« 土曜日は中華 | Main | お野菜持ち »

Sunday, November 19, 2006

日曜日は日本旅館

Photo_3

朝から雨で、せっかくの紅葉が堪能出来ずザンネンな一日。
晴れたら文字通り錦秋に違いない山々をぬって、とっとり花回廊まで足を伸ばし、そこからホンジツのお泊り、三朝温泉の旅館大橋へ。
ここの名物は、岩の割れ目から温泉が沸いているという天然岩窟風呂である。

Photo_4 Photo_5

Photo_6到着時、まずロビーでおしぼり、そして栗まんとお抹茶。
チェックインはここで。
今回、荷物が山のようにあったのだが、玄関の前に車をつけると、おじさんたちが必死で運んでくだすった。


Photo_7

ここは建物も有形文化財ということで、床の間の意匠もなかなかに凝っている。
しかし、一番喜ばれたのは螺鈿の香炉台かも。
お化粧部屋や前室もついていたが、それらは総て荷物置き場、窓際廊下は喫煙室となって大活躍。
しかししかし、古い建物を改装しているので不便なトコロもある。
改装してウォシュレットをつけたトワレッテは、ちょっと、とっても狭かった。

到着が6時前だったので、7時からのお食事というコトで荷物を解くと直ぐにお風呂へ!
ココのお風呂は3ヶ所あって、9時で男女が入れ替わるのだ。
はじめは天然岩窟風呂
トリウム泉とラジウム泉が隣り合わせで岩の間から沸いているこの温泉は、ホントに自然の大岩が底になっているので、深いところや切り立ったところがあって、子供や年寄りには頗るやさしくないのだが、これはなかなかいいお風呂だわん。

そして、ご飯は別室でまったりと。
ここの板さんは、厚生労働省が認定する平成15年度の現代の名工なんだそうで、ちょっとキタイ…。
といっても、前回横浜の現代の名工はちょっと…だったので、一抹の不安も(笑)

1_4

料理しています!という意気込みが感じられる前菜。

2_2

200_1 Photo_8

昨夜はズワイガニのカニ鍋だったが、今日は蒸した松葉ガニ。
蟹酢がただのお酢を水で薄めたようなカンジで、ちょっと物足りなかったが、蟹は美味しい。
松茸も入った豆乳鍋には、ちょっと興奮!
なにせ今回、お料理はお手軽懐石と一番お安いコースだったのだ。
蟹や松茸がついているとは思わなかった…。

Photo_9

お椀はネギしんじょ。
ネギに鴨はつき物で、あぶった鴨が一切れと、白きくらげが入っている。
しんじょに混ぜ込まれたネギの味が強すぎたのが残念だが、なかなか面白いお椀だった。

ここで、「演出のため明かりを消させていただきます」とおねーさんがご挨拶。
ナニゴトが始まるのかと思えば…。

1_5

奉書紙二枚重ねに盛り付けられた造り、食べ終わったら、一枚めくってみてくださいとおねーさん。

2200 3200

二枚目には鯛と平目の昆布〆が隠れていた。
「ここの造りは、安い魚しか使ってないぞぇ~!」
女王さま、この暴言の後の鯛や平目だったが、それでもやっぱり…。
「鯛は鯛でも、はじっこの鯛ぢゃぞぇ~!」
しかし、なかなか美味しい薄造りだった。
秋刀魚と鮪は、ノーコメントということにしておこう。

Photo_20

蒸し物は、“蟹の東寺蒸し”というらしい。
一番下にオダイコ、その上に蕎麦、蟹を置いて、引き上げ湯葉をどっちゃり盛って、銀餡がかけてあった。
これは、なかなか面白い。

