posted by: SAKURAKO | Sunday, November 25, 2007 at 01:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 柳沢発言の波紋 | Main | バレンタイン »