« おいでませ!Y口~自然と文化を体感するコース(1日目)~ | Main | おいでませ!Y口~自然と文化を体感するコース(2日目②)~ »

Friday, November 03, 2006

おいでませ!Y口~自然と文化を体感するコース(2日目①)~

本日国民文化祭の開会式。
それに先駆け、オープニングパレードがそこいらであるらしい。
悪くすると身動きが取れなくなる可能性アリなので、さっさと逃げ出すことにした。
逃げ出した先は、本州の最西端(笑)

399

404お約束火の山公園展望台から関門海峡を一望、その後みもすそ川公園へ。
海っぺたにあるのに、どうしてみもすそ川公園なのだろうと、ずっと思い続けていたのだが…道路に真っ赤な欄干らしきもの発見!
どうやら、道路の下に川が流れているらしい。
400
目の前の海に、ニ位の尼は安徳天皇を伴って入水したのだ。
じ~~~ん。
そのムカシ文学少女だったワタシの脳裏には、二位の尼の辞世が浮かぶ。
えっと…ナンだっけvv

「今ぞしる みもすそ川の御ながれ 波の下にも 都ありとは」

401

そうよ!これよ!
気を取り直して、平家物語の世界に酔いしれるワタシ…。
耳を澄ませば、どこからともなく聞いたことのない祇園精舎の鐘の声が聞こえてくる。
しかし…この鐘はゴ~~~ン!ではなくって、何故だかド~~~ン! あら?

402そういえば、ココは平家滅亡から約670年後には、沖合いを通る外国船に向けて無差別砲撃なんかしちゃったトコロなのだ。
松坂慶子の手形なんかがある壇ノ浦合戦のモニュメントに隣接して大砲(レプリカ)が並べられちゃったりしているのだ。
中に一基、100円を入れたら轟音とともに水煙を吐く仕掛けの施されたものがあって、そ~んな子供だましに、誰が100円も払うモンですか!と思っていたら…なんと!K女史がその水煙の下で乙女になっていた…。
どうやら彼女は、大砲マニアらしい…。

412お昼もかなり過ぎ、イイカゲンお腹が空いて来たころ、“日本の食文化”を体感するためフェラーリも停まる長州くじら亭へ。
下関は鯨食文化のメッカなのだ。

自慢ではないが、ワタシは未だかって、意図的に鯨を食べたことがない。
お寿司屋さんでちろっと食べたり、ジンミンショクドウで鯨カツなるものをちろっと食べたり、とある山陰の旅館でハリハリ鍋を食べたり…くらいはあるが、自分から求めて鯨を食べるのは、今回が始めてである。

406

くじら肉というのは、牛肉とマグロの赤身を足して2で割ったような味がした。
ステーキが柔らかく、それはそれは美味だった。
最初にさえずり(舌)というのを恐る恐る口にしたのだが、思ったよりもクセがなく、なんだか美味しいかも…というカンジ。
いずれも食べられないものはなく、それぞれに美味しかった。
美味しかったのだが…量を食べるものではないような気がする。
一切れづつで十分マンゾクしてしまった。
でもね、冷凍のままで出てこなくってもいいと思ったのは、ワタシだけ?

416

|

« おいでませ!Y口~自然と文化を体感するコース(1日目)~ | Main | おいでませ!Y口~自然と文化を体感するコース(2日目②)~ »

~国内中国編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« おいでませ!Y口~自然と文化を体感するコース(1日目)~ | Main | おいでませ!Y口~自然と文化を体感するコース(2日目②)~ »