« おから物語 その1 | Main | お一人さま1000円也 »

Tuesday, January 30, 2007

のだめカンタービレ♪

まだ世の中がこんなにのだめ一色でなかった頃、貸してもらう約束をした『のだめカンタービレ』。
当時ワタシは、ちょっと宿題を溜め込んでいて、それが終わってから…と言っているうちに世はのだめブームに突入してしまい、いざ!読ませてもらおうと思ったら、エンエン順番待ちでないと読めない有り様で、先週の金曜日やっと貸してもらえた『のだめカンタービレ』。

545

というわけで、久しぶりに一気読みをしてしまった…。
1時半も回ってからお布団に入りがけ、ちょっと一巻に手を伸ばしたのがウンのつきだった。
一番共鳴できたキャラといえば、佐久間さんと大川先生。
どちらも音楽評論家なのだが、いい演奏を聴くと、涙を流して惚けるのだ。
そのうっとり…というよりも、完全にいっちゃってる顔で、その演奏がいかに素晴らしいかが伝わってくる。
しぷりあん・かつぁりすが弾くちょぴんばら~どでむだえるワタシにとって、その部分が一番体験的に共感できるカンジ。
音楽についての細かい説明はカッとばす。
五線譜なんて、中学校の最後の音楽の時間以来見た記憶がないし、ト音記号も上手に書けない。

でも、そんなワタシにも、野田恵ちゃんに共感できるトコロが一つだけある。
彼女は初見が苦手なんだって~。
ワタシと一緒♪
初見といえば、ワタシは幼い頃、センセイが来ているときだけピアノに触るという、イケない生徒だった。
先生が来て初めて楽譜を開き、しこったま怒られて、次に先生が来るまでピアノの前に座ろうとしない。
サスガにこれを一年も繰り返すと、ピアノのお稽古なんて状態ではなくなるのだ…。
なので、彼女が楽譜をまえに蒼い顔をしているトコロのキモチなんかは、ちょっと想像がつくのだ、えっへん!
え?ワタシのは初見ぢゃない?
…。

というワケで、久しぶりにオケが聞きたくなったので、CD倉庫を物色しようとしたのだが…目に付くところは総て女王さまの例の人形劇のDVDやらナニやらに覆われ、ベト7にもウィリアム・テルにも到達できなかった。
がっくし…。
仕方がないから、モーツァルトのホルン協奏曲でお茶を濁す。
カラヤン指揮のベルリンフィル。
ホントに久しぶり…vv

ちなみに、ドラマは見ていないのだった…。
いや、原作のイメージをタイセツにしたかったので…とか強がってみるが、ジツは今、とっても見てみたいキモチでいっぱいである…。

そして今日、年末に注文していた本がやっと届いた。
どうやら日本古代文学入門の入荷が遅れていたらしい。
最近は通販で本が買えるので、ちょ~便利になったものだ。
某所では1500円以上の購入だと送料もかからない。
安価な本を注文する場合には、とりまとめが必要だが、にしてもいい時代になったものである。

546

|

« おから物語 その1 | Main | お一人さま1000円也 »

爛漫日記/読書編」カテゴリの記事

Comments

言ってくれればいつでも貸したのに~(笑)

Posted by: アマツ | Wednesday, January 31, 2007 at 18:35

私はドラマではじめて「のだめ」見たんだけど
マンガのイメージがないせいか、すんなりと入れてとってもおもしろかったよ!
先に原作読んでいるとイメージがじゃまして楽しめないときがあるから(^^;)
今はマンガのほう読みたい!

Posted by: 楽夜 | Wednesday, January 31, 2007 at 23:06

アマツさん
え~、そんな、早く言ってください~(笑)

楽夜さん
どちらかというと、ワタシはマンガに関しては原作重視派かな~。
というより、マンガ重視派かも(爆)
「のだめ」、マンガも面白いですよ。
是非読んでみてくださいね~♪

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, January 31, 2007 at 23:45

だって、のだめののの字も言わないから…
私は「天才ファミリーカンパニー」の頃からファンなの(笑)

Posted by: アマツ | Thursday, February 01, 2007 at 21:16

今度それ貸してください!(笑)

Posted by: SAKURAKO | Friday, February 02, 2007 at 00:23

掘っておく。

Posted by: アマツ | Friday, February 02, 2007 at 23:53

よろしく~♪

Posted by: SAKURAKO | Saturday, February 03, 2007 at 07:12

 のだめを読むと、クラシックが無性に聞きたくなるくらいに、
あの漫画はクラシックは非常にわかり易いと思うだに(笑)。

Posted by: しゃ-ねい | Wednesday, February 07, 2007 at 20:34

それでも、ムツかしいオンガクの話のところはすっとばして読んでしまうワタシ…(笑)
そして、
ミルヒのモデルはワタシのヘルベルトぢゃないよね?
そりゃ自家用ジェットだって持ってたし、N響の奇跡は有名な話だけど…でも違うよね?
と、一人でモンモン…(笑)

Posted by: SAKURAKO | Thursday, February 08, 2007 at 01:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« おから物語 その1 | Main | お一人さま1000円也 »