Photo_10

鰆の西京焼きは、蓮根や牛蒡の素揚げしたものに囲まれて、これはなかなか凝った盛り付け。
それに、こうした素揚げの根菜は美味しいのだ。
東伯牛にはアボガドのソースというか、デップというか…が添えられていたが、これははっきりいって無いほうが、お肉が美味しくいただける。
現代の名工というのは、料理のそこかしこに創意工夫をしなければいけないのかもしれないが、そんなにムリしなくっても…と思わずにはいられない。
この東伯牛、美味しいお肉だっただけに残念…。
もう一つ残念といえば、お肉がカンペキに冷めてしまっていたことかしら。

Photo_11

まだまだ揚げ物や酢の物が出てきてもハラは立たないのだが、ここで最後の〆のご飯とお味噌汁。
セイコ蟹のお味噌汁は、今一つお出汁が出てないカンジ。
女王さま、あからさまに「このお味噌汁は美味しくないぞぇ~!!!」
ご飯は三朝米なのだそうだが、非常に粘り強い。ちょっとびっくり。
そしてここで女王さまったら…お隣の方のお漬物にまで手をお出しになって…ああ、恥ずかしいvv

そしてデザート。

Photo_12

これが、史上最低最悪のデザートだった(笑)
今までに女王さまが一口で匙を投げたデザートといえば、おフラ~ンスの空港近くの某ホテルが思い出されるが、それでもあれは、食べようと思えば食べられなくはなかった。
しかし、このアンコののった柿のコンポートは、アンコがのっていようがミントの香りがしようが、シブいのだ!
一カケでも口に入れようものなら、口中がシワシワになるかと思うカンジ。
これは、女王さまでなくとも匙を投げそうだ…。

お部屋に戻って即行お口直しにお菓子、そしてふたたびお風呂へ。

Photo_13

お風呂前の廊下も古げで趣がある。
タイル貼りの洗面所があるあたり、年代を感じるわ~。
9時以降はふくべの湯露天風呂
夜は12時半まで、朝は5時から9時までと、お風呂タイムはちっと短め。

Photo_14

200_2ふくべの湯は、二つの浴槽がひょうたん型に並んだ内湯で、外にお一人さま用の露天寝湯があった。
露天風呂は、このふくべの湯からさらに廊下をテケテケ歩いて行った先。
内湯と露天風呂がいっぺんに済まないのはちょっと不便。

Photo_15

露天風呂にはミストサウナが併設、ラジウムをカラダいっぱいに取り込める仕掛けになっているのだが、朝はナシ。
そうして、何処の温泉でもたいがい朝のサウナはお休みなのかしら…。

2_3 Photo_16

このお風呂へ行く途中、HPにも紹介されていた橋を渡る。
といっても、内側は普通の廊下なのだが、外から見ると橋が掛けてあるように見えるのだ。
こういうところが、ムカシの建物は凝ってるというか、面白い。

Photo_18

かなり充実の朝食は、湯豆腐付き。
お味噌汁のシジミが美味しかった。
茶碗蒸しは、くずきりと鶏肉入り。これは…なカンジで、目板鰈の西京漬?はちょっと辛かったが、朝からご飯を食べ過ぎてしまう朝食だった。
しかし…温泉卵サラダには、まだまだ工夫の余地があるというか、なんというか…である。

Photo_17

旅館の裏はすぐに三朝川。
なので、お庭のスペースはほとんどないのがザンネンだっが、五人一部屋16800円のお値段は、まあまあ、納得なのではないだろうか。
イヤ、前日の13800円がヒド過ぎたという話しもあるが…。
しかし、五人で泊まるのに、湯のみが2個しか用意されておらず、しかもそのうちの一個はなんだか汚れていたということに、ワタシは気づいてしまった…。
お饅頭(因幡の白兎)はちゃんと5個あったのに…。

それにしても、三朝温泉といえば飲泉も出来るはずなのに、はて?どうして飲泉しなかったのだろう…?

|

« 土曜日は中華 | Main | お野菜持ち »

~国内中国編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 土曜日は中華 | Main | お野菜持ち »