« 初仕事 | Main | 春の波濤 »

Wednesday, January 03, 2007

明けましておごちそう

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

三が日も今日でおしまい、しかしこの三日間…いや、大晦日も含めて年末年始の四日間は、なんとまあ、飽食の限りというか、暴飲暴食のかぎりというか…。
そもそも花園の大晦日というのは、ナクヨうぐいすの頃から天ぷらそばときまっているのだが、この天ぷらそばというのが尋常ではない。
海老はモチロン、牛ヒレ・貝柱と小海老のかき揚げ・レンコン・サツマイモ・インゲン・舞茸・しめじ・エリンギ…と、こんだけのネタを、箸休めにサラダなんかはさみながら、お腹がいっぱいになるまで食べ続けるのだ。
そして、もうだめだ~!という頃になって、“やっぱり縁起物だから…”と蕎麦を茹で、お腹の隙間に押し込むのである。
そして新年を迎えると、次はお節攻撃である。

070103

花園のお節は、イイ国つくろうの頃からきよみずのお節と決まっている。
それ以前は、ワタシが作ったりしていた頃もあったのだが、お料理本とかに載っているお節を作って、美味しかったことなどないのだ。
なます、お煮しめ、焼き魚…と、イロイロがんばったところで、ここいらで年末に手に入る食材といったら、養殖の魚とかマグロとかに限られているくせにバカっ高く、カマボコなんかいっぱい入れるハメになって、なんだかな~になってしまうのだ。
それを考えると、お鯛さんに生き車えび・生きたらば・イクラ・まながつをの西京焼・さわらの柚庵漬・平目のリュウヒ昆布巻き・とこぶし・カラスミ・ローストビーフ・牛肉の佃煮・キスのチーズ巻き・穴子の昆布巻き・子持ち鮎の甘露煮・栗きんとん・松茸・田作り・・・とにかく、全部食べて美味しいものがいっぱい入っているこのお節は、なかなかいんでないかと思うのだ。

しかし…いっぱいあるので、ちょっとやそっとイッショウケンメイ食べても、なかななくならず、さらに二日目の夜ワタシは恒例の新年会と、これまた食べなきゃソンをする(笑)行事がある。

Photo_27

そして、今日はしゃぶしゃぶの日と、鳴くまで待とうのヒトが天下を取ったくらいムカシから決まっているのだ。
しかも、これまた本能のおもむくままに、もう食べられなくなるまで食べるのだ。

…ちょっと、来年からは考えたほうがいいかも…。
そう、毎年思うのだが、これが花園の伝統なので、ちょっとやそってでは変革出来ず、因習とか言われながらも果断な改革は、次年度の懸案課題として毎年更新されるのだった…。

|

« 初仕事 | Main | 春の波濤 »

爛漫日記/イベント編」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初仕事 | Main | 春の波濤 »